山岳部・活動報告

2015年7月の記事一覧

[山岳部] 7月の山行!

夏合宿として7月の21(火)~23(木)の2泊3日で『白峰三山』に登ってきました!

  
日本第二の高峰、北岳からは北アルプスも展望できた。    最終日はあいにくの雨の中、大門沢へ下山した。

               
 18人分の行動食がズラリ。          気分は遠足か!?      韮崎駅から広河原までタクシー3台利用。

                   
広河原で吊り橋を渡る。前方に北岳。  大樺沢の登り。雪渓も見えた。     花の季節。種類も豊富です。

              
本日のテント場、白根御池に到着。   生徒・顧問共同で石をどかす。      今日は無風で、調理もやりやすい。
 
             
  中華丼のできあがり。       夕方はミーティングで明日の確認。   時間があるので、あやとりで男女交流。

                  
北岳バットレスを仰ぐテント場。     静かな朝です。鳳凰三山から甲斐駒ヶ岳へ続く尾根から日が昇ってきました。

              
草スベリの急な登りが始まる。      しかし、天気が良いので快調。     北岳、そのままの青空で待っていて!

             
森林限界を超え、ぐいぐいと高度を稼いでいくと、小太郎尾根の分岐に出て、一気に展望が開ける。

             
池山吊尾根の上に富士山が顔を出し、背後には甲斐駒ヶ岳。そして、程なく「北岳肩の小屋」に着く。標高3000mだ。

              
仙丈ヶ岳も間近に見える。        伊那谷側(右手)から強風が吹く中、いよいよ北岳への最後の登りにかかる。
 
              
北岳登頂。これが卒業アルバムの写真かな。 次なる百名山、間ノ岳への稜線も美しい。アルプスの雄大さを感じる。  

  
                   
中白根から霧に包まれてしまったが、雷鳥に遭遇。ヒナもいた。      わずかに青空が覗く間ノ岳。あれ一人足りない。

              
一人は昼寝をしていた。撮り直しね。  農鳥小屋へ下る。ここは大井川の源流だ。 今日もテント場の石を取り除く生徒と顧問。

               
天気が怪しくなり、強が強まったので、夕食は各テントごと。その風は夜中に、テントの支柱を折り、フライシートを破いた。   
 
               
最終日、なんだかんだ、いつも雨具の大宮高校。西農鳥岳と農鳥岳にて。ここからの下山中、ほぼずっと雨だった。

             
傾いているのは人ではなく、桟橋です。  桟橋は4・5か所ありましたが、ときどきドボンしている人もいました。

               
大門沢小屋。テントがありがたい。   砂防ダム工事現場を過ぎて、吊り橋を渡ると林道に出ました。ほっとするなあ。

              
雨具で蒸されて臭い人々は、このあと奈良田温泉で汗を流し、身延線の下部温泉駅(無人駅)から帰宅です。


2時間に3本くらいしか列車が来ないので、特急で甲府に出ました。いろいろな思いをした2015年の夏合宿は終わりです。