部活動日誌(R2.2~ )

部活動日誌

山岳部 3月の卒業山行

山岳部は3月下旬に奥武蔵の有間山・蕨山に登りました。

  

本当に久しぶりに全学年がそろいました。

    

飯能市の名郷バス停から出発。鳥首峠を経て、カヤトの尾根を気持ちよく歩きました。

    

有間山は奧武蔵のちょっとした秘境。明るい木立の山頂でした。

    

山頂にスピードスケート選手出現?

1年後の雪辱を期す卒業生が「浪人万歳」と叫んで、下山しました。

音楽部(進路)報告会行われる!!現役東大2名合格など

 

コンテストと記事が前後しますが、3月17日卒業式の午後、2年ぶりとなる音楽部(進路)報告会が行われました。23名の音楽部卒業生のうち東大2名、東京学芸大3名、東京農工大2名、埼玉大2名、電通大、山形大、上智大3名、東京理科大など18名が現役で進学、5名が浪人という素晴らしい結果を出し、文武両道を証明しました。

昨年の浪人生も信州大医学部医学科、東工大、早稲田大と順調に合格しました。また音楽部ではそのような卒業生たちとの交流も多く、コロナで休校の期間など、大学調べなどの質問に60人を超える卒業生がメールで答えてくれました。

音楽部報告会

 

 

 

 

音楽部 東京春のコーラスコンテスト 高校の部でも金賞!!

4月3日土曜日 本来は2月6日に予定されていた東京春のコーラスコンテスト高校の部が

王子の北とぴあ さくらホールで行われ高校 混声部門で金賞を受賞することができました!

前回 ユースの部は20人以下のアンサンブルでしたが、今回は全員での合唱新2年生も全員ステージにのり初舞台の生徒も沢山いた中の受賞でした。

新型コロナ対策で2M以上離れての歌唱で不安な部分もありましたが、2階席にはお客様も入り、拍手を頂いての演奏は久々の喜びでした。

 

【吹奏楽部】テレワーク合奏「エアーズ」公開!

冬休みから3月にかけての活動休止期間中に、リモート合奏に挑戦しました。

今回演奏したのは、2004年度 吹奏楽コンクール課題曲の「エアーズ」です。
この曲は、教師である田嶋勉さんが、吹奏楽部の生徒を想い「卒業式の退場曲」として作曲されたそうです。
私たちも卒業する先輩方を思い浮かべながら演奏しました。ぜひお聴きください。

 

 

吹奏楽部の活動の様子を、公式ホームページから随時発信しています。こちらもぜひご覧ください。

大宮高校吹奏楽部 公式HP

【男子・女子ハンドボール部】卒業おめでとうございます!

3/16(火)

今年度の卒業生男子6名・女子5名(マネ1名)とともに、現役部員が卒業試合を行いました。

昨年度は臨時休校となってしまい、在校生が卒業生と交流しつつ見送る機会すらも失われてしまいましたが、今年度は部活動が試行的再開となり、感染防止対策を十分講じながら楽しくゲームをすることができました。

3年生も久しぶりにハンドボールを楽しむことができ、とても貴重な時間となったようです。

1・2年生も様々な思い出を振り返りながら、全力で先輩とプレーしました。

3/17(水)

第71回卒業式が挙行されました。

感染防止対策のため3年生のみの卒業式となりましたが、卒業生たちは立派な態度で式典に臨みました。

終わりに集合し、進路報告を受けました。(顧問は素敵なプレゼントもいただきました!)

 

日々の学習と部活動との両立等、高校生活も苦労したことがたくさんあったと思いますが、特に感染症の拡大によって様々な困難に直面した年でした。

練習の成果を発揮できる舞台もなくなってしまい、悔しい気持ちも、どこにぶつけていいのかわからないこともありました。

しかし3年生はめげることなく前を向き、自分たちができることを一生懸命ひたむきに取り組んできました。

卒業式の答辞にもあったとおり、困難に直面しながらも仲間と一緒にあきらめず乗り越えてきたことは、きっとこれからの人生にとって大きな経験になることだろうと思います。

 

卒業後もまだまだ大変なことの連続だと思いますが、それでも「大学生活は楽しい」ということを伝えました。

色々なことがあっても、まずは何より新たな学生生活を「楽しんで」ほしいと思います。

 

卒業おめでとうございます!これからの活躍を期待しています!

【音楽部】東京春のコーラスコンテスト ユースの部 金賞 1位 東京都合唱連盟理事長賞受賞!!

 第一生命ホールで行われた東京春のコーラスコンテスト、ユースの部に音楽部員から20名が参加し、金賞1位 東京都合唱連盟理事長賞を頂くことができました。

 今年度は新型コロナウィルスの影響で、定期演奏会、コンクール 文化祭、合唱祭といったすべての大きな舞台がなくなってしまい、初のコンテストでした。本来は埼玉ヴォーカルアンサンブルコンテストに出場するところですが、2年生の延期された修学旅行と重なり、そちらにエントリーできず、東京の春こんのアカペラで20人以下のアンサンブル、そして25歳以下というユースの部にエントリーさせていただきました。その延期された修学旅行も中止となり、2年生にとっては本当に貴重な本番でした。とても響きの良いホールに出演者だけが入場し、リハーサルも声だしもなし、客席からいきなり舞台にのぼり、歌うという条件の悪さでしたが、ホールで他の出演者と審査員に聞いていただける喜びを精一杯歌に込めることができました。

 絶対評価なので、ドキドキでしたが、芸術点などでとても高い評価をしていただき、素晴らしい賞をいただけたこと、感謝しています。

 写真は外の公園沿いの運河に向かって、マスクをつけたまま準備運動をした時の写真です。

春こん 運河沿いで準備

【吹奏楽部】西関東アンサンブルコンテスト 銀賞受賞

令和3年2月7日(日)に群馬県の高崎芸術劇場で行われた、

第26回 西関東アンサンブルコンテストに金管8重奏が出場し、銀賞を受賞しました!

(演奏曲目:水の宮殿 作曲:松下倫士)

 

冬休みから1月中旬まで活動を休止していたため、短期間での練習となりましたが、
ステージで演奏できる喜びやアンサンブルの楽しさを改めて感じ、それぞれが今できる全てを出し切りました。

このような状況でも大会を開催してくださった西関東吹奏楽連盟の皆様、私たちの演奏のためにご尽力いただいた皆様、そして応援してくださった皆様に、深く感謝しております。

 

吹奏楽部では、学校で練習できない中でも、オンライン上で工夫しながら活動しています。 
自分たちの練習の他にも、中学生向けのオンラインイベント等も開催しております。
公式ホームページで随時情報を発信しておりますので、ぜひご覧ください。

大宮高校吹奏楽部 公式ホームページ

【英語部】全国大会の表彰をしていただきました。

昨年末にオンラインで行われた全国大会3位入賞の賞状とカップとメダルが届き、1月末に校長先生から表彰していただきました。後列の1年生も大会運営への協力でサポーター賞をいただきました。

目下コロナのため部活動はできませんが、3月の新人戦WINTER CUP(「国会議員のジェンダー・クオーター制導入」)やパーラメンタリーディベートの大会に向けて研鑽中です。

また、全国大会を終えての恒例の2年生によるエッセイを英語部の活動報告にあげましたので、ご覧ください。

 

Essays about the High School English Debate National Tournament written by the 2nd year members

**********

I love English debate.  

When I entered Omiya High School, I just wanted to join some culture club, because I was not good at sports. During the trial period, I dropped in on the English club debate and was impressed by senior members’ speeches. How can I speak like that? I wanted to make such an awesome speech like them!I decided to join the English club on that day.

English debate was more attractive than I had expected. It was not just giving an opinion, but preparing relevant evidences for the arguments. Of course, it was not easy for me. However, we can help each other. English debate is not an individual game, but requires all members’ efforts and preparations for the match. I really appreciate tireless efforts of all the members including members who couldn’t participate in the match.

   The biggest thing I learned from English debate was “the importance of multiple points of view”. When we prepared speeches, we had to compare many pieces of evidence and choose the most appropriate one for each argument. I think this is one of the most important skills which will be required in the contemporary IT society. Also, I learned that all issues have “positive” and “negative” aspects. If we don’t discuss both aspects sufficiently, we would make a wrong choice. It is important to check the opinions from minorities in order to make more comprehensive arguments.  

Finally, I want to say thank you to all the members, and teachers who taught me English debate.

                                                 Minami

**********

Society is extremely complicated and there is no perfect answer. What I learned from doing debate is how to choose the better way about such a difficult matter.

In academic debate we make both arguments, the affirmative one and the negative one, which are opposite. Through this I realized the situations are completely different depending on the perspectives. For example, in this year’s motion, while the ban of gasoline cars will save the patients suffering from environmental pollutants, many workers will suffer from unemployment. So, in debate we discuss what should be protected and what should be sacrificed.

We must prove why our argument is superior to the opponent’s even if there's truth in it. Without the opposite argument we can’t compare the value, or consider the way to solve the possible problems. If we cannot see them, they cannot be solved. Through this debate process, I learned that not focusing on only one argument but considering the opposite one and trying to understand it is so important to choose the better way. On every occasion, we need to make a choice. I will always keep this in mind for my own sake and as a responsible youth who will make future society.

Lastly, I thank my teachers, teammates and club members to give me these wonderful experiences.

                                                   Yui

**********

I joined the English club for a simple reason that I like English. I had never had a debate before, and I was overwhelmed when I saw a debate match for the first time.

This year's debate topic was “That the Japanese Government should ban production and sales of fossil-fueled cars, including hybrid cars, by 2035.”  The club activities were very hard for me. We had to look at a lot of different aspects of the topic. We also needed specialized knowledge. However, by working with my friends, I learned how fun it is to debate. What I found fun about debating was that practicing a lot allowed for deeper discussion. Also, debating was a great opportunity to make friends with high school students all over the country. I'm very lucky to have these opportunities.

Also, I am very grateful to be able to participate in the English debate tournament this year while the COVID19 is spreading and many club activities are not taking place.

Finally, I would like to thank our advisor teacher who has guided and supported us so many times sincerely and the first-year students who have helped us. Thank you very much!!

                                                  Yuki

**********

I’ve always thought that I have no aptitude for debating, especially for the role I was allocated in the national convention. So I tried hard and put all my energy into this role more than ever. At the national tournament, our team won the 3rd place and I received a speaker award. When my name was called, I was surprised. Actually, after the debates I regretted that I was overwhelmed by the opponent and couldn't speak well. I regretted my lack of confidence though I did everything I could in my own way. It couldn’t think of getting an award. 

Though there were many tough things with this club activity, I think I was able to get through thanks to the support from the team members who gave me a lot of advice and thought together. I wish to thank them.

                                                  Narumi

**********

Through the national conference I learned continuing something is important.

Before this conference I sometimes felt I was alone because every member in my team was involved in preparing for their roles and  I could not discuss my speeches. I even thought I would like to quit the club. I continued just because I thought it was my duty.

When I consider this choice now, I think it was a good choice because, as a result, I could find precious friends. I found they always comforted me when I had a hard time. If I had quit the English club, I would never have found that. 

Therefore, I think it is important to continue even if that is hard because if you continue, you can surely find someone who helps you, and such friends will be a treasure for you!!                                                                                                                                                                                                                             Mai

**********

First of all, I want to appreciate the support of all the staff, great teachers, my family, and my lovely teammates. Without that, I couldn't have joined the national tournament. Especially I thank the staff and teachers for giving us a great opportunity in this year’s unexpected situation: the spread of the virus.

 I learned many things through debate, but I want to write especially three things.

  The first one is how to argue with other people. This is very important because each person is different as you know, and we need to cooperate with each other in society. Also, to argue is the best way to make better choices. In order to argue properly, it is important to express your thinking correctly and to listen to other people's ideas. In order to express your thinking correctly, you need to have a good argument and explain it showing evidence. And you need to imagine other people's feelings. Listening to other people's ideas carefully, you can broaden your insight and make debate more interesting.

The second one is how to cooperate with other people. In debate, to cooperate with your teammates is one of the most important things. Through the debate preparation, I clashed with my teammates many times, but in the end, we understood each other more. Just to relax and convey your true feelings is the best way to have good relationships, I think.

 Lastly, the third one is the simplest: how to use English! Before I joined the club, I couldn't speak English at all. Debate made me speak out what I think in English and I think that's the best way. I could learn English with fun!

 I want more people to know how interesting debate is, and to enjoy debate!                                                                                            

Therefore, I think it is important to continue something even if that is hard, because if I continue, I can surely find someone who helps me. And such friends will be treasure for me!!

                                                 Haruka

**********

There is a saying that life is a series of choices, and I believe it is true. 

I think that the source of the driving force of human society is individual choices. For example, in this year’s debate, the choice of whether customers choose EVs or not influences the company’s strategy. Also, the government's choice of introducing renewable energy determines whether EVs are eco-friendly or not. Debates are also formed by various choices. For example, the choices of which arguments to use against the opponent's argument determines the direction of the subsequent debate. Even a small difference in choice can lead to victory or defeat.

I chose not to participate in the national championships as a debater, but chose to support the team. There were various background factors in this choice. This choice will try to make me regret for a while from now on, but I will never regret it. Regret comes only when one cannot concentrate on one's own thoughts, namely, when one cannot do one's best. I did my best. Since we are not gods, and this world is not a game, we cannot go back and choose again. Neither can we expect the outcome when we make our choices. It is therefore usually impossible to choose the best option. All we can do is do our best. In order to make the best of this experience, I want to do my best in my future choices, too.

Finally, I would like to express my greatest gratitude to those around me who respected my choice and those who supported us.

                                                                                                                     Kohei

【山岳部】12月の山行

山岳部は12月中旬に奥多摩の大岳山に登りました。

  

富士山には雲がかかっていましたが、風のない穏やかな一日でした。

    

奥多摩駅で「ワサピ」の出迎えを受け出発。愛宕山の下ではリスが出迎え。

    

いきなり187段の石段を登って、体が温まりました。鋸尾根には鎖場も出現。

    

鋸山から大岳山にかけて主稜線は、落ち葉に包まれた明るい散歩道でした。

山頂からは、飛龍山から雲取山に続く山々を望むこともできました。

    

綾広の滝付近は 神聖な場所のようです。

  

御嶽神社をお参りし、昔ながらの参道を歩いて、下山しました。

来年はのびのびと山歩きができますように。

2021年は1月の榛名山掃部ケ岳から始まります。

音楽 【音楽部】クリスマスコンサート開催します!!

例年はさいたま新都心コクーン2広場で12月に開催させていただいていましたが、今年は新型コロナウィルスの影響で各種イベントが中止となりました。そこで急遽、さいたま市民会館おおみやで行うこととなりました。

 

日時:令和2年12月18日(金)15:30~16:00

                 (15:10開場予定)

場所:さいたま市民会館おおみや大ホール

(さいたま新都心駅より徒歩17分、大宮駅より徒歩15分)

      入場無料

※感染予防対策としてドア開放等で換気をしますので暖かい服装でお越しください。尚、入場者全員受付にて検温、及び連絡先をご記入いただきます。ご了承ください。