ラグビー部・活動報告

ラグビー 南部地区セブンス大会

梅雨の休みの晴れ模様の中、6月23日(日)に南部地区セブンス大会が開催されました。
 
この大会は今回で20回目となります。
大宮高校は2・3年生で2チーム編成して大会に出場しました。
 
ラグビーは普通は1チーム15人で行いますが、セブンス(7人制)の試合もあり、普段とは違うポジションをやったり、一人あたりのスペースが広くなる分、視野の広いプレーが要求されます。そういったプレーは15人制のラグビーにも役に立ちます。
また、セブンスラグビーはオリンピックリアデジャネイロ大会から正式種目になり、日本協会をはじめ、世界でも強化が始まっています。
 
毎年の事ですが、この大会のチーム分けや戦術等は生徒に任せて臨ませています。
予選リーグでは
大宮高校A
対 浦和工業B    26-0で勝利
対 川口北       7-0で勝利
対 浦和        17-0で勝利
 
リーグ全勝1位通過でカップトーナメントに進出しました。
 
大宮高校B
対 伊奈学園B    0-14で敗退
対 浦和A      45-0 で敗退
対 連合(浦和学院・川口青陵)  31-0で勝利
 
の1勝2敗で3位としてボウルトーナメントに進出しました。
 
決勝トーナメントでは
1回戦の大宮A対伊奈学園Aで終了15秒前まで7-5で勝っていたものの、こちらの反則から逆襲され、7-10で敗退してしまいました。
大宮Bは1回戦で川口Bに10-5に勝利し、ボウルの決勝戦に進んだものの、決勝戦で川口Aに0-21で敗退し、ボウル2位でセブンス大会を終了しました。
 
色々な課題が出た試合ですが、非常に良い経験でした。これを花園予選に活かせるようにしていかなければなりません。最後の試合で「やり遂げた。成し遂げた。」と思えるように頑張っていきたいと思います。
 
また、この日は各校の1年生同士の試合が行われました。
まだルールの理解ができていなかったり、少し怖がっている面もありましたが、身体をぶつけるごとに元気になり、良いプレーが多くなってきました。今後がとても楽しみです。
 
これで春シーズンの公式戦は終了です。来週の金曜日からは試験一週間前の集団勉強期間となります。ただ、「ラグビーを忘れて・・・」ではなく、こんな時こそインテリジェンスな部分を磨いて欲しいと思います。
 
最後になりましたが、昨日も多くの応援と差し入れをいただきました。誠にありがとうございます。
 
今後も応援よろしくお願いいたします。