大高日誌

2021年3月の記事一覧

【大高日誌】終業式・表彰披露・部活動大会報告

 3月24日(水)は、終業式、表彰披露、生徒会による部活動大会報告が放送で行われました。

 校長先生からは、3年生の進路結果についてのお話と元東京大学総長の小宮山宏氏の送辞を引用しながら『本質を捉える知』『先頭に立つ勇気』『他者を感じる力』の3つのことについてお話がありました。 

 

 また、表彰披露がありクラスからは拍手で称える様子もうかがえました。続いて生徒会から、英語部の全国大会、吹奏楽部の西関東大会の出場の紹介がありました。詳しくは、それぞれの部活代表者から大会までの取組みや大会の様子について報告してもらいました。 

 表彰されたクラス、個人、部活動の大会成績は以下の通りです。

【令和2年度スポーツ大会】

  • 男子サッカー     第一位 1年9組 
  • 男子バレーボール   第一位 1年4組
  • 女子ドッヂボール   第一位 2年6組
  • 女子バスケットボール 第一位 2年5組

 【個人】

  • 新・高校生のための読書案内2021 表紙部門 最優秀賞 1年 鈴木 希実
  • 新・高校生のための読書案内2021 表紙部門 優秀賞  2年 望月 ゆきね
  • 日本生物学オリンピック2020 代替試験 二次試験 銅賞 2年 髙橋 睦生
  • 第31回 日本数学オリンピック予選 地区別優秀賞  2年 加庭 洸遥、野島 隆慈、1年 大倉 晴琉、久代 直人、久保 龍聖   

【音楽部】

  • 東京春のコーラスコンテスト2021 コーラスの部 混声 第一位 金賞
  • 東京春のコーラスコンテスト2021 東京都合唱連盟理事長賞

【吹奏楽部】

  • 第26回 西関東アンサンブルコンテスト 金管八重奏 銀賞(2年:田部、佐竹、冨永、新井、鴨下、篠原、渡部、畑中)

【大高日誌】令和2年度 後期スポーツ大会

 3月19日(金)、22日(月)は、後期スポーツ大会が行われました。

 新型コロナウイルス感染症のため、これまでスポーツ大会は中止されていました。そのため、2年生は1年8か月ぶり、1年生にとっては初めてのスポーツ大会でした。

 男子(サッカー、バレーボール)、女子(ドッヂボール、バスケットボール)の4競技に分かれて、クラス対抗戦を行いました。

 スポーツ大会の実施にあたり、感染防止対策および怪我防止として、健康管理、健康観察を十分に行い、会場移動の動線などに配慮しました。

 例年は、体育館やグラウンドでクラスメイトへ声援を送る姿も見受けられますが、今回は全試合完全無観客としました。そのため、各クラスには試合動画をオンライン配信しました。待機している生徒は、会場で奮闘するクラスメイトのプレーに拍手をしたり、大きな声援を送る代わりにオリジナルうちわを作製して応援する姿も見受けられました。

  体育委員を中心に、みんなで協力しながらイベントを成功させ、スローガンの Let’s have a blast! を体感した2日間でした。

 1位のクラスは、下記のとおりです。

  • サッカー     1年9組
  • バレーボール   1年4組
  • ドッヂボール   2年6組
  • バスケットボール 2年5組
【サッカー】 【バレーボール】
【ドッヂボール】 【バスケットボール】
【試合前の様子】 【クラスでの観戦の様子】
【クラスでの観戦の様子】 【大会運営本部の様子】

【大高日誌】令和3年度入学許可候補者説明会

 3月18日(木)は、令和3年度入学許可候補者説明会がありました。
 今回は、新型コロナウイルス感染症予防の観点から、前半と後半の2部制で物品販売や採寸、説明会などを行いました。

 昨年は、臨時休校中の開催だったため、在校生の活動は見ることはできませんでしたが、今年は、説明会場へ向かう際に部活をする生徒の様子を見ることができ、少しは雰囲気を感じとることができたのではないでしょうか。
 本日配布した生徒会誌『やまぼうし』や『学習の手引き』に、学校行事、部活動、授業の様子、高校での学びを知る手がかりが記載されています。入学許可候補者の皆様、入学前にどうぞご覧ください。
 皆さんの入学を職員一同お待ちしております。

【学校長の挨拶】 【1学年主任の挨拶】
【やまぼうし会館前のサンシュユ】 【やまぼうし会館前のサクラ】

【大高日誌】令和2年度 第71回卒業証書授与式

 3月17日(水)、令和2年度 第71回卒業証書授与式が挙行されました。
 穏やかな日差しのなか、361名の卒業生が新たな一歩を踏み出し、本校を巣立っていきました。
 今年度は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、卒業生と教職員のみでの卒業式でした。
 参列できなかった保護者の方には、Youtubeで配信を行い、式の様子をライブでご覧いただきました。

 答辞は、『楽ではないが楽しい』大高生活3年間を振り返り、数えきれないほどの多くの人に支えられて今日の日を迎えらえたことへの感謝の言葉から始まりました。

 3年生に進級したものの新型コロナウイルス感染症の影響で様々な活動の制限があり、歯がゆい思いをしたこと。しかしその中でも、『自分のやりたいこと、それを実現するためにできることを探して精一杯走り回った経験は、これから先に立ちはだかる壁を突破する糧になる』という心強い言葉がありました。
 また、下級生に対しては行事を思うように行うことができない悔しさを思い図るとともに、『諦めるのを当たり前にするのではなく、与えられた状況でできる最大限の充実した高校生活を送ってほしい』と、メッセージを送っていました。

 大宮高校で過ごした日々を支えに、次のステージへ大きくはばたいていくことを心から願っています。

 (保護者のの方向けに、保護者ページ「H30入学生保護者」に学年主任からのメッセージを掲載しています。)

【大高日誌】3月8日(月)から後期期末考査

3月8日(月)から後期期末考査が始まります。

2月26日(金)に埼玉県高等学校入学者選抜学力検査が実施されたため、生徒は久しぶりの登校日でした。放課後は、教室に残って勉強している生徒、生徒同士が問題を出し合いながら確認する様子が見受けられました。