部活動日誌(R2.2~ )

部活動日誌

山岳部1月の山行

山岳部は1月上旬に桐生市の鳴神山に登りました。

  

晴天無風の鳴神山は展望抜群。3人の卒業生も参加してくれました。

沢沿いのルートでは氷が岩をラッピング。

    

両毛線沿線の山は初めてなので新鮮です。登りのルートは朝日の当たらない斜面。

少し寒々しいのですが、ちょっとした岩場もあり、飽きずに登れます。

    

雷神岳神社に出ると、秩父の三峯神社と同じオオカミの「おいぬさま」。

冬支度で巻いている赤と黄色のマフラー姿にこちらまで癒やされます。

    

山頂の一つ「桐生岳」に到着。とにかく展望が素晴らしい。この山に来て良かった!

    

11月に登った日光の社山や来月登る予定の赤城山が見えるのがうれしい。

そして、冬の低山の魅力は明るい雑木林の尾根歩き。

  

長大な尾根を南下して、最後の展望スポット「トンビ岩」。

眼下に街を見下ろしたのち、桐生駅まで歩き通しました。

山岳部12月の山行

山岳部は12月中旬に群馬県の榛名山(天狗山)に登りました。

  

この冬一番の寒気にめげず、2021年の登り納めができました。

高崎駅に停車中の電車には、雪がまとわりついています。  

  

路面凍結でバスが榛名湖畔まで行けず、「榛名神社折返し運行」

行き先を天狗山に変更しました。  

  

榛名神社に向かって立派な参道が続きます。

夕べ降った積雪は0~3cm程度。気温はマイナス5℃

  

元々は掃部ケ岳(左写真)に登る予定でしたが、

こちらの山も気持ちのよい笹原を歩けます。

  

天狗山(1179m)の山頂から関東平野を一望。

群馬県庁や東京スカイツリーが見えました。

西には雪煙の舞う浅間山が姿を見せました。迫力!

  

今日一番の難所は、地蔵峠への下り。経験値が上がります。

再び榛名神社に戻り、参拝する者、まったりする者と

思い思いに過ごし、バスを待ちました。

帰路、バスの室田営業所から見上げた天狗山。

これで今年の登山はおしまい。

新年は桐生市の鳴神山からスタートします。

 

山岳部11月の山行

山岳部は11月の中旬に奥日光の社山に登りました。

  

当日は風が穏やかで、暖かな日。

でも、日陰には霜柱を見つけることができました。

      

中禅寺湖畔には色づいた葉がまだ残っていました。朝日を浴びて美しい。

そして、中禅寺湖の向こうに目指す社山(しゃざん・1827m)が見えました。

   

鏡のように穏やかな湖面に日光の主峰、男体山(2484m)が映り込みます。

     

「栃木県で最も美しい尾根道」と呼ばれるのにもうなずけます。幸せ。

   

山頂のすぐそばに素敵な草原を見つけ、まったりと休憩できました。

  

いつもこんな山行をしたい。(そう甘くはないけれど)

次回は12月の中旬。榛名山の掃部ケ岳(かもんがたけ)に登ります。

【男子・女子ハンドボール部】新人大会南部地区予選結果

こんにちは。ハンドボール部です。

10/26~11/6まで、新人大会南部地区予選が開催されました。

◇男子1回戦

大宮 7(4-26 3-22)48 浦和実業 →県大会代表決定トーナメントへ

◆県大会代表決定トーナメント1回戦

大宮 17(6-8 11-8)16 浦和麗明 ※勝利!!

◆県大会代表決定戦

大宮 11(5-10 6-7)17 浦和西 →県大会代表決定最終トーナメントへ

〇県大会代表決定最終トーナメント1回戦(1枠/8チーム)

大宮 20(8-8 12-4)12 川口市立 ※勝利!!

〇2回戦

大宮 17(8-8 9-8)16 浦和南 ※勝利!!

〇代表決定戦

大宮 17(9-8 8-13)21 浦和商業 →地区予選敗退

 

◇女子1回戦

大宮 15(5-11 10-11)21 川口青陵 →県大会代表決定戦へ

◆県大会代表決定戦

大宮 7(6-6 1-6)12 大宮北 →地区予選敗退

 

残念ながら、男女とも地区予選敗退となりました。

男子は初戦を落としたものの、出場枠をかけた試合を戦っていく中で多くのことを学び、修正を重ねることができました。何よりも1試合1試合、苦境においても最後まで集中し粘り切ることで、接戦をものにできた試合もあり、大きな経験となりました。

女子は新チーム2年生1名、1年生6名で臨んだ大会となりました。コロナ禍による活動制限の中で練習試合等の機会がなかなか思うように持てず、ゲーム感覚や経験に乏しい状況の中での大会参加となりましたが、自分たちの練習してきたプレーをうまく発揮できた場面もあり、貴重な経験となりました。

実際にゲームを行う中で、個人・チームの課題がより顕著に、具体的になりました。さらなる技能強化と課題克服に向け、新たな気持ちで頑張ります。

引き続き応援よろしくお願いします!

 

(男子:ユニフォーム白が大宮高校)          (女子:ユニフォームエンジが大宮高校)

 

 

 

 

【吹奏楽部】ダンス部とのコラボパフォーマンスを配信中!

今年の文化祭ステージでは、ダンス部とのコラボパフォーマンスに挑戦しました!
ダンス部のキレッキレのダンスと、初挑戦のビッグバンド演奏をぜひお楽しみください。

Youtubeへジャンプします

 

吹奏楽部の活動の様子は、公式ホームページで随時発信しています。
こちらもぜひご覧ください!

山岳部10月の山行

山岳部は10月末に奥武蔵の武川岳に登りました。

  

飯能市と横瀬町にまたがる武川岳は標高1052m

夏以来、久しぶりの山行は、穏やかな登山日和でした。

    

3年生が抜けて最初の登山を、山は紅葉で迎えてくれました。

    

思わずひなたぼっこもしてみたくなる陽気です。焼山(850m)からは武甲山が間近。

    

二子山の山頂で見つけた小さな狛犬。トンネルをくぐると...。

    

芦ヶ久保駅前の道の駅でした。今日はドライブの人がいっぱい。

アイスクリームで自分にご褒美を与えて、帰ります。

次回は延期に次ぐ延期で夏から秋に移ってしまった日光の社山に登ります。

陸上部 県高校駅伝

11月1日(月)に熊谷スポーツ文化公園にて、埼玉県高校駅伝大会が行われました。

男子は7人でフルマラソンと同じ距離、女子は5人でハーフマラソンと同じ距離を走ります。

テスト期間中も自主練習を続け、コース変更に対応するため試走も行い準備をしてきました。

強豪校は3年生が中心となりますが、本校は3年生のほとんどが受験勉強のため引退しており、1・2年生中心のチームです。

男女ともに襷を繋いで、男子は昨年と同順位、女子は本校の歴代最高の順位となりました。

 

<男子> 49位(出場76チーム)

1区 10km 中村(1年) 37分25秒(区間61位)

2区  3km 服部(3年) 10分31秒(区間53位)

3区  8km 黒岩(2年) 30分13秒(区間59位)

4区  8km 内田(2年) 31分18秒(区間59位)

5区  3km 高山(2年) 10分24秒(区間32位)

6区  5km 小島(2年) 18分31秒(区間47位)

7区  5km 齋藤(1年) 18分57秒(区間57位)

総合 2時間37分19秒

 

<女子> 12位(出場51チーム)

1区 6km 松野(1年) 21分54秒(区間8位)

2区 4km 新津(1年) 16分57秒(区間30位)

3区 3km 元山(2年) 11分45秒(区間15位)

4区 3km 白子(1年) 12分10秒(区間14位)

5区 5km 鈴木(2年) 19分31秒(区間12位)

総合 1時間22分17秒

 

【女子バレーボール部】選手権大会 南部地区予選 結果報告

10月23日(土)~24日(日)に行われた選手権大会 南部地区予選の結果をご報告します。

 

1回戦
 大宮   VS   いずみ

   25          ―          20

   25          ―          21

 

2回戦

 大宮   VS   浦和一女

   27          ―          29

   25          ―          20

    8          ―          25

 

 

新チームになり、初めての公式戦で緊張も見られましたが、初勝利を挙げることができました。

良くも悪くも、サーブとサーブレシーブで勝負が決まる試合展開でしたが、粘り強いレシーブでラリーに持ち込み、チャンスの場面では速攻が絡んだ攻撃をすることができました。

得られた経験と見つかった課題を練習に生かして頑張っていきます。

【ラグビー部】花園予選二回戦 勝利

9月23日(水)に花園予選二回戦が行われました。

厳しい状況の中でも大会が開催され、無事出場することができました。

ご支援ありがとうございます。

58-0で栗橋北彩高校に勝利し、次戦に向けて練習を続けます。

今後ともご協力よろしくお願いいたします。

 

陸上競技部 新人戦県大会

9月21日~23日の3日間、熊谷スポーツ文化公園にて新人戦の県大会が行われました。

地区大会を突破した18種目で出場し、女子3000mで7位入賞となりました。

 

主な結果は以下の通りです。

女3000m 松野(1年) 10分17秒55 第7位 自己新記録

女400mH 矢田部(2年) 1分11秒47 準決勝進出 自己新記録

男4×400mR 3分29秒67 準決勝進出 チーム新

女3000m 鈴木(2年) 10分44秒75 自己新記録

女1500m 鈴木(2年) 5分00秒58 自己新記録

女400mH 栗栖(1年) 1分19秒52 自己新記録

女4×100mR 52秒76 チーム新

女4×400mR 4分13秒30 チーム新

 

 

音楽部 関東合唱コンクール高校Bの部 銀賞!!

9月18日台風が心配された土曜日 さいたま市文化センターで行われた第76回関東合唱コンクール

高校Bの部に大宮高校音楽部が埼玉県代表として出場し、金賞に近い 銀賞を頂きました。

当日は台風による風雨が心配されましたが、大きな影響はなく大会が実施されました。準備の段階では

がちがちに緊張していた部員もいましたが、本番は課題曲 Ehre  sei  dir  christe(シュッツ作曲)も自由曲のRequiem(ピッツエッティ作曲)も指揮に集中し、宗教曲の奥深さ、全員で今まで作り上げてきた音楽を全力で披露することができ、演奏が終わったときは舞台袖でみんなやり切った笑顔がこぼれました。ここまで強い心で引っ張ってきた3年生は本当に立派でした。ほとんどの部員が高校に入ってからの合唱初心者でもあり、声量やその他課題は沢山ありますが、強豪校が集う関東大会で自分達なりの演奏ができ、部員にも満足感と自信が生まれました。私たちのブロックは、人気でチケットも抽選ではずれた方もたくさんいましたが、悪天候の中、応援に駆けつけてくださった皆様、本当にありがとうございました。写真は県大会(スタッフ・テス撮影)の時のものです。

写真は県大会の時のもの

 

 

 

 

音楽部 埼玉県合唱コンクール金賞!及び関東大会出場決定!

音楽部は、8月21日土曜日さいたま市文化センターで行われました、埼玉県合唱コンクール高校の部に出場し、金賞 及び関東大会出場を決めました。コロナ禍で勿論マスクは着用、ソーシャルディスタンスをとり、リハーサルなし、舞台上の人数も制限され、他団体とは、一切交錯しない順路で厳重な対策の下大会は行われました。今年は北校舎が工事のため、音楽室も勿論使えず、毎日がジプシーでしたが、最後は部員の集中力で、課題曲のシュッツ作曲Ehre sei dir, Christe (主に栄えあれ、キリストよ)自由曲のピッツエッティ作曲「Messa di  Requiem」よりREQUIEMも聞く人の心に響く演奏ができました。分散登校で練習もままならない日もありましたが、9月18日土曜日同じくさいたま市文化センター 大ホールで行われます第76回関東合唱コンクールで再び頑張ってきます!!

写真

写真は6月の定期演奏会(彩の国さいたま芸術劇場)のものです。

 

 

 

 

陸上競技部 新人戦南部地区大会

9月7~8日の2日間、上尾運動公園にて新人戦南部地区大会が行われました。

活動日数や練習時間に制限がかかる中で、集中して練習に取り組み、成果をあげることができました。 

 主な結果は以下の通りです。

女子は5年振りに総合入賞しました!

 

<女子> 総合7位

100m 平松(2年) 13秒55 準決勝進出

200m 平松(2年) 28秒41 準決勝進出

400m 元山(2年) 1分01秒81 第8位 県大会出場

800m 元山(2年) 2分25秒62 第6位 県大会出場

800m 寺崎(1年) 2分28秒39 県大会出場

1500m 松野(1年) 4分51秒60 第3位 県大会出場

1500m 鈴木(2年) 5分04秒40 県大会出場

3000m 松野(1年) 10分32秒61 第3位 県大会出場

3000m 鈴木(2年) 10分59秒03 第7位 県大会出場

100mH 矢田部(2年) 16秒98 第5位 県大会出場

400mH 矢田部(2年) 1分12秒08 第7位 県大会出場

400mH 栗栖(1年) 1分20秒14 県大会出場

4×100mR 53秒03 第7位 県大会出場

4×400mR 4分20秒05 第5位 県大会出場

 

<男子>

100m 中井(2年) 11秒60 準決勝進出

200m 中井(2年) 23秒78 準決勝進出

200m 平賀(2年) 23秒87 準決勝進出

400m 石塚(2年) 52秒38 県大会出場

800m 黒岩(2年) 2分02秒85 県大会出場

3000m障害 中村(1年) 11分04秒73 県大会出場

4×100mR 県大会出場

4×400mR 3分32秒84 第5位 県大会出場

三段跳 佐々木(2年) 12m03 県大会出場

走高跳 中村(1年) 1m65 県大会出場決定戦で惜しくも敗退

 

以上18種目で県大会に臨みます。

【男子バスケットボール部】ウインターカップ南部支部予選会 結果報告

令和3年度ウインターカップ南部支部予選会は代表決定戦まで勝ち上がることができました

以下「続きを読む」より、各試合の結果と選手たちの様子も併せてご報告します。

 

7月18日(日)1回戦 大宮 87 – 41 国際学院 ・・・勝利

             (32-12, 20-12, 16-14, 19-3)

本校体育館にて、国際学院高校と対戦しました。いつも練習している体育館で、声を掛け合いながら、ベンチに入った全員が試合に出て勝つことができました。特に3年生のロングシュートが好調で、その決定率の高さにベンチも大喜びでした。

 

7月22日(木)2回戦 大宮 82 – 79 浦和西 ・・・勝利

             (23-17, 18-22, 22-23, 19-17)

上尾高校にて、浦和西高校と対戦しました。互いにシュートがよく入るゲーム展開となり、大宮高校にとっては我慢の時間も多い試合でした。第4Q残り時間2分半で6点差ビハインドの場面で、コートには3年生5人。シューターの3Pが決まったところから、DFを粘って、OFリバウンドも拾って残り45秒で逆転。その後は2Pを取られて取り返して、最後は勝利を収めることができました。キャプテンの冷静さと苦しい時でも笑ってチームを鼓舞する姿勢があってこそ勝てたゲームでした。

 

7月23日(金)3回戦 大宮 67 – 59 浦和実業 ・・・勝利

             (18-11, 21-15, 13-16, 15-17)

上尾南高校にて、浦和実業高校と対戦しました。相手のエースにやりたいことをやらせないために、2年生がよく頑張りました。全員でチームDFを徹底した上でリバウンドによく絡みました。OFもしっかり足が動いてプレーしていたため、相手のファールを多くもらうことができました。後半は相手のオールコートプレスに苦戦する時間もあり、第4Q残り1分半で3点差まで詰められました。そのときは、ガード陣が落ち着いて対応して運び、最後はOFリバウンドからのゴールで悪い流れを切りました。試合終了まで集中を切らさず戦いました。

 

7月25日(日)代表決定戦 大宮 47 – 66 伊奈学園 

                (10-16, 23-7, 18-12, 15-12)

大宮北高校にて、伊奈学園総合高校と対戦しました。ウォーミングアップの最初から選手たちには笑顔が見られ、チームとして良い雰囲気で試合に臨みました。第1Qは相手のシュートがこぼれたものをしっかりマイボールにしながら、伊奈相手に互角以上の試合を展開できました。2Q以降は我慢の時間が増え、相手の強さがじわじわと点差に表れてきましたが、OFリバウンドからのシュートチャンスをしっかり決め、相手のプレッシャーにも負けずに1本でも多くのシュートをねらい走りました。ミスが出てもコート内、そしてベンチから、お互いに声を掛け合いながら、チーム一丸となって32分間戦いきりました。

 

3年生は今大会で全員引退となりますが、キャプテンを中心に、最後まで後輩たちを言葉でも背中でもよく引っ張ってきてくれました。IH予選では県大会出場の目標を果たし、WC予選でも代表決定戦に挑める良いチームとなりました。コートの内外で彼らから学んだことを、1,2年生が自分たちらしく引き継いでいってくれることに期待します。

 

コロナ禍でも大会ができたことに感謝して、次の大会に向け、新チームも一層練習に励みます。

ご声援ありがとうございました。引き続き、応援をよろしくお願いします。

陸上部 国体南部地区予選会

7月17日、18日の2日間、上尾運動公園にて国体南部地区予選会が行われました。

本校は受験勉強のため3年生は引退しています。また、1年生はデビュー戦となりました。 

 

主な結果は以下の通りです。他校は3年生が出場する中で複数入賞することができ、新人戦も楽しみです。

女300m 小野(2年) 第5位 44秒66

女800m 元山(2年) 第6位 2分25秒14

女3000m 鈴木(2年) 第6位 10分46秒78

女100mH 矢田部(2年) 第6位 17秒08

女300mH 矢田部(2年) 第5位 51秒13

女4×400mR 第8位 4分18秒53

男4×400mR 第7位 3分29秒89

山岳部7月の山行

山岳部は7月中旬に那須連峰の三本槍岳に登りました。

  

コース途中の朝日岳山頂  石楠花の花も見つけました。 

    

峰ノ茶屋へ。標高1700mにして森林限界を突破。異様な風景に気分が高揚します。 

    

 主峰の一つ茶臼岳を背に、荒々しい朝日岳へのルートをたどる3年生。

      

一山越えると景色は一転、清水平の木道歩き。マルバシモツケの花がたくさん。

     

本日の最高点、三本槍岳1917m。集合写真で3本の槍を表現してみました。

水色シャツの3人は期待の2年生。これからは部活動の主力です。

       

3年生は今日も「我を制し、頂きを制した」ので、受験も制して欲しいです。

絶えず怪しい雲が出ていましたが、どうやら雨や雷に遭わず、下山できました。

中ノ大倉尾根から振り返ると、左に茶臼岳、中央に朝日岳。本日最後の展望。

ピンクの花はシモツケソウ。

    

映画『テルマエロマエ』のロケ地、北温泉で汗を流し、貸切バスで埼玉へ。

コロナ対策で宿泊を伴う登山ができない分、少し贅沢をしました。

8月は1、2年生主体で、日光の社山(1827m)に登ります。

【女子バレーボール部】ビーチバレーボール練習

7月10日(土)にしらこばと水上公園ホワイトビーチでビーチバレーボールの練習を行いました。

来週7月17日(土)・18日(日)に同場所で行われる第76回国民体育大会 ビーチバレーボール競技会 埼玉県予選会に本校から3ペア出場します。

それに向けた練習を行いました。普段の体育館とは違う環境で慣れない部分もありますが、楽しみながら取り組んでいました。

【男子バスケットボール部】インターハイ埼玉県予選 結果報告

6月18日(金)1回戦 大宮 55– 81 埼玉平成

           (12-19, 19-14, 11-22, 13-26)

 

6月18日(金)に越谷市民総合体育館にて県大会の初戦が行われました。県大会の雰囲気、また普段の学校会場とは異なる体育館ということもあってか、選手たちは緊張気味にコートアップに入りました。しかし試合に入るときちんと気持ちを切り替え、第3シードの相手にひるむことなく、攻め気を持って戦いました。前半は点差を大きく離されることなく相手にくらいついていきました。3Q1分を過ぎたところで、OFリバウンドから同点に追いつき、2点離されますが、ついに3Pで逆転する場面もありました。4Q残り4秒サイドスローインから、最後にキャプテンがシュートを決めてゲームセット。負けてはしまいましたが、この経験がチームの成長につながっていくと思います。

県大会出場を果たし、これからはますます貪欲に、より高い目標を掲げ、一層練習に励んでいきます。引き続き、応援をよろしくお願いします。

 

音楽部 第57回定期演奏会チケット  当日券なし!

音楽部定期演奏会

いよいよ20日(彩の国さいたま芸術劇場音楽ホール 15:30開場 16:00開演)の定期演奏会も迫ってきました。コロナ対策の関係で座席指定のチケツト(今回は無料)を配布しておりますが、ほぼ残券が無くなりました。部員、顧問に既に予約されたお客様以外は、19日(土)までに彩の国さいたま芸術劇場窓口で 残りわずかとなったチケットを受け取られませんと、当日券はご用意がありませんのでご注意ください。

また、実施につきましても本校ホームページでご確認の上、お越しくださいませ。

【男子・女子ハンドボール部】インターハイ埼玉県予選2回戦結果

6/12(土)三郷市総合体育館にて、男女2回戦が行われました。

 

【男子2回戦】

大宮 17 (7-14 10-14) 28 大宮南

試合開始直後から相手エースプレーヤーにマンツーマンDFを仕掛けました。しかし5対5のDFが機能しきらず、連続得点を奪われる苦しい展開になりました。

中盤以降、ようやくDFの駆け引きに勝つ場面も出だし、足も動き始めました。相手ボール回しのパスカットにも成功し、得点につなぐこともできましたが、前半の点差を埋められず敗戦となりました。

 

【女子2回戦】

大宮 5 (1-19 4-18) 37 三郷北

相手の素早い1対1になかなかついていくことができず、組織的にフォローができるようになるまで時間を要しました。OFは終始スピード感を持って展開することができました。シュートチャンスをいくつも演出しましたが、ゴールポストに当たるなど枠を捉えきれず、なかなか得点することができませんでした。

マイボールからの速攻などが何本か決まり、チームが勢いづく場面を作ることもできましたが、相手のスピードとパワーに振り切られ、力の差を改めて感じた試合でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

(ユニフォーム白が大宮男子:ミドルレンジからシュートを狙います)

 

 

 

 

 

 

 

(ユニフォームエンジが大宮女子:攻撃的なDFを仕掛けます)

 

男女とも残念ながら2回戦敗退となりました。

しかし、強豪相手に最後まで諦めず戦い抜き、何より場面場面で「勝負」することができました。

点差はつけられてしまいましたが、状況判断・駆け引きをしながらチャレンジできるような試合運びができたことについては、3年生の成長とこれまでの「集大成」を感じました。

練習したことが発揮しきれず悔しい部分も当然ありましたが、何事においても本番で100%納得のいくパフォーマンスをすることは大変困難なことです。

ただ「100%全てを出せるように努力をする」ということは、決して諦めてはいけないなと思いました。

 

3年生はこれで引退となりましたが、コロナ禍の状況の中、試合で1つの区切りを迎えられたことは大変幸せなことであり、部員にとってもかけがえのない時間だったことと思います。

高校生活の集大成ともいえる進路実現に向けて、全てを発揮できるよう努力を続けてほしいと思います。

 

保護者の皆様含め、これまでのご支援・ご声援大変ありがとうございました。

新チームも、気持ちを新たに頑張ります!