大高日誌

大高日誌

【進路指導室】東大・医学部説明会

1年生、2年生を対象に、東大説明会及び医学部説明会を駿台予備学校から講師をお招きして実施しました。

東大説明会では、東京大学の魅力、入試の基礎知識、合格に必要な準備と心構えについて、医学部説明会では、医学部がある全国の大学の情報と受験の実際について説明を受けました。東大説明会に188名、医学部説明会に36名の生徒が参加しました。2年生の多くが昨年度参加していたため、今回の説明会の参加者はどちらも全て1年生でした。

これから始まる高校生活で、高い目標を持って前向きに勉学に取り組むことを期待しています。

 

 

表彰・壮行会・生徒会本部役員選挙

5月16日(木)、「表彰」及び 生徒会主催による「壮行会・生徒会本部役員選挙」が、ライブ配信形式で行われました。

 

始めに「表彰」を行いました。

【弓道部】 
埼玉県高等学校遠的選手権大会
                            男子第1位 杉浦

関東高等学校体育大会 埼玉県予餞会
                               男子個人 第5位 市川 

 

続けて、生徒会主催による「壮行会」を行いました。

弓道部 市川

 6月7日~9日 関東高等学校弓道大会 出場

 8月18日 国民スポーツ大会候補選手選考会
            関東ブロック大会 出場

 

壮行会終了後、生徒会役員選挙に入りました。
選挙管理委員会の進行のもと、会長候補1名・副会長候補3名が応援演説者と共に演説しました。
各立候補者は立候補するに至った理由や公約、大宮高校への思いを、応援演説者は候補者の人柄を交えた話をし、全校生徒にアピールしました。

 

演説終了後、選挙管理委員長から投票の仕方について説明があり、各クラスで投票用紙が配られ、投票へ移りました。

 
投票用紙回収後、選挙管理委員はただちに開票作業に入り、新たな生徒会役員が選出されました。

 

令和6年度 離任式

5月10日(金)、離任式を行いました。

この春に離任された教職員を校長が紹介し、出席いただいた先生からお別れの言葉をいただきました。
鎌田前校長先生にはメッセージを寄せていただき、教頭が代読しました。
先生方の言葉ひとつひとつに、大高生への期待とエールが込められていました。

終わりに、生徒代表からお礼のことばと花束を贈り、皆で校歌を斉唱しました。

これまで大宮高校の生徒たちのためにご尽力いただき、ありがとうございました。
新天地での益々のご活躍をお祈りしています。

 

  

【3学年】遠足・芸術鑑賞会

4月25日(木)3学年は、午前中都内を班別行動という形で散策し、午後は宝生能楽堂にて能鑑賞会を実施しました。普段めったに触れることのない伝統芸能を間近で観て、生徒は大変感動したようです。

【1学年】大高オリエンテーション・2日目を実施しました!

4月25日(木)、1学年では大高オリエンテーションの2日目を実施しました。

 

大高体操 クラス対抗大縄 校歌合戦

 

1日目は生憎の空模様でしたが、2日目は見違えるような青空!

ですが、残念ながらグラウンドの状況が思わしくなく、体育館に集合しました。

本校伝統の体操である「大高体操」を通じ、1年生の元気の良さが伝わってきました。

本日のアイスブレイクは「NGワードゲーム」と「ハワイアンレース」の2つを実施しました。

与えられた「NGワード」を自分が話さないように、かつ相手のNGワードを言わせるような巧みなコミュニケーション術が求められました。

一部教員も交じり、真剣勝負が繰り広げられました。

「ハワイアンレース」では首飾りの「レイ」に見立てた輪を、クラスで手をつなぎながら如何に次の人へ渡していくか、各クラス相談と声掛けを積極的に行いながら、取り組んでいる姿が見られました。

 

適宜水分補給等の休憩をとりながら、午前中のメインイベントである大縄跳び大会を行いました。

声を掛け合い、一致団結して取り組み、1年4組が合計195回を跳び、見事優勝を果たしました!

午後はこれまで朝や昼休みなどの時間を使いながら練習を重ねてきたアカペラの校歌合戦を行うため、

昼休みには最後の練習にクラスで臨み、一生懸命に最後の調整を行っている姿がみられました。

午後の活動はまず、前日に実施したNASAゲームのクラス代表が学年全体の前で発表を行いました。

各クラスいずれも、話術を駆使していかにわかりやすく練り上げた意見を伝えるか、創意工夫がみられました。発表を通じ、トップリーダーとしての資質について改めて理解が深まったようです。

続いて、いよいよアカペラでの校歌合戦が行われました。

各クラス、歌唱技術だけでなく、パフォーマンスや隊形などにもこだわり、自分たちなりの表現を行っている姿が見られました。審査には校長・学年主任・音楽科の教員があたりました。

審査の結果、 第1位に1年5組、2位には1年8組、3位には1年7組が選ばれ、校長より表彰状を受け取りました。

2日間の活動を通じ、各HR委員からの総括では大高生としての意識の高まりや、仲間意識、今後の学校生活への期待感などが思い思いの言葉で力強く語られました。これからの1年生の活躍に大いに期待しています。

 

 

【1学年】大高オリエンテーション・1日目を実施しました!

 

4月24日(水)、1学年では大高オリエンテーションの1日目を実施しました。

 

 

体育館に集合したのち、まずはアイスブレイクを行いました。

学年主任より 人数ゲーム・共通点探し じゃんけん列車

アイスブレイクを通じ、クラスの垣根を越えて積極的なコミュニケーションが図れました。

生徒たちの緊張もほぐれたようです。

教室に戻ってからは、新聞記事を用いたポスター制作およびポスターセッションを行いました。

興味関心の共有や意見交換、合意形成を行いながら、短時間でポスター制作・発表を行う1年生の姿は、

「さすが大高生」といえるものがみられました。

新聞記事の共有 ポスター制作① ポスター制作②
ポスターセッション ポスターセッション  

午後は、前日の総合的な探究の時間で実施した「NASAゲーム」をアレンジした探究活動を実施しました。

本校の学校目標にも掲げられている「トップリーダー」とはなにか、どのような力が必要かを考え、班での合意形成を目指します。

自分たちなりの「トップリーダー」の姿が見えたところで、クラスでの発表を実施しました。

最も優れた発表を行った班は、翌日学年全体の前で発表をしてもらいます。

トップリーダーとはなにか 合意形成を図る クラスでの発表

大高オリエンテーションは翌日25日まで実施します。2日目は体を動かすアクティビティを取り入れながら、大高生としての一体感を育んでいきます。

 

【3学年・進路】東大情報交換会開始

今年度の「東大情報交換会」(3年生対象)がはじまりました。

「東大情報交換会」は、東大等を志望する生徒自身が科目バランスの確認と今後の学習プランの検討を行い、同じ目標を持つ仲間たちとの交流を通して、受験への基盤作りをする場です。今年度は以下の4回を計画しています。

第1回、ガイダンス。昨年度駿台予備学校東大実戦模試の問題配布。問題を解き、指定期日までに提出。

第2回、自己分析。各教科の教員が答案を添削して返却。バランスシートをもとに各自分析。

第3回、入試問題分析。2024年度東大入試問題ガイダンス。教科担当からアドバイス。

8月、駿台予備学校東大実戦模試受験。

第4回、フォローアップ。駿台予備学校による東大実戦模試の分析説明。質疑。

今年度は40名以上の生徒が参加しています。昨年度も東大情報交換会参加者の生徒が多く東大に合格しています。3年生の努力に期待しています。