部活動日誌(R2.2~ )

【空手道部】選抜大会

1月27日(土)に開催された埼玉県高等学校空手道選抜大会(会場:埼玉県立武道館)に出場しました。

本校からは男子部員1名が 個人組手 に出場しました。

 

男子個人組手

1回戦(負) 1-3 栄北高校

選手コメント

とにかく悔しい! 事前の想定に比べて『絶対に勝てない』というほどの差はなく、やりようによっては勝つこともできたのではないかと思える内容でした。偶然の接触で反則になってしまいましたが、中段蹴りのキレに自信をもつことができました。課題としては、引き続きメンホー(頭部プロテクター)をつけたときの距離感です。微妙な距離感のズレで上段突きに自信がもてていないのが現状です。思い切って上段を突けるようになると蹴り技を活かせるようになるので、春の関東大会予選に向けて克服していきたいです。

顧問より

事前情報から、実力的には相手選手の方が一枚上手ということは分かっていました。ポイントを先取されるも、積極的に攻めてすぐにポイントを取り返した序盤戦。プレッシャーをかけて相手を場外に追いやるなど、果敢な攻めを見せた中盤戦。途中、右の中段蹴りがダッキングした相手の頭部にあたってしまうアクシデントで反則を取られたことから流れが変わってしまったように思います。最終的に押し切られてしまいましたが、そこは相手選手の巧みな攻めを称えるほかないでしょう。膠着した展開や、自分に流れが来ている展開できっちりポイントを取り切る「決定力」がつけば、春の関東大会予選は期待できるのではないでしょうか。

 

おまけ

選抜大会前、外部指導者としてお招きしている小嶋健先生より、組手における蹴り技のポイントについてご指導いただきました! 顧問から見ても、部員たちの動きが1段階上のレベルに成長したように思います(それを維持してさらに上達できるかは、これからの稽古次第)。

高校でも空手道を続けたい、高校でゼロから空手道を始めたい、どちらであっても質の高い指導を受けられる大宮高校の空手道部。令和6年度、大高生の仲間入りをする皆さんを、部員一同お待ちしております。