日誌

理数科日誌

[理数科] 理科教育研究発表会

 「平成27年度 理科教育研究発表会」で発表!
 2月13日(土)、埼玉大学で行われた「理科教育研究発表会」に本校理数科2年生と理科系部活動の生徒たちが参加し、自分たちの研究の成果を発表してきました。
 会場となった埼玉大学には、埼玉大学の教授の方々を始め他校の生徒たちがたくさん集まりあふれかえるほどの賑わいでした。その中でも、本校の生徒たちは緊張することもなく、みな堂々と発表していました。これも、十分な探究活動と事前の周到な準備の賜物です。
 またポスターセッションのブースでは、他校の生徒からの質問に丁寧に説明をしていました。この研究発表会が、生徒たち一人ひとりの夢に近づく良い経験でした。
   

   

   
0

NEW 理数科 課題研究発表会


 「課題研究発表会」開催!
 

 1月29日(金)本校において、理数科2年生による「課題研究発表会」が行われました。本校の理数科1年生と他校の生徒さんを招いての、参加者120名を超える発表会でした。課題研究は、2年生がグループごとにテーマ(下記参照)を決め、1年間研究活動を行い、その成果を発表します。当日は、決められた時間の中でいかに分かりやすく、自分たちの研究の成果を伝えることができるか、プレゼンテーション能力も問われます。生徒たちは、仮説を立て実験などでこれを検証し、考察をまとめてプレゼンテーションの練習を重ねて臨みました。研究内容についての質問も出て、時間が超過してしまうほど熱のこもった発表会でした。

 <研究テーマ>
  物理分野     ・音の種類と成分
         ・すっとびボールについて
         ・紙飛行機における翼の位置と現代の飛行機における翼の位置の比較
  
  化学分野   ・粉塵爆発
         ・シャボン玉液の性質について
         ・糠漬けナスの色素
  
  生物分野   ・アサリの浄化作用
         ・アリの生態
         ・食虫植物ラセニアにおける消化

  数学分野   ・テンセグリティーにおける5色問題
         ・n平方の定理
         ・立体数独
         ・遺伝的アルゴリズム
         ・長方形の分割
         ・ハミルトン閉路
         ・正n角形のトコロイド
         ・素数と数の拡張
         ・魔方陣                   


    ←生徒による司会進行    


         


    ←質問をする生徒   ←実験の写真や動画も投影 


 
0

NEW [理数科] 冬季集中実験講座を実施!


 「冬季集中実験講座」を実施!
 理数科2年生は、課題研究の授業で「数学・物理・化学・生物」の中から1科目を選び、グループごとに研究テーマを決めて1年間取り組んでいます。冬休みのこの2日間(12/24・25)では、それぞれのテーマに沿った実験講座を実施しています。長い時間をかけて、普段の授業時間にはなかなかできない複雑な実験も集中して行うことで、より良いデータを得ることが出来ます。1月の「課題研究発表会」に向けて、プレゼンテーションの準備も着々と進んでいます。


           
       ↑ 紙飛行機の飛行実験        ↑ 粉塵爆発          ↑ 金属鎖イオンの実験
  

               
      ↑ 食虫植物の消化とPHの研究     ↑ 数学(プレゼン資料の作成)
0

NEW [理数科] 最先端研究施設見学会


 高エネルギー加速器研究機構」に行ってきました!
 今年度から理数科1年生の行事となった最先端研究施設訪問。
訪問先は、つくばにある「高エネルギー加速器研究機構」です。ここは、高エネルギー加速器を用いた素粒子の研究をはじめ、生命体を含む物質の構造や機能に関する研究が行われている世界最先端の研究施設です。
 今回は、午前中に「BellⅡ」と呼ばれる大きな粒子測定器の見学や「放射光科学研究施設」の見学をしました。意外なことに「インフルエンザ薬」や「おいしいチョコレート」の研究などもこの施設を使って行われていたことを研究者の方から説明を受け、生徒たちはより身近な事としてとらえることができました。
 午後は、「分光器の製作」と「高エネルギー物理」の講義を受けました。充実した一日となりました。

       
    
↑巨大な実験施設の見学       ↑BellⅡ測定器         ↑放射光科学研究施設での説明を聞く生徒

      
   ↑実際に実験の様子を見ることができました。 ↑分光器の製作       ↑実際に自作の分光器で光を観察しました。
 
      
   
↑午後からの講義           ↑直接研究者の方に質問をする生徒
  
0