山岳部・活動報告

2010年6月の記事一覧

谷川岳

6月25日(金・代休) 26日(土)谷川岳へ行ってきました
(新潟県 土樽側~群馬県 土合側へ)
  
 上牧駅から見た谷川岳↑                  土樽駅は無人駅。自動販売機しかなかった。
        .                     10:08さあ、行こう!
  
  しばし林道を歩いた後、11:00山道へ。    途中の沢で休憩。暑い!水は冷たくてうまい絵文字:笑顔
 蓬峠へ向けて登る。  
  
 だいぶ登ってきた。下に小さく高速道路が   途中の雪渓にて水補給。つ、冷た~い!
 見える。土樽P.Aである。
  
 13:23 蓬峠に到着。おだやかな笹原。     テントを張る。のんびりしたこの場所は実は・・・
 
  
  ブヨが多く、とても外にいられない。肌を保護    テントの中でほっと一息。虫さされは相当な
 するとこんな格好に・・・。テロリストか!絵文字:困った 冷汗    かゆみと痕が残った。
 
  
 翌日は3:30起床。絵文字:朝朝焼けがきれい。絵文字:笑顔    5:15 出発だ。
 
  
 「♪今日も行こうよ、あの山越えて~」絵文字:音楽      笹の稜線を歩く。谷川岳は森林限界の標高
   まず武能岳をめざす。               が低い。1500㍍付近で木がないので眺めは
                              いい。
 
  
 5:53武能岳到着。早かった~絵文字:急ぎ疲れた~。360° 頂上は風が強く寒いっ!絵文字:困った 冷汗6:03武能岳発。
 の展望。後ろは南方の茂倉岳、一の倉岳。     次は茂倉岳だ!
 
  
 ずいぶんと下る道である。慎重に、慎重に・・・。7:10茂倉岳到着。曇ってはいるが、絵文字:くもり眺めは
                                最高!これは西方方面
 
  
 7:25茂倉岳出発。一の倉岳までは20分の道のり。途中山の稜線上なのに水が流れている!
                               雪田が融けたものだ。稜線で小川とは・・・
 
  
 雪絵文字:雪の上ではしゃいで転んだヤツ。      7:45一の倉岳山頂着。小さな避難小屋がある。
                             ここで亡くなった人が二人いたらしい。
    
 7:50出発。いよいよ最後の難関、谷川岳  途中の「ノゾキ」から見た一の倉沢。写真で  
 への岩場。また一度下って登り返す。    はわかりづらいが、数百㍍の断崖絶壁の上!絵文字:困った 冷汗
  
 8:35 谷川岳オキノ耳に着いた!絵文字:笑顔絵文字:四人     10分休んで、続いてトマノ耳へ最後の縦走。
                             谷川岳は双耳峰である。(頂上が二つ)
                                                  
 8:58トマノ耳到着。浦和一女の山岳部と会った。 下山は西黒尾根。下り始めてすぐの雪田で
 眺めはばっちり絵文字:重要 9:10下山開始。         悪戦苦闘・・・・。滑落するなよ!
 
  
 西黒尾根上部は岩場の連続。慎重に下りる。 振り返ると谷川岳の岩壁が大迫力。
 かなり急でこわい。                
 
  
 10:55 土合まで1時間の看板があった。   11:30車道へひょこっと出た。お疲れ様~。絵文字:笑顔
 あと一息!
  
 途中の慰霊碑。谷川岳で亡くなった人は昭和   赤い屋根の土合駅が見えてきた。
 6年以降780人以上!その方の名前がある・・・。  あと少しだ!
 
  
 12:22 ついに土合駅到着!お疲れ様絵文字:重要。    帰りの途中の湯桧曽のループ線。これからぐ
 今回2時間も早く着いた。              るりと回って見えている線路に電車は下って
                              いく。
  
 帰りの上牧駅から見た谷川岳。さようなら。   ちなみに行きに撮った写真と同じ場所。
                     ※次回は8月上旬の北アルプスを予定しています。