理数科日誌

理数科日誌

興奮・ヤッター! 大宮高校科学通信『Infinity』 生徒向けメルマガ配信開始

大宮高校科学通信 『Infinity』 のページを新設しました
 
 
 
   『最近の科学などの話題』、『大学や研究施設の実施するセミナーの情報』をお知らせします.
 左のメニュー【理数科】のサブメニュー 【Infinity】科学通信 をクリックしてください.
   
生徒向けメールマガジンの発行が始まります!
 
 
 
 今年度から1カ月に1回程度,【Infinity】科学通信 を希望する大宮高校の生徒に電子メールで発信します.
 登録方法は,4月11日配布の文書 『生徒向けメールマガジンの発行について』をご覧ください.
0

バス 理数科『日本科学未来館研修』

彩の国理数科ネットワーク推進事業
『日本科学未来館研修』
■日時:平成23年11月30日(水)
 
熊谷西高校,越谷北高校,松山高校および本校の理数科1年生(総勢161名)が 日本科学未来館に集まりました.
『表現する力』 の向上を目指す
研修の目的  先端科学技術の展示に関して調べ学習を行い,調べた内容を展示の前で発表する.
         体験した内容をワークシートにまとめ,『表現する力』 の向上を目指す.
 
4校から一人ずつ,4人で1組の班になり,未来館のワークシートを活用して研修がはじまりました.
まずは自分が興味を持った展示について調べ,その後,まとめた内容を班員にプレゼンテーション(発表)しました.
初めてのプレゼンテーションにとまどいつつも,さまざまな科学技術分野の知識を深め,興味の幅を広げることができました.
また,他校の理数科生徒どうしが交流する初めての機会でもあり,それぞれが刺激を受け,楽しく充実した一日になりました.
  
↑研修の流れを確認し,未来館へ入館.いよいよ研修スタートです. 
  
↑まずは各フロアに分かれ,個々に「調べ学習」.
  さまざまな展示の中から自分の興味のある先端科学技術について調べます.
 
 
↑未来館の『プレゼンテーションレクチャー』
 発声,姿勢,手の動き,アイコンタクト・・・.プレゼンのコツを学びます.
 そして,いよいよプレゼンテーション.
 うまく説明できるでしょうか?緊張します. 
   
  
↑各フロアで班ごとに「プレゼンテーション」が繰り広げられます. 
 
  
↑プレゼンテーション評価シートを記入し,交換.
 日本科学未来館研修は終了しました.
 
単なる見学会ではなく,プレゼンテーションについて学び,
さらに他校の理数科生と交流を深められた未来館.
有意義で貴重な体験になりました.
未来館の皆さま,ありがとうございました!!
0

グループ 秋の理数科体験入学報告

秋の理数科体験入学2011 多数のご参加,ありがとうございました!
■10月8日(土)14:00~16:30
中学生67名,保護者の方44名,計111名の皆さまがご参加くださいました.
3時間近くにおよんだ体験入学でしたが,最後まで熱心にプログラムに参加して下さった中学生の皆さん,ありがとうございました!そして,お疲れさまでした!
  
 
  
0

グループ 埼玉県理数科4校の生徒が集結!

彩の国理数科ネットワーク推進事業※
『平成23年度開講式および特別講演会』を実施しました.
 
大宮高校,熊谷西高校,越谷北高校,松山高校の理数科1年生,全161名が集結し,
平成23年度開講式を挙行しました.また,国立科学博物館より小川義和先生をお招きし,
特別講演会が行われました. 
 
■日時:平成23年10月5日(水)午後絵文字:小雨
■会場:市民会館おおみや 小ホール
■参加生徒:
 大宮高校,熊谷西高校,越谷北高校,松山高校
 理数科1年生161名
■講師:国立科学博物館 学習企画・調整課長 小川義和 氏
    絵文字:会議 『これからの社会を生き抜く知恵
        ~科学リテラシーとサイエンスコミュニケ―ション』
 
 ← 講演される小川先生
 『科学に対する正しい認識を持とう.』 
【科学リテラシーとは】
 人々が自然や科学技術に対する適切な知識
科学的な見方および態度を持ち,自然界や
人間社会の変化に適切に対応し,合理的な
判断と行動ができる.
 
絵文字:笑顔国立科学博物館のページ絵文字:メガネ 絵文字:矢印 右 http://www.kahaku.go.jp/
 
 日本人の科学に対する興味・関心の程度について.
 科学リテラシーは高いが,将来,科学技術系職業に就くことを考えている高校生が少ない日本ですが・・・.
 『この中で,将来科学技術系の職業に就いていると思う人!』
 の問いかけに6割ほどの生徒が挙手.
 『さすが理数科ですね.OECD1位のコロンビアより高い!(笑)』
 会場が和やかなムードに包まれます.
 
 
 
 ●何のために理科を学ぶのだろう
 ●コミュニケーションの大切さ
 ●科学系博物館の様々な取組み
・・・
21世紀を豊かに生きるために,
科学リテラシーの必要性とサイエンスコミュニケーションの重要性について,
分かりやすくお話し下さいました.
 
『答えがはっきりしない中で課題を解決する能力を磨け!』
考えて行動する.行動して考える.失敗から学ぶ.
『仮説を持って行動することが社会を生き抜く力になるのです.』
 
最後に,生徒からの質問のひとつひとつにも丁寧に答えて下さいました.
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小川先生,お忙しい中
本当にありがとうございました!
 
 
 そして,講演終了後,第2回目の行事『日本科学未来館合同研修』に向けて,班編成を行いました. 
 

0

昼 秋の理数科体験入学について


秋の理数科体験入学2011 ~お申込みいただいた皆様へ~
     10月8日(土)14:00~16:30
受付 13:30~
会場 南校舎2階 多目的室
 
■Webでお申し込みの方 >>>受付で「登録ID」番号をお伝え下さい.
■往復ハガキでお申し込みの方>>>受付で「返信ハガキ」をご提示下さい.
筆記用具,上履き をご用意ください.
■正門より会場まで理数科生徒がご案内します.
■学校説明会(同時進行で開催)の会場は体育館になります.
■お車でのご来校はご遠慮ください.
 
 
0

理科・実験 夏の理数科体験入学

8月6日(土)~8日(月)の3日間、本校にて 『夏の理数科体験入学』 を開催しました.
中学生459名、保護者の方362名、合計821名がご参加くださいました.
約3時間におよぶ長いプログラムにも関わらず、最後まで熱心にご参加くださった皆さま、本当にありがとうございました.
 
 
お申込み多数により,土曜日・日曜日の午前中は二部制となりました.
【学校概要説明】 ↓
 
 
↓概要説明の後,3つのグループに分かれて体験入学のスタートです!
  
実験室見学 【生物室】 ↓
 
双眼顕微鏡で様々なものを見ました.
 ■タマネギ根端の体細胞分裂
 ■動きまわるミドリムシやゾウリムシ
 ■バフンウニの発生のようす
 ■ヒキガエルの発生のようす
 ■さいたま市芝川中川橋付近の珪藻
 ■昆虫標本 など.

実験室見学 【化学室】 ↓
  
理数科生徒が液体窒素を使った実験をしました.
~液体窒素に入れたらどうなる??~
 ■花
 ■ガラス管
 ■バルーン風船/酸素の入った風船
 ■点灯した電球/乾電池   など
 
実験室見学 【物理室】 ↓
 
物理で学ぶテーマ『力学』と『波動』について、実験を通して体感します.
 ■衝突球
 ■力学滑走体
 ■モンキーハンター
 ■ウェーブマシン(波の伝わり方)
 ■音をグラフでとらえる,イージーセンサー
 ■見えているのに触れることができない土星が浮かぶマジックボックス  など
 
【数学の体験授業】 ↓
  
ビリヤード台に置いた球Aを、壁に3回当ててBの穴へ入れるとき、
その最短距離を求めよう.

【理数科生徒との懇談会】 ↓
  
理数科の在校生および卒業生(大学生)による懇談会.
 ■理数科の志望理由
 ■大宮高校に入学して思うこと,卒業して思うこと
 ■学校生活について
 ■普通科と理数科の違いについて
 ■将来の夢
 ■高校受験の勉強法
 ■中学生へのメッセージ など

ご参加くださった皆さま、長い時間本当にありがとうございました。

0

鉛筆 理数科体験入学へお申込みをされたみなさまへ

~ ご参加いただく日時について ~
■ご参加いただく日時について
 7月27日(水) にお申込みいただいたみなさまへご案内を送信いたしました.
  Webでお申し込みの方・・・メールをお送りしました.
  往復ハガキでお申し込みの方・・・返信ハガキをお送りしました.
※登録確認の段階で,何らかのトラブル等があり,すでにお電話等で個別に確認させていただいた方にはお送りしておりません.
 
■お申し込み後の取り消し変更がございましたら下記までメールでご連絡ください. 
 
 理数科体験入学担当
 Tel 048-641-0931 / Fax 048-640-1965
 
 
~ 当日について ~
 ■筆記用具上履き をご持参ください.
 ■お車でのご来校はご遠慮ください.
0

鉛筆 中学生のみなさんへ 理数科通信 発行

中学生のみなさんへ
大宮高校では中学生のみなさんへ理数科通信を発行しています.
 
平成23年度 春夏号
 
 p1                   p2
 
p3                    p4
 
 PDF版はこちらです >>> 23年度中学生_6月号_HP用.pdf
0

バス 彩の国理数科ネットワーク『日本科学未来館研修』

理数科設置の県立高校4校による『日本科学未来館研修』を実施しました.

●日時:平成22年11月10日(水) 一日
●場所:日本科学未来館

熊谷西高校,越谷北高校,松山高校および本校の理数科1年生(総勢162名)が集まりました.
4~5人で1組の班になり,未来館のワークシートを活用しての研修.自分が興味を持った展示について調べ,まとめた内容を班員にプレゼンテーション(発表)しました.

初めてのプレゼンテーションにとまどいつつも,さまざまな科学技術分野の知識を深め,興味の幅を広げることができました.また,他校の理数科生徒どうしが交流する初めての機会でもあり,それぞれが刺激を受け,楽しく充実した一日になりました.

 
 ↑ 未来館の方から本日の研修についてお話をいただきました.

  
 ↑ さまざまな展示の中から自分の興味のある先端科学技術について調べます.

  
 ↑ 未来館の方からプレゼンテーションのコツを教えていただき
   いよいよ班員へプレゼンテーション.
   みんなに分かりやすく発表できるかな?緊張します.


 ↑ 最後に発表者への感想を書いた
   プレゼンテーション評価シートを交換し合い
   研修は終了しました.

0