山岳部・活動報告

山岳部は冬山合宿に行ってきました。

 12月22日~23日に山岳部は雲取山、飛龍山へ
 行ってきました。
 天気に恵まれ、楽しい山行となりました。

   
 今回は天気に恵まれました。日の出を拝めた  富士山をバックに。雲取山頂にて。
 のは、前回いつのことだだったやら・・・。
 遠く、東京湾も見えました。

  土曜日の準備状況
  
 「食糧、装備、燃料はこれでいいかな?」
 部室の前で準備中。
 22日(月)
  
 武蔵浦和駅に朝6:30に集合。・・・と、青梅線  御嶽からは代行バス。前途多難だ絵文字:絶望
 が架線凍結で動いていない、だと!・・・絵文字:困った 冷汗    登る前から疲れた・・・。

  
  奥多摩駅から、臨時バスを出してくれた!     毎度、おなじみの大高体操で準備運動。
 おかげで20分遅れくらいの9:45に鴨沢に到着。  さあ、行くか!

  
 9:45に鴨沢を出発。ぐんぐん登って行く。   明るい東側の斜面を登っていく。穏やかな
                            冬の日だまりの中の雑木林。
 
  
 堂所を11:45に過ぎ、その上で休憩。          遠く富士山も見える。
 冬にしては暖かい。

  
 12:40 七ツ石小屋に到着。10分休憩。   まだこのあたりでも雪はない。

  
 12:25 ブナ坂に出る。ここからは眺めのいい 快適な尾根歩き。天気もいいなあ。絵文字:晴れ
 稜線歩きだ!絵文字:笑顔
                                       
  
 富士山を見ながら歩く。             ようやく雪が出てきた。

  
 今年は昨年より雪がない。           14:05 ヨモギノ頭にて15分休憩。
 ちょっぴり物足りないなあ・・・。    

   ちなみに去年はこんな感じ。  こんな感じ。        こんな感じ。
    

  
 小雲取への登り。ここはキツいぞ。      まだまだ、頂は先だ。あ~疲れるぅ・・・。絵文字:困った 冷汗

  
 14:45 ようやく小雲取のピークに来た。だいぶ雪も増えてきたので、ここでアイゼンを
  着けることにしよう。15:00 出発する。あと少し。

  
 雲取山山頂が見えてきた。           少しずつ登っていく。

  
 頂上の避難小屋が見えてきた。        頂上直下の避難小屋。-6℃だって。

  
  歩いてきた方向を振り返る。東京都心まで見えた。15:20雲取山頂着。雪が少なく割と
                                                楽だった。
 
  
 雲取山荘には15:45に着いた。今年は早めに  さっそくテントを建てるが、寒くて作業が
 着いたぞ。絵文字:笑顔                     滞りがちである。

  
 今回は他に幕営している人はいなかった。  冬はテント内で調理する。できるだけ湯気を
 大宮高校で独占状態。              出さないようにしよう。
 (夜は心おきなくおしゃべり)

  
 今夜は豚汁。大なべにいっぱい作る。     暖まるぞ~絵文字:二人 大なべはカラになりました。
                            ごちそうさまでした~。

  
 夜は東京都心の灯りが見える。こんな景色を  テントの灯りは暖かく思える。
 見るとき、人は何を思ふのだらう・・・。

 23日(火) 
  
 朝、東の空が白んできた。6:00出発する。  6:30に雲取山山頂に着く。まだ日の出前。
                           東京湾や目がいい人はスカイツリーも見えた。
                            
  
 6:40日の出だ、夜明けだ、日本の夜明けだ!  山頂で昨日も撮ったが、今日も1枚パチリ。

  
 これから行く飛龍山方面の朝焼け。      7:00に山頂を出て、下り始めた。

  
 7:25 三条ダルミを通過し、西に向かって歩き   8:00 狼平で10分休憩。長い道のりで
  続ける。                       ある。

  
 8:10 狼平発ここからはまた登りになる。  途中、橋のような所も増えてきた。滑らない
                            ように、慎重に行こう!  

  
 日陰は雪も多い。足元が不安定。       ひたすら歩くが、なかなか着かないなあ・・・。

  
 結構な急斜面もある。              1時間半歩いて、9:40ようやく、北天ノタルに
                             到着。あ~、疲れたよう。15分休憩。

  
 10:45に飛龍権現について、そこに荷物は  飛龍権現まで戻って今度は禿岩(ヤな名前)
 置いて、飛龍山へ。11:10飛龍山頂。     へ。ここは眺めがいい。
 眺めはない。
 
  
 遠く、南アルプスが見える。左から      こちらは西側方面。
 農取岳、間ノ岳、北岳、そして仙丈ヶ岳。

  
 12:00 前飛龍へ向けて出発。        前飛龍でアイゼンを外す。(外すのが早すぎ
                            て、この後もう1度着け直すハメになった。)

  
 ミサカ尾根の下りは急である。ここで計画書  13:45 熊倉山到着。ちょっぴり休憩。
 に書かれている時間が早すぎたことに気づく。

  
 14:20 サオラ峠。ここは休むのに気持ちの  さらに天平尾根を下っていく。
 いいところである。10分休憩。

  
 昨日は冬至。影が長く伸びる。         広い尾根の丹波天平。まるで武蔵野の
 まだ14時台なのに夕方のようである。     雑木林みたい。(生徒は国木田独歩の
                             『武蔵野』を知らなかった。)
 
  
 最後に急な斜面となり、だんだん下りて行く。 廃屋の脇を通ってあと20分ぐらいかな。

  
 16:15 ついに車道に出た。しかしバスは、  寒い中2時間座してバスを待つか、前進
 2時間後まで来ない。                                して別方面からバスが来るバス停まで歩く
                            か、若者達は前進することを選んだ。絵文字:ふーん

  
 だんだん暗くなって来る中、ひたすら歩き   暗くなっても歩き続ける。
 続ける。

  
 17:50 5.6km歩いて、深山橋バス停に着いた。  奥多摩駅発18:57の電車で帰る。
 ここから18:08発のバスに乗って。奥多摩駅へ。  武蔵浦和に着いたのは21時近くでした。


   今回は電車やバスの便には恵まれませんでしたが、天気や景色は最高でした。
   次回は2月の山行を計画しています。