理数科日誌

理数科日誌

大学セミナー開催!

 大学セミナー開催!
 今年も大学セミナーが11月26日(水)、保護者面談期間中の午後に実施されました。
 理数科・普通科の1~3年生およそ50名が参加しました。
講師には、東京大学大学院・理学系研究科の櫻井博儀教授をお招きし「経験・知識・知恵」と題して、実生活から研究活動までのお話をしていただきました。櫻井先生は、物理学がご専門で原子核のご研究をされています。また、東京大学だけでなく理化学研究所においても主任研究員をなさっています。
 高校生活で得る知識や経験がとても大切であり、何かをしたいと思うこと、それを実行することが将来の実現に必ずつながる・・・諦めずにつきすすむこと、とお話されました。また、とかく難しく感じられる物理の世界を分かりやすく魅力的に講演してくださいました。生徒の質問にも丁寧に答えてくださり、有意義な時間となりました。


      

      
0

理数科1年生 日本科学未来館研修

 「彩の国理数科ネットワーク推進事業」
日本科学未来館に一日研修に行ってきました!
 11月20日(木)、埼玉県内公立高校の理数科設置校5校(越谷北・松山・熊谷西・大宮北・大宮)の一年生の生徒が、日本科学未来館で研修をしました。最先端研究の展示物を見るだけでなく、5校の生徒がグループごとに研修内容をまとめ、最後は展示物についてのプレゼンテーションもしました。ただ漠然と展示物を見ているだけでは、そこで得た知識を相手に伝え理解してもらうことはできません。将来のグローバルなトップリーダーを目指して、生徒たちはプレゼンテ-ションの難しさや伝えることの大切さを学びました。

      
    ★科学コミュニケーターの方に展示物の説明を受けたり、質問をしたりしました。

      

    ★調べたことをまとめて、自分の言葉でグループの仲間に展示物のプレゼンテーションをしました。

    
    ★グループごとに昼食をとりながら、お互いのプレゼンテーションの評価を交換して、コミュニケーションをはかりました。

    
    ★最後に自分の評価を全体に発表しました。
0

理数科体験入学

 理数科体験入学が開催されました!

 10/11(土)に理数科体験入学が、行われました。当日参加された中学生の皆さんと保護者の方々、ありがとうございました。
当日は、理数科の概要や進学実績などの話に加え理科や数学の体験授業、卒業生・在校生との懇談会と、より大宮高校理数科の良さが分かっていただけたのではないかと思います。

     
   理数科の概要説明      生物実験室の説明と見学
      
      
   化学実験室での演示実験   物理実験室での演示実験
    
   卒業生・在校生の懇談会   熱心に質問をする中学生
  
0

卒業生・在校生懇談会


 「理数科卒業生・在校生懇談会」で本校がNHKの取材を受けました!

 今年度に入って、2回目となる理数科卒業生と3年生との懇談会がありました。3年生の希望する大学の先輩方が、忙しいにもかかわらず17人も来校してくださいました。3年生は、大学で勉強されている先輩方と直接話ができることもあり事前に質問を用意するなどして活発な懇談会となりました。このような卒業生によるサポート体制のことや、塾や予備校に頼らずに受験を乗り切る本校の取組をNHKが取材にきました。在校生と卒業生が、受験についてや学校生活についてインタビューを受けました。この様子は、後日『おはよう日本』の中の「けさのクローズアップ」のコーナーで放送される予定です。

  
   
   
0

理数科ネットワーク推進事業 開講式・講演会


   彩の国理数科ネットワーク推進事業 開講式・講演会
 9月19日(金)、「さいたま市民会館おおみや」において県内理数科設置校5校(大宮・越谷北・松山・熊谷西・大宮北)が集まって、理数科教育を向上させネットワークを構築発展させるための事業の一環として、「開講式と講演会」が開かれました。
 各校理数科の第一学年の生徒200名あまりが集い、日本科学未来館の科学コミュニケーターの榎戸三智子氏の講演を熱心に聴きました。生徒たちが、講演の内容や未来館でのコミュニケーターの仕事、ひいてはコミュニケーションやプレゼン能力の向上の仕方などの質問にも丁寧に答えてくださいました。
 生徒たちにとっては、11月の日本科学未来館での一日研修会に向けて充実した有意義な時間となりました。


   
   
   
   演題は、「日本科学未来館の科学
  コミュニケーションについて」でした。
   
  
    
  講師の方に、直接質問ができる時間を設けて
 いただきました。

    
   伝えたいことを相手にどう伝えるかが大き
  なポイントであり難しいことだと分かりまし
  た。     
   
   
    
   最後に、5校混合で班編成を行い11月の
 「日本科学未来館の一日研修」にむけてお互い
 の自己紹介など最初のコミュニケーションを実
 践しました。



     
                   
            
     
        

 


      
0

最先端研究施設訪問

 つくば最先端研究施設での一日研修
 8月4日(月)茨城県つくば市にある「高エネルギー加速器研究機構」通称「KEK」へ行ってきました。
1年生24名、2年生10名の計34名で訪問したこの施設は、1周3㎞もの加速器やBellⅡと呼ばれる高性能測定器などを持つ世界トップレベルの研究施設です。
 午前中は、素粒子を生成するための施設を見学し、午後は宇宙線観測データの分析作業を行い、実際に研究をされている研究者の方からの講義も受けました。
参加した生徒にとっては有意義な夏休みになりました。

        ←加速器の構造などの説明と展示

             ←巨大な加速器
                  BellⅡ
          ←宇宙線の観察結果のデータ分析
 
          ←素粒子についての講義を受けました。

           
   ↑研究内容など直接質問することができました。 

 
0

東京大学研究室訪問(理数科推進部)


 東京大学に行ってきました。


 夏休み梅雨も明けた暑い先週の金曜日、7月25日(金)に1,2年生の希望者23人が東京大学に行ってきました。
普段は入ることのできない最先端の大学研究施設を見学し、大学院基礎有機化学 内山真伸教授の講義を受けてきました。「有機化学」の最新の研究内容を知り、その研究がこれからの生命科学・材料科学の分野で重要であることが分かりました。

 

          赤門前で 


                   

 ↑              ↑
 内山真伸教授の特別講義      参加した生徒が教授に質問しました。

 



           
  ↑                           ↑
 研究室の見学             具体的な研究の説明
  

           

     
  ↑ 卒業生に質問する生徒
0

理数科卒業生・在校生との懇談会 第1回

 卒業生との懇談会がありました!
 去る6月28日(土)理数科の卒業生20人(東大、東工大、筑波大など)が、3年生のためにこれから本格的になる受験へのアドバイスをしに来校しました。
 事前に3年生にアンケートをとるなど入念な準備をして様々な話をしてくれました。
具体的な受験勉強の計画や方法、部活動との両立の仕方、また、苦労話や失敗談など普段聞くことのできない貴重な話を聞くことができました。
 先輩方からの温かいエールをもらい、進路実現に向け充実した時間となりました。

      

 <懇談会後の在校生の感想>
 ・志望する大学の先輩から、直接話を聞くことができて良かった。
 ・具体的な受験勉強の方法を教えてもらったのが良かった。
 ・とても刺激を受けた。今日の気持ちを忘れず、頑張ります!
  
  など、在校生はみな前向きな感想ばかりでした。
  第2回卒業生・在校生懇談会は、9月18日(木)に実施の予定です。
0

会議・研修 高校生のための放射線実習セミナー開催

毎年恒例!秋の大学セミナー
日本原子力研究開発機構 高校生のための放射線実習セミナー 
■日時 平成25年11月27日(水) 13:30~16:20
■受講生徒58名(1年生13名,2年生45名)
■講師 横浜薬科大学 健康薬学科 放射線科学研究室 准教授  加藤 真介先生
※主催/日本原子力文化振興財団(日本原子力研究開発機構受託事業 )
 

 

加藤真介先生 
講義『放射線の基礎』
分かりやすいスライドで
丁寧にご説明下さいました

 

霧箱による放射線の観察 
 
 
 
α線の飛跡が見えた!
 
 

 

実習機器の取り扱いについて説明を受けます
 
放射線の種類と
その特徴に
熱心に耳を傾けます
測定機器にスリットを
慎重に固定します 
 
ガイガー・ミューラー
カウンター(GM計数管)
で放射線を測定します 
測定結果を実習レポートに
まとめます
 
水の入ったペットボトルを新聞でくるみ,放射線の特徴を活かし液面の高さを測ります
【フレミングの左手の法則】
磁界の向きと電流の向きから
 力はどの向きに働くか?
放射線測定器『はかるくん』
身のまわりの放射線を
測定します
 
【受講生徒の声】
■霧箱でα線の飛跡がよく見えたのが印象的だった.
■β線やγ線も見たい.
■放射線が影響を与えるメカニズムなど,今まであやふやだった部分の理解が深まった.
■怖がるだけでなく正しい知識を身に付けたい.
■人体への影響について分かった.
■よく知らなかった放射線に対して科学的に知識を深めることができた.目で見えないけれど,計測器の数値が跳ね上がった時は不思議な感じがした.
■危ないものだと思っていたが使い方が正しければ役立つものだと再認識した.医療面でより効果があがるとよいと思う.
■難しい内容だったが視野を広げる良い機会となった.
 
日本原子力研究開発機構ホームページ↓ 
http://www.jaea.go.jp/index.html
 
 
本原子力文化振興財団ホームページ↓
 
 
横浜薬科大学 健康薬学科↓
 
 
横浜薬科大学 健康薬学科 放射線科学研究室 加藤真介准教授↓
0