ハンドボール部(男子)・活動報告

インターハイ県予選2回戦(男ハンド)

6月8日に5月下旬から始まり、中断期間をはさんだインターハイ予選が再開しました。
男子は2回戦でベスト8シードの八潮高校と対戦しました。八潮高校は新人戦ではベスト4
まで勝ち上がり、関東予選でも惜しくも関東大会を逃しましたが、力のあるチームです。
前半スタートし先制点は本校でしたが、すぐに点を返されてしまいました。その後は相手の
厚い壁をなかなか突破することが出来ず得点が出来ませんでした。逆に速攻に繋がれて
前半2対13と大きく離されてしまいました。
ハーフタイムではもう一度、前を狙う意識、逃げないで戦うことを再確認しました。
後半のOFは少しずつ前を狙いながら、状況判断をすることができ、DFもきちんと対応でき
るようになりました。相手も点差がありメンバーの入れ替えもありましたが、後半は比較的
良い試合ができました。しかし結果、9対21で敗退となりました。
試合を通して相手に簡単にボールを与えてしまうようなミスが多く、反省点は多々あります。
しかし、やるべきことをきちんとやれば個人で劣っていても、チームとして戦えることを少し感
じられたのではないかと思います。その精度を高める努力を下級生は続けていくことが必要
です。4名と少ない3年生でしたがそれぞれでしっかりと取り組んで頑張ってくれました。
1,2年生は3年生の思いを繋げていってほしいと思います。3年生はお疲れ様でした。
応援いただいた保護者の方々、OBの方々ありがとうございました。