棋道部・活動報告

部活動・棋道部

[棋道部] 関東大会進出!

去る11月14日(土)、15日(日)、
第1回関東高校囲碁選手権大会埼玉県予選会において、
女子団体戦優勝
(Aチーム主将本多汐里、副将後藤佳乃子、三将奥田真優)、
男子団体戦準優勝
(Aチーム主将神部暁芳、副将永島勇人、三将伊勢祐喜)。
なお女子Bチームが3位入賞
(主将森川里穂、副将熊谷ほのか、三将中野萌花)。
個人戦女子では本多汐里が優勝
これによって、1月16日(土)、17日(日)に前橋で開催される関東大会に、団体で男女Aチーム、個人で本多が進出することとなった。
また、新人大会では部長米谷道がAクラス準優勝。後藤佳乃子がBクラス優勝。

兼部が多いものの、今年になって部員が19名に増えた。
練習でも大会でも活発な部として注目されている。
顧問としては、棋力より、部員が大会運営に積極的に関わり、他校の先生方からも褒められる機会が多い点がうれしい。

 

お知らせ 全国高校将棋新人大会出場!

1月31日(金)~2月1日(土)、北海道函館市で行われた全国高校将棋新人大会に、2年生女子富川麻有が埼玉県1位代表として出場しました。
富川は、4勝1敗で予選を通過し、本選に進出することができましたが、その1回戦で、敗退してしまいました。

お知らせ 埼玉県高校将棋王位戦報告

9月22日(日)に、埼玉県高校将棋王位戦が県民活動総合センターで行われました。
 
A級女子の部で2年富川麻有準優勝を果たし、関東大会出場権を獲得しました。
同じく2年百瀬風香が5位に入賞しました。
 
B級リーグでも、新人の1年坂本佳亮が5位入賞と健闘しました。
 
なお、関東大会は、12月22日に茨城県水戸市で開催されます。
 
囲碁のメンバー不足が目下の悩みの種ですが、秋本番を迎えてひとつひとつの大会を大事にしていきたいと思っています。
 
今後も応援お願いします。

お知らせ 全国高等学校総合文化祭に出場

今年度は棋道部にとって飛躍の年でした。
 
夏の全国高等学校総合文化祭(2013長崎しおかぜ総文祭)では将棋、囲碁両部門で県代表となりました。
ダブル出場は何十年ぶりかのことです。
 
囲碁では、団体戦埼玉チーム副将に選ばれた3年生石川輝が健闘し、優勝した東京を打ち破っての4位入賞を果たしました。
将棋女子個人では、2年生富川麻有が決勝トーナメントに進んだものの、惜しくも入賞を逃しました。

H23全国高総文祭及び全国竜王戦について

大震災と原発事故で開催が危ぶまれましたが、8月3日から5日まで、
福島県郡山市で全国高等学校総合文化祭将棋部門個人戦に、
3年生の青木翔君が出場しました。3年連続の出場です。
予選4戦全勝で予選をトップで通過。一昨年の優勝に続き2回目の
制覇が掛かっていましたが、残念ながら決勝トーナメント2回戦で敗退。
5位入賞の結果でした。
 そして、8月下旬の福岡での全国大会竜王戦に3年連続で出場。
全国トップクラスの強豪の中、2連勝で予選を順当に通過。
残念ながら決勝トーナメント3回戦敗退。ベスト8の結果でした。
予選・決勝ト-ナメント全てが接戦でひとつのミスも許されないという、
全てがさすがハイレベルの対局でした。
対局中の青木君
 
大会風景
 
全国竜王戦開会式で挨拶する米長邦雄会長(中央)と渡辺明竜王(左)