大高日誌

スポGOMI甲子園埼玉県大会

スポGOMI甲子園埼玉県大会

初出場 第2位入賞

この大会は、国民一人一人が海洋ゴミの問題を自分ごと化し、

「これ以上、海にゴミを出さない」という

社会意識を向上させていくことを目標に

日本財団「海と日本プロジェクト」が主催している

ゴミ拾いとスポーツを融合させたイベントです。

  

大宮高校からは2チームが出場し、そのうちの1チームが2位に入賞しました。

大会は8月5日(金)大宮公園で行われました。

制限時間内に集めたゴミの重量とゴミの種類をポイント化して順位を競います。

    

本校から参加したのは「バルバロイ」と「TOGATHER(集める)」の2チーム

事前に公園内の下見を済ませ、作戦を練りました。10時30分競技スタート! 

    

TOGATHERは池の近くにゴミの多い場所を発見し、重量を稼ぎました。

バルバロイはテレビ埼玉の取材を受け、意気込みと作戦を語っていました。 

    

TOGATHERはオリジナルアイテムのカートも大活躍。

オリジナルアイテムを持参するとポイントが加算されます。そして見事第2位に。

この結果に、TOGATHERのメンバーは、「2位は悔しい。来年は3年生だが、

出場するかどうかよく考えたい。」、バルバロイのメンバーは

「楽しく体を動かせました。また、出たいです。」とのことでした。

優勝した川口工業高校掃除部Cチームは11月に全国大会に出場します。

全国優勝2回の強豪とのこと。今年も頑張ってきていただきたいです。

大宮高校のみなさんもぜひ、来年の大会に参加してください。