国際交流2013

ドイツ姉妹校交流 2013派遣

ドイツ短期派遣報告 その9

8月13日は、交流活動最終日でした。
午前中は、ライヒハート校の授業に参加しました。
午後はホスト生とともに放課、少しゆっくりした後、5時から送別会でした。
先週、暑さにより休校になったので、これが初めての授業でした。
1時間目は、ドイツ生から、簡単なドイツ語を学びました。
2~5時間目は、原則としてホスト生の授業に出ました。
(7:45から45分ずつの授業で、午前5時間、午後最大5時間組まれています。)
 
送別会は、日も傾いた夕刻から、芝生の広場でバーべキュー・歓談、パフォーマンス、そして最後のお別れ。
思い出の写真撮影はいつまでも続きました…
 
8月14日は、朝早くにコトブスを出発し、一路日本を目指しました。
帰路も順調で時間通り、無事に成田に到着しました。
期間中、けがや病気、大きなトラブルはありませんでした。
ライヒハート校の先生から、今までで一番よいグループだったとお褒めの言葉をいただきました。
日本時間8月15日午前9時、成田空港にて解散。
全員が大変充実した満足な面持ちで、埼玉へと帰っていきました。


これは教員が参観した英語の授業の一コマ。
オールイングリッシュで、矢継ぎ早の先生の質問にたくさん手が上がります。
そのやりとりにより、授業が進んでいきます。
 
生物の授業に参加し、顕微鏡の使用の基本を学びました。
植物細胞を観察しています。
 
送別会では、「世界に一つだけの花」の曲に合わせて、書道パフォーマンスを披露しました。
途中でプレーヤーの音が途切れるハプニングがありましたが、みんなで歌いつなぎ、完成させました。この作品はライヒハート校の日本語の教室に飾ってくださることになりました。 
 
写真の向きが悪くてすみません。
大高生、ホスト生全員集合!
交流の記念Tシャツを着ています。
Vielen Dank, liebe Eltern!
0

ドイツ短期派遣報告 その8

ホストファミリーとの週末を楽しく過ごし、元気に月曜日を迎えました。
8月12日は、電車でポツダムに日帰り旅行をしました。
まず、いくつかの湖を回って、湖上から名所を見ることができる遊覧船に乗りました。
天気がよく、眠くなりそうな気持ちよさでした。
お出かけの日のお決まりで、10ユーロのお小遣いをもらって昼食。
その後、サンスーシ宮殿を見学しました。

 
ベルリン東駅での乗換時間に。小腹が空いて、パクリ。
お買い物も慣れたもの。
遊覧船でゆったり。
昼食にブラットヴルスト(ドイツ版のホットドッグ)。
いただきます!
サンスーシ宮殿をバックに。
0

ドイツ短期派遣報告 その7

8月9日は、コトブスから20kmほど離れたシュプリーバルト(シュプリーの森)の水路にカヌーに乗りに行きました。
最初に、同じ施設にある生垣でできた迷路にチャレンジ。
その後、カヌーに2人ずつ乗り、2時間ほどで、コースを一回り。いい運動でした。
最後に、名物のパンケーキを食べました。
アップルソースがかかって美味。
学校に戻ると週末に突入。
ホストの家族の方々と良い思い出をつくってくることでしょう!
 
迷路の出入口です。
左の二人は、ライヒハート校の先生です。
勝者です。所要時間は驚きの4分!

水路とカヌーはこんな感じです。

途中には高低差があってカヌーを降りて運ぶ所も。皆で協力しました。
パンケーキに満足の面々。
 
0

ドイツ短期派遣報告 その6

8月8日は、学校に行きました。
ライヒハート校の授業開始は7時45分!

日本で準備してきた日本を紹介するプレゼンを、グループごとに披露しました。
三つの教室に分かれて、聞いてくれるドイツの生徒が入れ替わる形で、各グループが3回ずつ行いました。
午後は、ホスト生の放課とともに帰宅。それぞれに過ごしました。
以下、プレゼンの様子です!

0

ドイツ短期派遣報告 その5 ドレスデン旅行

8月6〜7日は、ホスト生も一緒にドレスデンに1泊のバス旅行に出掛けました。

コトブスからは、1時間半ほど離れています。
バスではホスト生と二人ずつ並んで座りました。
よく話しているペアが多く、組合せを担当したリスタウ先生も大満足。
ドレスデン市内見学は、大高生には日本人ガイドがついてくれました。
よく理解できてありがたいです。
その後ペアで昼食及び自由行動。
夜はホステルから1時間近くバスに乗って、クーニックシュタインの城塞を見学しました。
ナポレオンのような中世の出で立ちの現地ガイドさんのあとについて、一人一人ろうそくを灯したランタンを持って歩きました。
外は雷雨でしたが、中止するほどでなく、最後まで行けました。
翌7日は、「ザクセンのスイス」と呼ばれる地を訪問し、バスタイの岩山を登りました。
道は、ロッククライミングでなく、階段の多い普通の山道です。
エルベ河畔のメルヒェンのような景色も楽しんできました。
そしてバスで一路コトブスへ…ところか、出発してすぐの踏切で、30分間8本の列車を待つ羽目に。
ど田舎での珍しい体験でした。
ドレスデン市内のフラウエン教会の前で。1945年のドレスデン爆撃で崩壊し、世界中からの寄附で再建。
君主達の行列の前で。マイセンのタイル2万5千枚でできています。
ドレスデン国立歌劇場前で。
午後の自由行動からホステルに帰る生徒達。
クーニックシュタインの城塞見学。
バスタイの岩山をバックに。
上の方はこんな感じ。
 
0

ドイツ短期派遣報告 その3

8月4日、午前中はオリンピックスタジアムを見学しました。
午後は電車に乗り、コトブスに移動しました。コトブスの駅のホームで、ホストファミリーが出迎えてくれました。
8月5日、初めて学校に行きました。歓迎会は朝食をいただきながら!とても温かい歓迎を受けました。その後、歩いて市内見学。
ガイドは日本語の先生の小松先生です。
午後は、授業体験の訳でしたが、予定変更でプールに行きました。というのも、暑さで水曜日までの3日間、午後は休校が決定しているのです。こちらは午前10時の気温が26度あると、午後は休校なんだそうです!例年にない暑さで、予報の段階で決まりました。
プールは、25kmほど離れた屋外プールでした。とても楽しく、ホストの子と仲良くなれたと思います。 
オリンピックスタジアム。広~い! その音がヒトラーの声を象徴していたという鐘の前で。
コトブスの駅 コトブスの駅でホストファミリーと会いました。
ブランデンブルグ工科大学図書館。上から見ると8の字。 街並みが素敵です。
プールで楽しく。 その後、男の子はサッカーに夢中。
お疲れ様。学校にたどり着きました。 学校での歓迎朝食会の様子です。
0

ドイツ短期派遣報告 その2

8月4日の朝です。
昨日は12時間にわたる暑い中でのお出掛けでした。
ベルリン市内の色々な乗り物に乗り、たくさんの事を学びました。
今日はいよいよコトブスに移動して、ホストファミリーに会います!
 
ベルリンの空港に到着して、ドイゼ先生の説明を聞きます。
ドイツ初の食事。ユースホステルでの夕飯。
背景奥にテレビ塔などを望む。イーストサイドギャラリーそば。


 
0