山岳部・活動報告

部活動・山岳部

山岳部 南アルプス夏山合宿

  7月21日(土)~24日(火)に南アルプス・北岳~塩見岳まで
                                                 3泊4日で縦走してきました
        
                           初日から雨でずぶ濡れ!ハードな山行でした。
  
     3日目の雲海                 3日目  塩見岳をめざして。
   7月21日(土)1日目
  
 今回も115系。                                          最近は窓の開く車両も少なくなった。
 
  
 12:55広河原着。着いた途端、雨がざあざあ   とりあえずは合羽を出す。と、約1名「忘れた」
  降ってきた。(T_T)                                      と言う奴がいて「なに~っ!」ここで撤退か?
 
  
 「雨は上がる」、と勝手に期待して13:10出発。     雨の中、白根御池小屋を目指して登る。
 「中止かも」と思ったが、バス停から一歩も歩か    結構降っている。 
 ないで引き返すのはなあ・・・。                           いつのまにかずぶ濡れ。
 だめなら引き返せばいいや。
 
  
 道がトラバース(水平)になるともうすぐ小屋だ。15:30   白根御池小屋に着く。雨の中の
                                                                 テント設営もいい経験、ということで・・・。

 
  
  今日の夜はカレーライス。冷えた体におい     池の向こうにぽつんと我がテントが。  
  しいカレー。                                             合羽がテントの上にある。もうやけくそ。
 
  7月22日(日)2日目
  
 朝は2:30起き!朝御飯におかずのウイン       4:30 雨もあがった。さあ、北岳山頂めざして
 ナーを焼く。                                                出発だ!
 
   
 途中雪が残っていた。                                   通称「草スベリ」500㍍の急登!
 
  
 途中で休憩。多少晴れ間も見えてきた。       北岳も見えてきた。このまま晴れてくれれば
                                                              いいのだが・・・。
  
  お花畑が見えてきて、6:15二俣からの道と    6:20 稜線に出る。向こうに甲斐駒ヶ岳が
  合流する。                                                        見えた。
 
  
  続いて仙丈ヶ岳が見えてきた。                    少しずつだが高度を稼いでいこう。
     
   なかなか険しい。思わず「もうすぐ頂上       そんなわけもなく6:50北岳肩ノ小屋へ到着。
    じゃないの」と思ってしまうくらい。
 
 
  
  だいたいここらが標高3000㍍。もう750㍍      さらに登ること40分、あれが頂上か?
  登った。あと200㍍登らなきゃ。(^^;)
  7:15出発。
  
  
 8:00ついに北岳山頂に到着。標高3193㍍!    登頂した気持ちを体で表現してみよう。
 やったぜ!                                                し、しか し、ガスで眺めは・・・。(T_T) 30分
                             いたが、 結局晴れずじまい。
 
  
 8:30 眺めはあきらめて下山開始。北岳は南側のほうに難所がある。慎重に行こう。 
 
        
  ガスの中を下り・・・                うーむ、なかなかてこずる。
 
  
  9:25北岳山荘まで降りてくれば、ほっと一息。    北岳山荘。トイレ使用は500円だって!
                                9:40出発。
  
  
 中白根への登り。実はここが意外とツラい。  でも登らなきゃ、着かないし・・・。
                             えっちら、おっちら登ろう。 
  
  
 あえぎながら登ること40分、頂上が見えて     10:20 中白根山到着、しかし眺めゼロ・・・・
 きた。                                                                                                      (T_T)
  
  
 仕方ないので10:40出発し、間ノ岳へ。           11:45間ノ岳到着。でも、せっかく登っても
 この登りもさっきに増してツラい!          このガスじゃなあ・・・。
                                                                 全員で「決めのポーズ」。
 
  
 12:00には間ノ岳出発。と、途中で雷鳥発見! 三峰岳(みぶだけ)への稜線もガレ場が
 まだ幼鳥らしい。かわいい声で鳴いていた。   がある。慎重に。
 
  
 12:40三峰岳(みぶだけ)。この天候では   霧の中でつまんない。
  頂上にいる時間はだんだん短くなり、
  ついには三峰岳は通過!
 
  
  三国平のやや上と思われる地点で休憩。   三国平は通過。晴れていれば眺めがいい。
  
                                     7月23日(月)3日目
  
  熊ノ平には14:05到着。今日はここでおしまい。   今朝も2:30起床。暗い中の出発準備。
  また雨が降り始めた(泣)
 
  
  東の空が白み始めた。今日は快晴か?      農鳥岳をバックに。4:30出発。3日目、今日は
                                                               長いぞ。
 
  
 尾根に出ると西の伊那谷方面は雲海!部員たちも思わず「イエーイ」3日目にしてようやくいい景色を見ることができた。
  
  
 どうです、きれいでしょう!                         部員たちも写真を撮りまくり。
  
  
  前方はるかに塩見岳を望む。あそこまで       振り返ると昨日通ってきた峰々が見える。
   行くのか・・・。                                          昨日も晴れていたら・・・。
  
  
 東の農鳥岳からは朝日が昇ってきた。             5:50竜尾見晴にて休憩。
 
  
 雲海はまだきれい。                                 北荒川岳への登り。
 
  
  7:17北荒川岳到着。眺めのいいところである。いい天気で思わず「イェーイ」7:40出発。
 
     
  「さあ、行こう、塩見岳へ向けて!」 とはいっても塩見岳への道はキツそうな登りである。
  
  
  それでも一歩ずつ登っていこう。             「坂の上の雲」だけを見つめて一歩一歩
                                               登っていく。
 
  
 などと言っていると雲が湧き出てきた。          見上げるような登り坂である。北俣岳分岐の
                                                              稜線まであと少し!
 
       
 北俣岳分岐を9:25通過。最後の登りにかかる。登っていると右側から雲が湧いてきた・・・。
  
 頂上が見えてきた。                                   あと少し!
 
  
 やったー!10:00ついに山頂に着いた!        頂上で一息。やれやれ。しかし、ここでも雲の
                                                               中になってしまった・・・!
 
  
  一瞬、雲が途切れることもあるが・・・・。         結局10:40に東峰を出発し、西峰は通過。
  東峰から西峰を望む。
  
 
    
   塩見岳最大の難所。慎重に、慎重に・・・。      緊張の中にも余裕の笑顔。
  
  
  実際、この数時間後にここで滑落した人が        あと少し!
  いて、ヘリコプターが出動していた。
 
  
  ようやく危険な箇所は抜けた。                        振り返ると、塩見岳は雲の中。
 
   
  11:45 塩見小屋に無事到着。15分休憩。   水が1㍑500円!ヘリで運ぶから仕方ない
                                                                                                          のか・・・。
 
  
  本谷山の登りまでは、樹林帯の水平な道。        夏雲が湧いてきた。
  楽ちんである。
 
  
  13:40本谷山。塩見岳がまた見えてきた。   本谷山からの塩見岳。このころヘリの音が
                                                               やたらに聞こえてきた。滑落したのはこの
                                                                ころか。
 
  
 14:45三伏峠にやっと着いた。標高2615㍍。 ようやく、ゆっくりテント設営や調理が外ででき
                                                     る。
  
  
 水場は下り10分。ちょっと遠い。                 外でゆっくり晩ごはん。皆の表情にも余裕が
                                                                                                             見られる。
 
 
 7月24日(火)4日目
  
 今朝は3時起床。4時半に東の空が明るく     4:45いよいよ下山の日。今日で山ともお別れ。
 なってきた。                                            出発準備。
 
  
 さようなら、塩見岳。                                    5:15鳥倉林道に向けて出発。
 
  
  ぐんぐん下っていく。                   カラマツ林が出てくるとバス停は近い。
 
  
 下り始めてわずかわずかに1時間半。        6:52 ついに終点、鳥倉登山口バス停に
 もうすぐ林道か。                       到着!お疲れさまー。
 
  
  9:10発のバスが来るまで2時間もある。     バスは2時間近く乗る。
 8時半頃、反省会を行っていたらこの直後    バスの中では皆、居眠り。
 バスが来た。
 
  
 11:00飯田線・伊那大島駅に到着。ここでも   12:01発の電車に乗って・・・。
 電車が来るまで1時間待ち。でも、ま、いいか。
 
  
 途中上諏訪駅のホームにこんなモノが!     電車を待つ間、皆で足湯につかって、
                             くさい足を洗う いや、疲れをいやす。
                                           大宮到着は結局8時過ぎになりました。
 
     今年の夏山は前半は天候に恵まれませんでしたが、雲海を
   見ることができました。
  生徒諸君は本当にお疲れさまでした。山行きはしばらくお休み
 で次回の山行きは、9月下旬以降を考えています。
 
 
 
  
 

山岳部は群馬県の武尊山(上州武尊山)へ行ってきました。

6月17日(日)18日(月・オープンスクール代休)に
上州武尊山へ行ってきました。
  梅雨の合間の晴に恵まれ、そして11時間歩きました。絵文字:絶望
  
 
 このころ雨絵文字:小雨ばかりですが、たった2日間の晴れ間にちょうど行ってきました。
 いや~疲れた!でも、みんなよく歩きました。絵文字:笑顔
 

  
 出発前日の16日土曜日はオープンスクールでした。   その後は買い出し等、翌日の準備。
 部室前で熱心に説明する部員たち。          部室で打ち合わせ中。
 
  
 翌17日 日曜日は雨のち晴。           川場温泉口でバスを降りる。ちょうど12時。
 高崎からは少なくなった115系で沼田へ。     ちょっぴり腹ごしらえをして・・・。
 
  
 12時10分歩き始める。ここから2時間半、車道  昼下がりの田舎道をてくてく・・・。
  を歩く。
 
   
 と、こんな懐かしい電話ボックスが!もちろん    やがて道は山の中へ入り、さらに歩き続ける。
 公衆電話はなかったが。
 
  
 時々車が通り過ぎるが、歩行者は他にいない。 てくてく、てくてく、もくもく、もくもく、と
                                         2時間10分歩いて・・・。
 
  
 14:20 旭小屋に着きました。道路のそばの沢を    小屋のちょっと下にテントを張る。
 渡ったところにあります。
 
  
 3時半ごろから夕食の支度に取りかかる。    今日のメニューは肉野菜炒めと、すいとん入り
                             スープ。まずは肉と野菜を別々に炒めて・・・。
 
  
 皆で協力して、ご飯つくり。            できた!ごはんもうまく炊けました。おいしい!
                             おかわりする人も多かった。
 
  
 食事風景 まだ夕方の5時頃だけど・・・。     翌朝?は午前2時15分起床! 真っ暗な中で
 片づけをして、7時過ぎにはお休みなさーい。   朝食つくり。
  
  
 暗い中での作業は大変である。         ようやくできた、朝ごはん。でも眠いし、味は
                            微妙だし、夕食の時ほどおかわりは進まない。 
 
  
 午前4:25 出発。ほんとはすでにもう明るい。  4:55 川場野営場、というか、ただの駐車場に
                             着く。ここからいよいよ本格的な登りが始まる。
 
  
 始めはひたすら登り、6時頃、天狗尾根の上に    6:25スノーパルオグナほたかスキー場への
 出る。                          分岐に到着。 ああ、疲れた。15分休憩。
 
  
 その後、突然視界が開けてスキー場の上部へ出る。東側はスキー場のゲレンデ。眺めがいい。
 
  
 7:23 前武尊山頂。予定より1時間半も    日本武尊(ヤマトタケル)の像が屋根付きである。
 早い・・・?なぜだろう?               7:35に出発。
 
 
     
  前武尊を過ぎて北に向かうと、前に川場  この剣ヶ峰は登れないので右にまいて、通過
  剣ヶ峰が視界に飛び込んでくる。                              する。
 
    
  川場剣ヶ峰を通過するといよいよ武尊山(一番左)      と、雪が残っている。部員たちは
  が見えてきた。でも遠いなあ。                          おおはしゃぎ絵文字:笑顔
 
  
 8:35 岩陵帯を越えて、まずは家の串山へ   ここにも広い雪田が。ちょっと一服。
 向かう。よいしょっと。                      (別に煙草は吸ってませんが)
 
  
 9:00 中ノ岳下の水場付近に着いた。 ここで  いよいよ武尊山山頂へ。と、またしても広大な
 15分休憩。やれやれ、ほっと一息。              雪田の上を歩く。残雪が多いねえ。
 
  
 いよいよ山頂が見えてきた。あと少し!     雪の斜面を登って行く。おっと滑る!
 
  
頂上直下、ここにも日本武尊の像がある。   9:40 ついに武尊山頂上へ着いた。キャンプ地
日本武尊の像が見守る横を登って・・・。       を出てから5時間ちょっと。いや~長かった。
 
      
 頂上で記念撮影。この天気、この人数!絵文字:笑顔      またまた3年前の写真。霧、部員1人!絵文字:困った 冷汗
 
  
歩いてきた山なみ。                  西側の遠くの雪をかぶった山がきれいである。
左から中ノ岳、家の串山、そして川場剣ヶ峰。    
  
  
 頂上でのんびりする部員たち。 この後、   剣ヶ峰(さっきの川場剣ヶ峰とは別の山)を望む。
 生徒に顧問から衝撃的な一言が告げられる!顧問が「あそこの剣ヶ峰まで行くぞ」と言うと
                             疲れている部員たちは一斉にブーイング!絵文字:怒る
 
   
 時間があれば剣ヶ峰経由で行こう、と     と、いうことで、再び縦走を開始する。眺めのいい
 考えていたが,生徒は「・・・。」絵文字:泣く         縦走路が生徒にとってはせめてもの慰めか?
 
  
 縦走路を50分ぐらいで、剣ヶ峰分岐へ。    分岐に荷物を置いて、11:25剣ヶ峰の上に着く。
                            剣ヶ峰と言われるだけあって山頂は狭い。 
 
  
 剣ヶ峰から武尊山、中ノ岳を望む。       11:40 剣ヶ峰を下りて下り始める。大きい段差
                            と、滑る道で悪戦苦闘!   
 
   
 つらい下りを1時間ほどで沢へ出た。冷たい水  ここからは比較的緩い下り道。
 で一息入れよう。 20分も休んじゃった。
 
  
 順調に下っていく。                 快適な道だなあ~
 
  
 列が長くなっている。 疲れたかな。      14:05武尊神社に到着!ここからは車道歩き。
 
  
 道幅いっぱいに広がってみる。入りきらないくらい。振り返ると遙か武尊山が見える。あそこから
                               歩いてきたんだね。
 
  
 初夏の日差しの中をまた、てくてく、てくてくと   途中、車道をそれて、山道も歩く。
 歩く。
  
 下りも車道を1時間以上歩いて、もういいかげん  15:13ついに武尊橋のバス停に到着!
 いやになったころ、                   今朝歩き始めてから、実に11時間!
 
  
 15:37のバスに乗って「あ~疲れたよ・・・」    16:05 バスは水上駅へ到着。 
 
  
  水上駅にて。本当にお疲れさまでした。    帰りも高崎までは湘南色の115系電車で帰る。
 
 
        次回はいよいよ夏休みの夏山合宿です。
       南アルプスを考えています。

山岳部は丹沢に行ってきました。

 5月12日(土)13日(日)訓練山行で丹沢主稜を 
 縦走してきました。
   
   
      
       天気にめぐまれて、気持ちよかったです。(^-^)
 
  ※ 今回は授業のある土曜日の午後から、直接学校を出発して、山へ
       行きました。
 
  
 授業が終わって、部室に集合。13:00部室   小田急線の新宿発14:18発の電車に乗って・・。
 から出発だ!                    ゆとりの部員たち。
 
  
 16:00 大倉バス停に着いた。準備を整えて  16:45 大倉高原山の家のテント場に着く。
 出発だ!                      今日はここでおしまい。秦野市街がよく見える。 
 
   
 さっそくテントを張って・・・             夕食の支度に取りかかる。

  
 秦野市の夜景                   今日のメニューはコンソメスープとパスタの
                             トマトソースかけ。
 
  
 片付けをすますともう真っ暗。就寝は8時。  翌朝は5時出発の予定が5時20分になってし
 おやすみなさーい。Zzzz・・・。          まった。1年生が初めてだから仕方ないか・・・。
                                                                                                                     
  
 大倉尾根を登る。早朝でまだ他の登山者も   パーティーを前から写す。その1
 少ない。
 
  
 その2 まだまだ部員が続く。            その3  ようやくパーティーの後半が見えてきた。
 
  
 その4 パーテー全員を撮るのに4枚も写して   もうすぐ花立。 相模湾までよく見える。
    しまった。12人って多いなあ。
 
  
 7:00 花立に到着。富士山もよく見える。   あ~疲れた。でもまだまだこの先は長いんだぞ。
                              7:15 花立出発。
 
  
  富士山がくっきり。                 もうすぐ塔ノ岳だ!頑張れ~、ファイト!
 
  
 7:45 塔ノ岳へ到着。いや~疲れたね・・・。   遠く蛭ヶ岳や南アルプスも見えた。  
  
  
 と、東側斜面に鹿がいた!でも丹沢は鹿の   きれいな富士山。
 食害にも悩まされているんだよな・・・。 
 
  
 8:15 塔ノ岳を出発し、次は丹沢山へ向かう。 日当たりのいい、笹の尾根道を下る。
 
  
 山桜もほとんど散っている。下界より1ヶ月遅れ   9:12 丹沢山へ到着。ここも山頂は広い。
 というところかな。
 
    
 そろそろお疲れモード。のんびりと休憩。        縦走とは、登れば下る、の繰り返し。登ったか
  9:30に出る。                    と思えば、今度は下りが待っている。 
 
  
 最鞍部まで一気に下り、またそこから登りづめ、の繰り返し。でも気持ちのいい道である。
 
  
 不動ノ峰を過ぎ、棚沢の頭へ向けて進んで行く。 10:40 鬼ヶ岩の頭を過ぎると、岩場がある。
 
  
 1年生は初めての岩場。慎重に下る。鎖はあるが、実はたいした岩場ではない。
 
  
  そうはいっても1年生には、厳しいよね~。     11:12 蛭ヶ岳へ到着!
 ゆっくり!                         あ~疲れた、疲れた!
 
  
 丹沢で最高峰の蛭ヶ岳。1673㍍ 雲が出てきた。 ここまで来れば先が見えてきた。腹ごしら
                               えをして・・・。 
 
  
 11:35 さあ、そろそろ行くか。出発だ!     また下る。でもここからは下りの方が多くなる。
 
  
 自然保護のための木道や階段が多いのが丹沢 12:30 原小屋平で10分休憩。平らで広い。
 の特徴である。
 
  
 13:00 姫次に着く。休まないで通過。丹沢の     この道は東海自然歩道を兼ねている。
 山が望めるのはここが最後。ここからは下る一方。  とても歩きやすいが標高1400㍍の地点。
 
  
 八丁坂の頭から下り始めると、作業用モノレール  青根へは急な尾根をぐんぐん下っていく。
 のレール?がある。
  
  
 ぎりぎりで1本早いバスに間に合うかも?と、   それでも14:15林道に出た。ここまで来れば
 とばしたので皆グロッキー。あー、疲れたよう。   まあ、余裕が出て来る。
 
  
 あっ、蛇だっ!と、思ったら死んでいました。     余裕が出てきたので、パフォーマンス。
                              V字編隊!(変態?)
 
  
 15:00 東野バス停着。バスは22分発。      駅に到着。予定より1時間近く早く帰ることが         
 いや~お疲れさま~。今回、特に1年生は   できました。
  良く歩きました。
 
 
          ※次回は6月、北関東の山を予定しています。
 

山岳部で新人歓迎山行に行ってきました。

 4月21日(土)新人歓迎山行で御岳山・大岳山に行ってきました。
  
   
 
                                 新1年生が、たくさん入ってくれました。

  
 9:25 ケーブル下バス停に着く。総勢11人!    山岳部はケーブルカーなんぞに乗らないで、
 嬉しい限りである。うぅ・・・絵文字:泣く             昔の参道を歩いて登る。えっへん。
 
    
 ちなみに3年前の新歓 = 1人  2年前の新歓 = 4人     去年の新歓 = 8人
 
    
 10:25  御嶽山頂神社着。今年はあいにく  何か碑や案内板があると良く停まる。学習意欲
 の天気。                      は高いが、なかなか先へ進まない・・・。     
 
  
  鍋割山経由で大岳山へ。岩場が近づくと   12:45 大岳山頂。雲の上には出たが、何も
 大岳山荘は近い。                      見えない・・・。絵文字:困った 冷汗
 
  
 大岳山頂は人がとても多かった。居場所が  13:10大岳山荘を出て馬頭刈尾根へ。
 ない感じ・・・。                    霧の中で、まさに「五里霧中」
 
  
 富士山が見える場所なんだって・・・      写真を撮っても、先頭は霧で霞んでしまう!
 霧しか見えない・・・絵文字:泣く
    
 急な岩場を下ると、つづら岩は近い。     つづら岩では今日もこの霧の中、岩登りの練習を
  14:15 つづら岩通過。             している人がたくさんいた。
 
  
 14:35 鶴脚山の手前で休憩。        1年生もちょっぴりお疲れかな。通り過ぎた人が
                           「先生が一番疲れているみたい」と言っていて、
                           ちょっとガックリ。そうかな・・・。絵文字:困った 冷汗
   
  「幽玄」・・・味わい深く趣のあるさま。   鶴脚山 15:05通過 どうせ何も見えないし。
  墨絵の世界みたい。
 
   
 15:25 馬頭刈山到着。晴れていれば気持ち  写真を撮るときは、後ろの人に注意!
 のいいところだと思うけど・・・。          なんかされてる。油断できん!絵文字:怒る 
 
  
 馬頭刈山でも休まずに、下り続けた。             16:28 集落に着いた。ふう、おつかれさま
  もうすぐ着くかな・・・  
  
 ここはこの時期ちょうど桜が咲いている。    下のバス停まであと少し。
 
  
16:37 軍道のバス停に着く。おつかれさま~ 16:47のバスに乗り武蔵五日市17:21の電車で
 ジュースで乾杯!絵文字:笑顔                帰りました。 天気がちょっと残念でした・・・。
 
 
           次回は5月に丹沢を計画しています。

春の大菩薩峠に行ってきました。

3月24日(土)25日(日)、春山合宿で大菩薩峠に
  行ってきました。
  
   山はが同居していました。
        今回は卒業したばかりの、OB1名も参加しました。
 
   
 行きの電車の中でも勉強。大高生だねえ。   10:58 塩山で下車。2階建ての電車でした。
 
  
 登山口でバスを降りる。12時ちょうどくらい。  12:18登山口から歩き始める。最初は車道。
 不動岡高校山岳部(右端)と一緒になりました。
 
  
 振り返ると、甲府盆地の市街地が見える。 13:02 いよいよ登山道へ入る。
 
  
 途中の展望台?にて、一息入れる。     道が溝のように削れるた道になるのは、
                            やはり歴史が古いせいか?
 
  
 上日川峠を目指してひたすら登る。      第二展望台にて休憩。・・・暑くなってきた。
 
  
 もうすぐ、上日川峠だ。            14:20上日川峠のロッジ長兵衛。閉まっていた。
 
  
 上日川峠でキャンプ用に水をたくさん持って、 15:05福ちゃん荘到着。ここも閉鎖中。
 14:40出発。上日川峠からはゆるい登り道。
 
  
 テントを設営する。風は冷たい。絵文字:雪        雪を見て大はしゃぎ!雪合戦?が始まる。 
 
  
 ぶらんこがあったが、こんな表示が・・・。 テントも張り終え、そろそろ夕食の支度かな。
  乗れなくて、残念・・・。
 
  
 早く準備始めろ~。絵文字:怒る後ろで一人だけ、調理を  それでも、ご飯を炊いて・・・、肉と野菜を
  始めている。                       炒めて・・・、お湯を沸かして・・・。
 
  
 今日は肉野菜炒め定食。うまい、うますぎる   夕食もすみ、夕方絵文字:夕になってきて、おやすみ
 肉野菜炒め!(十○石饅頭の表現)がうまい。   なさ~い。
 
  
 翌朝は3:30起床。5:10ようやく東の空が    テントも撤収し、予定より早く5:30出発!
  明るくなってきた。                                      唐松尾根から、雷岩をめざす。
  
  
 唐松尾根の途中からの赤富士?ピンク富士? 凍っていて、登るのに苦労する。
 (望遠使用)                     「す、すべる~」 「そっちは滑るぞ!」絵文字:困った 冷汗
 
  
 実際にはこんな感じの大展望が望める。  雷岩までもう少し、がんばれ!
 
   
 6:30雷岩に到着。眺めは最高!風は冷たい!甲府盆地がよく見える。!絵文字:笑顔
 
  
 大菩薩嶺まで往復。雷岩からはすぐだった。 6:45 2047㍍の大菩薩嶺。ここからは展望
                               はない。
 
  
 7:10 大菩薩嶺を出発。稜線上は風が強く  滑りやすい道を行く。稜線は風で雪が飛ば 
  寒いっ絵文字:絶望                    されている。
  
  
 7:27 旧峠の賽ノ河原にある休憩舎に     と、中は明るく、風も防げて、思わずのんびり
  入ってみる。「どれどれ、どんな感じかな?」   してしまう。 
 
  
 ところが7:40に外へ出て見ると行く手は一転、  さらに数分後、後ろは青空絵文字:晴れが見えて
 冬の空!絵文字:雪風も強い!               きた。 「女心と山の天気」だったっけ?
 
  
 そして行く手は冬景色。             7:50 大菩薩峠に到着。
 
  
 小屋には人はいたが、まだ営業していな    8:25出発。峠の東側は、風下で雪が多い。
 かった。
 
            
 雪を踏みしめて下っていく。                       8:50フルコンバ 地図で場所を確認する。
 
  
 その後もどんどん下っていく。今回は下りの距離  「あっ、危ない!」ところどころ、滑り
 が結構長い。                        やすい。皆で何回も転ぶ。
 
  
 それでも徐々に雪は少なくなってきた。    江戸時代の元青梅街道だけに、石室があり、
                             興味津々でのぞきこむ。
 
  
 10:00ノーメダワ。ここから、ちょうど3か月前に  11:00追分 ここからは沢ぞいの道になる。
 歩いた、雲取山から石尾根の稜線が見える。
 
  
 雪の残る斜面をどんどん下っていく。       12:05藤タワ到着。ここからは高尾天平の
                                        ルートを取ることにする。
 
  
 最後の山の高尾天平。まだ山は冬の装い。 いよいよ丹波の集落が見えてきた。
                                             あと少し!
 
  
12:55  車道へ出た。ふう、疲れた。        丹波川にかかる橋。のんびりと春の陽だまり
                             の中をバス停まで歩こう。
 
  
13:30 丹波のバス停に到着。14:15発のバス  15:10奥多摩駅へ到着。お疲れさま。
  を 、のんびりひなたぼっこしながら待つ。    15:26の電車で帰りました。
 
   
    次回の山行予定は、4月の1年生歓迎山行です。
                  新1年生、何人入ってくれるかな?

冬のひだまり山行 山岳部

2月5日(日)奥武蔵 蕨山に行ってきました。
冬のひだまりの中、のんびりと、雪の山を楽しんできました。絵文字:笑顔  
   
 風もなく、雪の上をざくざくと登る・・・。     山頂も暖かいぐらい。1時間、過ごしました。

  
 飯能からのバスを名郷で降り、大高体操で  途中の林道の脇に氷の滝が・・・。湧水が
 体をほぐす。9:55出発!              凍っていて、氷柱になっている。
 
  
 10:15 いよいよ登山道へ。ここからは南斜面。 登山道はやがて尾根に出て北斜面へと
                              向きを変える。雪が出てきた。絵文字:雪
 
   
 遠くに2年前に登った伊豆ケ岳が見える。   10:50 ちょっと休憩。一息いれよう。絵文字:笑顔
  (左側のピーク↑)
 
  
 休憩後、再び登る。以外と急坂が続く。    アイゼンは持っているが、気温が高く、雪の
                                                               表面は解けているので、つけないで登る。
 
  
 だんだん雪が多くなってきた。       ざくざくと雪を踏みしめて登る。ざくざく、ざくざく・・・
 
  
 11:50 まずは1044㍍ピークに登る。展望は  分岐で北側を見ると武甲山(中奥左側)
 ない。                           武川岳(右奥)がにのぞめる。
 
  
 12:05続いて1033㍍の展望台へ。        ここで1年生勧誘用の ビデオを撮ったり、
                             のんびり1時間すごす。 
 
  
 13:00 下山開始。おもしろいように滑るので、  いっぽうで慎重にこわごわと下りる部員も。
 滑って降りる部員もいる!でも後ろの人は        「うわーっ 滑るぅぅぅ・・・」絵文字:困った 冷汗          
 もっと滑りやすくなるんだよな・・・。絵文字:困った 冷汗
 
  
 その後は雪の林を歩く。静かな林の中。    おだたかな冬の絵文字:晴れ日差し。 
 
  
 13:45 大ヨケの頭に着く。下山の行程の   右下に有間ダムの名栗湖が見えてきた。
  半分まで来た。10分休憩            ずいぶん下りてきたぞ。あと少し!
 
  
 杉並木の中を降っていく。奥武蔵・奥多摩の 14:30金毘羅神社「跡」に着く。火事で本殿は
 下のほうは植林が多い。             焼けてしまったらしい。
 
   
 15:00 無事に「さわらびの湯」に着く。コース 15:16発のバスで飯能駅へ。 まだ3時過ぎ。
  タイム2時間40分のところを2時間で下って  は、早い!でもまあ、明日学校だし、いいか。
  しまった。
 
 
     今回はのんびりした山行でした。たまにはこんなのもいいかな・・・。
     次回の山行は、春休みの予定です。

山岳部で冬山へ行ってきました。

12月25日(日)26日(月)雲取山へ行ってきました。
 寒かった~

  
 天気にはめぐまれました。     昇る朝日がまぶしい!               

  
 10:30三峰口駅 ここが玄関口。コカコーラの   バスで三峰神社へ上がる。11:25に到着。
 看板がそびえ立つ。                 標高1040㍍あるだけあって、寒い。絵文字:雪 
 
  
 案内板を見て、11:40、いよいよスタート!  雲取山荘までは約10㎞の道のり。まだこの
                            あたりは雪はない。
 
  
 霧藻ヶ峰への登りからは雪がチラホラ。    霧藻ヶ峰の直前の地蔵峠。三峰から行くと、霧                          
                           藻ヶ峰とよく間違える。霧藻ヶ峰はまだちょっと先。
  
 13:00 霧藻ヶ峰へ到着。ちょうど売店を閉め   気温は早くも0℃近い。
     ていたときだった。
 
  
 遠くに、先月登った両神山が見える。     10分後、お清平に着く。ここからアイゼンを装着。
 13:15出発       (↑ギザギザの山)
 
  
  「なかなかうまく着けられない」 「あれれ~」絵文字:うーん 苦笑 それでも何とか着けて、13:40お清平出発!
                            と、雪が少ない所も・・・絵文字:困った 冷汗 せっかくつけたのに。
 
  
 前白岩山に14:35到着。この登りがきつかった。 白岩小屋を過ぎ、白岩山には15:35到着。
                              雪が少ない。
 
  
 芋ノ木ドッケには15:45。そろそろ疲れてきた。 大ダワ16:25 もうすぐ暗くなってしまう!
                             先を急がねば!でも疲れているし5分休憩。
 
  
 雲取山荘には16:55到着。あたりはすでに暗い。急いでテントを張り、食事の支度だ。でも寒い
 し、疲れているし、おなかはすいたし、もうへとへと。絵文字:泣く
 
  
 夕飯は、ご飯を炊いて、おかずは・・・。      でも暖かい食事で元気を取り戻す。
                              おやすみなさーい。
 
  
 翌朝4:00の気温は-12℃。 「さぶい・・・」   6:40山荘前で。いよいよ出発。
 
  
 朝日を背に、6人の大宮高校山岳部員たち。  頂上には7:03到着。気温-11℃
 誰がだれだかわかんない・・・
 
  
 展望表示板と去年行った飛竜山方面。     これから行く七ツ石山方面。
 
  
 皆で、写真撮影タイム!             今年は雪が少ない。
 
  
 だいぶ日も昇り、7:40山頂を出る。       8:10奥多摩小屋着 やはり雪がない。-8℃。
 
  
 七ツ石山には8:55に着いた。雲取山をバックに。  富士山がよく見える。(これは望遠です。)
 
  
 遠く光っているのは相模湾。9:10七ツ石山出発。 高丸山への途中にあった防火用水。カチカ
                               チに凍っている。
 
     
 10:07高丸山に到着。高丸山の登りは本当に     (ちなみに2年前はこんな感じ)
 ツライ。ここも雪なし。一人、変なポーズの奴がいる。
 
  
 登ってきた方を望む。相変わらず変なのが・・・。気を取り直し、10:15に高丸山を出て鷹ノ巣山へ
 
  
 石尾根は南側の眺めがよい。富士山が常に   鷹ノ巣山避難小屋を11:05に出ていよいよ
 見える。                         鷹ノ巣山の登りへ。   
 
  
 11:30 鷹ノ巣山へ到着。石尾根の行程のやっと    南側の眺め。
 半分来た。
  
 「やれやれ、やっと半分か・・・」               水を飲もうと思ったら口の上まで完全に
                                 凍っていて飲めない!11:45鷹ノ巣山出発
 
  
 水根山はわかりにくい。似たピークがいっぱい    六ッ石山への縦走路。静かな山道。
 ある。  
            
  
 13:00 六ッ石山に到着。今日は頂上には誰も  13:20に六ッ石山出発。休憩すると寒くなる。
 いなかった。
 
  
 南斜面は明るい。                4月に登った川苔山を左に見ながら下っていく。
 
  
 15:01 羽黒三田神社に着く。ここまで来れば  氷川大橋を渡り奥多摩駅へ。背後の山を                                                あと少し!                                            下ってきた。
 
  
 15:20 奥多摩駅に到着。お疲れさまでした~。 15:43分発の電車は空いていた。
                              あとは冬休みの宿題をやるだけだ・・・。
 
              ※次回は2月に日帰り山行を予定しています。 

両神山へ行ってきました。

11月13日(日)14日(月・県民の日)両神山へ行ってきました。
  
    紅葉がきれいでしたが、
岩場は大変でした。
 
両神山は遠い。さいたま市から3時間以上かかります。武蔵浦和駅を8:22に出て・・・

  
 小鹿野役場でバスを乗り換え、10:53発で日向大谷へ、向かう。着いたのは11:40。12時に
 出発する。
 
  
 紅葉は終りに近いがきれい。         12:30「会所」を通過。 
 
  
 まだ一部紅葉がきれいに残っていた。 登るにつれ、紅葉も終わり、葉もすでに落ちてい
 る。 
  
 沢を渡って、登り続ける。               13:33 八海山を通過。なぜ、ここが「八海山」
                                               と言われるのか、よくわからない。誰か、教えて~
 
  
 14:08 清滝小屋到着。今は無人の小屋である。小屋の裏手にさっそくテントを張る。
 
  
 1年生のほうが、テント張りが早い!絵文字:困った 冷汗     フライシートも張り終え、ようやく一息。
 
    
  小屋の裏の「清滝」。水は流れていなかった。  3時から夕食の準備に取り掛かる。
 翌日の練習がてら、登ってみる。
 
  
  今日のメニューは肉野菜炒めとマーボー春雨。ごはんもうまく炊けた。いただきまーす!絵文字:笑顔
 
  
 テントの中でも勉強?帰った翌日、数学の  翌朝は4時起床。朝ごはんの支度にとり
  テストがあるんだそうな。                           かかる。
 
  
  朝は味噌汁と「他人丼」・・・ 味は・・・。絵文字:困った 冷汗   5:53 東の空が明るくなってきた。
  
 トイレ事情で出発がちょっと遅れ、大高体操  産泰尾根からも鎖場やロープがある。
 で体をほぐして、6:40 さあ、出発だ!気温7.4℃
 
  
  7:30両神神社に着く。結構立派な御社がある。 廃道のほうののぞき岩から真下を見る!
                             いや~おそろしい!     
  
 のぞき岩からの眺め。             7:53神社を出発して両神山頂を目指す。 
 
  
  8:23 両神山山頂に着いた!天気もよく、風もなく、いい眺め!西のほうを望む。
 
  
 眺めは最高でした。9:00に山頂を出る。始めの2か所の鎖場を越えて、9:30東岳に到着。
 
  
  八丁峠のほうを望む。ここ東岳からは鎖場の連続!最難関の通過場所である。
 
  
 馬の背のような岩場。2年前にもここで撮ったが、その時は霧がかかっていた。
  
 キレットを通過中の部員。矢印のところに部員がいます。こんなに間隔をあけて通過する。
 
  
 通ってきた稜線を振り返る。険しい山並み。10:50ようやく西岳に着いた。パーティーの人数
 も多く、対向者との待ち時間もあって、コースタイムの2倍かかってしまった。11:00西岳出発
 
   
 その後も鎖場の連続。皆さん、悪戦苦闘していますねえ。でも実は写真を撮るほうも大変
 なんです。
    
 やれやれ、まだまだ続く岩場。地図上で直線距離500㍍の距離を進むのに1時間半
 かかってしまった。
 
  
  11]:58 八丁峠に到着。この先は岩場は 12:05に出発し、一路、坂本へ向って下り始め
 少ない。お疲れさま。             る。今度は濡れた落ち葉で、滑って転んで・・・。
 
   
  
  12:53大岩に到着。ここからはあと1時間。絵文字:笑顔  その後今度は沢の中を歩いたり・・・。
 
  
  沢を何度か渡ったり、てくてく下り続ける。  浄水場が見えてくるともうすぐゴール!
 
  
 13:50 浄水場に着。ここまでくるとのんびり。 国道299号線に出る。
 
  
 14:15坂本バス停に着く。お疲れさま。14:30のバスに乗って無事に帰りました。
 さいたま市に着いたのは18時。やっぱり遠いねえ。
 
          ※次回は12月、冬休みに雲取山を計画しています。
 
  

秋山山行 武甲山へ行きました。

9月30日(金・秋休み) 武甲山へ行ってきました。

  
 ふもとの横瀬付近から見た武甲山  逆に武甲山頂上から見た秩父市街
  時おり,晴れ間も見える秋の日、武甲山から鳥首峠、名郷まで縦走してきました。
 
  
 途中の横瀬付近から見た武甲山。北側は  今回は浦山口から登る。9:25浦山口駅を出発!
 大きく削られていて痛々しい。絵文字:困った 冷汗        
 
  
 橋立鍾乳洞のそばを通り、だんだん山道へ。10:35 長者屋敷の頭へのジグザグ道を登り
 まだこの辺は余裕がある。・・・         始める。
 
  
 急登30分ほどで緩やかな稜線へ。            11:18 長者屋敷の頭の水場。発破注意の
 ここからは傾斜は緩やか  絵文字:笑顔                          看板が!絵文字:困った 冷汗
 
  
 水場で水を補給。この日は暑かったので、    ここからは石灰岩採掘の関係で道が直登に
 助かった~。 絵文字:良くできました OK10分休憩          付けかえられている。 写真では右側へ行く。
 
   
  途中から見た西側の矢岳・三峰方面。    頂上まであと少し!最後の登り。 
 
  
 頂上直下の神社(左奥)、トイレ(右奥)。  このトイレは天水使用の水洗トイレ。雨が降らな
 ベンチもある。  ここから3分で頂上。    い期間が長くなると使用できない。この日は絵文字:良くできました OK
 
  
 頂上直下の御嶽神社。この裏が山頂。    12:12 山頂に着いた。お疲れ~。
 
  
 秩父市街地がよく見える。この高さを自分の足で登ってきたんだねえ・・・。
 
  
 全員で眺めを堪能する。う~んすがすがしい。秩父市街がよく見える。と、その時、突然!
 
  
 ドーン!と発破が!びっくり!(煙の写真)    トイレにも寄り、結局1時近くになって頂上出発。
 そういえばサイレンが鳴っていたような・・・。  子持山へ縦走開始。
 
   
 子持山が見えてきた。武甲山からは200㍍   途中のススキが、秋の気配を生み出 して
 下ってまた登り直す。                いる。
 
  
 最鞍部のシラジクボ13:14通過。15分で到着。 振りjかえるときれいな武甲山が臨める。
 早っ (コースタイムは30分)
 
  
 子持山の登りはきつかった。13:48に到着。  西側の眺めがいい。14:00子持山を出発。
 あ~疲れたよ・・・                  次の大持山までは40分。
 
  
 大持山到着は14:32。ここは通過して、妻坂峠の分岐を越えて歩き続ける。1時間歩いて
 横倉山を通過。15:00さすがに疲れたので休憩。この下がウノタワで、目の前のピーク↑は
 1059㍍のピークと思われる。
 
  
 10分休んでウノタワを通過して、1059㍍の    15:47鳥首峠に到着。ここから名郷へ下って 
 ピークを下ったら、なんか鉄塔があるぞ???   いく。
 15:35 
             
  
 やれやれ、あとは下りだけ。と、ふと足元を見ると1924年製の「碍子」が落ちている!部員の
 一人は、なぜか大感激!すごく気に入ってしまった。
 
  
 鳥首峠を16:00出発。途中の白岩部落の跡。  やがて工場に出る。トロッコがちょうど到着
 廃屋が何軒かあった。                した。
 
  
 16:45 工場脇から車道へ出る。        17:25名郷バス停に到着。やれやれお疲れ
                            さまでした。何とか明るいうちに着けた。
 
  
 17:42発のバスに乗る。乗ったらすぐ暗くなってきた。
 18:40飯能着。お疲れさまでした。
 
                    ※次回の山行は11月に計画しています。
 
 
 
 
 

夏山合宿・八ヶ岳全山縦走!

7月21日(木)~24日(日)に、3泊4日で八ヶ岳全山縦走(蓼科山~編笠山~小淵沢)してきました。
 
                             疲れたけど、満足度120%! 
        ※ 今回は長いので、日程の前半と後半に分けて載せました。
前半は、1,2日目までの蓼科山~中山峠(森と池の山、北八ヶ岳)の紹介です。 

   
 11時前に茅野に着く。登山口まではジャンボ 11:45 いよいよ大縦走の第一歩。蓼科山へ
 タクシーで行く。なんたって「9人」パーティーだもんね。 の登り口。さあ、行こう!
 
   
 蓼科山頂まではコースタイム2時間半。荷物が 頂上直下での休憩。結局3時間かかった。
 重く、つらい。絵文字:泣く しかも急登だし。      あと少しだ、がんばろう。
 
  
 14:40 蓼科山頂に着いた。広い頂上。   頂上より南の八ヶ岳方面を望む。雲に隠れて
 皆さんお疲れ・・・。               あまり見えない・・・絵文字:困った 冷汗  山頂発は14:55
 
  
 16:32 大河原峠着。810㍍登って440㍍下った。 双子山山頂。眺めはいいねえ。 
 
   
 ホーロク平は快適なところ。のんびり歩く。ふと振り返ると。登ってきた蓼科山がもう、遠い。
 
   
 17:34 へとへとになって双子池に着く。でも  絵文字:食事 給食夕食の支度、疲れていても楽しいひととき。
 雌池のテント場は遠いし、飲料水は雄池の水。 
 
   
 今晩は野菜炒めとスクランブルエッグ。     翌22日朝の雌池。水面から霧が出ている。 
                          この朝は3時起床、5:10出発。
 
   
 5:35 亀甲池を通過。前に見える北横岳へ向けて登り開始! はぁ、はぁ・・ゆっくりと登る。
 
   
 1時間以上の結構、つらい登り。6:55北横岳 7:12に山頂を出て、坪庭の方を経由。
 に着く。ガスがかかり始めた・・・。絵文字:泣く
 
 
  
 この坪庭はロープウェイからも近く、道も   縞枯山草への道は木道。こんな快適な道
 セメントの簡易舗装。            ばかりだったら楽なのにな・・・。
 
  
 8:38 縞枯山山頂。縞枯れ?している。   9:25 茶臼山。 北八ヶ岳だけあって森林の
                           山頂である。
 
  
 10:10 ついに麦草峠まで歩いてきた!立派な舗装道路の車道や自動車があって
                        少々萎える・・・。 
 
   
 麦草峠10:25出発。この先の丸山は高く、遠い。この丸山の登りもとても疲れた。うぅ・・・。
 
   
 高見石には11:35に着いた。小屋の裏手の岩からは白駒池が見える。12時まで休憩。
 
    
 13:43 黒百合平に到着。やれやれ、お疲れさん。今夜はレトルトだけどカレー。絵文字:食事 給食楽しみだな~
 
  
 黒百合平の小屋とテント場。快適なところだった。
 
  ※後半へ続きます。別のウィンドウです。