山岳部・活動報告

山岳部は丹沢に行ってきました。

5月11日(土)12日(日)山岳部は神奈川県の丹沢に行ってきました。 残念ながら天気が今ひとつでした・・・。
 
  
 塔ノ岳の上は多少晴れましたが・・・。      三ノ塔の頂上はガスでした。絵文字:泣く
 

  
 14:00 大倉バス停に着く。去年は晴れていたが、 14:13 仕方ない、傘さして登るか・・・。
  今年は雨。そういえば3年前も雨だった。               萎えるなあ・・・。絵文字:小雨
 
  
 初日は1時間も登らない。             14:55 大倉高原山の家のテント場に到着。
 今日はさすがに登山者も少なかった。        着いたら途端に雨が強くなってきた!絵文字:絶望
 
  
 テントが濡れないようにフライシートを広げて、  順番にようやく3張り、テントを立てた。
 その下でテントを組み立てる。それぐらいの    やれやれ、晴れていれば快適な所なんだけど
 強い雨 だった。                                             なあ・・・。
 
  
 この日の夕食はカレー。テント毎に作り、どこのテントのが一番おいしいか、で盛り上がった。
 皆、当然自分たちが作ったカレーが一番だと信じている。 「いや~、うまいなあ!」絵文字:笑顔
 
  
 翌朝もなんと雨!朝にはやむんじゃなかったの?   雨の中、新緑があざやか絵文字:泣く
 仕方ない、傘をさしたり合羽を着て、5:10出発
 
  
 途中からようやく雨はあがり、景色も多少は     大倉尾根は長く、急坂も所々ある。
 見えてきた。                      入ったばかりの1年生にはつらい。絵文字:泣く
 
  
 途中、休憩を入れながら、ひたすら登ること3時間、 8:00塔ノ岳に到着!お疲れ様でした。
                                          しかし眺めが今いち・・・。
 
  
  総勢18人!もはや「大」パーティーと言っても   8:40 塔ノ岳を出発 列の先頭から写真を
 いいだろう。山頂では1年生は疲れきり、                        撮って・・・
 2・3年生は、疲れ知らずで、大はしゃぎだった。
 
  
 列の半ばから写真を撮って・・・。          ここからは上り下りの多い縦走路である。
 シャッター1回では全員が収まりきらない。
 
  
 行者ヶ岳手前の鎖場。それほど危険では  後ろでは順番待ち。なんたって18人だもんね。
 ないが、人数が多いので慎重に行く。 
 
       
  行き交う人も多いので二手に分かれて登り始める。気をつけて。
 
  
 振り返ると歩いてきた道が見える。意外と険しい。烏尾山へ向けて進んでいく。
 
    
 この上が烏尾山だ!10:20到着。      烏尾山を出たら、何と本校山岳部の卒業生に会う。
 ここはチップ式トイレがきれいでした。    大学に入っても山歩きをしているらしい。
                           いや~偶然の、嬉しい再会でした。
 
  
 いよいよ三ノ塔に向けてノ登り最後の急登だ、  登ること20分、11:10遂に三ノ塔到着。 
 がんばれ!                        やったー!でも、天気が・・・。絵文字:泣く 
                              ここで15分休憩 
  
  
 晴れていれば、東京はもちろん、なんと日光   二の塔は通過し、下り始めるとようやく視界が
 の男体山からも見えるらしい。それにしても    晴れてきた。やれやれ・・・。
 丹沢で「40番目に高い」って表現は・・・微妙・・・。 
 
 
  
 二ノ塔への下り。                12:15 林道に出る。ここから2年前と同じくあえて
                            菩提峠・岳ノ台を通る遠回りのコースへ向かう。
                            疲れている1年生の胸中はいかに・・・。
                            2・3年の上級生は余裕の表情。 
 
  
 また列の途中から撮る。             列が長く延びると3回シャッターを押さないと
                             皆が写らない。早く歩け。
 
  
 菩提峠からちょっと登って、ハンググライダーの滑走台付近にて休憩。ここからハンググライダー
 で一気に下まで下りたい気分。
 
  
 岳ノ台へ向けて登る。最後の登りだ。      岳ノ台の休憩所。草原にはヒルが多く、油断
                             していると吸い付いてくる!
 
  
 ヒルで大騒ぎ。この後、下山してから駅で吸い    送電線の鉄塔の下をくぐるともうすぐヤビツ峠
 いたのがわかった部員もいた。                        である。ヤビツ峠には13:45到着。
 
  
 ヤビツ峠を13:55に出て蓑毛まで下っていく。  直前の沢で休憩。ここの水はおいしい水100選
  市街地が近づいてきた。              の一つだそうな。
 
  
 15:00蓑毛着。ちょうどバスが出発するところで 秦野駅に到着。予定通りに無事着きました。
 慌てて乗り込む。                   1年生にはハードな山行だったと思います。
                              お疲れさまでした!
 
 
               次回は6月に谷川岳を計画しています。