部活動日誌(R2.2~ )

【男子・女子ハンドボール部】インターハイ埼玉県予選2回戦結果

6/12(土)三郷市総合体育館にて、男女2回戦が行われました。

 

【男子2回戦】

大宮 17 (7-14 10-14) 28 大宮南

試合開始直後から相手エースプレーヤーにマンツーマンDFを仕掛けました。しかし5対5のDFが機能しきらず、連続得点を奪われる苦しい展開になりました。

中盤以降、ようやくDFの駆け引きに勝つ場面も出だし、足も動き始めました。相手ボール回しのパスカットにも成功し、得点につなぐこともできましたが、前半の点差を埋められず敗戦となりました。

 

【女子2回戦】

大宮 5 (1-19 4-18) 37 三郷北

相手の素早い1対1になかなかついていくことができず、組織的にフォローができるようになるまで時間を要しました。OFは終始スピード感を持って展開することができました。シュートチャンスをいくつも演出しましたが、ゴールポストに当たるなど枠を捉えきれず、なかなか得点することができませんでした。

マイボールからの速攻などが何本か決まり、チームが勢いづく場面を作ることもできましたが、相手のスピードとパワーに振り切られ、力の差を改めて感じた試合でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

(ユニフォーム白が大宮男子:ミドルレンジからシュートを狙います)

 

 

 

 

 

 

 

(ユニフォームエンジが大宮女子:攻撃的なDFを仕掛けます)

 

男女とも残念ながら2回戦敗退となりました。

しかし、強豪相手に最後まで諦めず戦い抜き、何より場面場面で「勝負」することができました。

点差はつけられてしまいましたが、状況判断・駆け引きをしながらチャレンジできるような試合運びができたことについては、3年生の成長とこれまでの「集大成」を感じました。

練習したことが発揮しきれず悔しい部分も当然ありましたが、何事においても本番で100%納得のいくパフォーマンスをすることは大変困難なことです。

ただ「100%全てを出せるように努力をする」ということは、決して諦めてはいけないなと思いました。

 

3年生はこれで引退となりましたが、コロナ禍の状況の中、試合で1つの区切りを迎えられたことは大変幸せなことであり、部員にとってもかけがえのない時間だったことと思います。

高校生活の集大成ともいえる進路実現に向けて、全てを発揮できるよう努力を続けてほしいと思います。

 

保護者の皆様含め、これまでのご支援・ご声援大変ありがとうございました。

新チームも、気持ちを新たに頑張ります!