今日の大宮高校

2017年5月の記事一覧

台湾の高校生と交流を行いました

本日、国際理解教育の一環として、台湾彰化高級中学(高校生相当の生徒)52名が来校しました。

歓迎セレモニーの後、授業体験および中国語講座、部活動体験を行いました。英語でプレゼンテーションやグループセッションを行うなど、積極的な国際交流の機会となりました。




↑数学の授業を体験

教職員救急法講習会

   毎年行われている教職員救急法講習会が、5月22日(月)やままぼうし会館に於いて行われました。
今年度は、さいたま市消防局救急課から3名の講師を招いて行われ、先生方は真剣に実技講習に取り組んでいました。

壮行会・立会演説会

ボート部、陸上部の関東大会出場壮行会ならびに新役員候補による立会演説会が生徒会主催で行われました。

生徒全員で関東大会出場者へエールを送り、また新役員候補の演説を受け、投票が行われました。




2学年 第1回修学旅行委員会


5月12日(金)に2学年では、第1回修学旅行委員会を実施しました。修学旅行2日目に行う現地大学生との交流プログラムにむけて、受入れ団体である「がちゆん」の方とスカイプを用いたネット会議を行いました。がちゆんの方から企画の趣旨説明をうけたうえで、この企画に向けて自分たちはどのようなことをしてみたいか、していくべきかを各クラス4名の旅行委員が話し合い、発表しました。今後、旅行委員はこの内容をクラスに持ち帰って意見を集め、次回の会議で再びがちゆんの方と意見交換を行います。

  
前方スクリーンやモニターに映っているのが「がちゆん」の方々です。
  
生徒からの意見発表も行い、双方向性のある「ネット会議」を実施しました。

2学年在り方・生き方教育①

本日LHRの時間で、2学年では本年度の「在り方・生き方教育」第1弾として、「社会に目を向け、自分の意見を持つ」というタイトルのグループワークを実施しました。本校では4月17日より「読売新聞」「朝日新聞」「毎日新聞」「産経新聞」をクラスに配布し、生徒が自由に読めるようにしています。今回はそれを活用し、以下の目的のもと実施しました。
(1) 社会に目を向ける。
(2) 新聞の読み比べやグループディスカッションを通して、物事には異なった視点があることを再認識する 
(3) 自分の意見を持つ。

実施方法
(1) 任意の新聞を1紙選び、記事の中から自分のテーマを決める。なるべく他紙でも取り上げられているような大きな話題を選ぶ。
⇒決めたら担任に報告する。担任はグループ分けをする。
(2) 他紙の論調と比較し、さらに新聞以外からの情報を収集する。
(3) 自分の意見をまとめる。
(4) グループ内で発表・意見交換をする。