大高日誌

令和4年度 人権教育講演会

 11月17日(木)5限、1・3年生を対象に人権教育講演会を実施しました。新型コロナウイルス感染症予防対策として、手指消毒や換気を徹底し、体育館にて2学年合同で行いました。

 今年度は、日本女子大学名誉教授で一般社団法人日本ケアラー連盟代表理事の堀越栄子先生と、元ヤングケアラーで弁護士の藤木和子さんの2名を講師にお迎えし、『ヤングケアラーについて知ろう』という演題で、講話をして頂きました。主な項目は、1.ヤングケアラーとは 2.子どもの権利条約とヤングケアラー 3.ヤングケアラーをサポートする人や機関 4.元ヤングケアラーの語り 5.自分の未来を描ける学校や社会に向けて という5項目で、ヤングケアラーについて理解を深めることができました。

 特に、元ヤングケアラーの藤木さんより、ご家族のケアをしながら受験勉強したというエピソードに生徒たちは真剣に聴き入っていました。『悩むことは人生を真剣に考えているということです』、『様々な境遇の人がいる中で、大宮高校に入れたこと自体恵まれており、部活や勉強を頑張れることは幸せなことです。ぜひ頑張ってください』という強いメッセージは、生徒にしっかり届いたと思います。

 最後に、3名の生徒より質疑があり丁寧にまた誠実にお答えいただき、多くのことに気付くことができました。非常に興味深い講演をしていただき、誠にありがとうございました。