ラグビー部・活動報告

ラグビー新人戦県大会

13日(日)に新人戦の県大会が行われ、川越工業高校と対戦しました。
相手は西部地区予選で1位になったチームです。前評判も高く、強いチームとの事でしたが、できる限りの準備をしてベスト8に向けてチャレンジしようと試合に臨みました。
 
試合では前半4分に相手陣深く攻め込み、相手のペナルティから速攻を決めて先制のトライを奪います(5-0)
 
そこから良く守っていたのですが、相手の強いフォワードに大高のディフェンスが差し込まれ始め、前半11分に同点のトライを奪われます(5-5)
 
その後は双方得点の機会を得ながらもそれを活かせず、10分以上膠着状態が続きます。
 
そして前半24分と28分にトライをうばられ、5-17で前半が終了しました。
 
ハーフタイムではブレイクダウン周辺のディフェンスや、大高ラグビー部がどう試合を進めるかを確認していました。
 
しかし、後半は相手の圧力に押され、大高の良い所を出せずに得点を挙げられて試合が進んでしまいました。試合の終盤は何とか得点を挙げようと果敢に攻撃しましtが、結局得点を挙げれないまま、5-62でノーサイドを迎えました。
 
県大会のレベルを実感した試合でした。南部地区で勝ち上がる事はもちろん、県大会でベスト8に進出する事や、、ベスト8で戦う事ためには必要な事がまだまだあるという事です。
 
しかし、新チームが発足して3ヶ月が過ぎ、着実にチームはレベルアップしています。
部員全員が高校入学後からラグビーを始めて、2年生でもまだ2年経っていないのです。まだまだ伸び代があります。
次の大会は春の関東大会予選、その次は国体予選です。
約2ヶ月半公式戦の無い時期になりますが、心技体全てにレベルアップして県ベスト8の目標を達成したいと思います。
 
この日も多くの保護者や関係者に応援に来ていただきました。誠にありがとうございます。
 
今後も応援のほど、よろしくお願いいたします。
 
また、中学生の皆さん、大宮高校でラグビーを始めてみませんか。
大高のラグビー部はラグビー経験者はいません。全員が高校からラグビーを始めています。
ラグビーは仲間のために身体をはれるかという「気持ち」とそれに必要な「身体」を養う事ができる素晴らしいスポーツです。ぜひ、高校から新しいことにチャレンジしてみてください。