大高日誌

【2学年】LHR(講演会)

1月25日のLHRにおいて、講演会を実施しました。

 

ライフサポート㈱代表取締役社長 ・ミアヘルサ㈱取締役 関根秀明さん

東京⼤学 未来ビジョン研究センター 教授 川崎昭如さん

2名の講師をお呼びして「夢・働く」ということをテーマに話していただきました。

 

また、二人のご紹介やファシリテーションについては、

一般社団法人ハッシャダイソーシャル スクール事業 森本瑛さん にしていただきました。

 

本校教諭も司会として加わり、4人の大人による和やかなトークセッションによって、

自分の進路にちょっぴり不安を抱える高校生の気持ちを、明るく励ましてくださいました。

 

【生徒の感想より(抜粋)】

・ただ一方的に話を聞くのではなく、ゲストの方と先生との対話を聞く形だったのが良かった。関根さんの、「目の前のことに一生懸命に取り組み、1つ目標を達成したら次に進む。その繰り返しが大きなことを成し遂げる。」という言葉が印象に残り、私も日々の一歩一歩から大切にしようと思った。人生はどう転がっていくのか分からないので、自分の選択や積み重ねてきたものの答え合わせを急ぐ必要はないことが分かった。

・大学の教授や社長と言えども自分が本当にやりたいことを見つけるまでに長い時間がかかっていると知り、正直安心しました。僕自身まだやりたいことが定まっていないのですこし不安でしたが、今回の公演を聞いて何をするべきかが少し見えた気がします。とにかく今は講師の方がおっしゃっていた通り、ちょっとしたことにでも課題意識を持ち取り組んでいくことで達成感を感じて前向きにいけるよう意識していきたいです。

・現在客観的に見て成功してると思われる人の話を聞いて、自らの人生を自らで楽しいものにしているなと思いました。選択肢を自分の気持ちに従って、直前で変更したり、好きなもののために真っ直ぐ進んでいて、自分の気持ちに嘘を付かない生き方はやはり、話として聞くだけでもカッコいいと思いました。