山岳部・活動報告

山岳部 5月の山行 和名倉山

5月下旬、石楠花咲く、奥秩父の和名倉山に登りました。
     
奥秩父の和名倉山は、頂上からの展望こそないものの、どっしりとした山容が魅力的な
日本二百名山の一つです。今回は山梨県側からアプローチをして、往復しました。
        
 「集合!」???登山靴は?   草に埋もれたSUBARUレオーネ...懐かしい。
 
        
 木漏れ日の林道を将監小屋へ向かう。煙突から出る煙がすてき。私たちはテント5張。

        
 50張が限界のテント場は最終的に35張以上に。結構、混んでいました。 
 最近は、5人で山に登るけれど、テントも5張という人たちが多いようです。
 私たちは、朝3時台にテント撤収。4時15分に出発しました。

        
 和名倉山までの道は、時々、笹原が現れて開けます。
 西仙波から東仙波にかけては石楠花の花が盛りで、目を楽しませてくれました。
 苔も美しいものです。
  
        
 23人で登頂した和名倉山(2036m)。よく言えば、奥秩父の山深さを実感する場所です。
 つまり、完全に樹木に囲まれています。

         
 助け合いの精神でダブルザックする3年生E君。 
 無事に三ノ瀬に下山し、沢の水で足を清めて、登山は終了しました。
 次回は、6月下旬の天狗岳(北八ヶ岳・2646m)