棋道部・活動報告

カテゴリ:結果報告

H23全国高総文祭及び全国竜王戦について

大震災と原発事故で開催が危ぶまれましたが、8月3日から5日まで、
福島県郡山市で全国高等学校総合文化祭将棋部門個人戦に、
3年生の青木翔君が出場しました。3年連続の出場です。
予選4戦全勝で予選をトップで通過。一昨年の優勝に続き2回目の
制覇が掛かっていましたが、残念ながら決勝トーナメント2回戦で敗退。
5位入賞の結果でした。
 そして、8月下旬の福岡での全国大会竜王戦に3年連続で出場。
全国トップクラスの強豪の中、2連勝で予選を順当に通過。
残念ながら決勝トーナメント3回戦敗退。ベスト8の結果でした。
予選・決勝ト-ナメント全てが接戦でひとつのミスも許されないという、
全てがさすがハイレベルの対局でした。
対局中の青木君
 
大会風景
 
全国竜王戦開会式で挨拶する米長邦雄会長(中央)と渡辺明竜王(左)

高等学校将棋竜王戦埼玉県大会3連覇!

6月25日(土)高等学校将棋竜王戦埼玉県大会が
県民活動総合センターで行われました。
3年青木君は全勝で見事優勝いたしました。3連覇です。

優勝した青木君は、8月24日25日福岡県で行われる
全国大会に埼玉県代表として一昨年、昨年に続き出場いたします。
全国大会でも上位を目指して頑張りますので、
ご声援よろしくお願いいたします。
 

第19回全国高等学校文化連盟将棋新人大会、青木君優勝

128()29()に、
栃木県鬼怒川温泉あさやホテルで
19回全国高等学校文化連盟将棋新人大会が行われ、
本校の2年
青木翔君が、男子個人で優勝しました。
昨年の山口市での新人大会決勝トーナメント3回戦敗退
をバネによく健闘してくれました。
これで、1昨年の第45回全国高等学校将棋選手権大会
合わせて全国大会優勝2回の快挙を成し遂げています。
準々決勝から決勝まで
 
優勝盾
 
すばらしい決勝戦をしてくれたお二人です。
優勝の青木君()と準優勝の沖縄県代表小野君(右)
(※本人の了解を得て掲載させて頂いています)
 
決勝戦の大盤解説をして頂いた斎田女流四段()、滝七段 ()

大会会場

高等学校将棋王将戦について

1121日(日)高等学校将棋王将戦が
県民活動総合センターで行われました。

2
青木翔君は全勝で見事優勝いたしました。2連覇です。

 
優勝した青木は、127日から栃木県で行われる
19回全国高等学校文化連盟将棋新人大会に
埼玉県代表として出場します。

H22全国高総文祭及び全国竜王戦について

 口蹄疫で開催が危ぶまれましたが、8月1日から3日まで、
宮崎県日南市で全国高等学校総合文化祭将棋部門個人戦に、
昨年に続き2年生の青木翔君が出場しました。
予選1回戦の負けの後、3連勝で予選を見事に通過。
2連覇が掛かっていましたが、残念ながら決勝トーナメント1回戦で敗退。
ベスト16の結果でした。
 そして、8月下旬の福岡での全国大会竜王戦に昨年に続き出場。
全国トップクラスの強豪の中、2連勝で予選を順当に通過。
残念ながら決勝トーナメント1回戦敗退。
昨年の予選敗退の悔しさをバネに今年は持っている力を発揮してくれました。
予選・決勝ト-ナメント全てが接戦でひとつのミスも許されないという、
全てがさすがハイレベルの対局でした。
 
(対局中の青木君)


高等学校将棋竜王戦埼玉県大会優勝!

6月20日(日)高等学校将棋竜王戦埼玉県大会が
県民活動総合センターで行われました。
 
2年青木君は全勝で見事優勝いたしました。2連覇です。
3年西岡君も6位、2年西川君はB級優勝、
2年池田君がB級3位に入り、大宮高校生は大活躍しました。
 

 
優勝した青木君は、8月24日25日福岡県で行われる
全国大会に埼玉県代表として昨年に続き出場いたします。
全国大会でも上位を目指して頑張りますので、
ご声援よろしくお願いいたします。

第32回全国高校囲碁選手権大会埼玉県大会団体戦で第4位!

6月22日(日)埼玉県高校囲碁選手権大会埼玉県大会団体戦が
大宮商業高校を会場に行われました。強豪校ひしめく中、見事、
大宮高校(3年雨宮君、2年中尾君、板橋君)は第4位入賞を果たしました。
(主な上位校:1位:浦和、2位早大本庄、3位東野)