国際交流2020

【国際交流】令和2年度活動報告

令和2年度国際理解教育について
 本年度はコロナの影響で通常の活動ができないこともありましたが、その中でも工夫して活動を行いました。ここでは国際交流委員会の活動と、学校法人向けオンライン映画配信サービスcinemo.edu導入について報告します。

1.国際交流委員会による活動
 国際交流委員は各クラス2名程度の委員が1,2年を通して活動し、NEWS LETTERの発行や、姉妹校受入れ行事の参加、UNESCOの翻訳ボランティアなどをしています。今年は後の2つはコロナの影響で中止になってたため、まずNEWS LETTERの充実を図りました。これまで姉妹校のあるドイツを中心とした『ドイツNOW』のみでしたが、これにより広い視点も取り入れた『WORLD TIMES』が加わりました。記事内容も直接取材した生の声を伝えることとし、各委員が工夫してインタビューを行いました。姉妹校の日本語クラスの生徒や先生方にもお返事をいただき、完成したNEWS LETTERを送ったところ大変喜んでいただきました。

➼NEWS LETTERはこちら

 また、姉妹校とは日本語選択クラスの10年生とZOOMでのMEETINGを計画し、「学校生活」「コロナの影響」「移民政策」「環境問題」について話し合う予定でしたが、これもドイツの状況悪化で延期となってしまいました。そこでメールでお互いの国について質問や回答を送りあいました。ニュースではわからない生の声が聞けたことと同時に、わかっているつもりでいた日本のことを文字で正確に伝えることの難しさや、実際にわかっていないことがたくさんあったことなど、多くの成果があった活動でした。(➼ドイツNOW特別号に報告)

  
 そして、既にHPでお知らせした11月4日の在日ドイツ大使館職員講演会においては、事前質問の準備や、当日の司会進行などを国際交流員会が行いました。魅力的な講師による興味深いお話と、生徒の積極的な質問で、良い会となりました。(➼WORLD TIMES特別号に報告)

2.オンライン映画配信cinemo.eduについて
 cinemo.eduは「人と人をつないで世界の課題解決をする」をミッションに、映画の買い付け配給を行っているユナイテッド・ピープル株式会社が学校向けに開始したサービスです。SDGsなどの社会が抱える問題について、本校生徒の興味と理解を高めるために、今年の8月より導入し、選択した17本の映画を各自がいつでも見られる環境ができ、夏休み中に14本を視聴してエッセイコンテストに応募した生徒もいました。

➼学校選択映画リストはこちら cinemo 映画リスト.pdf

➼エッセイはこちら エッセイ「世界を見た夏に」.pdf


  また、3年生がLHRで視聴したり、1年生が冬休みに視聴レビューを課題にしたりという取り組みを行いました。

➼生徒レビューはこちら

 コロナでできなくなってしまったこともあれば、新たに可能性が広がることもあった一年でしたが、さらに可能性を探しながら、教育活動を行っていければと考えています。