部活動日誌(R2.2~ )

カテゴリ:山岳部

山岳部5月の山行

山岳部は5月下旬に奥秩父の国師ヶ岳・金峰山に登りました。

  

金峰山からは360°の展望を満喫。

石楠花は満開。

1年生は初のテント泊登山をたくましく歩き通しました。

    

初日は開通前の川上牧丘林道。アスファルト道路を14kmも歩きました。

トレーニングとは言え、顧問による驚愕の計画です。でも、みんな笑顔。

この日は、国師ヶ岳(日本三百名山)と北奥千丈岳に登頂。

北奧千丈岳は一般には無名ですが、.奥秩父最高峰(2601m)です。

    

「?」新しい画伯が誕生したかも。

大弛峠にテントを張り、夕食は白飯と豚汁、朝食はチキンラーメン。

どちらも定番です。次はふりかけを持っていこう。

    

起床時の気温は3℃。次第に雲が薄くなり、素晴らしい展望に恵まれました。

富士山、南・中央・北アルプス、八ヶ岳、浅間山...数え切れない!

金峰山(日本百名山)山頂の3人はこれまで部活を牽引してきた3年生。

金峰山周辺は森林限界を超え、ハイマツや鎖場のあるアルペン的なエリアです。

    

大日岩では、巨大な岩を持ち上げて、力比べ。さて、勝ったのはどっち?

充実の2日間は、蝉時雨の森を抜けて、終了となりました。

6月は八ヶ岳連峰の編笠山・権現岳に登ります。

山岳部5月の新入生歓迎山行

山岳部は5月中旬に十二ヶ岳・小野子山に登りました。

  

新入生が9名も入り、賑やかです。

曇り空で展望はぱっとせずとも、満開のツツジが迎えてくれました。

当初4月末に登るはずだった十二ヶ岳と小野子山ですが、

週末になると雨の連続で、2週間の延期となりました。

この日も、予報は曇りのち雨でした。

    

登山口では薄日が差し、期待が膨らんだものの、その後は曇ったまま。

雨が降らないだけ運がいいと言うことにしましょう。

    

山頂に展望はありませんでしたが、初登山の1年生には疲労を忘れさせてくれる

笑顔がありました。

でも、このあとの急な下り坂で笑顔が消えました。これも大切な経験です。

    

今日も画伯が思い出の一枚を描いてくれました。

筋肉痛と思い出を抱えて、吾妻線の小野上駅から帰路につきました。

次は、奥秩父の国師ヶ岳・金峰山に登ります。

 

山岳部3月の山行

山岳部は3月中旬に北八ヶ岳に登りました。

 

初日は降雪に見舞われましたが、二日目は快晴です!

北横岳からは360°の大展望。

樹木には真冬のようなエビのシッポ

  

初日は雪模様。渋ノ湯への道には雪が積もり、タクシー運転手も苦労していました。

  

白駒池は一面の雪原。雪合戦でひとしきり盛り上がりました。

  

宿泊は麦草ヒュッテ。おいしいご飯に暖かい布団。お世話になりました。

  

冬季閉鎖中の国道299号線を横断し、茶臼山展望台へ。絶景だ!

ウサギもこの景色を眺めるのだろうか?

  

北横岳からは、彼方にくっきりと槍ヶ岳。そして南八ヶ岳の山々。

前日、雪の中を歩いた甲斐がありました。次は新入生歓迎山行です。

 

 

山岳部2月の山行

山岳部は2月に長野県の

水ノ塔山・篭ノ登山に登りました。

  

東篭ノ登山(2227m)で強風に耐えながら、一瞬の笑顔。

山頂の標識には「エビの尻尾」が張り付いています。

  

高峰マウンテンパークスキー場から出発。

20分歩くと、冬は徒歩か雪上車でないと行けない高峰温泉に着きます。

トヨタハイエースにキャタピラ!なんてユニークな。

  

行く手左側に東篭ノ登山。正面に水ノ塔山。

山頂が近づくと、百名山の四阿山(あずまやさん)が近い。5月に行こうかと。

  

水ノ塔山の山頂では、ホットサンドメーカーで肉まんを温める部員も。

最近、自前の火器でお湯を沸かしてラーメンを食べる部員も増加中。

  

「赤ゾレ」と呼ばれるガレ場は強風で雪が吹き飛ばされている。

そんな強風の中、今日も画伯は描く。絵の具が凍りそう。

  

樹林帯に下りると、あえてトレースのないところに入って遊ぶ。ふ、深い!

雪だるまに見送られて、山を下りました。

3月は昨年、コロナ禍で登れなかった北八ヶ岳に再挑戦します。

山岳部1月の山行

2023年は奥多摩の川苔山から

野生動物との遭遇

  

今回の見所は百尋の滝。凍結まではもう少し。

    

満員だったバスの乗客は、ほとんど全員が川乗橋で下車。

みんなお目当ては同じようです。それが百尋の滝(ひゃくひろ)。

だいぶ凍結が進んでいました。美しい!

    

今日も画伯が描きます。氷点下4度で、手がかじかんじゃうんですけど。

穏やかな稜線に出ると、川苔山(かわのり)の山頂までわずかでした。

西には東京都の最高峰、日本百名山の雲取山(中央)が望めました。

    

関東平野を凝視したら、東京都庁(左の写真、やや左側)を発見。

ついでに、数頭の猿の群れとも遭遇。

下山は鳩の巣駅へ。新年早々、印象深い登山となりました。

2月は長野県の水ノ塔山、篭ノ登山に登ります。

山岳部12月の山行

山岳部は年末、大菩薩嶺に登りました。

クリスマスプレゼントは大展望

  

2022年の登りおさめは山梨県の大菩薩嶺

澄み渡る空気の中、大展望と日の出を楽しみました。

    

雪の上にテントを設営。私たち以外には、だれも泊まっていません。

初日はここをベースに、大菩薩嶺を目指します。

視線の先には、南アルプスの3000m峰がずらりと並びます。

   

大菩薩嶺最高点に展望はありませんが、そこに立つという事実は結構大事です。

この先、雷岩から大菩薩峠までの稜線が今回のハイライト。

南アルプスのみならず、富士山がよく見えます。

    

今回も山岳部の画伯が絵を描きました。「大菩薩峠」の看板後方の山です。

テントに戻り、夕食は温かい「ほうとう」です。ここは山梨県ですからね。

    

夜はテントの近くで鹿が鳴いていました。それにしても冷え込みました。

さすが年末の標高1700m。-10℃です。ほとんど全員が熟睡できず。

それでも夜明け前に出発したのは、大菩薩峠から日の出を見るためです。

富士山も南アルプスもピンク色に染まり、荘厳な時間が流れます。

    

東京スカイツリーや横浜ランドマークタワーも見つけることができました。

下山は牛ノ寝通りを奥多摩へ。15:00の終バスまで2時間半。

温泉で冷えた体を温め、まったりと過ごしました。

2023年もよろしくお願いします。

 

 

 

山岳部11月の山行

山岳部は埼玉県民の日に十二ヶ岳に登りました。

富士山を間近に仰ぐ岩山です。

  

十二ヶ岳の山頂では曇ってしまいましたが、午前中はバッチリです。

さっと絵の具を取り出し、富士山を描き始めた彼女。

完成作品は続きをご覧ください。

    

富士急の懐かしい車両。富士山駅のホームからは大きな富士山が望めます。

バスは河口湖畔を走り、湖の向こうには尖った十二ヶ岳(左のピーク)。

    

どうしたらこのようにきれいにねじれるのか?という木を発見。

熊の爪痕!?と思える鋭利な傷跡が木の幹に4本。

そんなものに気を取られていると、眼下に西湖を見おろすポイント。

      

毛無山で富士山の展望を楽しんだ後は、尖った十二ヶ岳へ。

一ヶ岳から十二ヶ岳まで12のピークを上り下りします。

鎖場、ロープ、吊り橋、ハシゴ、トラバースといろいろあります。楽しい!

    

    

さて、彼女が仕上げた富士山の絵です。より深く思い出が刻まれるようです。

12月はテント泊で大菩薩嶺から牛ノ寝通りを歩きます。寒さに備えなければ。

 

 

山岳部10月の山行

山岳部は10月上旬に横手山に登りました。

天の川を見たことはありますか?

  

関東甲信が週末に晴れたのは7月以来とのこと。

横手山からは絶景を望むことができました。

 

    

半月前にも降り立った「ながのはらくさつぐち」。ひらがな10文字。

紅葉が進み、ススキの穂が風になびき、秋を感じます。

    

9月に登った白砂山。登ったことのある山が見えるとうれしい。

芳ヶ平湿原は草津白根山の東に位置する別天地です。

    

芳ヶ平ヒュッテには救助犬が3頭。人によくなつきます。

別天地にテントを設営して、夕食はビビンバをいただきました。

    

夜、三日月とともに、天の川を仰ぎ見ることができました。

「生まれて初めて見た」という部員は感動。

    

二日目の静かな夜明け。芳ヶ平の池塘に明るくなった空が映りました。

こういう朝は冷えます。渋峠の気温は8℃でした。

    

渋峠に建つホテルの真ん中が群馬と長野の県境。

近くにある日本国道最高地点から見おろす草津白根山が今回最も美しい景色。

       

スキー場を登り、日本300名山横手山まで足を延ばしました。

頂上付近で見つけたのが横手山の標高にちなんで「23-07」のプレートをつけた車。

今日は最高の天気でした。テントを撤収して、帰りましょう。

    

「別天地」芳ヶ平から「笹の海」を抜け、沢を徒渉。草津温泉で汗を流しました。

次回は11月の中旬に、富士山を間近に望む毛無山・十二ヶ岳に登ります。

 

 

 

 

 

山岳部9月の山行

山岳部は9月中旬に白砂山に登りました。

小さい秋をみつけました。

  

白砂山は群馬・長野県境に位置する日本二百名山

標高2139m

実に2年9か月ぶりのテント泊登山となりました。

    

高崎駅から吾妻線に乗り換え。「大前」行き、いつまで乗れるのだろうか?

「長野原草津口」駅は、ローマ字で書くとやけに長い。Naganoharakusatsuguchi

ローズクイーン交通さんのご配慮で、マイクロバスを増便していただきました。

    

ここは野反湖(のぞりこ)、野尻湖ではありません。

現役部員にとっての初テント泊、上手に張れました。

    

初日は湖南岸のエビ山を往復。静かな山頂を楽しみました。

下山時には虹が架かって感激。(右の写真:人物頭上に薄く虹が見えますか?)

    

白飯と豚汁が初メニュー。学校で練習してきたので、良いできばえでした。

そして、夕暮れ時にはランタンの明かりでトランプ。こういう時間が貴重。

    

2日目、夜明け前の野反湖から「行ってきます。」

水場で水をくむという経験も、日帰りではほとんどなかったこと。

    

白砂山は「きのこの山」

    

秋の空、赤い実、色づいた葉 白砂山で一足早く、小さい秋を見つけました。

    

堂岩山を過ぎると目指す白砂山の姿が見え始め、気分が高揚しました。

    

 苗場山や遠く北アルプスの展望を楽しみ、下山を開始しました。

長いコースと後半の強い日差しでかなりバテバテ。八間山では言葉少な。

8月下旬から二度の延期を経て実施した白砂山登山は

部員にとって大きな経験値の上積みとなりました。

次回は、10月上旬に草津白根山中腹の芳ケ平に泊まり、横手山に登ります。

 

 

 

 

 

 

山岳部8月の夏山山行

山岳部は8月上旬に八ヶ岳に登りました。

   

コロナ禍始まって以来、初の宿泊登山。

実に2019年12月以来です。

      

年に一度は来ていた茅野駅もずいぶん久しぶりです。

桜平で体操をして出発。3年ぶりに揃いの部活動Tシャツを作りました。

      

根石岳山荘付近の砂礫地には、高山植物の女王コマクサがたくさん咲いていました。

初日は二百名山、天狗岳の往復です。山頂直下の岩場を通過すると...。

      

まずは東天狗岳(2640m)、続いて西天狗岳(2646m)に登頂です。

3年生3人が求めていた山行がようやくできたという思いです。

      

根石岳山荘は雰囲気がよく、食事はおいしく、稜線なのにお風呂にも入れます。

トランプなどしつつ、和やかな時間が流れました。

      

翌朝、辺りは濃い霧に包まれていました。それでも岩屑を踏んで硫黄岳を目指しました。

何も見えない硫黄岳山頂(2760m)ですが、霧の中を歩く経験も実は初めて。

そして、2760mは過去最高到達点になったという意味でも価値ある登頂になりました。

次からはテント泊を再開させ、まずは群馬県の白砂山を目指します。