日誌

理数科日誌

【理数科日誌】大学セミナーが開催されました

7月8日(木)の午後、理数科1年生(+希望者)を対象に「大学セミナー」を開催しました。

 

講師は、東京大学大学院(薬学系研究科薬科学専攻)の 北川大樹 教授です。

『アカデミック研究者という生き方:東京大学での教育と研究』というテーマで始まった講演では、先生の研究内容やその意義、科学研究の進め方や研究者としての日々について、本校生徒に向けてとても分かりやすく説明していただきました。

 

   

 

研究者になろうと思ったきっかけや、進路決定のターニングポイントになった場面、実際に研究者として認められるまでの過程や日々の研究についてお話していただけたことは、研究者の生き方をイメージするうえでとても参考になりました。

・ 研究者の仕事とその楽しさ

・ 科学研究が世界でどのように行われ、研究者同士にどういった繋がりがあるのか

・ どんな研究を、どんな場所、どんなグループに身を置いて行うか

・ 研究者としての生き方、アカデミックな研究の意義

・ 東京大学での教育と研究

研究者になることを目標にしている生徒にとっても、憧れの仕事について具体的に知るきっかけになったのではないでしょうか。

 

  

 

また、コロナ禍で大学の研究室訪問などの行事開催が難しい中、東京大学の研究室や学内の様子についてもご紹介いただけたことは、本校生徒が大学での学びについてイメージするうえでも、とても良い機会となりました。

 

お忙しい中、貴重な機会を提供してくださった北川先生には本当に感謝です。ありがとうございました。

0