陸上競技部・活動報告

部活動・陸上競技部

陸上部 ジュニア選抜競歩大会

2月15日に兵庫県の神戸六甲アイランド甲南大学で行われたジュニア選抜競歩大会(女子5km)に1年生の岩田が出場しました。

この大会は標準記録を突破した一部の選手しか出場できないレベルの高い全国大会です。インターハイ選手が多く出場し、世界大会の選考レースにも指定されています。
この日のために、雪の降る日も練習を続けてきました。

ロードレースでの競歩は始めてでしたが、結果は自己新記録(25分29秒)の46位と大舞台でよく頑張りました。
入賞はできませんでしたが、来年度の関東大会上位入賞、インターハイ出場を狙うために、レベルの高い場で競うことができ、良い経験になりました。
あと1ヶ月、冬季練習を乗り越え、さらにレベルアップします!

陸上競技部 県高校駅伝大会

11月5日、熊谷スポーツ文化公園内で県高校駅伝大会が行われました。
この大会は12月に京都で行われる全国大会の予選会でもあります。

本校は2年生が修学旅行のため、1年生5人で組んだ女子チームのみの参加となりましたが、来年に向けてよい経験になりました。

<女子総合26位(出場49チーム)>
1区(5km)杉谷 区間28位
2区(4km)岩田 区間32位
3区(3km)島田 区間18位
4区(3km)杉本 区間32位
5区(4km)関根 区間23位

陸上部 新人戦関東大会

10月25日、茨城県笠松運動公園にて新人戦関東大会が行われました。
本校からは、県大会で2位に入賞した岩田(1年)が女子5000m競歩に出場。

天候は晴れで気温は21℃、絶好のコンディションの中レースが行われました。
各県3名×8県の計24名が出場できるこの関東大会は来春のインターハイ予選の前哨戦でもあります。
レースは前半、先頭集団から離される場面もありましたが、ラストスパートをかけて追い込んだ結果、26分11秒97の自己記録で8位入賞!

春の大会に続き、陸上部として今年度2つ目の関東大会入賞を決めました。
来年はインターハイ出場を目指します。

陸上部 新人戦県大会

9月29日~10月1日までの3日間、熊谷スポーツ文化公園にて新人戦県大会が行われました。
地区大会を突破した、個人11種目、リレー3種目の計14種目に出場しました。
昨年以上の4種目入賞、うち1種目で関東出場という良い結果で終えることができました。

主な結果は以下の通りです。

女 5000m競歩 第2位 岩田奈々(1年) 関東大会出場決定!
女 5000m競歩 第6位 矢ヶ部未奈(2年)
男 110mH 第4位 藤田寛明(2年)
男 走幅跳 第4位 田中孝史(2年)
男 4×100mR 小柏-藤田-田中孝-佐久間 準決勝進出
男 4×400mR 田中芳-茂木-田中孝-三浦 準決勝進出

3位までが関東大会出場権を得られる大会です。あと1歩というところで関東を逃した種目もありますが、来春は必ず関東、そして全国へ駒を進めたいと思います。


5000m競歩 関東大会出場決定!暑さの中、よく頑張りました。

陸上部 新人戦南部地区大会

9月13、14日の2日間、上尾運動公園で新人戦南部地区大会が行われました。

夏休みの強化合宿で力をつけ、また天気にも恵まれ、好記録を出すことができました。
主な結果は以下の通りです。

<男子>
110mH 藤田寛明(2年) 優勝 15秒24
走幅跳 田中孝史(2年) 2位 6m90cm
200m 田中孝史(2年) 23秒04 県大会出場
800m 茂木新(1年) 5位 2分02秒45
走高跳 水野裕貴(1年) 1m70cm 県大会出場 
4×100mR 小柏-藤田-田中孝-佐久間 4位 43秒60
4×400mR 三浦-茂木-田中孝-田中芳 8位 3分29秒94

110mH 自己新の好タイムで優勝!


走幅跳 自己新で2位入賞

<女子 総合8位
5000m競歩 岩田奈々(1年) 優勝 26分52秒30
5000m競歩 矢ヶ部未奈(2年) 2位 28分42秒30
走高跳 松本茉莉(2年) 5位 1m45cm
400mH 松本茉莉(2年) 6位 1分10秒78
800m 大野聖奈(2年) 8位 2分24秒85
1500m 大野聖奈(2年) 4分57秒26 県大会出場
4×400mR 県大会出場


5000m競歩 1年生ながら、好タイムで優勝!

以上14種目で県大会出場権を獲得しました。
県大会でも入賞を目指します!

陸上部 夏合宿

8月5日~8日までの4日間、新潟県妙高市の合同合宿に参加しました。
浦和高校、浦和一女、市立浦和など計12校、総勢250名での大人数での合宿です。

埼玉県が猛暑日になる中、クーラーの必要ない涼しい環境で練習し、充実した4日間になりました。


短距離は4日間、このグランドで練習します。


各校、テントを張って休憩しています。


選手もたくさんいますが、スタッフも充実しています。
長距離・中距離・競歩・男女短距離・跳躍・ハードル・投てきのブロックごとに専門のコーチが指導します。


男子短距離の練習風景。このブロックは60名の大所帯。
全員で声を掛け合い、盛り上がって練習していました。

9月の新人戦では、この4日間の成果を発揮し、全員が自己記録の更新を目指します。

陸上競技 国体予選南部地区大会!(体験入学の日の予定も掲載)

7月21、22日の2日間、上尾運動公園で国体予選南部地区大会が行われました。

多くの学校はこの大会で3年生が引退しますが、本校は受験勉強のため5月で引退。
この大会は1、2年生のみで挑みます。

主な結果は以下の通りです。
男 110mH 藤田寛明(2年) 優勝 15秒45
男 走高跳  水野裕貴(1年) 8位  1m70
女 5000m競歩 岩田奈々(1年) 優勝 28分40秒07
女 5000m競歩 矢ヶ部未奈(2年) 2位 28分55秒57
女 1年生1500m 杉谷真希(1年) 7位 5分03秒80
女 走高跳 松本茉莉(2年) 8位 1m45


110mH優勝!


1年生1500m入賞!

なお、8月7、8日の体験入学は合宿中(新潟県妙高市)のため校内での練習はありません。

陸上競技 学総関東大会 報告!

6月21日(土)、神奈川県の相模原ギオンスタジアムで学総関東大会が行われ、女子円盤投に山田彩夏(3年)が出場しました。

茨城、群馬、栃木、埼玉の各県上位6名、計24名が出場する北関東ブロック。
本校からは部員全員50名以上の大応援団を結成し、山田の応援に向かいました。

競技は3投ずつ投げて、まずベスト8を決定します。
1投目は自己記録に迫るまずまずの投擲で6位。
2投目は失敗投擲となり、記録を伸ばせず順位は8位に。
3投目も失敗し、記録を伸ばせません。この時点で8番目。

24選手中、試技順が5番目だったため、残りの19人の結果を待つことに。
1人でも山田の記録を越えれば、ベスト8には入れません。

自己記録では大きく山田を越える選手が何人もいる中、何とか8番手を守ります。
23番目の選手も記録を伸ばせず、残るはあと1人!
24番目の選手は2投目に自己ベストを更新し、現在10位。
応援も祈るのみ!

そして……
ギリギリ8番目でベスト8決定!
ここで、会場内に選手紹介がされ、その後、さらに3回投げることができます。
計6投を投げ、6位までがインターハイ出場となります。



4投目は34m74cmと自己記録を更新し6位に浮上。
しかし、他の選手も記録を伸ばし、すぐに8位に。

5投目、6投目は記録を伸ばせず8位で競技終了。
6位インターハイまでは約2mでした。



この大舞台で自己記録を更新し8位入賞という素晴らしい結果でした。
また、応援の1、2年生も刺激をもらいました。
この経験を自分たちの力に変えて、来年はいよいよインターハイ出場を目指します。

陸上競技 学校総合県大会

5月10~13日までの4日間、熊谷スポーツ文化公園でインターハイ県予選が行われました。

初日は強風で思うように記録が伸びず、悔しい思いもしました。
また、4日間開催という長丁場を乗り切るためには、体力や精神力も必要です。
出場選手以外のサポートや応援も力になりました。

主な結果は以下の通りです。
<女子>
円盤投 山田彩夏(3年) 34m69 第4位 関東大会出場決定!
砲丸投 山田彩夏(3年) 11m02cm 第7位入賞
400mH 荻原典亜(3年) 1分08秒36 準決勝進出

<男子>
400mH 入江昌樹(3年) 55秒23 第8位入賞
110mH 藤田寛明(2年) 16秒03 準決勝進出
100m  藤田寛明(2年) 11秒30 準決勝進出
4×100mR 43秒86 準決勝進出

入賞3種目、そのうち円盤投の山田が関東大会出場を決めました。
6月21日に相模原で行われる関東大会で6位以内に入ればインターハイ出場となります。


学校総合南部地区大会(陸上競技)

4月25日~27日までの3日間、上尾運動公園陸上競技場で学校総合体育大会南部地区予選会(インターハイ予選)が行われました。

天候にも恵まれ、多くの選手が自己新記録を更新しました。
県大会で入賞を狙える記録もあり、関東大会出場を目指して練習を続けていきます。

主な結果は以下の通りです。

<男子>
100m 藤田寛明(2年) 11秒28 県大会出場
100m 田中孝史(2年) 11秒29 県大会出場
100m 小柏大祐(2年) 11秒36 準決勝進出
400m 入江昌樹(3年) 51秒64 県大会出場
5000m 杉田達郎(3年) 16分11秒96 県大会出場
110mH 藤田寛明(2年) 15秒50 3位 県大会出場
110mH 小柏大祐(2年) 17秒23 県大会出場
400mH 入江昌樹(3年) 55秒62 4位 県大会出場
400mH 青木亮太(3年) 1分00秒44 県大会出場
走幅跳 谷佳典(3年) 6m45cm 5位 県大会出場
走幅跳 田中孝史(2年) 県大会出場(シード選手)
4×100mR 43秒90 8位 県大会出場
4×400mR 3分27秒60 県大会出場

<女子> 総合6位
800m 大野聖奈(2年) 2分26秒85 県大会出場
1500m 大野聖奈(2年) 5分01秒03 県大会出場
1500m 鈴木沙奈(3年) 4分47秒70 4位 県大会出場
3000m 鈴木沙奈(3年) 10分17秒11 7位 県大会出場
400mH 荻原典亜(3年) 県大会出場(シード選手)
5000m競歩 矢ヶ部未奈(2年) 31分19分57 2位 県大会出場
円盤投 山田彩夏(3年) 34m67cm 優勝 県大会出場
砲丸投 山田彩夏(3年) 10m50cm 3位 県大会出場
走高跳 松本茉莉(2年) 1m45cm 6位 県大会出場
三段跳 黒崎ひかる(3年) 9m69 県大会出場
4×100mR 県大会出場
4×400mR 4分11秒31 7位 県大会出場

以上25種目で県大会に出場します。

110mH 藤田

女子は総合6位になりました!

県高校駅伝(陸上競技部)

11月6日、熊谷スポーツ文化公園周辺で県高校駅伝が行われました。
 
天候にも恵まれ、好記録が期待できる中での大会でした。
 
<男子>浦和南、大宮南高との合同チームでの出場となりました。
本校から出場した2人は2年生です。直前まで修学旅行に行っていたため、十分な調整ができない中でのレースとなりましたが、良い走りを見せてくれました。
 
1区 10km 区間 7位
2区  3km 区間28位
3区  8km 区間40位
4区  8km 杉田達郎 区間23位
5区  3km 川上隆太 区間16位
6区  5km 区間20位
7区  5km 区間29位
総合 22位(出場78チーム)
 
<女子>長距離の女子5名全員で、ギリギリ単独チームでの出場ができました。
 
1区 6km 鈴木沙奈(2年) 区間19位
2区 4km 川田美妃(2年) 区間39位
3区 3km 鈴木若菜(2年) 区間44位
4区 3km 矢ヶ部未奈(1年) 区間43位
5区 5km 大野聖奈(1年) 区間33位
総合 32位(出場52チーム)
 
1区 鈴木
 
2区 川田
 
5区 大野
 
1年生はこの経験を、これからのレースや駅伝に活かせればと思います。

新人戦県大会

9月25~27日まで熊谷スポーツ文化公園で新人戦県大会が行われました。
 
南部地区大会を突破した15種目に出場し、入賞3種目という結果でした。
また、入賞まであと一歩という種目も多くありました。
大きな舞台で力を発揮できるチームが、徐々にできあがっているように感じました。
今年度のトラック公式戦は終了です。冬は駅伝に力を入れて練習していきます。
 
主な結果は以下の通りです。
女 砲丸投 第6位 山田彩夏(2年) 10m40
女 円盤投 第6位 山田彩夏(2年) 32m28
男 走幅跳 第8位 田中孝史(1年) 6m54
 
男 110mH 藤田寛明(1年) 16秒34 準決勝進出 10位
男 400mH 入江昌樹(2年) 57秒18 準決勝進出 12位
女 400m  荻原典亜(2年) 61秒41 準決勝進出 12位
女 400mH 荻原典亜(2年) 66秒57 準決勝進出 9位
女 走高跳  松本茉莉(1年) 1m50           11位  
女 3000m 鈴木沙奈(2年) 10分17秒31       13位
 
 
砲丸投・円盤投2種目入賞!
 
走幅跳は田中が春に続き8位入賞!
 
 
110mH 藤田(1年) 来年は入賞を目指します

新人戦南部地区大会

9月13、14日に上尾運動公園陸上競技場で新人戦の南部地区大会が行われました。
 
主な結果は以下の通りです。 
 
女子(総合5位
砲丸投 山田彩夏(2年)  10m25 3位
円盤投 山田彩夏(2年)  30m22 3位
1500m 鈴木沙奈(2年) 4分50秒52 3位
3000m 鈴木沙奈(2年) 10分23秒77 5位
5000m競歩 矢ヶ部未奈(1年) 34分53秒40 3位
400m     荻原典亜(2年) 1分01秒13 7位
400mH 荻原典亜(2年) 1分08秒96 7位
走高跳 松本茉莉(1年)  1m45 6位
4×400mR 荻原-松本-小池-黒崎 4分13秒10 5位
4×100mR 小池-荻原-黒崎-松本 52秒53 県大会出場
 
男子
400mH 入江昌樹(2年) 55秒87 3位
走幅跳 田中孝史(1年) 6m54 5位
110mH 藤田寛明(1年) 16秒55 8位
4×100mR 田中孝-藤田-佐久間-谷 44秒61 5位
4×400mR 平野-入江-青木-野口 3分35秒18 県大会出場
 
昨年以上に入賞者が増え、県大会でも活躍が期待できます。
 
女1500m・3000mで種目入賞の鈴木沙奈
 
 
男400mHで3位入賞の入江昌樹
 
 
女子総合第5位!この少ない人数で、強豪校とよく戦いました。
 

国体最終予選(陸上競技部)

8月13日、上尾運動公園で国体最終予選が行われました。
7月の地区大会の各地区4名(計16名)が参加したこの大会。
合宿後すぐの日程で、疲れが残る中の試合となりましたが、走幅跳では優勝することができました。
記録的には満足できるものではありませんでしたが、合宿の成果を試す良い機会となりました。
 
結果は以下の通りです。
男 走幅跳 田中孝史(1年) 優勝 6m51cm
男 110mJH 藤田寛明(1年) 予選 16秒29

合同合宿(陸上部)

8月6日~9日まで新潟県妙高市で13校合同の合宿を行いました。
今年は4日間通して天候に恵まれ、例年以上に充実した練習となりました。
 
ハードル・投擲・跳躍等の技術面はもちろん、集団での練習による精神的な面での成長も図ることができ、9月の新人戦に向けて良いきっかけになったと思います。
 
短距離だけでこの人数です。
 
 
他校と練習することで良い刺激をもらうことができました。
 
長距離はまだ薄暗い5時から朝練開始です。
標高が高いため、この時間の気温は18℃!
 

国体南部地区(陸上部)

7月20日、21日と上尾運動公園で国体南部地区予選が行われました。
他の学校は3年生が出場する中、本校は3年生が引退しているため1、2年生のみで挑みました。
 
入賞者は以下の通りです。
 
男走幅跳   田中孝史(1年) 第1位 最終予選出場 
男110mJH 藤田寛明(1年) 第4位 最終予選出場
男110mJH 小柏大祐(1年) 第7位
女円盤投   山田彩夏(2年) 第4位
女400mH  荻原典亜(2年) 第7位
女400m   荻原典亜(2年) 第8位
女1500m  鈴木沙奈(2年) 第8位
女4×100mR 第4位
女4×400mR 第7位
 
 
女子円盤投 山田
 
 
女子1500m 鈴木
 
最終予選は8月13日に行われます。
 
8月の合宿を乗り越え、秋の新人戦では県で入賞を目指します。

埼玉県選手権

6月28日~30日に行われた埼玉県選手権(熊谷)に出場しました。
 
3日間で個人5種目、リレー4種目に出場しました。
この大会は、標準記録を突破した選手のみが参加できる大会です。
中学、高校、大学、一般、実業団の選手が一緒になる、埼玉で最高峰の大会です。
 
リレーは今大会から1、2年生の新チームとなり、昨年よりもいいスタートが切れました。
 
出場した種目は以下の通りです。
男400mH 入江昌樹(2年)
男走幅跳  伊藤駿(3年)
男走幅跳  田中孝史(1年)
男4×100mR 佐久間-田中孝-谷-石塚
男4×400mR 入江-平野-石塚-野口
女砲丸投  山田彩夏(2年)
女円盤投  山田彩夏(2年)
女4×100mR 松坂-荻原-小池-松本
女4×400mR 松坂-荻原-松本-小池
 
次は7月の国体南部予選に向けて練習を継続していきます。
 

関東大会結果(陸上部)

6月14日、熊谷スポーツ文化公園で行われたインターハイ北関東予選に、1年の田中孝史が走幅跳で出場しました。
 
群馬・栃木・茨城・埼玉から各6名、計24名が出場。
上位6名が全国大会に出場できる大会です。
出場者の記録順では20番目でしたが、6m49cmで18位。
 
自己ベストの更新はなりませんでしたが、貴重な経験となりました。
また、他の部員も、レベルの高い競技と県大会にはない緊張感のある大会を見ることができ、刺激をもらうことができました。
 

学校総合県大会(関東決定!)

5月11日~14日までの4日間、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で、インターハイ県予選が行われました。
 
出場25種目と、選手も応援も大変でしたが、1年生の田中孝史が走幅跳で6位入賞!
関東大会の出場権を獲得しました(各種目6位までが関東大会)!!
南部地区大会は8位でしたが、他の選手が雨で本来の力が出せない中、見事6位入賞。
7位とは1cm差(8位とも2cm差)の激戦を制しての入賞でした。
 
主な結果と自己記録を更新した種目は以下の通りです。
 
男 走幅跳 田中孝史(1年) 6m65cm 第6位
女 1500m 小笠原香苗(3年) 4分53秒77 決勝進出 12位
女 800m  小笠原香苗(3年) 2分21秒45 準決勝進出
男 800m  茂木研(3年) 1分58秒72 準決勝進出
男 400mH 入江昌樹(2年) 57秒34 準決勝進出
女 400m 荻原典亜(2年) 1分1秒15
女 400mH 荻原典亜(2年) 1分10秒63
女 100m 岡田みちる(1年) 13秒14
女 三段跳 鷺谷なるみ(3年) 10m11cm
男 110mH 藤田寛明(1年) 17秒06
男 4×100mR 佐久間-平野-寺門-吉川 45秒17
男 4×400mR 入江-茂木-吉川-平野 3分31秒72
女 4×400mR 荻原-板東-松坂-小金丸 4分6秒70
 
 
800mで自己記録を大幅更新し準決勝に残った茂木(3年)
 
400mHで準決勝に進出した入江(2年)
来年は決勝を目指します。
 
1500m決勝 小笠原(3年) 
 
関東大会は6月に同じ熊谷で行われます。
北関東代表(各県6名)の24名のうち上位6名がインターハイ(全国大会)へ進めます。
 
 

学校総合南部地区大会(陸上競技部)

4月26日(金)~28日(日)の3日間、上尾運動公園で学校総合南部地区大会が行われました。
短距離は約半年ぶりの公式戦となり、長い冬季練習を経てここに照準を合わせて来ました。
 
3日間とも天気は良かったものの、風が強く難しいレースとなりました。
その中でも自己新を多数更新し、近年では最高の結果を残すことができました。
ここ数年でチーム全体として着実に力をつけていることが実感できる大会となりました。
また、1年生も県大会出場権を獲得し、新しい力も加わっています。
 
<男子>
走幅跳 伊藤駿(3年)      6m79    第3位
三段跳 伊藤駿(3年)                        県大会出場シード権保有
走幅跳 田中孝史(1年)     6m69      第8位
800m 茂木研(3年)  2分01秒49 第5位
400mH 入江昌樹(2年) 58秒16  県大会出場
110mH 藤田寛明(1年) 17秒06  県大会出場
4×100mR 佐久間‐平野‐寺門‐石塚 45秒80     県大会出場
4×400mR 吉川‐茂木‐入江‐今多   3分37秒04 県大会出場
 
<女子> 総合6位 
5000m競歩 坂本佳帆(3年) 27分54秒29 優勝 
砲丸投 山田彩夏(2年) 10m24 第2位
砲丸投 戸川朝美(3年) 8m21  県大会出場
800m 小笠原香苗(3年)   2分24秒26 第3位
1500m 小笠原香苗(3年) 4分51秒98 第6位
円盤投 山田彩夏(2年) 30m41 第4位
円盤投 戸川朝美(3年) 29m63 第6位
3000m 鈴木沙奈(2年) 10分43秒35 第8位
4×100mR 小池‐松坂‐荻原‐岡田    51秒06    第8位
4×400mR 小金丸‐荻原‐板東‐小笠原 4分16秒53 第7位
100m 岡田みちる(1年) 13秒45       県大会出場
400m 荻原典亜(2年)   1分01秒77 県大会出場
400m 小金丸葵冴(3年) 1分02秒26 県大会出場
400m 板東真央(3年)   1分02秒88 県大会出場
400mH 板東真央(3年) 1分09秒27  県大会出場
400mH 荻原典亜(2年) 1分11秒21  県大会出場
三段跳 鷺谷なるみ(3年) 9m56 県大会出場
 
合計25種目で県大会の出場権を獲得しました!
 
女子1500m 6位 小笠原香苗 800mと2種目入賞!
 
女子100m 岡田みちる 1年生も健闘しました!
 
女子砲丸投 山田彩夏 自己新で目標の10mに
 
 
女子36点(総合6位) 男子11点 と男女ともに頑張りました! 
 
5月11日から熊谷で県大会が行われます。
出場25種目、すべて自己記録の更新を狙っていきます。