山岳部・活動報告

山岳部は秋山へ行ってきました。

11月16日(土)・17日(日)山岳部は秩父の両神山へ行ってきました。
 珍しく?天気に恵まれ、岩場を満喫してきました。
  
 今回は天気に恵まれました。          両神山は岩場の連続!スリル満点!


  
 11:30 三峰口駅に到着。ここからバスに乗る。 小さなバスはパーティー13人が乗ると、
                             座席は全部埋まってしまった。貸切みたい。
 
  
 12:25 日向大谷に到着。ここで準備を整える。 トイレ付近まで車でいっぱい。大勢の人が
                            入山しているのだろう。
 
  
 12:40 登り始める。紅葉はもう終わり、落葉が  13:07「会所」の沢を渡り、歩き続ける。
 始まっている。
 
   
  このあたりは歩きやすい道が続く。       13:45 八海山について休憩。ここで部員の
                             一人が日向大谷に忘れ物をしてきたことに
                             気づく。
 
  
 後で、知り合いの日向大谷の民宿に頼んで  ここから清滝小屋まで800㍍というが、
 探してもらうことして14:00出発。(無事、発見)              急坂となり、キツイ。絵文字:泣く
  
  
 14:35 清滝小屋に着いた!お疲れさま。  さっそくテントを張る。雨が降っていない中で
                            テントを張るのは久しぶり。(笑)
 
  
 その後は小屋の裏手の清滝の岩場で、鎖場の軽いトレーニング。途中まで登れる。
 
  
 明日に備えて足慣らし。  その後は夕食つくり。雨が降っていない中、外でご飯が作れる
 のは幸せだなあ~。絵文字:笑顔(今や部員は絵文字:小雨雨が降っていないだけで幸せを感じるのである。)
 
  
 清滝小屋は炊事場もあって快適である。     「いただきまーす」 先を争って奪い合う!
 
  
 今晩は豪勢な「ディナー」である。結局、汁も残さず、みんな食べてしまった。あたりはそろ
 そろ暗くなってきた。おなかいっぱい、ごちそうさん。
 
  
 ランタンの明かりで外で食事することができた。 夜の暗闇で何をしているのでしょう・・?
 これでもう少し暖かかったら、最高!
 
  
 翌日は3:30起床。朝ご飯は軽め。      外が明るくなってきた朝6:00に、出発する。
 
  
 小屋の裏手からいきなり急坂。徐々に明るくなる。途中木々の間から登る朝日が見えた!
                           (こんな光景も久しぶりのような気が・・・。)
 
  
 朝日に映える両神山。朝の山ってこんなにすがすがしいものだったのね・・・。忘れてた・・・。
                                                   絵文字:笑顔
 
  
 6:45 両神神社に着く。ここで荷物を置いて、  下り5分でのぞき岩へ着く。朝日がまぶしい。
 のぞき岩へ行くことにする
 
  
 ここは断崖絶壁の上。真下を見下ろすと・・・。 両神神社に戻り、神社を7:20出発。右奥の
 怖くてぎりぎりまで近付けない。         ピークが頂上だ!
 
  
 日なたの稜線に出ると、頂上はもうすぐ。   7:53 山頂に到着。天気もいいし、絵文字:晴れ
                                       いや~快適!絵文字:笑顔 
 
  
 皆の笑顔。やっぱり山はこうでなくっちゃ。   遠く富士山までも見える。
 
   
 北側のほうは浅間山が見える。頂上でのん    まずは東岳へ。ここから鎖場が多い。
 びりして、8:42に頂上を出発して八丁尾根の縦走へ。
  
     
 9:17 東岳到着。ここからパーティーを二つに    ここからは鎖場の連続。慎重に!
 分けることにする。前半パーティーは9:22出発。
  
       
  この日は登山者も多く、結構時間が     目指す西岳。いったん鞍部へ下りて、
 かかった。                       また登り返さなければならない。絵文字:絶望
 
   
 おっとっとっと~                「大丈夫か~」 「大丈夫で~す」
                          この先さらなる岩場が待ち構えている。
  
     
  部員たちが下っているのがお分かり     こんなところを下りてま~す。絵文字:困った 冷汗
  でしょうか?
    
  こんなところを登ってま~す。雨が降って岩が    振り返ると最後尾の部員はまだ下って
 濡れていたら滑りやすい。晴れていて本当に   いるところ。時間がかかる今回最大の 
 よかった。 絵文字:笑顔                      難所である。
 
       
  と、後半のパーティーが゙来ました。がんばって!ファイト!後半パーティーも
                                    下り始めました。
 
   
  前半パーティーは無事に通過しました。   通ってきた東岳を望む。いや~、すごい岩山だ。
  向こうの岩場の上には後半パーティーが
  見える。
 
  
 10:25西岳に到着。コースタイムの1.5倍かかってしまった。後半パーティーも手こずっているの
 だろう、なかなか来ない。結局、後半パーティーの到着を待たずに、10:40出発する。
 
      
  と、西岳の先の行蔵坊まで来ると、後半  西岳をすぎてもまだ鎖場はある。
  パーティーが西岳に来た。皆、無事に来られ  そろそろ疲れた・・・。
 たようで、一安心。
  
     
  岩稜帯が続く。              緊張感の中でも、この2人はな~に? 
  
  
 先行パーティーは11:30、後続パーティーも12:00に  12:20に峠を出発し、坂本へ下り始める。
 八丁峠に到着。ここまでくればあと一息。     下り始めは急傾斜。
 
  
 枯葉で滑りやすい足元。道が狭いところもあり、慎重に下っていく。
 
   
 13:17大岩到着。ここで林道に出てしまうが、    その先も危険な個所がいっぱい!
 もとの沢沿いの道に戻って13:30再び下り始める。
 
  
 道が沢の中を通るところもある。崩れやすい、 最後はよくある、杉の植林帯のなかの登山
 細い道を慎重に下る。                        道。もうすぐ登山口に出る雰囲気である。
 
  
 14:30車道に出る。ここから坂本バス停までは   途中、ふと上を見上げると紅葉がきれい。
 500メートルぐらい。
 
  
 14:50坂本バス停に到着。 着いた~。   しかしバスは1時間半後の16:30まで、ない!
  お疲れさまでした~。             事前に調べていたことだけど、やっぱりヒマ。           
 
  
 寝る奴、勉強する奴、(明日テストがあるらしい)   16:30ようやくバスが来た!さあ、おうちへ
 散歩に行く奴・・・。しかし気温は8℃まで下が    帰ろう!大宮についたのは20時でした。
 ってきて、寒い///。         
 
 今回は天気に恵まれ、快適な山行でした。やっぱり山はこうでなくちゃね。
 次回は冬休みに計画をしています。