山岳部・活動報告

山岳部 夏山合宿2019 南アルプス

山岳部は4泊5日の南アルプス夏合宿を行いました。
    
 日本第二の高峰、北岳3192mに登頂。 雷鳥にも出会いました。
 7月21日(日) 買い出し
     
 21人、4泊5日分の食材と行動食を購入して、分配しました。
 テーブルの上を見ると、お菓子屋さんみたいですね。

 7月22日(月) 第一日 埼玉-甲府-広河原-白根御池小屋
     
 バスに乗っているときに雨が降り出し、気分の盛り上がらないスタートです。
 なるべく雨を避けるために、樹林帯のコースを選び、700mアップしました。

 7月23日(火) 第二日 白根御池小屋-北岳-間ノ岳-農鳥小屋
        
 夜中の内に雨はあがり、登山日和となりました。今日は950mアップします。 
        
 北岳バットレスを仰ぎながら、草スベリの急登に耐え、日本第二の高峰、北岳に立ちました。
        
 この日は更に、日本第三の高峰、間ノ岳にも登頂し、大井川の源流を見ながら農鳥小屋へ。
        
 農鳥小屋へは黄色と赤の目印が豊富。ハートと笑顔はレアです。探してみて下さい。

 7月24日(水) 第三日 農鳥岳往復-間ノ岳-三峰岳-両俣小屋
        
 夜明け前にテントを出発し、元気のある者で農鳥岳を往復しました。歩いてきた北岳、間ノ岳、
 そして富士山を望むことができました。帰り道にはブロッケン現象が出現し、朝から興奮です。
        
 久しぶりにOMIYAの人文字に挑戦。1年前よりはきれいにできました。
        
 登り返した間ノ岳で、恒例の「叫び」。白根三山の中心で愛や感謝、自己の成長を叫びました。
        
 2999mの三峰岳(みぶだけ)を経て、長い長い仙塩尾根へ。

 7月25日(木) 第四日 両俣小屋-北沢峠-栗沢山往復
        
 広くて平らなテント場で体操をしてから出発。崩落の目立つ12kmの林道歩きは結構つらい。
 しかし、軽装で登り返した栗沢山では、甲斐駒ヶ岳やアサヨ峰を間近に堪能できました。
        
 最後の夕食は、伝統的にスパム丼。スパムは秋の修学旅行で沖縄から持ち帰ったものを使用。
 そのスパムを購入してきた3年生は、調理中のトランプが認められています。
        
 Tシャツは毎年1枚ずつ制作。

 7月26日(金) 第五日 北沢峠-仙丈ヶ岳往復-甲府-埼玉
        
 ついに最終日。高山植物にも励まされてきました。
        
 一昨年は霧に包まれた仙丈ヶ岳で抜群の展望を堪能し、無事に下山することができました。