ハンドボール部(女子)・活動報告

2012年9月の記事一覧

ハンド女子U-16日韓戦結果

9月9日~24日の間、U-16日本代表として日韓スポーツ交流大会に参加していた海老原さんが遠征を終えてきました。
韓国代表との対戦は、アウェーでの初戦を22(14-11、8-15)26で落とし、本人も1得点のみと悔しい思いをしたようです。
しかしホームに戻っての二戦目は27(11-11、16-13)24で勝利しました。この試合では6得点をあげチームに貢献できたようです。試合の様子を後日VTRで見せていただきましたが、日本代表チームはよくまとまって韓国代表のスピードとパワーに対応していました。この一戦にかける思いが十分伝わってくる好ゲームでした。海老原さんも大事な場面でしっかりとシュートを決めるなど逞しい姿が見れました。
今回の経験は本人は勿論のこと本校にとっても大きなことです。本校チームにも好影響を与えてくれると思います。さらに練習を積んでさらなるステップアップを期待します。
最後に今回の経験を与えていただいた代表チームスタッフや協会役員の方々、関係者の方々に感謝いたします。
 
試合の結果等詳しくは

ハンド女子U-16日本代表に選出されました

本校の1年生、海老原加英さんがU-16(16歳以下)日本代表に選ばれました。
そして8月31日の集会で壮行会を開いていただきました。
今回、U-16韓国代表と親善試合がホーム&アウェイでおこなわれ、その日本代表16名の一員として選ばれました。
ハンドボールの女子日本代表が五輪に出場したのは76年モントリオール大会が最後で、その後はアジアの壁を突破することが出来ていません。
その際、常に日本の前に大きく立ちはだかるのが韓国代表です。(その韓国は今回のロンドンでは4位です)
その若い世代同士の試合ですがその先々を見据えると「負けられない戦いがそこにはある」のです。
今回の試合が世界大会へ直接つながる予選等ではないものの、世界を、宿敵韓国の状況を知る良い機会です。
怪我なく個人的にもチームとしても頑張ってほしいと思います。