山岳部・活動報告

2012年3月の記事一覧

春の大菩薩峠に行ってきました。

3月24日(土)25日(日)、春山合宿で大菩薩峠に
  行ってきました。
  
   山はが同居していました。
        今回は卒業したばかりの、OB1名も参加しました。
 
   
 行きの電車の中でも勉強。大高生だねえ。   10:58 塩山で下車。2階建ての電車でした。
 
  
 登山口でバスを降りる。12時ちょうどくらい。  12:18登山口から歩き始める。最初は車道。
 不動岡高校山岳部(右端)と一緒になりました。
 
  
 振り返ると、甲府盆地の市街地が見える。 13:02 いよいよ登山道へ入る。
 
  
 途中の展望台?にて、一息入れる。     道が溝のように削れるた道になるのは、
                            やはり歴史が古いせいか?
 
  
 上日川峠を目指してひたすら登る。      第二展望台にて休憩。・・・暑くなってきた。
 
  
 もうすぐ、上日川峠だ。            14:20上日川峠のロッジ長兵衛。閉まっていた。
 
  
 上日川峠でキャンプ用に水をたくさん持って、 15:05福ちゃん荘到着。ここも閉鎖中。
 14:40出発。上日川峠からはゆるい登り道。
 
  
 テントを設営する。風は冷たい。絵文字:雪        雪を見て大はしゃぎ!雪合戦?が始まる。 
 
  
 ぶらんこがあったが、こんな表示が・・・。 テントも張り終え、そろそろ夕食の支度かな。
  乗れなくて、残念・・・。
 
  
 早く準備始めろ~。絵文字:怒る後ろで一人だけ、調理を  それでも、ご飯を炊いて・・・、肉と野菜を
  始めている。                       炒めて・・・、お湯を沸かして・・・。
 
  
 今日は肉野菜炒め定食。うまい、うますぎる   夕食もすみ、夕方絵文字:夕になってきて、おやすみ
 肉野菜炒め!(十○石饅頭の表現)がうまい。   なさ~い。
 
  
 翌朝は3:30起床。5:10ようやく東の空が    テントも撤収し、予定より早く5:30出発!
  明るくなってきた。                                      唐松尾根から、雷岩をめざす。
  
  
 唐松尾根の途中からの赤富士?ピンク富士? 凍っていて、登るのに苦労する。
 (望遠使用)                     「す、すべる~」 「そっちは滑るぞ!」絵文字:困った 冷汗
 
  
 実際にはこんな感じの大展望が望める。  雷岩までもう少し、がんばれ!
 
   
 6:30雷岩に到着。眺めは最高!風は冷たい!甲府盆地がよく見える。!絵文字:笑顔
 
  
 大菩薩嶺まで往復。雷岩からはすぐだった。 6:45 2047㍍の大菩薩嶺。ここからは展望
                               はない。
 
  
 7:10 大菩薩嶺を出発。稜線上は風が強く  滑りやすい道を行く。稜線は風で雪が飛ば 
  寒いっ絵文字:絶望                    されている。
  
  
 7:27 旧峠の賽ノ河原にある休憩舎に     と、中は明るく、風も防げて、思わずのんびり
  入ってみる。「どれどれ、どんな感じかな?」   してしまう。 
 
  
 ところが7:40に外へ出て見ると行く手は一転、  さらに数分後、後ろは青空絵文字:晴れが見えて
 冬の空!絵文字:雪風も強い!               きた。 「女心と山の天気」だったっけ?
 
  
 そして行く手は冬景色。             7:50 大菩薩峠に到着。
 
  
 小屋には人はいたが、まだ営業していな    8:25出発。峠の東側は、風下で雪が多い。
 かった。
 
            
 雪を踏みしめて下っていく。                       8:50フルコンバ 地図で場所を確認する。
 
  
 その後もどんどん下っていく。今回は下りの距離  「あっ、危ない!」ところどころ、滑り
 が結構長い。                        やすい。皆で何回も転ぶ。
 
  
 それでも徐々に雪は少なくなってきた。    江戸時代の元青梅街道だけに、石室があり、
                             興味津々でのぞきこむ。
 
  
 10:00ノーメダワ。ここから、ちょうど3か月前に  11:00追分 ここからは沢ぞいの道になる。
 歩いた、雲取山から石尾根の稜線が見える。
 
  
 雪の残る斜面をどんどん下っていく。       12:05藤タワ到着。ここからは高尾天平の
                                        ルートを取ることにする。
 
  
 最後の山の高尾天平。まだ山は冬の装い。 いよいよ丹波の集落が見えてきた。
                                             あと少し!
 
  
12:55  車道へ出た。ふう、疲れた。        丹波川にかかる橋。のんびりと春の陽だまり
                             の中をバス停まで歩こう。
 
  
13:30 丹波のバス停に到着。14:15発のバス  15:10奥多摩駅へ到着。お疲れさま。
  を 、のんびりひなたぼっこしながら待つ。    15:26の電車で帰りました。
 
   
    次回の山行予定は、4月の1年生歓迎山行です。
                  新1年生、何人入ってくれるかな?