国際交流2019

ドイツ姉妹校交流 2019派遣

ドイツ派遣(8日目)

本日は2泊3日のドレスデンの2日目。


朝は町の教会の案内からのスタートです。


後ろに見えるのは、宗教改革でおなじみのルターの銅像


カトリックやプロテスタント、町の歴史について学びました


午後は歴史学習のため戦争の博物館へ行きました。

ドレスデンは1945年2月13日の爆撃で一夜にして破壊された町です。当時の資料や生存者の証言のビデオから平和について考えました。


爆撃後の町を再現したパノラマ

夕食後、夜はバスでケーニヒシュタイン要塞へ行きました。


この明るさでも20:30くらいです


要塞の入口

中の部屋も当時のまま残されています


ランタンを持って要塞を回りました


日本とドイツで戦争と平和について考える良い機会となりました。
明日は午前中までドレスデンで過ごし、夕方にはバスでコトブスへ戻ります。

0