山岳部・活動報告

山岳部 晩秋の日帰り山行

山岳部は11月半ばに、日光の半月山に登りました。
    

山道には霜柱が立っていました。オフシーズンで静かです。
 半月山は中禅寺湖の南岸尾根に位置する、標高1763mの山です。湖越しに男体山を望むことが
 できるのが、この山最大の魅力です。今回は、生徒のプレゼンテーションでこの山に行くことが
 決まりました。11月18日、晩秋と言うよりも初冬といった方がよい日光には、小雪も舞いました。
 展望台からは、期待通りの大展望が。  

         
 大宮-東武日光は団体割引で破格の600円!安い。JR日光駅に移動してバスを待ちます。

         
 中禅寺湖畔は風が冷たい。気温-2℃絵文字:泣く 登山道に入ると、風を避けることができました。

         
 明るい笹の中を歩く雰囲気の良いコースです。参加した旧顧問+現顧問5人も楽しんでいます。

         
 帽子に落ちてきた小雪が見えますか? 半月山は頂上からの展望こそありませんが、
 幾つかの展望台からは抜群の眺めが得られます。日光のシンボル男体山(中央)と皇海山(右)。 

         
 なおも明るい笹原が続きます。そして、中禅寺湖に向かって下山します。 

         
 阿世潟峠(あぜがた)峠までくれば、あと15分で湖です。
 思い出に湖畔からの男体山をスマホに収め、落ち葉を踏む感触を楽しみながら、バス停に向かいました。
 12月は今年(2017年)の山、標高2017mの雲取山に登ります。