理数科日誌

理数科日誌

花丸 日本情報オリンピック本選出場決定

 理数科2年生の荒川亮太さんが、11月に行われた日本情報オリンピック予選に出場しAランクを獲得しました。その結果、2月につくば市で開催される日本情報オリンピック本選に出場することになりました。
 本選競技ではアルゴリズムを設計し、そのアルゴリズムを C, C++ のいずれかのプログラミング言語で実装する課題が出題されます。競技時間は4時間で、本選出場者の中から国際情報オリンピックの日本代表が選出されることになっています。
0

虫眼鏡 理数科 最先端研究施設訪問

理数科1年生が、平成29年度最先端研究施設訪問としてつくば市にある高エネルギー加速器研究機構(KEK)を見学させていただきました。
筑波実験棟ではBellⅡ測定器の見学、また放射光科学研究施設を見学しました。




簡易分光器の製作実習と、物質構造科学研究所の阿部准教授の講義を受けました。
研究内容についてはもちろん、研究者になるまでの道のりや、研究者としての心構えなどについても、非常にわかりやすくお話をしてくださいました。
0

理科・実験 科学の甲子園埼玉県大会

科学甲子園埼玉県大会  筆記部 第位!

11月4日に行われた第7回科学の甲子園埼玉県大会に2チームが出場しました。
Aチーム(2年荒川さん・澤井さん・駒田さん・吉村さん・1年横川さん・加藤さん)
Bチーム(1年久保田さん・羽鳥さん・塚田さん・鈴木さん・田村さん・高科さん)


科学の甲子園は筆記の部と実技の部の総合成績で競い合います。
写真は実技競技に取り組む大宮高校Aチームの様子です。



競技の結果、Aチームが筆記の部において第1位、総合の部で第4位となり表彰されました。

0

花丸 パソコン甲子園本選出場決定

9月に行われたパソコン甲子園2017の予選に、理数科3年の三宅亮輔さんと林歓樹さんによるチーム「本マグロ」が出場し、本選に出場することになりました。
プログラミング部門、モバイル部門、いちまいの絵CG部門の三部門のうち、「本マグロ」はプログラミング部門に出場しています。
パソコン甲子園2017のホームページに詳細が掲載されています。

0

花丸 日本生物学オリンピック銅賞受賞

8月に広島県で行われた日本生物学オリンピックにおいて、理数科3年生の鈴木優仁さんが銅賞を受賞しました。3,849名が挑んだ予選を経て、本選に進んだのはわずか80名、そのなかでも上位40名に入るという健闘です。



詳しい本選参加者の受賞状況については日本生物学オリンピックのホームページに掲載されています。
0

花丸 国際物理オリンピック銀メダル受賞

理数科3年生の小宮山智浩さんが、インドネシアで行われた国際物理オリンピックに出場し銀メダルを受賞しました。
今大会には86カ国・地域から395人が参加し、成績上位者約8%に金メダル、次の約17%に銀メダルが贈られています。
物理チャレンジホームページ内「物理チャレンジ2016」の「インドネシア大会 速報ページ」に詳細が掲載されています。

全国物理コンテスト物理チャレンジ!
0

学校 東京大学研究室訪問

 平成29年度「大学研究室訪問」を実施しました。 
 理数科1年生19名が東京大学本郷キャンパスの内山教授研究室を訪問し、教授による講義の受講とともに、施設設備の見学をさせていただきました。
現役の大学院生との懇談会では、受験勉強について、また大学生活についてのお話をたくさん聞けたようです。

赤門前にて。


講義終了後、内山教授に質問する生徒たち。


グループごとに研究室内の器具や設備についての説明をしていただきました。

0

大学セミナー

今年度は
東京大学生産技術研究所 機械・生体系部門の
北澤大輔 准教授にお越しいただきました。
講演テーマは「船の基本と最前線」で、実験を取り入れて、わかりやすくお話していただきました。




大学セミナーの様子は、東京大学生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG)ホームページの「出張授業」のなかでも紹介されています。
0

晴れ 国際物理オリンピック日本代表

大宮高校理数科3年生の小宮山智浩さんがインドネシアで開催される第48回国際物理オリンピック日本代表に選ばれました。
昨年開催された全国物理コンテスト物理チャレンジ2016には全国から1,851名の参加があり、小宮山さんは1次、2次、最終選考を経て5名の日本代表のうちの1名に決定しました。

今後は大阪での実験研修や東京での合宿研修に参加し、7月下旬にインドネシアに向け出国する予定です。

0

虫眼鏡 ウニの受精と発生

 ウニの受精と発生の様子を観察中です

1年生の理数生物では、バフンウニの受精と発生の様子を観察しています。2月2日に受精させた卵が、いまは4腕のプルテウス幼生に育っています。
右下の写真は、昨年の2月に理数科の授業で採卵し、受精、発生させたウニです。数匹が順調に育ち、直径4センチほどになっています。
0