ラグビー部・活動報告

2013年1月の記事一覧

ラグビー新人戦県大会

13日(日)に新人戦の県大会が行われ、川越工業高校と対戦しました。
相手は西部地区予選で1位になったチームです。前評判も高く、強いチームとの事でしたが、できる限りの準備をしてベスト8に向けてチャレンジしようと試合に臨みました。
 
試合では前半4分に相手陣深く攻め込み、相手のペナルティから速攻を決めて先制のトライを奪います(5-0)
 
そこから良く守っていたのですが、相手の強いフォワードに大高のディフェンスが差し込まれ始め、前半11分に同点のトライを奪われます(5-5)
 
その後は双方得点の機会を得ながらもそれを活かせず、10分以上膠着状態が続きます。
 
そして前半24分と28分にトライをうばられ、5-17で前半が終了しました。
 
ハーフタイムではブレイクダウン周辺のディフェンスや、大高ラグビー部がどう試合を進めるかを確認していました。
 
しかし、後半は相手の圧力に押され、大高の良い所を出せずに得点を挙げられて試合が進んでしまいました。試合の終盤は何とか得点を挙げようと果敢に攻撃しましtが、結局得点を挙げれないまま、5-62でノーサイドを迎えました。
 
県大会のレベルを実感した試合でした。南部地区で勝ち上がる事はもちろん、県大会でベスト8に進出する事や、、ベスト8で戦う事ためには必要な事がまだまだあるという事です。
 
しかし、新チームが発足して3ヶ月が過ぎ、着実にチームはレベルアップしています。
部員全員が高校入学後からラグビーを始めて、2年生でもまだ2年経っていないのです。まだまだ伸び代があります。
次の大会は春の関東大会予選、その次は国体予選です。
約2ヶ月半公式戦の無い時期になりますが、心技体全てにレベルアップして県ベスト8の目標を達成したいと思います。
 
この日も多くの保護者や関係者に応援に来ていただきました。誠にありがとうございます。
 
今後も応援のほど、よろしくお願いいたします。
 
また、中学生の皆さん、大宮高校でラグビーを始めてみませんか。
大高のラグビー部はラグビー経験者はいません。全員が高校からラグビーを始めています。
ラグビーは仲間のために身体をはれるかという「気持ち」とそれに必要な「身体」を養う事ができる素晴らしいスポーツです。ぜひ、高校から新しいことにチャレンジしてみてください。

ラグビー県大会の日程

新人戦の県大会の日程が決定しました。
 
1回戦 対 川越工業高校(西部地区1位)
    1月13日)  進修館高校G  13:00キックオフ
 
相手は西部地区1位の学校です。しっかり準備をして臨みたいと思います。
 
また、この新人戦は春の関東大会予選のシード決めも兼ねているので、1回戦を勝ち上がると、その後は負けても毎週試合が続きます。
 
2回戦 1月19日(土) 浦和高校対春日部高校の勝者
         熊谷ラグビー場Bグランド  13:00キックオフ
 
準決勝・順位戦         1月26日(土)
決勝・三位決定戦・順位戦   2月  2日(土)
 
まずは1回戦を突破しベスト8に入れるように頑張ります。
 
応援よろしくお願いいたします。

ラグビー新人戦南部地区予選決勝戦

あけましておめでとうございます。
 
大高ラグビー部は恒例の1月3日のOB戦から始動しています。そして、昨日(6日)に新人戦の南部地区予選の決勝戦が行われました。
 
相手は伊奈学園総合高校です。フォワードが強いチームですが、しっかりと対策をして試合に臨みました。
キックオフ直後から陣地の取りあいが続き、こちらが想定していた感じでゲームが続きましたが、前半14分に相手のキックの処理をミスした所を一気に攻められて先制点を奪われます(0-7)
 
しかし、その直後に相手のボールを奪ってトライを挙げることができました(5-7)
 
ハーフタイムではもう一度この試合の攻め方を確認して後半に臨みました。
 
後半2分には敵陣のラインアウトから一気にゴール前まで攻め込み、フォワードで攻めてトライを挙げ、逆転します(12-7)
 
相手の強いフォワードにもよく守り、その後もゴール前まで攻め込みますが、なかなか追加点を挙げられませんでした。
 
そうして試合も終盤になった後半18分、自陣ゴール前でモールを組まれてトライを奪われ、同点に追いつかれます(12-12)
 
「しっかり敵陣にいて得点を」と考えていましたが、ノーサイド直前にまた攻め込まれてトライを奪われてしまいます(12-17)
 
それでも最後のワンプレーも何とかボールを確保して攻め込みましたが、攻めきれずにノーサイドを迎えてしまいました(12-17
 
生徒はよく頑張りました。相手を見据えての対策ではよく対応してチーム力を向上させ、個人はもちろん、チームとしての成長が見えた地区予選でした。最後の5分間の戦い方を伝えきれなかった顧問の責任が大きい敗戦でした。
 
しかし、南部地区2位で県大会に出場できます。相手は西部地区1位の川越工業高校に決まりました。伊奈学園高校と同様にフォワードの強いチームだと伺っています。
 
まだまだ新人戦は続きます。そして最終目標は秋の花園予選です。まだまだ成長できるチームだと可能性を感じる事のできた試合でした。
 
また、この日も多くの保護者、OB、OBの保護者、本校の関係者の方に応援と差し入れをいただきました。誠にありがとうございます。
 
 
県大会は1月13日(日)に1回戦があります。会場とキックオフ時刻は9日の会議で決定します。
 
 
県大会も頑張りますので、応援よろしくお願いいたします。