部活動日誌

【男女ハンドボール部】卒業証書授与式 ~それぞれの旅立ち~

 3/14(土)本校体育館にて、第70回卒業証書授与式が挙行されました。感染症拡大の影響を大きく受け、卒業生と教職員のみでの実施という形となりましたが、式は盛大に行われ、無事に3年生を送り出すことができました。

 式後、3年生男女のメンバーが体育館へ集合し、進路報告を行ってくれました。卒業式自体中止となる学校も多数ある中で、最後に3年生全員と顔を合わせ、話をすることができてよかったと思います。

 本来ならば、ハンドボール部としての送別試合や送る会を予定していたところでした。卒業していく先輩たちと会って一番話がしたかったのは、1・2年生の方だったと思います。「感染症に負けずに過ごし、夏になっても、年明けでもいいから、またみんなで集まってゲームをやろう」と約束をしました。

 【副顧問:多比羅より3年生へ】

 ご卒業おめでとうございます。2年生の6月に先輩たちが引退を迎え、部活動を引っ張っていく立場になったときの皆さんは、まだ戸惑っているようにも見え、頼もしいとは言い難い様子でした。しかし時が経つにつれ、試合に勝つため、そして仲間と共に強くなるために必要なことを考え、助言をし合い、互いを鼓舞して練習に取り組む姿が見られるようになっていきました。そして引退の時には、後輩たちに見習って欲しいと心から思えるチームになっていました。皆さんがハンドボール部で過ごした2年数か月で培ったことは、ハンドボールの技術だけではなく、仲間と励まし合いながら自らの限界に挑戦する姿勢であり、その先に部活動や勉学での個人個人の飛躍的な成長があったと確信しています。

 卒業式でお会いした皆さんの表情は晴れやかで落ち着きがあり、懐かしさと同時に頼もしさをも感じました。ハンドボール部、そして大宮高校での経験に誇りとプライドを持ち、今後も夢を追い、高みを目指して頑張ってください。またいつか、さらにパワーアップした皆さんにお会いできることを楽しみにしています。ありがとうございました。

 

【顧問:伊東より3年生へ】

 ハンドボールというスポーツは、日本ではまだまだマイナー競技です。そんなハンドボールと出会ってくれて、一緒に戦う仲間たちと時間を共有していく中で「ハンドボールは楽しいスポーツだ」と思ってくれたならば、指導者としてこれ以上のことはありません。

 これからは、チームのOBOGとして、現役メンバーの頑張りを見守り、時には叱咤激励し、今後のハンドボール部の活動を支えてもらえれば幸いです。

 3年生の皆さんのハンドボール部での活動、チームにとって非常に大きな力になってくれたこと、大変感謝しています。ありがとうございました。

 これからはそれぞれ、新たな場所での新たな挑戦の日々となることと思います。部活動で培ってきたものを武器に、大いに活躍してくれることを期待しています。

 卒業おめでとうございます。また会いましょう。

 

【ハンドボール部保護者の皆様へ】

 お子様のご卒業、誠におめでとうございます。本校ハンドボール部の活動に多大なるご理解、ご協力いただきましたこと、厚く御礼申し上げます。

 保護者の皆様におかれましては、昨今の社会情勢により式典への参列がかなわず、我々教職員も大変心苦しく思います。また、直接お会いして感謝申し上げるべきところを、そのような機会も持てず申し訳ございません。

 ハンドボール、部活動を通してお子様が得られた貴重な経験やスキル、保護者の皆様同士のつながり、学校とのつながりを今後も継続し、大切にしていただけると幸いでございます。

 大宮高校ハンドボール部の活動そのものをより一層充実させ、よりよい結果が残せるよう、引き続き部員とともに努力を重ねてまいります。今後とも変わらぬご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

 3年間ありがとうございました。