山岳部・活動報告

山岳部は新人歓迎山行に行ってきました。

4月26日(土)山岳部は新人歓迎登山で奥多摩の川乗山へ
行ってきました。天気に恵まれ、快適でした。

   
 なんと、まだ雪がありました。         生徒、顧問合わせて総勢20人!過去最大の
 去年の大雪の影響かな。4月下旬に、       人数です。今年は久々に女子も入ってくれま
 奥多摩で雪があるのは珍しい。         した。

  
 乗換ミスや電車待ちがあったため、       それでも大高体操をして体をほぐし、10:15
 鳩ノ巣駅に着いたのは10時ごろ。遅い。絵文字:怒る   出発。天気も良く気持ちいい。

   
 踏切を渡り、住宅地の急坂を登り始める。   山道にはいるころ、パーティーを二つに
 いきなりきつい。                  分ける。なんたって総勢20人ですから!

  
 11:00 大根ノ山ノ神に到着。「享保十三年」  杉の植林から広葉樹の自然林に入ると
 =1728年と記された石碑があった。                 明るい日差し。
  後続パーティーを待って、前パーティーは出発。
  
  
  山桜がきれい。山の春はまだこれから。    大ダワ12:10到着。ここでも後続パーティーを
                             待って、コースを決める。

  
 風を避けて樹林帯で休憩。ちょっぴりお疲れ 12:25 大ダワから巻き道のコースを取って
 かな。                        出発。こちらのコースは崖がある。慎重に
                             行こう。

  
 おっと雪がある。この時期まで雪が残っている 雪で道が隠れている。踏み跡を見つけて
 のは奥多摩では珍しい。              進む。

  
 舟井戸に13:15到着。ここまでくれば頂上まで  やたら、うるさいにぎやかな集団が到着。
 あと少し!後続パーティーはあとどれくらいで    叫んだり、吠えたり、うるさかった。  
 追いついてくるかな、と思っていたら・・・。      (こっちのパーティーもですが・・・。)
 
  
 ここからはもう一緒に登ること にする。13:25出発。 頂上まであと一息!絵文字:笑顔 

   
 途中、また雪があり、水が流れていた。頂上付近は人が多かった。さすが春の奥多摩の
                         山である。頂上直下にて。

  
 部員が多くて1枚の写真には入りきらない! 途中から意味もなく早足となり・・・、
 嬉しい悲鳴である。

  
 最後は駆け足状態。最後の50mはトレイル・ラン状態となった。 かえって疲れるんだけど。

  
 13:40 頂上着。景色もよく穏やかでのんびり  この人数。大宮高校山岳部も大賑わい!
 していたい気分。

  
 我が部のホープの1年生6人で記念写真。  こっちは変な3年生の2人組。

  
 14:10 山頂を出て、赤杭尾根を下る。    途中南側が開け、大岳山方面が見える。

  
 15:05 赤杭山到着。日が傾いてきたので  山から下りてくると、植林帯に入る。
 すぐ出発。

   
 杉林の中をどんどん下っていく。       16:25 集落に出た。ここまで来るとあと一息。

  
 線路のそばに出た。古里駅まであと少し。   あと2分早ければ・・・。 しょうがないので
 ・・・・と、目の前で電車が出てしまった。次の  駅前で写真を撮って・・・、
 電車は・・・45分後!3年前と同じパターン!絵文字:泣く

  
 反省会を行う。20人もいれば時間がかかる。 17:25 やっと電車が来た。武蔵浦和には
 「反省」=電車の時間を調べよう。       19時過ぎに着いた。 


  今回、電車の乗り継ぎ等はうまくいきませんでしたが、山は穏やかで、1年生も
  満喫してくれたのでは、と思います。次回は5月中旬に奥秩父乾徳山方面を計画
  しています。