音楽部・活動報告

部活動・音楽部

音楽部 近況報告 & 県高校音楽祭(南部地区)進行予定表

音楽部 クリスマスコンサート開催
 昨年12月23日(火)午後5時より毎年恒例のクリスマスコンサートをさいたま新都心駅前のカタクラパーク野外ステージで行いました。寒さはありましたが、風もさほどではなく、好天に恵まれ、ハンドベルの演奏を皮切りに、クリスマスにまつわる曲を中心に9曲演奏しました。今年は、OGOB1年の大学生による飛び入りのアカペラ演奏もあり、盛り上がりました。お寒い中ご来場いただいた皆様本当にありがとうございました。
2014クリスマスコンサート

埼玉ヴォーカルアンサンブルコンテスト 
 Aチーム 金賞 Bチーム銀賞
 去る1月16日(金)久喜総合文化会館で開催された、埼玉ヴォーカルアンサンブルコンテスト[25名以下のチームで競うコンテスト]に音楽部からA、B2チーム出場しました。62団体中61番目に演奏した、A ハンガリーチーム(バールドシュの曲を2曲演奏)が見事金賞、32番目に演奏したB マドリガルチーム(トーマス モーリーとジョスカン デ プレのマドリガルを演奏)が銀賞を受賞しました。当日は昨年に引き続き、翌日に大学入試センター試験を控えた3年生が応援に駆けつけてくれました。さすがの余裕。H君、センター試験の出来もよかったようです。


南部地区高校音楽祭(2/4(水),2/6(金),2/9(月))の3日間
    於 さいたま市民会館おおみや大ホール )

 これからの音楽部の演奏は、2月に行なわれる南部地区高校音楽祭第2日目の6日、2番目の演奏です。ヴォーカルアンサンブルコンテスト後から練習を始めましたので、少ない時間ですが、頑張って美しいハーモニーを奏でたいと思います。


 尚、全体の進行表を掲載しました。各出演団体の関係者のかたも、ぜひお越しください。
 出演者の座席が決まっていますので、それ以外の席でご鑑賞ください。座席表は当日会館内に掲示します。尚、写真撮影、ビデオ撮影等は許可されたもの以外禁止となっておりますので、ご了承ください。

埼玉県高等学校音楽祭(南部地区)進行予定表(4日).pdf

埼玉県高等学校音楽祭(南部地区)進行予定表(6日).pdf

埼玉県高等学校音楽祭(南部地区)進行予定表(9日).pdf

音楽部 2014年 活動状況

第57回埼玉県合唱コンクール 金賞 関東大会出場決定!!!

平成26年8月23日(土)さいたま市文化センターで開かれた埼玉県合唱コンクール高校の部において、大宮高校音楽部は金賞を受賞し、関東大会出場を決めました。課題曲は、千原英喜作曲の「夜もすがら」(詩 鴨長明)この曲は、混声合唱団の多くが選び当日演奏しました。大宮高校は、国語科の畑先生に、方丈記にかかわる講義もしていただき、研究し、ありあけの月がどんな月か? どんな思いでありあけの月を鴨長明が眺めたのか? 部員一同それぞれの思いをしっかりと曲に込めて歌いました。自由曲は、ブルックナー作曲のモテト集からLocus iste(この場所は神が創りたまいぬ)とAve Mariaを敬虔な気持ちで、どっしりとまた繊細かつダイナミックに演奏しました。

大高祭 にてミニコンサート披露!!
9月6日(土)・7日(日)大高祭が開催されました。音楽部は、6日は音楽室にて、7日(日)は初めての試みで、やまぼうし会館食堂で演奏しました。両日ともに満席の盛況で、特に6日は中に入れないお客様もいて大変ご迷惑をおかけしましたが、大好評でした。

第69回関東合唱コンクール  金賞!!!
平成26年9月28日(日)茨城県民文化センターで行われた関東合唱コンクールにおいて、大宮高校音楽部史上おそらく初の金賞を受賞することができました。残念ながら全国大会への推薦はされませんでしたので、この大会で3年生は引退となりました。数日後、音楽部引退式が行われましたが、3年間音楽部で活動し、充実感いっぱいの3年生でした。

大宮南中学校にて演奏
平成26年10月7日(火)お隣の大南中学校に招待していただき、放課後のひと時、合唱を聴いていただきました。合唱コンクール前に範唱とまではいきませんでしたが、参考にしていただけたら幸いです。

桜山中学校にて演奏
平成26年11月1日(土)さいたま市立桜山中学校の合唱コンクール当日アトラクションとして、30分ほど合唱を披露しました。

第42回さいたま市民音楽祭おおみや 合唱フェスティバルにて演奏
平成26年11月2日(日)さいたま市民会館おおみや大ホールにて行われた合唱フェスティバル、第1部最後に演奏しました。曲は、「フィンランディア」と"Let it go"でした。普通はすべての曲が終わって拍手のところ、1曲目が終わってすでに大きな大きな拍手をいただき嬉しく思いました。毎年、3年生引退後の初のホールでの大舞台ですが、大変に励まされる、温かい合唱祭です。

コバケンとその仲間たちオーケストラin大宮に参加、演奏しました!!!
平成26年11月14日(金・県民の日で学校はお休み)東日本大震災復興応援コンサートであるこのプロジェクトにお誘いいただき、大規模なオーケストラの伴奏のもと、交響詩「フィンランディア」とモーツァルトのレクイエムより「ラクリモーサ」を浦和一女さん、浦和北さん、大人の合唱団のみなさんとともに大合唱しました。 
これはリハーサル室の写真です。


こちらはゲネプロ


終了後、コバケンさん(指揮者の小林研一郎さん)と記念写真!!!


これからの演奏予定
12月23日(火)午後5時よりさいたま新都心駅東口前カタクラパーク野外ステージにおいて、クリスマスコンサートを行ないます。30分程度のミニコンサートです。ぜひお越しください。また来年1月16日(金)久喜総合文化会館において行われる埼玉ヴォーカルアンサンブルコンテストに2チームに分かれて出場します。
これからも応援をよろしくお願いします。

第50回記念特別定期演奏会

 6月22日(日) 第50回記念特別定期演奏会を埼玉会館大ホールにて開催しました。
 900人を超えるお客様に御来場いただき、1階は満席。予定になかった2階席も急遽解放しました。この日のために2年前から約束をさせていただいたデーネシュ・サボー氏率いるプロムジカ女声合唱団に来日していただきました(前日成田に着きました)。
 Ⅰ部は本校音楽部による世界のアカペラ、Ⅱ部プロムジカ女声合唱団ステージ、Ⅲ部本校音楽部による合唱アラカルト~テーマはジブリ~、Ⅳ部合同合唱(花は咲く、Cantate Domino)は本校音楽部員と今春卒業生の有志とプロムジカ女声合唱団によるもの。
 アンコールには、お客様も含めての全員合唱「ふるさと」…すべてが大好評で大いに盛り上がり、帰るお客様からも満足気な感想をたくさんいただきました。当日はOGOBもたくさん駆けつけてくれ、受付、誘導、ドア係、司会、ステージマネージャーなど30人近い人がスタッフとして活躍してくれました。本当に心強かったです。中には北海道や大分からわざわざその日のために帰ってきてくれた人もいました。
 御来場いただいた皆様、応援してくださった皆様。本当にありがとうございました。
終了後は、部員有志とプロムジカ女声合唱団による交流会(立食パーティー)が行われ、短時間でしたが、一つの椅子に音楽部員とプロムジカ団員が二人で座り、食べる、話す(英語)など想像以上に盛り上がり、積極的に交流ができました。まさに音楽に国境はなしです。素晴らしい刺激をいただき参加した部員たちも大満足でした。

 
  
 
 
 
  
  
 

音楽部 卒業生紹介

 この春本校理数科を卒業した音楽部の卒業生 平出一郎(バス)さんが、5月に学校に来てくれたので、高校時代のことをインタビューしました。内容は、本校を目指す中学生向けの話となっています。ちなみに平出一郎さんは、現役で東京大学に合格し、理科Ⅰ類の1年生です。理科Ⅰ類にはほかにも現役で1名、浪人で1名 計3人が音楽部の卒業生で在籍しています。

 大高の先生方は、熱心で楽しい授業を展開してくださる方ばかりでした。そこで積み上げられていった基礎は、受験に向かっていく私にとって強い味方になりました。
 特に授業を受ける上で気を付けていたことは予習を欠かさないようにすることです。個人的には、前日に予習をしてフレッシュな頭で授業に臨むのが良いと感じていました。しかし、量が多くなってしまった時は週末に回し、夜遅くまでの予習のせいで寝不足で授業に臨むことが無いよう気を付けました。部活や通学距離によって十分な時間が取れない人も、各々のスタイルでしっかりと予習をしていました。
  私は3年生の9月まで音楽部で活動していました。周りが受験勉強に本腰を入れる中、部活を続けることに全く不安が無かったと言えば嘘になります。しかし、部活以外の時間が貴重な物に感じられて、より一層勉強にも力が入ったと思います。
 このように、熱心な先生方、意識の高いクラスメイト、最後まで両立を貫いた部活のメンバーたち、多くの人たちに囲まれて3年間を過ごすことができました。良くも悪くも周りに影響されやすい私にとって、プラスの刺激が多い大宮高校は最高の環境だったと卒業後改めて感じるようになりました。皆さんが大宮高校に入学し、充実した3年間を過ごされることを祈っています。

 ちなみに平出さんは、6月14日(土)に行われた第1回学校説明会でも、中学生および保護者向けにパワーポイントを用いて話をしてくださり、大変好評でした。

ひらめき 音楽部定期演奏会のチラシができました!

第50回定期演奏会のチラシが出来上がりました。
下記のリンクをクリックすると、それぞれ拡大版を見ることができます。
演奏会の会場で、皆様のお越しをお待ちしております!

チラシ表.jpg                                               チラシ裏.jpg
                     

お知らせ 音楽部の定期演奏会にお越しください!

大宮高校音楽部の定期演奏会は、今年で何と第50回を迎えます。
この記念すべき年に、世界のコンクールで何度もグランプリに輝いているハンガリーのプロムジカ女声合唱団の皆さんに私たちの定期演奏会に合わせて来日していただき、特別にジョイントコンサートを開催することになりました。
部員一同、そして一部OG、OBも交えて、精一杯の演奏をお届けします。
ぜひぜひ、ご来場いただき、楽しんでいただくとともに、今後とも大宮高校音楽部への御理解・御支援・御指導をよろしくお願いいたします。

音楽部  報告会

3月15日土曜日
 温かな日差しの中、卒業式が行われました。感動的な卒業式でした。午後2時からは音楽室で大宮高校音楽部の(進路関係の)報告会が行われました。例年は、3月末に行っていましたが、卒業生も転居の準備をする人を含め、忙しくなり集まりにくいので、まだ国公立の後期試験の結果が出ていない時期ですが、卒業式の日の午後に行いました。
 卒業生21名全員が参加してくれ、音楽室は椅子も足りなくなり、久しぶりに大賑わいとなりました。1人1人進路に関する結果(途中経過)を報告し、その都度1、2年生からは歓声が上がり拍手がおきました。その後の国公立後期の結果を加えると次のようになります。
 現役国公立は 東大2名、北大1名、お茶の水女子大学1名、東京学芸大学2名、埼玉大1名、埼玉県立大、群馬県立女子大。
 私立も東京女子医大(医学科)、早稲田大、中央大、自治医科大、明治薬科大、日本女子大、東京理科大、国学院大、などなど着実に合格しました。圧倒的に現役での進学
予定者が多いです。
 一浪の先輩も東大、大分大医学部(医学科)、早稲田大、明治大、北里大(薬学)など合格の報告がありました。
 1月のヴォーカルアンサンブルコンテストに応援に来てくれて、さらに2月の南部地区音楽祭を聞きに来てくれたY君はもちろん東大に現役合格しました。対策としては1日7時間くらい寝ること。基礎を1年からガッチリやること。毎日コツコツやること。部活動もしっかりやり、日常を大切にすること。良く調べ、自分が行きたい大学を頑張って受ける、そして人のせいにしない、など先輩たちから貴重なアドバイスや赤本なども貰い、1、2年生にとっては貴重な会となりました。高校生活での仲間の大切さを熱弁してくれた卒業生もいました。音楽部をやってよかった、充実した高校生活ができた、と満足気に晴れ晴れと卒業生たちが巣立っていきました。

音楽部 近況報告

少し報告が遅くなりましたが、12月23日月曜日 新都心駅前カタクラパーク野外ステージにおいて今年もクリスマスコンサートを行いました。
季節がら、寒さはありましたが風もさほどなく良い天気で、お客さんもたくさん来てくださり、盛況の中、7曲を歌いあげました。今年はヴォーカルアンサンブルコンテストで歌う 男声合唱、女声合唱も1曲ずつ披露し、男声は踊り付きで盛り上げました。またハンドベルによる演奏も1曲行い、クリスマスを彩りました。毎年、寒い中聴いてくださる皆様、有難うございます。

1月17日金曜日 今年もセンター試験の前日、埼玉ヴォーカルアンサンブルコンテストに出場しました。今年は、男声合唱、女声合唱に分かれての参加で、見事2チームとも金賞を受賞することができました。当日センター試験の会場設営後、引退した音楽部の3年生で東大志望のY君がなんと久喜総合文化会館に応援に来てくれました。後輩たちの本番以外の時間はお隣の図書館で勉強していたようですが、さすがな彼は、余裕でセンター試験も9割とれたそうです。

2月4日火曜日 南部地区高校音楽祭がさいたま市民会館おおみやで行われました。音楽部は2番目の演奏で2曲を披露し、講師の先生からも会場の生徒からも高い評価をいただきました。この日も雪の心配があったにもかかわらず、家庭研修期間ですが学校で勉強していた3年生のY君が後輩の出番の時間に聞きに来てくれていました。なんと後輩思いなことでしょう。ありがたいことです。

音楽部 2013年 活動状況

6月1日(土) 埼玉県合唱祭にて演奏しました。
「どうしてだろうと」とレベンテ ジェンジェシの「カンターテ ドミノ」。講師の先生からも好評でした。
於 埼玉会館
 
6月11日(火) 今年夏 埼玉県代表として参加する全国高校総合文化祭の壮行会において全国大会に行く他部門の仲間たちの前で、演奏しました。カラフルな照明つきで華やかな演奏となりました。
於 埼玉会館
 
6月16日(日) 大宮高等学校音楽部第49回定期演奏会 
於 彩の国さいたま芸術劇場音楽ホール
※ほぼ満員のお客様にお出でいただき、オリジナルミュージカル「歌の街クーラン」やコンクール曲など多彩なステージ発表を行いました。休憩時間には、ボイスパーカッションつきのアカペラグループのアトラクションが飛び入りで登場!!盛り上がりました!
 
 
8月3日~5日 全国高等学校総合文化祭 長崎しおかぜ総文祭の合唱部門に埼玉県代表として出場 全国の合唱仲間の前で交流会と演奏をしてきました。貴重な経験でした。ドイツに短期留学にいって不在の部員などもいて全員での参加ではありませんでしたが、男子が26人女子が29人の混声合唱ができる学校は全国的にも羨ましがられる存在だと知りました。ここにいるすばらしい仲間のありがたさをひしひしと感じた総文祭です。
 
 
8月24日 埼玉県合唱コンクールにて 課題曲 「どうしてだろうと」と自由曲ノルウェーの作品でJon Mostad作曲 "O Sing to the load" を熱唱しましたが、結果は銀賞で、3年続いた関東大会出場は惜しくも今年はかないませんでした。くやしさに部員たちの自主的な反省会はOBOGも交え会場の外で長々と続き来年の関東行きを誓い合っていました。

9月7日(土)8日(日) 大宮高校文化祭(大高祭) 今年は2日間とも音楽室でミニコンサート開催。30分ほどのコンサートでしたが、開場時刻の30分前には廊下に列ができ、コンサートの始まる15分前にはすでに満席でした。大盛況のうちにコンサートが終わりましたが、窮屈な立ち見や入れなかったたくさんのお客様、OGOBの皆さん本当にごめんなさい。聞いてくださった皆さん本当にありがとうございました。ここで3年生は引退となりました。3年間の思いのこもった、涙涙の最後のコンサート!!

11月3日(日)2年生は、前日まで修学旅行でしたが、第41回さいたま市民音楽祭おおみや 合唱フェスティバルに出演し、クリスマスソング「もみの木」と混声合唱組曲「未来への決意」から「歴史」を歌いました。1、2年での初めての外での演奏会です。いつもこの合唱祭では私たちの演奏をとても喜んでいただけて、元気をもらいます。演奏後ロビーでは、何人もの方に声をかけていただきましたが、本校2期生という女声の方に声をかけていただきました。大勢の先輩たちが知らないところでも注目し、応援してくださっていることを毎年感じる貴重な演奏会です。

11月30日(土)には学校説明会のはじめに皆様への歓迎の意味を込めて演奏予定です。

12月23日(日)午後5時から30分ほどさいたま新都心カタクラパーク 野外ステージでクリスマスコンサートを行います。寒い中ですが、ぜひお立ち寄りください。

音楽部 第49回定期演奏会のお知らせ

音楽部では6月に定期演奏会を開催します。今年は部員が計62名になりました。是非お越しください。
日時:6月16日(日)
 13:00~開場
 13:30~開演
場所:彩の国さいたま芸術劇場音楽ホール
入場料:300円
お問い合わせ:048-641-0931(菅谷)

菅谷真由美(音楽部顧問)
今年も第49回大宮高校音楽部定期演奏会を開催できる運びとなったことを大変うれしく思います。一昨年の震災以来、日常においてできることの1つ1つがとても貴重に思えます。今年は昨年の4部構成から3部構成に変え、1部のア カペラに重点をおきました。
SVEC(埼玉ヴォーカルアンサンブルコンテスト参加曲)や今年度コンクール自由曲として準備しているSing to the lord や来年度50回定期演奏会でハンガリーのプロムジカ合唱団と合同演奏させていただく予定のCantate Dominoなども演奏します。2部はコンクール課題曲から愛唱歌まで幅広い合唱を楽しんでいただこうという企画にしました。3部のオリジナルミュージカルは文字通り合唱がテーマの少々謎めいたお話を2人の脚本の生徒がこだわりをもって作りました。曲数は少ないのですが、楽しんでもらえるように、著作権の許す範囲で皆さんのよく知っている既成の曲も一部使用したり、親しめるような作曲に努めました。是非御来場の上、御指導いただけると幸いです。
 
佐久間望(部長)
この度の定期演奏会では、至らない部分も多くあるとは思いますが、限りある時間の中で、練習をして参りました。
この春、新入部員20名を迎え、新しいスタートを切った私達が、先生の指導のもと頑張ってきた成果を出し切れるよう、心を込めて歌います。
皆様のお越しをお待ちしております。
 
平家嘉人(定期演奏会実行委員長)
私は、定期演奏会とは、私達の成長を皆様に見ていただく場であると思っています。
今までの多くの先輩方が作り上げてきた定期演奏会に負けないものにしようと毎日練習に励んでまいりました。
お忙しいと存じますが、どうぞ私たちの歌声を聞きにお越しください。
 
岩崎里衣(監督)
今年のミュージカルは、「歌の街クーラン」。ものすごく簡単にまとめると、ごく普通の高校生4人が、混声合唱を知らない人たちに混声合唱の魅力を伝える、というストーリーです。文字にするとありきたりですが…。これに私達の歌が加わり、個性豊かな高校生が演じると必ず何かが起こります。いや、私達が起こします!その感動をぜひ多くの皆さんに味わって頂けたら幸いです♪
 
豊田涼平(脚本)
今年のミュージカルのテーマは、「一緒に歌うこと」です。
例年になくたくさんの要素を盛り込んでしまったのでどうなるやらと一時は不安になりましたが、たくさんの人の協力の下で完成させる事ができました。
男声女声それぞれの魅力、絆の大切さ、男女一緒にみんなで歌う事の素晴らしさ、そして僕達部員一同の定期演奏会とミュージカルに対する熱意を少しでも感じ取ってくれたら嬉しいなと思います。
 
野牧萌(早苗役)
早苗ちゃんは好奇心旺盛で明るい女の子です!みんなをトラブルに巻き込んだりもしていますが…(汗)でも、早苗ちゃんの底抜けのポジティブ加減はちょっと羨ましいです(笑)
見所は、やっぱり歌がみんなをつないでいくところですかね?私にとって、一緒に歌うことは思いを分かち合うことなので。
何事も一途に頑張る早苗ちゃんを演じられるように頑張ったので、ぜひぜひ楽しんでご覧ください(^^)
 
齋藤太智(文也役)
春も終りを迎え、暖かさの増す時期となって参りました今日、本年も音楽部定期演奏会を開催できますこと、感謝の他ありません。さて、私はミュージカルをキャストとして演じさせて頂きますが、二年来の憧れであったミュージカルで演じることができ、大変光栄に思います。私の演じます役は、様々な事の発端となるだいぶバカな、然れど機転の利く人物です。皆様に楽しんで頂けますよう、最後の定期演奏会で精一杯演じたいと思います。