ラグビー部・活動報告

部活動・ラグビー部

ラグビー部 全国7人制大会 県予選

6月21・22日(土・日)に7人制ラグビーの全国大会予選が熊谷ラグビー場で開催されました。

これは今年度から開催される大会です。

まずは21日に3校ずつ16リーグに分かれての予選リーグです。
大高は立教新座高校と岩槻北稜高校と対戦しました。

第1試合立教新座高校戦は、試合開始のキックオフで相手の虚をつき、ゴール前のスクラムというチャンスを得ますが、それを活かす事ができずに逆に攻め込まれて先制点を取られ、その後はなかなか修正できずに最終的に0-39で敗退してしまいます。

一試合目の反省を元に第二試合の岩槻北稜高校戦に臨みました。
しかし、立ち上がりに先制トライを奪われ、そのごトライを取り返すも、双方もう1トライずつ取って、ノーサイド間際まで12-14(コンバージョンキック差)と逆転圏内にいましたが、最後の最後でトライを奪われて12-19で敗退。

残念ながら予選リーグで敗退してしまいました。

7人制大会は15人制の大きさのグランドを7人で攻防するため、15人制とは一味違う戦術やスキル、試合中の対応力が求められます。大高も準備はして臨んだつもりですが・・・
まだまだ何かが足りないのでしょう。

しかしながら、本番は秋の全国大会(花園)予選です。ここから3ヶ月、もう一度部員全員で鍛えなおしてチーム力を向上させていきたいと思います。

また、この日も保護者の皆様や関係者の皆様の応援や差し入れをいただきました。
誠にありがとうございます。

来月末(7/31~8/4)には菅平合宿に行ってきます。

ラグビー部 7人制全国大会県予選

ラグビーには色々な競技形態があります。
本来のラグビーは「ユニオンラグビー」と呼ばれ、1チーム15名の選手で試合を行います。
そのほか、オーストラリアで盛んな「リーグラグビー」という13人制、「テンズ」という10人制のラグビーなどがあります。

その一つである「セブンス(7人制)」のラグビーオリンピックリオデジャネイロ大会で正式種目に採用された事もあり、日本だけでなく世界各国で強化が始まっています。

7人制は「サッカーとフットサル」のような違いではなく、15人制と同じ大きさのグランドを7人対7人でゲームを行います絵文字:笑顔
そのため、長いパスや15人制のゲームでは見られないような早い展開、100m近くを走りきるようなビックゲインがしばしば見られて、15人制とは一味違う興奮が味わえます。また、1試合は7分ハーフと短いので、よりクイックネスが求められると同時に、1日に数試合行うスタミナも要求されます絵文字:困った 冷汗

高校生でも小さな大会はあったのですが、今年度から本格的に全国大会が開催される事になり、その県予選が6月21・22日(土・日)に開催されます。

6月16日に予選会の抽選会があり、対戦相手が決まりました。

6月21日() 熊谷ラグビー場Cグランド
13:40~  立教新座高校
14:20~  岩槻北陵高校

と対戦します。

三校のリーグ戦で1位になると翌日(22日)の決勝トーナメント(16校)に進出します。

決勝トーナメントに進出できるように頑張ります。
応援よろしくお願いいたします絵文字:よろしくお願いします

ラグビー部 国体予選南部地区予選(三位決定戦)

前日の大風がすっかりやんだ5月11日に国体予選の南部地区予選が行われました。

大高は三位決定戦で川口高校と対戦です。
各地区の三位までが県大会に出場する事ができる「負ける事ができない」試合でした。

試合はキックオフ直後の開始2分で、大高の連続攻撃からフルバックが抜け出し、最後はウイングに回して先制トライを挙げます。(7-0)

そこからはお互いに良く攻め、良く守り、得点が動かないままの前半24分に大高ゴール前のラックの脇を突かれてトライを奪われます。(7-5)
しかし前半28分にタックルから相手のボールを奪い、ウイングが80mを走りきって追加点を挙げて前半を終了します。(12-5)

このまま油断せずに後半もしっかりとゲームを進めようと話をして後半に臨みました。

後半10分に相手のミスしたボールをインゴールに持ち込みますが、相手の必死のディフェンスにグラウンディングができず、トライを取る事ができませんでした。

そして後半14分、パスミスをインターセプトされ、そのままトライされて同点に追いつかれてしまいました。(12-12)

少し流れが悪いなと思っていた後半18分にフォワードに押し込まれてリードを奪われてしまいます。(12-19)

なんとか逆転しようと反撃しますが、相手のディフェンスに阻まれ、逆に終了間際に追加点を奪われて12-26でノーサイドを迎えてしまいました。

これで国体予選の県大会出場権を逃してしまいました。
非常に悔しい敗戦です。色々な課題がでています。良かった事はこれが三年生の最後の大会(全国大会予選)ではなかったことです。これが最後の大会ならば悔やんでも悔やみきれないゲーム内容です。

「やるべき事をやりきる」
「準備は綿密に、本番はシンプルに」


簡単なようで難しい事ですね。大人でも難しい事だと思います。でも大高生にとって、やってやれない事では決してありません。

これからまた心技体全てを見直して鍛えていきたいと思います。

今後も温かいご支援をよろしくお願いいたします。

次の公式戦は今年度から新設された7人制全国大会県予選です。
6月21・22日(土・日に行われます。


最後になりますが、当日多くの保護者や関係者のご声援と差し入れをいただきました。誠にありがとうございました。

ラグビー部 国体予選南部地区予選(準決勝結果)

GWの終盤の5月5日に国体予選の南部地区予選が行われました。
大宮高校は準決勝で川口北高校と対戦しました。勝てば2位以上になり、県大会進出が確定します。

試合は大宮のキックオフから始まり、敵陣での攻防が5分ほど続きましたが、相手に一気に大宮のゴール前まで攻め込まれ、こちらの反則もあり、先制のトライを奪われてしまいます。(0-7)その後は一進一退の攻防が続きますが、前半20分に大宮のゴール前のラインアウトから押し込まれて追加点を奪われます。(0-12)

しかし、その後の前半21分にフォワードで崩してからバックスに展開するという、スピードのある攻撃でトライを挙げます。(7-12)

その状態でハーフタイムを向かえました。ハーフタイムでは「反則をしないこと・敵陣にいる時間を増やす事」などを確認しました。

後半も中盤での攻防が続く中、後半23分にゴール前まで攻め込まれて、密集の脇を攻められてゴールラインを割られてしまいます。(7-17)
ここでもう一度反撃を・・・という所でしたが、後半26分にまたしてもフォワードで崩されて追加点を奪われてしまいます。(7-24)

ノーサイドの時間が近づき、なんとか一矢を報いてもらいたいと考えていた所で大宮の反撃が始まり、力強い連続攻撃でトライを奪うことができました(14-24)。

最後にもう一度反撃をしましたが、このまま14-24でノーサイド。

来週の三位決定戦に臨む事になりました。

負けてしまいましたが、大宮の強い点と弱い点がはっきりとしたゲームだったと思います。
課題が明確になるという事は今後の強化にも必ずつながります。

次の試合は

5月11日() 対 川口高校
         浦和工業高校G    11:00 キックオフ

です。

なんとしてでも三位になって県大会へ進出したいと思います。

また、この日も多くの保護者や関係者の応援と差し入れをいただきました。
GWだということもあり、3月に卒業したOB・OGも応援に来てくれました。
ありがとうございました。

これからも応援よろしくお願いいたします。

ラグビー部 国体予選南部地区予選(一回戦結果)

4月とは思えない陽気の中、国体予選の南部地区予選が行われました。

大高は一回戦で浦和学院高校と対戦です。
新人戦では勝っているとはいえ、お互いにこの冬に一生懸命練習してきているので油断しないように、この試合のテーマを「RESPECT」として臨みました。「RESPECT」とはラグビーでは良く使われる用語で、相手、レフリー、味方同士、観客、全てに敬意を持つと言う意味があります。この試合以外でも常に意識していて活動していくべきものです。

ゲームは大宮ペースで進み、相手のミスもあって得点を挙げていきました。

結果的には102-0勝利し、次の準決勝に進むことができました。
準決勝で勝って2位以上を確保すれば県大会への進出が確定します。
相手は川口北高校で、新人戦や練習試合では負けている相手です。あと一週間でしっかりと準備してなんとしても勝ちたいと思います。

次戦は
5月5日(月・祝) 対 川口北高校
         川口北高校G   10:00キックオフ

です。


また、この日も多くの保護者や本校の先生の応援をいただきました。誠にありがとうございます。
今後もご声援のほど、よろしくお願いいたします。

ラグビー部 国体予選南部地区予選

関東大会予選の二回戦が終了し、ベスト8が決まったので、それに伴って国体予選の地区予選の組み合わせが決定しました。

一回戦 4月27日
 対 浦和学院高校  
        浦和工業高校G 11:00キックオフ(25分ハーフ)

二回戦(準決勝) 5月5日(月・祝
 対 川口北高校   
        川口北高校G   10:00キックオフ(30分ハーフ)

決勝・三位決定戦・順位決定戦
5月11日()   浦和工業高校G

一戦一戦頑張ります。
地区で三位以上になれれば県大会に出場できます。

応援よろしくお願いいたします。

ラグビー部 関東大会予選一回戦

だいぶ暖かくなってきた4月13日(日)に関東大会予選の一回戦が行われました。

大高は熊谷工業高校と対戦です。熊谷工業高校は県内で唯一全国制覇を成し遂げている強豪チームです。その強豪校にチャレンジしてきました。

 ゲームはこちらの特徴を活かして「陣地を取る事を優先にゲームを進めていこう」、「ディフェンスを頑張ろう」と言って臨みましたが、前半2分と5分にトライを奪われてしまいます。(0-12)
 その後はもう一度戦術とディフェンスを確認し、試合を立て直します。相手陣ゴール前まで攻め込みますが、得点を挙げる事ができずに前半を終了しました。
 そして後半3分、相手の反則からゴール前に攻め込み、モールを押し込んでトライを挙げます。(5-12)
 さあ、ここから反撃を・・・と言う所ですが、こちらのミスもあり、追加点を挙げられ、その後も頑張ってディフェンスをするのですが、少しずつ体力も消耗し、トライを献上してしまいました。
最終的には5-36で敗戦です。

 ラグビーは自分のやりたい事だけをやれる競技ではありません。相手がいて、相手のやってくる事に対応しながらゲームを進めていく「intelligence」の部分が非常に重要です。そこがラグビーの面白さです。そして、大高生ならその「intelligence」の部分で勝負ができると思います。これからも体力や技術だけでない部分を鍛えていきたいと思います。

今回の敗戦で大高の関東大会予選は終了しました。
次の公式戦は
4月27日(日)国体予選南部地区予選です。
南部地区から三校が県大会に出場できます。
対戦相手は4月19日(土)の関東大会予選二回戦の結果次第です。


最後になりますが当日は多くの保護者や関係者の皆様の応援と差し入れをいただきました。
ありがとうございました。


今後も応援よろしくお願いいたします。

ラグビー部 関東大会予選

新年度が始まり、ラグビー部の関東大会予選の抽選会が行われました。

一回戦
4月13日() 対 熊谷工業高校 
             熊谷工業高校G  10:30キックオフ

一回戦から強豪校との対戦です。できる限りの準備をして試合に臨みたいと思います。

二回戦
4月19日(土) 深谷高校と栗橋北彩高校の勝者
           熊谷工業高校G 10:30キックオフ

三回戦 4月26日
準決勝 5月4日
決勝・三位決定戦 5月10日



また、現在新入生の勧誘を頑張っています。
高校で新しい事にチャレンジしようと考えている人を応援します。

ぜひグランドに来て体験してください。見学も待っています。

ラグビー部 卒部式&四地区対抗戦

前回から2ヶ月も間が開いてしまいました。
学年末考査も終わり、もうすぐ春休み・・・
 
 大高では15日卒業式が行われましたが、その一週間後の22日にラグビー部の卒部試合と卒部式が行われました。
  
 まずはグランドで在校生とのミニゲームです。卒部生は終始リラックスしながらも真剣にゲームを行い、在校生へ身体と身体でのメッセージを伝えてくれました。
 
 その後は保護者主催の卒部式です。ここでは自分の進路や三年間の思い、支えてくれた保護者や先輩後輩への感謝の気持ちを言葉で伝えてくれました。
 
  
 この14名が高校へ入学してラグビーと言う新しいスポーツを選び、三年間やり遂げてくれた事に感謝します。現役で大学に進学する人、浪人してさらに大学へのチャレンジを続ける人、進む道はそれぞれですが、三年間苦楽を共にした絆を大切にして、今後の人生を歩んでいって欲しいと思います。
  
 
 また、3月21日と23日には埼玉県の四地区対抗戦として、1・2年生のそれぞれの学年で選抜チームを組んでの対抗戦が行われました。(1年生の試合は21日のみ)
 大高からは1年生の選抜に4名、2年生の選抜に3名が選出され、それぞれが頑張ってくれました。
 
          2年生                    1年生
 
 その中で1年生の 千葉 賢 君(1年6組)が四地区対抗戦での活躍が評価されて、全埼玉C(全県からの1年生の選抜チーム)に選出されて、3月23日の全群馬Cとの交流戦に出場しました。試合では観客からどよめきが起こるくらいのタックルをきめてくれました。
 
 
 
中学生の皆さん、大宮高校でラグビーを始めてみませんか。
今回の記事で南部選抜や全埼玉Cに選ばれた人はもちろん、大高ラグビー部の全部員が、大高に入学後にラグビーと出会い、立派に成長して卒業していきます。
 
「ラグビーは少年をいち早く大人にし、大人にいつまでも少年の魂を抱かせる」(ジャン・ピエール・リーヴ:ラグビーフランス代表・芸術家)
 
 
こんなスポーツを一度体験してみてください。

ラグビー部 新人戦南部地区予選&OBの活躍報告

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。
 
年末年始はバタバタしてしまい、あっという間に過ぎてしまいました。
その間に新人戦は日程が進み、
12月28日(土)に地区予選の決勝トーナメント準決勝戦が行われ、大高は県立川口高校と対戦しました。
序盤は一進一退の攻防でしたが、ちょっとした隙を突かれて先制点を奪われ、修正がうまくいかないまま最終的に5対15敗退し、三位決定戦に回りました。
 
そして1月3日には恒例のOB戦を行いました。
30名を越えるOBとその御家族が来校し、現役生との交流戦をしていただきました。ラグビーは激しいスポーツですが、一端楽しみ方を知ると生涯を通じて親しめるスポーツです。そしてOBはやはり上手で、年の差を考えると20歳近く違うプレーヤーとチームを組んでも自然とチームプレーができるんですよね。今の現役生も是非そうなって欲しいと思います。
 
 
年明けの新人戦は昨日(1月6日)に地区予選の最終日として川口北高校と三位決定戦を行いました。
 
試合の序盤は敵陣に攻め込み、もう一歩で得点を挙げられそうでしたが、こちらのミスと反則で逆に攻め込まれ、よく守っていたのですが失点をしてしまいます。
そして疲れも見え始め、5対29でノーサイドとなってしまいました。
 
この結果南部地区4位となり、県大会への出場は叶わなくなってしまいました。
 
結果は残念ですが、真摯に受け止め、春の関東大会予選に向けてトレーニングをしていきたいと思います。
 
また、当日は年明けの平日で多くのところが仕事始めだと思うのですが、多くの保護者や関係者の皆様の応援と差し入れをいただきました。誠にありがとうございます。
 
 
 
最後に、昨日、全国地区対抗大学ラグビーフットボール大会という、有料試合を行っていない大学による全国大会で、東京学芸大学ラグビー部優勝しました。
東京学芸大学の11番柳沢純君は本校の平成22年度の卒業生で当時のキャプテンです。
当時からラグビーが大好きで、気持ちとプレーで部員を引っ張ってくれていました。進学してもラグビーを続けてくれている一人です。今後のますますの活躍を期待しています。