山岳部・活動報告

部活動・山岳部

山岳部 8月の山行 尾瀬

山岳部は8月の下旬に静かな尾瀬を歩きました。
      
        
  8月下旬の平日、大宮駅東口から貸し切りバスに乗車。初めて試みです。
  福島県檜枝岐村の御池(みいけ)登山口はとにかく遠い。道路標識で山深さを感じますか?
  日照不足が話題のこの夏ですが、薄日が差しています。
         
  燧裏林道は湿原が連続します。生徒曰く「尾瀬感がありますね。」
  引率者「尾瀬感じゃないだろう。尾瀬そのものなんだから。」
         
  三条の滝、落差100m!これを見たかったのです。尾瀬ヶ原からは至仏山も見えました。
  平日なので、静かな尾瀬です。
         
  燧ヶ岳も見えました。明日、登ります。ところが夜7時から雨が降ったり止んだり・・・。
  1年前に開通した見晴新道はぬかるみの世界でした。おかげで経験値が上がります。絵文字:笑顔
  燧ヶ岳では仲間の笑顔しか見えませんでした。
         
  下山路もこんな感じです。それでも熊沢田代・広沢田代の湿原にいやしてもらいます。

         
  昨日は薄日の差した、御池登山口ですが、今日は雨でした。駐車場もガラガラ。
  今回は雨にたたられましたが、初日はまずまず楽しめた山行でした。
  次回は9月30日、10月1日に上州武尊山に登る予定です。

山岳部 2017年 夏山合宿

7月下旬、南アルプス北部を縦走しました。

      
7月19日(木)一足早い夏休み。ちょうど梅雨も明けて、南アルプスへ出発です。
          
中央線の車中では、受験勉強、睡眠、スマホと思い思いに過ごします。今日は南御室小屋まで。
テント場は大宮高校以外、単独行の方が一人だけでした。夕食は茄子とピーマンの肉味噌炒め。

         
7月20(木)今日のハイライトは鳳凰三山の縦走です。鳳凰と言えば、なんと言っても地蔵岳の
オベリスクと呼ばれる花崗岩の尖った岩です。岩の頂点の5m位下まで登れました。爽快!絵文字:笑顔

         
今年の夏山は昨年同様、天気に恵まれ、最終日の後半以外は素晴らしい展望に恵まれました。
   左:北岳3192m日本第2位     中:仙丈ヶ岳3032m      右:甲斐駒ヶ岳2967m

          
早川尾根小屋のテント場で二晩目のテント設営。この日は大宮高校のテントだけでした。
ここで「持参したキャベツが臭い」事件が発生しました。絵文字:絶望

         
7月21日(金)この日は雲海の上に八ヶ岳連峰が浮かびました。北アルプスや御嶽山も。
アサヨ峰でその眺めを堪能しました。
         
そしてこの日は一度、北沢峠まで下りました。臭い(?)足や頭を冷たい沢の水で洗う者もいました。
夕食はターメリックライスのカレーです。

         
7月22日(土)トマトとツナのスープパスタの朝食を摂って、今日は甲斐駒ヶ岳登頂を目指します。
1000mアップの厳しい登りですが、白い花崗岩がきれいで、楽しい山道です。
           
前衛峰の摩利支天にも立つことができ、大変、満足な一日となりました。

         
7月23日(日)いよいよ4泊5日の最終日です。仙丈ヶ岳を目指しました。早朝3時半に出発。
快足を飛ばして登りましたが、山頂直下まで来たところで濃いガスに包まれてしまいました。絵文字:泣く
それでも充実した夏山合宿を無事に終えることができました。
来月からは1・2年生中心で活動します。

山岳部6月の山行 梅雨の合間の天狗岳

山岳部は6月下旬に、八ヶ岳連峰の二百名山、天狗岳に登りました。

         
 6月24日の茅野駅。明日にとっておきたい青空。木漏れ日の林道歩きもいいものです。

         
 3月にも訪れたオーレン小屋で食事の準備。今夜はシチューとご飯です。絵文字:笑顔 

         
 味は最高でした。3年生はまったりと過ごします。夏至の頃なのでなかなか日が暮れません。
 明日も天気が持つとよいのですが...。

         
 25日は2時半起床、4時半出発です。やはり雨か。絵文字:泣く 
 ところが、東天狗岳に着いたタイミングで雨雲が抜け、展望が開け始めたではありませんか。 
 雲が流れて、南八ヶ岳の赤岳、阿弥陀岳、さらには南アルプス北部、中央アルプスが見えました。
 青空でない分、かえって神秘的でした。
         
 西天狗岳山頂にて、(恒例の?)「愛を叫ぶ」イベントが行われました。

         
 最後のピーク「にゅう」の頂です。漢字では「乳」です。しがみつく二人。
 そして、奇跡的にも富士山を望むことができました。あと1週間で山開きですね。

      
 小海線の松原湖駅に無事下山。最年長顧問は手前のドライブインで流れていた
 80年代歌謡曲にあわせて沢田研二を歌っていました。

 次はいよいよ夏合宿。南アルプス北部の鳳凰三山・甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳に
 4泊ででかけます。 

山岳部 5月の山行 和名倉山

5月下旬、石楠花咲く、奥秩父の和名倉山に登りました。
     
奥秩父の和名倉山は、頂上からの展望こそないものの、どっしりとした山容が魅力的な
日本二百名山の一つです。今回は山梨県側からアプローチをして、往復しました。
        
 「集合!」???登山靴は?   草に埋もれたSUBARUレオーネ...懐かしい。
 
        
 木漏れ日の林道を将監小屋へ向かう。煙突から出る煙がすてき。私たちはテント5張。

        
 50張が限界のテント場は最終的に35張以上に。結構、混んでいました。 
 最近は、5人で山に登るけれど、テントも5張という人たちが多いようです。
 私たちは、朝3時台にテント撤収。4時15分に出発しました。

        
 和名倉山までの道は、時々、笹原が現れて開けます。
 西仙波から東仙波にかけては石楠花の花が盛りで、目を楽しませてくれました。
 苔も美しいものです。
  
        
 23人で登頂した和名倉山(2036m)。よく言えば、奥秩父の山深さを実感する場所です。
 つまり、完全に樹木に囲まれています。

         
 助け合いの精神でダブルザックする3年生E君。 
 無事に三ノ瀬に下山し、沢の水で足を清めて、登山は終了しました。
 次回は、6月下旬の天狗岳(北八ヶ岳・2646m)

山岳部 新入生歓迎山行

新1年生4人、新2年生一人を迎え、愛鷹山に登りました。

      
山岳部史上初?、高速バスを利用した山行です。今回は2年生の提案で日本二百名山
のひとつ、「愛鷹山」(あしたかやま)に登ります。連休中、最も天気の良かった4月30日です。 

      
新入生は先輩から靴の履き方などの助言をもらい、富士山を背に出発です。
この日は午後になっても透明感のある空気で、富士山がかすむことはありませんでした。

     
富士山麓のレジャー施設から太鼓やアナウンス放送の声が聞こえてきたりと、違和感を覚えることも
ありましたが、素晴らしい天候なので、聞こえないふりをしてすすみます。

     
自然と笑顔になり、カメラやスマホを手に被写体を探す回数が増えます。
水色Tシャツは3年生です。
     
山頂にて、態度の大きい(?)オレンジの2年生。そして中央は全員集合写真です。   

     
愛鷹山最高峰の越前岳からは駿河湾や伊豆半島も望むことができました。
山も海も見える山、いいですね。
次は、5月下旬に奥秩父の和名倉山に登ります。

山岳部 厳冬期の山行

2/12(日) 厳冬期の『赤城山』に行ってきました!

 

            
 朝9時の前橋駅。バスが来ない。なかなか来ない。やっと来たと思ったら、終点手前が除雪中で、
 目的地まで行けるかどうかはわからないと運転手さんは言う。運を天に任せ、乗車を決めた。
 バスは幸運にも終点まで運行したが、天気は吹雪。出発時刻も予定を大幅に過ぎていた。

            
 アイゼンは初めての1年生。全員の装着を確認して出発。新雪が積もって厳冬期らしい雰囲気。

            
 今日の登山をキャンセルした人も多いらしく、冬山入門で登山者の多い赤城山もこの日はすいていた。
 左側から強い風が吹き、顔面の露出部分が痛い。
 
            
 急斜面を登り終え、わずかに北へ進むと最高峰黒檜山(1828m)の山頂だった。展望はないが笑顔。

            
 下山はまず駒ヶ岳へ向かう。雪は深く、1mくらいはありそうだが、トレースをたどることができた。

            
 赤城高原ビジターセンターまで吹雪はやまず、想像以上にシビアな山行になってしまったが、様々な
 経験値を積み上げることのできた山行だった。下山後、前橋駅から見上げる赤城山は朝と変わらず
 雪雲の中で、やわらかい夕日を浴びる両毛線とは対照的なままだった。
 次回は、3月末の硫黄岳(八ヶ岳連峰)です。

山岳部 冬山山行

山岳部では、12/24 ~ 25冬山山行として、
テント泊で「笠取山」に行ってきました!


  

              
   クリスマスイブの早朝6:40、私たちは山へ。南アルプスが向かえてくれる中、山梨市駅で下車。

       
  ザックに押しつぶされながらバスで移動する部員たち。下車した「新地平」からは雁坂嶺が見えます。

      
  寒いので十分な体操をしてから歩き出しましょう。雪の上を歩く練習はできるでしょうか。

      
  「立入禁止」とありますが、登山者は認められています。ご心配なく。明るい谷を行きます。

      
  この徒渉でなんとE氏・T氏・G氏の生徒3人と顧問一人が沈水。生徒の二人は靴まで浸水しピンチ。

      
  濡れた靴下を見てぼやくT氏...。

        
  気持ちのいい草原を上り詰めると、明るく開けた「雁峠(がんとうげ)」1780mに到着。

      
 「小さな分水嶺」には富士川・荒川・多摩川の水源を示す石柱がありました。
 これから目指す笠取山がまさに笠を開いたような美しい姿を見せていました。

       
 笠取山直下の登りは20分ほどだが、かなりタフ。ご褒美に富士山が迎えてくれます。
  
      
 1953m笠取山。多摩川の源流であり、山梨百名山の一つである頂で、喜びのポーズ。

       
  今日の幕営地は笠取小屋。樹林に囲まれ、風の心配がない。あったかいものを食べたいね。

      
  女子部員が作っているのはなんとケーキ。クリスマスと部長の誕生日を祝いました。

      
      
  小屋の管理人さんのご厚意で、小屋の中での夕食となりました。いいクリスマスイブです。
  あったかいし、水没した靴も薪ストーブで乾かせたし。よい思い出です。ありがとうございました。
  S君、新調したズボンのタグははずしてこようね。(右下)

      
  翌朝は雪もちらつく薄曇り。木々の枝には霧氷が張り付いていました。
  再度、笠取山に登頂するも、日の出は見られず、雁坂峠への縦走を開始します。

      
  古礼山から水晶山を経て雁坂峠に至る縦走路はなだらかなアップダウンが続きます。
 
      
  結局、雪はなく、アイゼンをはくことはありませんでした。雁坂峠(中央)から下山します。
  2014年の6月、2016年の6月、12月と雁坂峠ではすべて展望なし。相性が悪いですね。

      
      
  西沢渓谷入口方面に向かい、峠沢沿いの明るい斜面を下ります。
  途中、3~4回沢を渡るところが要注意。部分的に凍結しているから気をつけて。
          
  無事に下山し、日だまりでお昼寝。(でも、そこらじゅうに鹿のうんちが落ちているよ。)
  天気は回復し、雁坂トンネルの料金所付近からは、昨日同様に雁坂嶺が見えました。
  予定より早く「道の駅みとみ」に下山。そばでも食べようと思ったら、11月下旬から
  3月下旬まで休業という張り紙。それでも思い出の詰まったクリスマスを過ごしました。

山岳部 秋山山行


山岳部では、11/20(日)
奥秩父「二子山」にいってきました!


  
              
  濃霧の朝、顧問の乗った電車が遅延しました。坂本の集落ではすっきりと晴れ、前方に目標の山。

               
  登山口でカウンターを押して、杉木立に入ります。今日は、荷物が軽すぎるくらいです。

              
  登るにつれ、広葉樹の森にかわりました。まだまだ紅葉まっさかり。無風、ポカポカの登山日和。

              
  股峠からまずは東岳へ。一つ難所があります。ステップが設置されていますが、切れ落ちているので怖い。

              
  東岳です。木々の間からは、北に御荷鉾山(みかぼやま)のなだらかな曲線を望むことができます。
  緊張連続の新入部員くんも、一息ついて、スマホで撮影です。

              
  東岳の東方にあるテラスに集合。ここからは武甲山をはじめとする東側がきれいに見えました。爽快!

              
  適度にスリリングな岩場が続くのが二子山の魅力ですが、少々時間がかかります。
              
  次に目指す西岳の岩峰が威圧的。どこから登るのだろうと不安になるくらいです。

             
  鎖場一か所と急な登りをクリアしたら西岳頂上でした。南面はこんなに切れ落ちています。

             
  魚尾道峠(よのおみち)へは、恐竜の背中のように細く切り立った岩場の連続です。いい写真だなあ。

        
  石灰岩の山、叶山は削られています。最後に7m垂直の鎖場を下りると、岩場は終了。樹林帯を
  バス停まで下りました。日が短い時期なので、バス停に着く頃にはすでに日没の時間でした。
  次はクリスマスの雪山です。目標は奥秩父の笠取山。多摩川の源流として知られています。

秋山 山行

10/1~2日で、「谷川の朝日岳」に登ってきました!

  
             
  今年はモグラ駅の土合からではなく、新潟県の土樽駅から出発。小さな駅です。
 今年3月に卒業したOBが合流。彼は新幹線で越後湯沢経由。一方、高校生は各駅停車です。

         
 同じ駅で下車した川口東高校。同じコースを歩きました。我々は体操してから、遅れて歩き始めました。 

         
 民家はありませんが、上越線・関越自動車道などの橋がいくつもあります。

         
 蓬新道に入りました。木の幹が豪雪で曲がっています。       ドボン...この徒渉で水没1名。
 
         
 降水確率が高かったものの、中ノ休場では青空も。 しかし、蓬峠に到着すると一面の霧。

         
 夕食、美味!おかわりも多く、きれいに完食。デザートにバナナパイを作り、川口東高校さんにも提供。

         
 翌日、天気霧。しっとり濡れそうなので雨具を着用。清水峠への下りがつるつるで大変でした。

         
 笹原に囲まれた雰囲気の良い清水峠は国道291号線が越えています。 朝日岳、霧...。

         
 ところが、急速に空が明るくなり、朝は50mしかなかった視界が一気に広がり始めました。

         
 2016年の9月から10月上旬は台風と秋雨前線でずっと天候不順が続いたので、これはラッキーでした。

         
 笠ヶ岳直下の避難小屋は強風にも豪雪にも強そう。 振り返れば、小烏帽子と大烏帽子。

         
 雨具から解放されました。新潟県側が開けて、魚沼地方の盆地まで見ることができました。

          
 こんな草原の中を歩いて行けるのは、本当に幸せです。色づき始めた木々の葉も見られました。
 
         
 しかし、白毛門から土合までの下山に難儀しました。岩場の下りで時間をくい、その後の樹林帯の
 急降下では太ももの筋肉をいじめられました。中央の写真のところで、ようやく急降下が終わりました。
 予定の電車(15:34土合)で無事に帰宅の途に。これを逃すと、18:18の終電まで電車が来ないのです。

山岳部 夏山合宿


連日快晴の中 『北アルプス』 を心ゆくまで堪能してきました!
だいぶハードではありましたが‥‥



1日目(7/19) 埼玉県→信濃大町→高瀬ダム→濁沢キャンプ場 コースタイム15分

           
 関東は梅雨明け前だが、北アルプスには夏の日差し。タクシー5台を連ねて、高瀬ダムまでアプローチ。

           
 しっかり体操しての出発だが、今日はトンネルをくぐって、吊り橋を一本渡ったらおしまいです。

         
 濁沢は花崗岩質の砂地で、テント設営には最適です。サンダルでもビニール袋でも歩けます。

         
 ただし、怖い掲示も...。  夕食は豚丼とサラダ。しっかり食べて、寝て、明日に備えよう。
   

2日目(7/20) 濁沢→ブナ立尾根→烏帽子小屋(テント設営)→烏帽子岳往復 コースタイム6時間35分

         
 湖の向こうに表銀座が見えました。3時起床、4時50分出発。部長、ザックが折れているよ。

         
 ここからいよいよ北アルプス三大急登(標高差1,378m)が始まります。しっかり給水しよう。

          
 すぐさま金属製の階段が出現して不安になるが、最初だけ。能率良く標高を稼げる尾根です。

         
 中央写真に木があるポイントまで来ると、高山らしさが出てきます。木々の間から南沢岳も望める。


         
 空が近づいてきました。あと少し、あと少し。そしてついに烏帽子小屋にたどり着きました。時刻は10時ちょうど。 

         
 小屋の前はチシマギキョウ(?)の大群落。コマクサやミヤマキンバイ(?)も咲き誇っていました。きれい!

         
 前烏帽子岳で記念撮影。(悪天候になる前に撮っておこうね) では、烏帽子岳2628mへ。

         
  鎖場を一つ越えると、狭い絶頂に至ります。背後には立山と剱岳。贅沢な展望です。
   
  約1時間、昼寝をしたり、溝に入って出られなくなったり、本当のてっぺんに上がってみたり...。

         
 烏帽子小屋下のひょうたん池ほとりにテントを張り、まずは専用シートで髪と頭皮のお手入れから。

         
 夕食はポトフでした。このテント場、水辺のせいか異様に虫が多い。私たちが臭いからなのか?

3日目(7/21) 烏帽子小屋→野口五郎岳→水晶岳→鷲羽岳→三俣山荘 コースタイム10時間

         
 オニオンスープ・スライスチーズ・パンの朝食を摂って、外に出るときれいな朝焼けでした。3:57出発。

         
 月明かりに照らされた赤牛岳と薬師岳、昨日登った烏帽子岳と立山連峰がくっきりと見えました。

         
 今回の最終目的地、槍ヶ岳が姿を現しました。その前に越えねばならぬ山々がたくさんあります。

         
 今年は残雪量が少ないようです。初めて雪に接しました。 ハクサンイチゲ(?)アオノツガザクラ(?)

         
 野口五郎岳の五郎は「岩がゴロゴロしている」ことに由来します。本当ですよ。
         
 水晶岳にうっすらと雲がわき始めています。3年生、槍のポーズ。天気を気にしながら、東沢乗越へ下ります。


           
 水晶小屋手前は下りだったらいやな所です。黒部五郎岳の大きなカールと鷲羽岳が姿を現しました。

           
 鷲羽岳への登り返しがきつそう...。とおもいきや、頂上ではみんな笑顔でした。14:17登頂。

         
 実は鷲羽岳から三俣山荘の下りが急な上に、岩が不安定で大変でした。15:47三俣山荘着。

         
 すぐそばにせせらぎが流れる環境、整地不要の平らな地面、水晶・鷲羽・槍ヶ岳も見える最高のテント場。

         
 夕食は麻婆豆腐でした。せせらぎで冷やしたフルーツも召し上がれ。

4日目(7/22) 三俣山荘→三俣蓮華岳→西鎌尾根→槍ヶ岳→殺生ヒュッテ コースタイム8時間55分

            
 4時3分出発。槍の穂先に立つ日です。鷲羽岳の南側の肩から朝日が昇りました。まずは三俣蓮華岳へ。

         
 写真はありませんが、三俣蓮華岳からは白山が見えました。双六岳付近は山並みがおだやかです。
           
 双六小屋で水を補給したら、いよいよ西鎌尾根へ。
   
 岐阜県側から風が吹き上がり、少々ガスも出ましたが、たいしたことはありませんでした。ラッキーです。
             
 千丈沢乗越からは最後の頑張り。    穂先は近い。     ♫ アルプス一万尺の小槍も見えたぞ。

         
 さあ、槍ヶ岳山荘に着いたぞ。まだ12時40分。予定より2時間も早い。みんな強かったなあ。

      
 11月の裏妙義、5月の両神山の経験を踏まえて、穂先によじ登る。ヘルメットも4個持参。
       
 学校の校舎にアルミのはしごを立てかけた練習もここでいかす。天まで登るようなはしご。あとわずか!
     
 31段9m角度80°のはしごをクリアすると、3180m槍ヶ岳山頂! 全員が無事に登頂、無事に下山。

         
 槍ヶ岳山荘のテント場には2番乗りしたのですが、サイトが狭いのと、風が強そうなのと、明日早く帰りたいなど
 の理由から殺生ヒュッテまで下りてしまうことにしました。

         
 槍ヶ岳を見下ろすテント場は絶景ですが、整地には苦労しました。最後の夕食はスパム丼、うまい!

5日目(7/23) 殺生ヒュッテ→横尾→上高地→新島々→松本→埼玉県 コースタイム6時間50分
         
 最後の夜まで雨は降りませんでした。槍ヶ岳も星と月明かりに照らされます。 4時15分出発。常念岳が見えました。

           
 槍沢のU字谷を歩きます。布団で寝られるのがうれしいような、山を離れるのがさみしいような。

           
 今日は土曜日。すれ違いが多いと予想して、3隊で行動。右の写真はババ平で休む3年隊。

           
 槍沢ロッジの前に「槍が見えるよ」と書かれた望遠鏡が。のぞくと、頂上に人がいるのまで見えました。見納めだなあ。 

           
 河原が広がってきて、終着点が近いことを感じさせられます。明神岳の岩場の下を通り過ぎます。

         
 河童橋10時43分到着。松本電鉄に揺られながら、受験勉強を再開する者、とりあえず寝る者、
 スマホに見入る者...。天候と仲間に恵まれて4泊5日、コースタイム32時間20分の裏銀座縦走は
 無事に終了しました。雨にたたれた3年前のみなさんには申し訳ないほどの好天でしたが、参加した
 部員には一生の宝になる経験を積むことができました。次回からは1・2年生だけで登ります。