部活動日誌(R2.2~ )

2022年7月の記事一覧

【女子バレーボール部】国体ビーチバレーボール競技会 埼玉県予選結果報告

7月16日(土)~17日(日)に行われた、国体ビーチバレーボール競技会 埼玉県予選の結果をご報告します。

本校からは3ペア(6名)が出場しました。

大宮A(谷地館・曽我部)

1回戦 VS 聖望学園B ( 4 ー 21)

大宮B(髙林・塚越)

1回戦 VS 川越総合A ( 5 ー 21)

大宮C(西村・坂下)

1回戦 VS 大妻嵐山  (21 ー 19) 勝利

2回戦 VS 白岡B    (17 ー 21)

 

残念ながら、3ペアとも初日で敗退となりました。限られた時間の中で、ペアの決定から試合形式の練習まで行ってきました。ビーチバレーボール特有のルールや動きにも徐々に慣れて、随所に良いプレーも見られました。

今度はインドアのバレーボールに切り替えて、新チームとして本格的に練習となります。夏休みで少しずつ成長できるように頑張ります。

 

 

☆夏休み中に、本校女子バレーボール部の練習の見学や参加を考えている中学生の皆さんをお待ちしています!

練習日程によりOFFや他校での練習試合の場合もありますので、事前にご連絡ください。

→TEL 048-641-0931(平日9時~16時) 監督:小山(体育科) コーチ:鈴木(数学科)

【女子バスケ部】R4年度 関東予選・総体予選 結果

新年度も数か月が過ぎ、女子バスケットボール部は2年生4名、1年生5名の新チームがスタートしました。

4月~5月に行われた関東大会予選、5月~6月に行われた学校総体予選の結果を報告いたします。

●関東大会予選

関東予選は1回戦から県大会常連である伊奈学園との試合になりました。

リバウンドやディフェンスから自分たちのペースに持ち込むことができた場面もありましたが、相手の堅いディフェンスに得点を伸ばすことができませんでした。

 

●学校総体予選

3年生の最後の大会となる学校総体予選では、要所で1年生も出場しながら代表決めの試合まで勝ちあがることができました。

代表決定の相手となったのは、5月の関東予選の県大会で1勝し、埼玉県ベスト16となった大宮北高校でした。序盤から相手の得点を抑えて自分たちのペースで試合を展開し、10点のリードを保って後半へ。そのままの勢いで勝ち切りたい展開でしたが、後半で徐々に点差を詰められ残り8分に相手の3Pで35-35の同点に。そこから2点リードしては追いつかれ、の繰り返しとなりましたが、残り2分に相手のジャンプシュートで41-42。終盤に逆転され逃げ切られる悔しい結果となってしまいました。県大会出場は叶いませんでしたが、強豪校をあと一歩のところまで追い詰めました。

(大宮北戦 黒ユニフォーム:大宮)

 

 

 

3年生2名は今大会で引退となり、6月下旬に引退式を行いました。

 

入学とともに緊急事態宣言、分散登校と多くの苦労を経験してきた代でしたが、試合や普段の練習で大きく成長し、後輩の模範となってくれました。部活動を通して養ってきた力を、今度は自身の進路実現に向かって発揮してください。

 

テストが終わったらウインターカップ支部予選、8月の夏季南部支部大会に向けて、また新チームで頑張ります。

【山岳部】6月、二度目の山行

山岳部は6月下旬に奥日光男体山に登りました。

早々と梅雨が明け、この日、伊勢崎市で40℃を突破しました。

  

2・3年生は初の2000m超え。おめでとう。

志津コースにはイワカガミがたくさん咲いていました。

    

東武日光駅前からの男体山(左前方)。快晴です。裏男体林道から出発。

このコースの魅力は空いていること。そして、花と展望に恵まれていること。

    

木漏れ日が切り株に生えた苔を照らしていました。志津越えから本格的な登り開始。

    

樹林が切れると、太郎山や女峰山が姿を現しました。部員の視線の向こうは日光白根山。

    

山頂では3年生の卒業アルバム用撮影会が行われました。

そして、中禅寺湖へ真っ逆さまに下っていきます。これが急坂なのです。

    

石ゴロ道に神経をすり減らしながら、忍耐の下山が長く続きました。

ふと、二荒山神社に飛び出すと、鳥居の向こうに中禅寺湖の湖面。

神社越しに男体山を仰ぎ見て、長く充実した一日をかみしめました。

次回は、八ヶ岳連峰の天狗岳・硫黄岳に登ります。

コロナ禍始まって以来、初の宿泊登山です。