山岳部・活動報告

山岳部 夏山合宿 黒部五郎岳・薬師岳

山岳部は7月下旬に北アルプスの黒部五郎岳・薬師岳を歩きました
           
  
一滴の雨も降らず、最終日の薬師岳山頂    双六小屋付近の残雪を行く 
山岳部(部員17人・顧問3人)は、7月23日から27日まで4泊5日で、
北アルプスの黒部五郎岳・薬師岳を中心としたコースを歩きました。

  出発前日 買い出した食料を山分けしました。一人一日800円相当。安すぎるのでは?
      
 
  第1日 武蔵浦和-松本-新穂高温泉-わさび平小屋 熊谷市で41.1℃を記録した日
            
  ちょっとしか歩いていないのに汗だく。冷たい沢の水で頭を洗い、衣類をテントの上に干しました。
  右の彼は、なにか反省しているのでしょうか。

 第2日 わさび平小屋-鏡平-双六小屋 コースタイムは6時間
         
  今年は北アルプスの雪解けも早かったようですが、花見平に残雪がありました。気持ちいい!

         
  双六小屋からは、百名山の鷲羽岳と水晶岳がバッチリ。
  体力の余っていた3年生は、樅沢岳を往復して、槍ヶ岳をひとつまみ。

  第3日 双六小屋-双六岳-三俣蓮華岳-黒部五郎小舎 コースタイム4時間
         
  3日目にして初めて、「山頂」の一つに立ちました。双六岳からの槍ヶ岳は秀逸です。

         
  続いて岐阜、長野、富山の境、「三俣蓮華岳」。明日登る黒部五郎岳が大きい。待ってろよ。
  中央の二人はタイタニックごっこだそうです。

  山の楽しみ ごはん 大宮高校山岳部のごはんを紹介します。.

         
  第1日夕食、“特選”プルコギ  第2日夕食、“絶品”ハヤシライス  第3日夕食、“レトルト”中華丼

         
  第3日デザート、焼きリンゴ  第4日夕食、“プロ監修”スパム丼と炊き込みご飯

         
  顧問提供、生グレープフルーツ  3年生提供、フルーツ缶     山のデザート、チングルマ

  山の上の大高生
         
  彼は英語、彼女は世界史の学習中! 彼らは...(凝視しないで下さい)一般的な高校生です。

  第4日 黒部五郎小舎-黒部五郎岳-北ノ又岳-薬師峠 コースタイム7時間30分
         
 コバイケイソウ咲くテント場を出発。カールの中は別天地でした。そしてこの頃、朝日が出てきました。  

         
  4日目にして、ようやく最初の大きな目的地、黒部五郎岳(2839m)に登頂。暑い一日になりました。

  叫ぶ山岳部員  大宮高校山岳部の伝統行事 「黒部の中心で愛を叫ぶ!」略して“黒中” 
         

  第5日 薬師峠-薬師岳往復-折立-富山-大宮 コースタイム8時間40分
         
  薬師峠をベースに薬師岳((2926m)を往復しました。カールが国の天然記念物に指定されています。
  なんと、遙か彼方に富士山を確認することができました。
  5日目となると、すっかり山のペースが染みついて、下界に戻ることに違和感を覚えます。


  最後まで一滴の雨も降らず、折立に下山。3年生は3年間の夏山合宿15日間のうち、14日が晴れ
  でした。明日から、受験勉強に一層、励みましょう。,
  これからは1・2年生で活動します。8月は日光の奥白根山に登ります。