ラグビー部・活動報告

2014年5月の記事一覧

ラグビー部 国体予選南部地区予選(三位決定戦)

前日の大風がすっかりやんだ5月11日に国体予選の南部地区予選が行われました。

大高は三位決定戦で川口高校と対戦です。
各地区の三位までが県大会に出場する事ができる「負ける事ができない」試合でした。

試合はキックオフ直後の開始2分で、大高の連続攻撃からフルバックが抜け出し、最後はウイングに回して先制トライを挙げます。(7-0)

そこからはお互いに良く攻め、良く守り、得点が動かないままの前半24分に大高ゴール前のラックの脇を突かれてトライを奪われます。(7-5)
しかし前半28分にタックルから相手のボールを奪い、ウイングが80mを走りきって追加点を挙げて前半を終了します。(12-5)

このまま油断せずに後半もしっかりとゲームを進めようと話をして後半に臨みました。

後半10分に相手のミスしたボールをインゴールに持ち込みますが、相手の必死のディフェンスにグラウンディングができず、トライを取る事ができませんでした。

そして後半14分、パスミスをインターセプトされ、そのままトライされて同点に追いつかれてしまいました。(12-12)

少し流れが悪いなと思っていた後半18分にフォワードに押し込まれてリードを奪われてしまいます。(12-19)

なんとか逆転しようと反撃しますが、相手のディフェンスに阻まれ、逆に終了間際に追加点を奪われて12-26でノーサイドを迎えてしまいました。

これで国体予選の県大会出場権を逃してしまいました。
非常に悔しい敗戦です。色々な課題がでています。良かった事はこれが三年生の最後の大会(全国大会予選)ではなかったことです。これが最後の大会ならば悔やんでも悔やみきれないゲーム内容です。

「やるべき事をやりきる」
「準備は綿密に、本番はシンプルに」


簡単なようで難しい事ですね。大人でも難しい事だと思います。でも大高生にとって、やってやれない事では決してありません。

これからまた心技体全てを見直して鍛えていきたいと思います。

今後も温かいご支援をよろしくお願いいたします。

次の公式戦は今年度から新設された7人制全国大会県予選です。
6月21・22日(土・日に行われます。


最後になりますが、当日多くの保護者や関係者のご声援と差し入れをいただきました。誠にありがとうございました。

ラグビー部 国体予選南部地区予選(準決勝結果)

GWの終盤の5月5日に国体予選の南部地区予選が行われました。
大宮高校は準決勝で川口北高校と対戦しました。勝てば2位以上になり、県大会進出が確定します。

試合は大宮のキックオフから始まり、敵陣での攻防が5分ほど続きましたが、相手に一気に大宮のゴール前まで攻め込まれ、こちらの反則もあり、先制のトライを奪われてしまいます。(0-7)その後は一進一退の攻防が続きますが、前半20分に大宮のゴール前のラインアウトから押し込まれて追加点を奪われます。(0-12)

しかし、その後の前半21分にフォワードで崩してからバックスに展開するという、スピードのある攻撃でトライを挙げます。(7-12)

その状態でハーフタイムを向かえました。ハーフタイムでは「反則をしないこと・敵陣にいる時間を増やす事」などを確認しました。

後半も中盤での攻防が続く中、後半23分にゴール前まで攻め込まれて、密集の脇を攻められてゴールラインを割られてしまいます。(7-17)
ここでもう一度反撃を・・・という所でしたが、後半26分にまたしてもフォワードで崩されて追加点を奪われてしまいます。(7-24)

ノーサイドの時間が近づき、なんとか一矢を報いてもらいたいと考えていた所で大宮の反撃が始まり、力強い連続攻撃でトライを奪うことができました(14-24)。

最後にもう一度反撃をしましたが、このまま14-24でノーサイド。

来週の三位決定戦に臨む事になりました。

負けてしまいましたが、大宮の強い点と弱い点がはっきりとしたゲームだったと思います。
課題が明確になるという事は今後の強化にも必ずつながります。

次の試合は

5月11日() 対 川口高校
         浦和工業高校G    11:00 キックオフ

です。

なんとしてでも三位になって県大会へ進出したいと思います。

また、この日も多くの保護者や関係者の応援と差し入れをいただきました。
GWだということもあり、3月に卒業したOB・OGも応援に来てくれました。
ありがとうございました。

これからも応援よろしくお願いいたします。