理数科日誌

理数科日誌

学校地域Win-Winプロジェクトを実施しました

平成31年3月22日(金)放課後,本校希望者を対象に学校地域Win-Winプロジェクトの一環として,田辺三菱製薬株式会社の研究者3名にご来校いただき,講演会等を行っていただきました。

前半に講演をしていただきました。
一般に新薬がどのような過程を経て世の中に出ていくのか,そしてその過程がいかに厳しいものであるのかと言ったお話や,実際に糖尿病に用いられている薬の開発の経緯などをお話しいただきました。
専門的なお話ではありましたが,高校生にもわかり易く噛み砕いて丁寧に説明いただき,生徒たちも熱心に聞き入っていました。
 

後半は分子模型を利用し,化合物の模型作成を行いました。
分子模型に慣れていない生徒もおりましたが,グループで協力して模型作成を行い,できた模型のポイントを解説をしていただきました。化合物の魅力や構造の意義を感じることにつながった生徒もいたようです。


模型作成や質問対応などで盛り上がり,当初1時間半の予定であったところ,2時間近く本校生徒のために熱心に対応していただきました。ありがとうございました。
0

課題研究校内発表会報告

2月7日(木)の3,4,5校時に今年度の理数科課題研究校内発表会を実施しました。

当日は課題研究を行った理数科2年生に加え,理数科1年生,他校の生徒・教員方など総勢100名程度が本校やまぼうし1階に集まりました。

今年度は物理分野2本,化学分野4本,生物分野3本,数学分野8本の発表がありました。

発表生徒はおよそ1年間の努力の成果をまとめ,研究題材の魅力を伝えることが出来たのではないでしょうか。

質疑応答も白熱し,時間が足りなくなるものもあるなど盛り上がりをみせました。

  
  
0

理数科 最先端研究施設見学報告

10月25日(木) 理数科の1年生がつくばにある高エネルギー加速器研究機構(KEK)を訪問しました。

7:30大宮高校をバスで出発し,9:30頃現地へ到着。

午前中は研究機構や『研究者』についての概要説明にはじまり,Bell測定器や超伝導リニアック試験施設の見学を行いました。

  
KEKの研究者の阿部准教授より『研究者への道』というテーマで講義をしていただきました。
研究者として自分から動くことの大切さを語っていただきました。

  
改造中のBellⅡ測定器を見学しました。
作業が終了した後は表面がコンクリート壁で覆われ,再び内部の検出器等を見ることが出来るのは数年後になるとのことでした。

 
展示室で様々な装置についての説明を受けました。

  
国際リニアコライダーを実現するための超伝導リニアック試験施設の様子です。
加速器の仕組みを理解するのに苦しんでいた生徒が相当数いたようですが,理解して納得していく姿はさすが理数科でした。

昼食をはさみ,午後は放射線光化学研究施設の見学後,分光器製作実習を行いました。

  
放射光を用いた様々な研究についてのポスターも数多く掲示され,QRコードでそれぞれの解説ページを閲覧できるようになっていました。生徒たちは興味を持って学んでいたようです。

  
分光器製作中。

  
製作した簡易分光器で様々な光源を観測したり,屋外で太陽光(の反射光)を観測しました。

最後の質疑応答では全体を通して色々な質問があがり,時間いっぱいになるまで丁寧に対応していただきました。

15:30過ぎにKEKを後にし,18:00大宮高校へ帰着しました。
内容盛りだくさんでしたが生徒にとって密な一日になったことと思います。
0

花丸 パソコン甲子園本選出場決定

 9月15日にパソコン甲子園予選が行われ、理数科2年生の金鹿 優輝さんと山縣 龍人さんによる、チーム名「JUSTI-CE(ジャスティス)が予選を通過し、本選(全国大会)に出場することになりました。

北は北海道、南は沖縄まで1チーム2名で722チームが予選に参加、成績と地域性が考慮される中、上位25位以内に入り、見事に本選出場を決めました。本校では昨年に続き2年連続の全国大会出場となります。

 本選は、11月17日(土)~18(日)に、会津大学(福島県会津若松市)で行われます。プログラミング部門、モバイル部門、いちまいの絵CG部門の三部門のうち、「JUSTI-CE」はプログラミング部門に出場し、競技では、予選を勝ち抜いた27チームが一堂に会し、2人1チームで1台のパソコンを使い、制限時間内に問題に対する解答プログラムを作成し、得点形式で競います。

写真は8月下旬、東工大で行われたスーパーコンピューティングコンテスト本選に出場し、4位となった時のものです。

0

花丸 日本情報オリンピック本選出場

2月10日、11日につくばカピオにおいて実施された日本情報オリンピック本選に理数科2年生の荒川亮太さんが出場しました。
1131名の予選応募者の中から本選に出場できたのは81名で、埼玉県では荒川さんだけが本選招待者に選ばれています。


0

虫眼鏡 理数科課題研究校内発表会

平成29年度「理数科課題研究校内発表会」を開催しました。

 1月25日に大宮高校やまぼうし会館において、理数科2年生による課題研究校内発表会が行われました。
テーマの設定から始まり、実験講座、プレゼンテーション練習と、1年間にわたって取り組んできた研究について、
本校理数科1年生と所沢北高校生、および教職員に向け、グループあるいは個人ごとに発表をしました。

各分野の研究テーマは以下のとおりです。

物理分野 
  ボールの運動特性
  割れにくいせっけん膜の研究
  空気砲を物理する
  壁の形による遮音効果の変化

 
化学分野   
  ビスマスの色調変化
  銅、アンモニアを代用したレーヨン素材の作成
  不思議の石ゼオライトの効率利用

 
生物分野   
  アリはなぜガラスを登れるか
  植物エチレンの放出量の違い
  ダンゴムシの性質
  蚊柱を構成するユスリカの雌雄比について


数学分野  
  ブラックジャックの確率
  方べきの定理の研究
  フィボナッチ数列の発展
  31ゲームの必勝法
  合同な数列と群
  共鳴
  定規で作図する
  数独のn次元拡張
  連続図形の描く曲線

 
 評価アンケートをもとに、最優秀賞には数学分野「31ゲームの必勝法」が、優秀賞は「蚊柱を構成するユスリカの雌雄比について」、
優良賞には「空気砲を物理する」がそれぞれ選ばれました。写真は後日ホームルームで行われた表彰の様子です。


0

花丸 日本情報オリンピック本選出場決定

 理数科2年生の荒川亮太さんが、11月に行われた日本情報オリンピック予選に出場しAランクを獲得しました。その結果、2月につくば市で開催される日本情報オリンピック本選に出場することになりました。
 本選競技ではアルゴリズムを設計し、そのアルゴリズムを C, C++ のいずれかのプログラミング言語で実装する課題が出題されます。競技時間は4時間で、本選出場者の中から国際情報オリンピックの日本代表が選出されることになっています。
0

虫眼鏡 理数科 最先端研究施設訪問

理数科1年生が、平成29年度最先端研究施設訪問としてつくば市にある高エネルギー加速器研究機構(KEK)を見学させていただきました。
筑波実験棟ではBellⅡ測定器の見学、また放射光科学研究施設を見学しました。




簡易分光器の製作実習と、物質構造科学研究所の阿部准教授の講義を受けました。
研究内容についてはもちろん、研究者になるまでの道のりや、研究者としての心構えなどについても、非常にわかりやすくお話をしてくださいました。
0

理科・実験 科学の甲子園埼玉県大会

科学甲子園埼玉県大会  筆記部 第位!

11月4日に行われた第7回科学の甲子園埼玉県大会に2チームが出場しました。
Aチーム(2年荒川さん・澤井さん・駒田さん・吉村さん・1年横川さん・加藤さん)
Bチーム(1年久保田さん・羽鳥さん・塚田さん・鈴木さん・田村さん・高科さん)


科学の甲子園は筆記の部と実技の部の総合成績で競い合います。
写真は実技競技に取り組む大宮高校Aチームの様子です。



競技の結果、Aチームが筆記の部において第1位、総合の部で第4位となり表彰されました。

0

花丸 パソコン甲子園本選出場決定

9月に行われたパソコン甲子園2017の予選に、理数科3年の三宅亮輔さんと林歓樹さんによるチーム「本マグロ」が出場し、本選に出場することになりました。
プログラミング部門、モバイル部門、いちまいの絵CG部門の三部門のうち、「本マグロ」はプログラミング部門に出場しています。
パソコン甲子園2017のホームページに詳細が掲載されています。

0