ハンドボール部(女子)・活動報告

2013年9月の記事一覧

世界選手権の切符を獲得!!(ハンド)

 報告が遅くなってしまいましたがユースアジア選手権に出場していた海老原さんがかえってきました。
 7チーム総当りのリーグ戦でおこなわれた今大会。日本チームは初戦から順調に勝ちを重ねていきました。カザフスタンには苦戦したものの最終日の韓国との優勝決定の試合まで無敗で勝ち進み、全勝対決となりました。
 フル代表も含めいつも韓国に悔しい思いをしている日本としては、なんとしても優勝したいところでしたが、残念ながら準優勝で大会を終えました。当初、前回大会の成績の関係で5チームが世界選手権へという情報でしたが、現時点では3チームのみ確定ということで(アジアではこういう情報の錯綜がよくあります・・)、無事来年の世界選手権への切符を獲得しました。
 海老原さん自身も多くの試合に出場し、それぞれの出場試合で1得点ずつあげました。本人は満足のいくプレーができなかったようです。しかし他国のプレーや体格の違いを目の当たりにして良い経験となったと思います。世界選手権に向けては再び選手選考の壁を突破しなくてはなりませんが、是非頑張って、今度は世界のハイレベルなプレーを体感してもらえればと思います。
 今大会中に東京オリンピックの開催が決定しました。今回の選手たちは7年後主力となるべき選手たちです。2020年に世界の強豪に勝ちハンド界に大きな花が咲くように、この年代の選手たちが切磋琢磨して頑張っていってもらえたらと思います。
 
 国体についても報告が遅れました。8月中の関東ブロックの予選を勝ち抜き埼玉県少年女子チームは本国体に出場を決めました。
 本国体は10月3日から始まります。全体の2回戦からの登場となり、緒戦は北海道と対戦します。これに勝つとベスト8になり準々決勝は福島・宮崎・大阪の勝者と対戦します。こちらも海老原さんは引き続き参加しますので、上位進出を目指してベストを尽くしてもらいたいと思います。
 
 アジア選手権については日本ハンドボール協会(ユースアジア選手権)を、
国民体育大会については日本ハンドボール協会(スポーツ祭り東京2013)をご覧ください。