活動報告

部活動・英語部

HPDU全国大会報告と2年生によるEssay:THBT You should join Omiya English Club

3月25,26日に開催された第11回HPDU全国大会に2年生(池田・工藤・保坂)が出場し、4試合中2勝を挙げ、参加44チーム中20位となりました。

英語部としては今年で3年連続の出場となります。この大会の即興型ディベートでは、論題が発表されたのち20分間で準備をして試合に臨み、政府側と野党側に分かれて1人4分~5分のスピーチをして勝敗を競います。

今年の予選リーグのトピックは、観光業の発展途上国への影響、フェミニズムの視点からの男女別学の是非、世情を反映して戦争における軍の拒否権、貧困問題と票の重みづけについてでした。

また、これに先駆けて2月6日に行われた埼玉県予選では、同チームが2位となり、池田が最優秀賞ディベーター賞、工藤と保坂は優秀ディベーター賞をいただきました。

2年生は集大成のHPDUの大会を終え、最後のまとめとして、英語部について英語のエッセイを書きました。ぜひお読みください。最後にDeepLによる和訳もつけました。

 

THBT You should join Omiya English Club

 

►Introduction (Prologue)

 

Unfortunately, our high school days started during a difficult time. Such was the impact of the pandemic that we had much fewer school events than we'd expected. Now that roughly two years have passed since our entrance into Omiya High School, I realized that we still managed to enjoy our daily school life. This was especially true because of our daily club activities of which English language and English debate were major factors.

 

The English club would be one of the clubs least affected by COVID-19. Rather, the debating community seems to have flourished due to the pandemic. Debating doesn't need to be done in person; it can be done online. Thanks to the growing technology of online meetings such as Zoom and Google Meets, we were able to debate against and even make friends with teams from Hokkaido to Kyusyu! Even though the novel virus robbed us of opportunities for face-to-face debating, it provided these other unique chances.

 

Most of the tournaments that we took part in were on a national scale. What a great environment!

 

Now let's take a closer look at the activities in the English club, although, I would say it's better off being called "The English 'Debate' Club" though. Not so much do we chat over tea or stage play in English as we much prefer competitive debates!

 

Debating requires numerous kinds of abilities: critical thinking, giving an impromptu speech with little preparation, cooperation with peers, discerning Logos from Pathos and Ethos, to name a few. All of these abilities have been polished up through our activities. Besides, surely the club activities broadened our perspectives and understanding; I would not read a newspaper every day, keep an eye on current international affairs, or have an opinion about controversial issues if I had not joined the English Club.

 

I'm proud that I did!

 

Since we were given this honorable opportunity to write compositions, we tried depicting how we improved those abilities in a similar style to the one we use for debate rounds, starting with this prologue, followed by the definition, the 1st – 4th advantage and the epilogue. We would be pleased if you enjoy reading through a series of our compositions.

 

Lastly, I gratefully acknowledge the support in many aspects from my friends, teachers, competition organizers, rivals, and my family. Earning an invitation to the national tournament would not have been possible without their unwavering support.

 

Yusuke Ikeda

**********

 

►Definition: What is debate and what is our English Club like? 

 

In debate, we split into two sides and discuss one topic, the affirmative side and the negative side. Both sides try to persuade judges that their own arguments are superior to the opponent's. Firstly, I will show you two forms of English debates we do in our club: academic debate and parliamentary debate. Then I will explain what we do in our daily activities.

 

Academic debates are debates for educational purposes and we debate on government policies according to the rules designed by the All Japan High School English Debate Association (HEnDA). In this debate, the affirmative side should prove how good society will be after the policy is adopted, and the negative side should prove how bad it will be, showing the probability and value of their arguments. To win, we need proper, objective evidence, for which we do a lot of preparation in advance. Each team has four members: a constructive speaker, an attack speaker, a defense speaker, and a summary speaker. Each constructive speaker presents their team’s arguments (two advantages and two disadvantages). Then, the other members make speeches in turn to weaken the opponent’s arguments and strengthen their own. One of the best things about this debate style is that team members can cooperate during the preparation as well as during the debate.

 

Parliamentary debates come from the British parliament. There are various styles, but what is common is that the motion is announced only 15-30 minutes before the debate starts. This is why they are called impromptu debates. Motions differ from debate to debate, and they range from the government policies to its belief. It is very thrilling and scary to do this debate, because we need to think up arguments, which can be very unfamiliar, and speak English almost unprepared. ​

 

Our daily activities include improving our English, debate skills, and learning about debate topics.

To achieve this, we have an impromptu mini-debate at the beginning of every club activity. Then, we prepare for the Academic Debate Tournament; For example, we do research on the Internet, exchange ideas, write speeches and practice debates with club mates or other high school teams, then reflecting and revising in order to improve. Through all these activities we’ll build foundational skills, which can be used in national tournaments.

 

Nanaka Takahashi

**********

 

►AD1(Advantage1)  Improving English Skills

 

English debate is the most enjoyable and effective way to improve English skills.

 

When I first came across the English club, I was overwhelmed by the senior members' speeches, wondering how I can make such amazing English speeches so promptly. This is when I decided to join the club. At first, I could hardly keep up with the speeches spoken in debates, much less make an English speech or write an essay. However, through the club activities, my English has improved dramatically thanks to its amazing learning environment.

 

Firstly, I got a huge number of opportunities to use English practically. For example, I’ve read over 100 English papers, written tens of thousands of words of writing, and made hundreds of English speeches. In the debate match, I had to understand what my opponents said and think about what to say instantly.  In fact, according to the University of Indonesia in 2019, the English debate is effective to improve English skills and increased TOEIC scores from 500 to 875 points on average.

 

Secondly, the debate was quite fun. Nothing brings me more pleasure than when I deliver a good speech or win a match. When, especially, we earned the ticket to the National Tournament, I felt my efforts had paid off. I have been able to learn English with a lot of joys

 

Thirdly, and most importantly, I made friends with whom I can personally develop my English skills to then help, encourage and teach others. For example, we competed with each other on the English proficiency test scores. The clubmates were essential for me to practice English!

 

I believe that I would not have been able to speak English so well without joining the English Club.

 

Ryota Kudo

**********

 

►AD2  Increasing knowledge and interest

 

I believe that the activities of the English Club deepen our knowledge and interest in current affairs.

 

In Academic Debate, we spent almost a year working on one topic, which greatly deepened my knowledge of the field and my familiarity with it. Whenever there is news on TV or the Internet that is related to the debate topic, I unconsciously pay attention to it! For example, I have become more interested in and have expanded my knowledge of topics that I might not have been involved in if I had not joined the English Club, such as Electric Vehicles, the quota system, and the relocation of the capital function, which were the main themes of last year's and this year's academic debates.  I also feel that as a result of researching directly or indirectly related fields that were difficult to approach previously, I have overcome my personal barriers.

 

In Parliamentary Debate, we had to debate an issue that was provided only 15 to 20 minutes before the debate, so I needed to have a wide range of knowledge about politics, environmental issues, international issues, school systems, and so on. This motivates me to be exposed to various genres of news and to broaden my knowledge.

 

Everything I have gained through the experience in the English club has become a skill and a strength for me. I strongly believe that I have grown a lot and become more powerful here. I am very happy to have joined the English Club.

 

Kana Watanabe

**********

►AD3  Improving logical skills

 

Logical skill is one of the skills that you can improve by joining the English club.

 

Before I belonged to the English club, I didn't know “How I should explain my argument.” My English composition was difficult to understand because its structure was not good and the process to the conclusion was very unclear.

 

However, after joining the English club, I had a lot of chances to make English arguments using the OREO structure. First, I practiced making short English speeches in warming up and received advice from seniors. I always use this form when I explain my opinion.

Second, when we prepared for English debates, I wrote English arguments many times. Although I thought I explained the arguments clearly, I was often told to rewrite them. I tried to make more logical arguments and by correcting the mistakes in my passages, I came to understand how I could improve.

 

This experience helped me read passages and express opinions both in Japanese and English.  Now I can write English compositions faster and get better grades not only in English but also in modern Japanese. I think this skill will help me more after graduating from high school. 

 

Yuna Kotaki

**********

 

►AD4 Gaining invaluable experience and friendships

 

English debate gives you the best experience in school life and important friends.

 

Before I joined the English Club, I had thought that debate was something difficult. Fighting with words was certainly not easy, but more than that, debates brought me important lifelong experience and companionship.

 

Debate is just like a sport. We plan and practice to win against opponents. What are our weak points? How can we become stronger? Pursuing such things, we make a hot and exciting match. Also, debate is about team play. Sharing the core of the team’s argument and each member’s ambition is essential for teamwork. Of course, we sometimes clashed with each other, but each time, we exchanged our opinions, and we developed irreplaceable bonds. 

 

This experience of working toward one goal with friends will help my life in the future. Above all, when I think that I might never have spoken to my six wonderful friends if I hadn’t joined this club, I’m really glad that I made a choice to join it. Sharing both smiles and tears with such teammates is exactly the joy of youth, isn’t it?

 

Finally, I wish to thank my club mates who have worked together and the teachers who supported us.

 

Satoko Someya

**********

►Summary (Epilogue)

 

Without club activities, my days would have been monotonous. I have run through busy but fulfilled days, devoting myself to debates with my best club members, first-year students, and honorable teachers.

 

Nowadays, I realize how precious my experience was. Thanks to my experience in debate matches, I don’t fear making speeches in English. The habit of being interested in social affairs is essential to becoming a responsible member of society. The skill to think logically and critically helps me when making important decisions. In addition, I have developed a close friendship with the six members, the best treasure for me. I cannot thank them enough.

 

The most important lesson from the English club is that all efforts are precious whatever the outcome is. I will keep it in my heart and move forward. I hope more and more people will try English debates in our club and find life-long treasure.                  

 

Misaki Hosaka

**********

THBT 大宮英語クラブに入るべき

►はじめに(プロローグ)

残念ながら、私たちの高校生活は大変な時期に始まりました。パンデミックの影響もあり、学校行事は予想以上に少なくなってしまいました。大宮高校に入学して約2年が経過した今、私たちはまだ日々の学校生活を楽しんでいることに気づきました。特に、英語と英語ディベートが大きな要素となっている日々の部活がそうでした。

英語部は、COVID-19の影響を最も受けない部活の一つだろう。むしろ、パンデミックによってディベート界は盛んになったように思います。ディベートは、直接会わなくても、ネットでできる。ZoomやGoogle Meetsといったオンライン会議の技術が発達したおかげで、北海道から九州までのチームとディベートをしたり、友達になったりすることができました 新型ウィルスによって直接ディベートをする機会は失われましたが、このようなユニークな機会も提供してくれました。私たちが参加した大会は、ほとんどが全国規模の大会でした。素晴らしい環境ですね。

 

  では、英語部の活動を紹介しましょう。「英語 "Debate "クラブ」と言ったほうがいいかもしれませんね。お茶を飲みながらおしゃべりしたり、英語の舞台を観たりするよりも、ディベートの方が好きなんです。

ディベートには、批判的思考、準備のない即興のスピーチ、仲間との協力、ロゴスとパトスやエトスの区別など、さまざまな能力が必要です。これらの能力は、すべて活動を通じて磨かれたものです。また、部活動を通して視野や理解が広がったことは確かです。英語部に入らなければ、毎日新聞を読むことも、現在の国際情勢に目を向けることも、議論を呼ぶような問題に対して意見を持つこともなかったと思います。

私はこのクラブに入ったことを誇りに思っています。

せっかく作文の機会をいただいたので、ディベートのラウンドと同じようなスタイルで、プロローグから始まり、定義、1~4番目の利点、エピローグと、自分の能力をどのように向上させていったかを表現してみました。私たちの一連の作文を楽しんで読んでいただければ、幸いです。

 最後に、友人、先生、大会主催者、ライバル、そして家族から様々な面で支えていただいたことに感謝します。全国大会への招待は、彼らの揺るぎないサポートなくしてはあり得なかったと思います。

池田 悠助

**********

►定義 ディベートとは何ですか、そして私たちの英語クラブはどのようなものですか? 

ディベートでは、1つのテーマについて肯定側と否定側に分かれて議論します。両者は、自分の主張が相手の主張より優れていることを審査員に説得しようとします。まず、私たちのクラブで行っている英語ディベートの2つの形式、アカデミックディベートとパーラメンタリーディベートを紹介します。そして、私たちが普段の活動で行っていることを説明します。

アカデミックディベートとは、教育を目的としたディベートで、政府の政策について、全日本高等学校英語弁論連盟(HEnDA)が策定したルールに従って討論を行います。このディベートでは、肯定側はその政策が採用された後に社会がいかに良くなるかを、否定側はいかに悪くなるかを、それぞれの主張の蓋然性と価値を示して証明する必要があります。勝つためには、きちんとした客観的な証拠が必要であり、そのために事前準備を重ねる。各チームには、建設的発言者、攻撃的発言者、防御的発言者、総括的発言者の4名がいる。各建設的発言者は、自分のチームの主張(長所2つ、短所2つ)を発表する。その後、他のメンバーが順番にスピーチをして、相手の主張を弱め、自分の主張を強める。このディベートスタイルの良いところは、ディベート中だけでなく、準備中もチームメンバーが協力し合えることです。

パーラメンタリーディベートはイギリス議会が発祥の地です。様々なスタイルがあるが、共通しているのは、ディベート開始の15~30分前に動議が発表されることである。そのため、即興ディベートと呼ばれる。動議は、討論ごとに異なり、政府の政策からその信条まで多岐にわたる。慣れない議論を考え、ほぼ準備なしで英語を話さなければならないので、このディベートはとてもスリリングで怖いです。

日々の活動では、英語力の向上、ディベートスキルの向上、ディベートトピックの学習などを行っています。そのために、毎回部活の始めに即席のミニディベートを行います。そして、Academic Debate Tournamentに向けて、インターネットで調べ、意見を交換し、スピーチを書き、クラブの仲間や他の高校のチームとディベートの練習をし、反省と修正を繰り返して、レベルアップを図っています。これらの活動を通じて、全国大会でも通用する基礎力を身につけます。

高橋七華

**********

►AD1(アドバンテージ1) 英語力アップのために

英語ディベートは、英語力向上のために最も楽しくて効果的な方法です。

初めて英語部に出会ったとき、どうしたらあんなにすごい英語のスピーチがすぐにできるのだろうと、先輩方のスピーチに圧倒されました。と思い、入部を決意しました。最初は、ディベートでの発言についていけず、ましてや英語のスピーチやエッセイを書くなんて、とても無理でした。しかし、部活動を通して、その素晴らしい学習環境のおかげで、私の英語力は飛躍的に向上しました。

まず、英語を実践的に使う機会が非常に多くなりました。例えば、英語の論文を100本以上読み、何万字もの文章を書き、何百回と英語のスピーチをしたことです。ディベートの試合では、相手の言っていることを理解し、瞬時に何を言うべきか考えなければなりませんでした。 実際、2019年のインドネシア大学によると、英語ディベートは英語力アップに有効で、TOEICの点数が平均500点から875点アップしたそうです。

2つ目は、ディベートがかなり楽しかったことです。良いスピーチをした時、試合に勝った時ほど嬉しいことはありません。特に、全国大会への切符を手にしたときは、努力が報われた気がしました。喜びを感じながら英語を学ぶことができた。

第三に、最も重要なことは、個人的に英語力を高め、他の人を助けたり、励ましたり、教えたりできる友人ができたことです。例えば、英検の点数を競い合ったり。クラブの仲間は、私にとって英語の練習に欠かせない存在でした。

英語クラブに入らなければ、ここまで英語を話せるようにはならなかったと思います。

工藤 綾太

**********

►AD2 知識と興味の向上

英語部の活動を通じて、時事問題に対する知識や興味が深まると思います。

 Academic Debateでは、ほぼ1年かけて一つのテーマに取り組むことで、その分野の知識や親しみが大きく深まりました。テレビやインターネットでディベートのトピックに関連するニュースがあると、無意識に注目してしまいますね 例えば、昨年と今年の学術討論会のメインテーマであった「電気自動車」「クオータ制」「首都機能移転」など、英語部に入らなければ関わりがなかったかもしれないテーマにも興味を持ち、知識を広げることができました。 また、以前はアプローチしにくかった直接・間接的に関連する分野を研究した結果、個人的な壁を乗り越えられたと感じています。

パーラメンタリーディベートでは、15〜20分前に用意された課題について討論するため、政治、環境問題、国際問題、学校の制度など幅広い知識が必要でした。そのため、さまざまなジャンルのニュースに触れ、知識の幅を広げようというモチベーションになっています。

英語部での経験で得たものは、すべて自分のスキルや強みになりました。ここで大きく成長し、力をつけてきたと強く思います。英語部に入部して本当によかったと思います。

渡辺可和

**********

►AD3 論理的スキルの向上

論理的思考力は、英語部に入ることで向上するスキルの一つです。

英語部に所属する前の私は、"自分の主張をどのように説明すればいいのか "を知りませんでした。私の英作文は、構成が悪く、結論までの過程が非常に曖昧で、理解しにくいものでした。

しかし、英語部に入ってから、OREO構造を使った英作文をする機会が多くありました。まず、ウォーミングアップで短い英語のスピーチをする練習をし、先輩にアドバイスをもらいました。私は自分の意見を説明するとき、いつもこの形式を使っています。

二つ目は、英語ディベートの準備で、何度も英語の論述をしたことです。自分では分かりやすく説明したつもりでも、「書き直せ」と言われることが多々ありました。そこで、より論理的な論述を心がけ、自分の書いた文章の誤りを訂正することで、どうすれば改善されるのかが分かるようになりました。

この経験は、日本語でも英語でも文章を読んだり、意見を述べたりするのに役立ちました。 今では英作文も早く書けるようになり、英語だけでなく現代文でも良い成績が取れるようになりました。高校を卒業しても、この能力はもっと役立つと思います。

小滝 結奈

**********

►AD4 かけがえのない経験と友情の獲得

英語ディベートは、学校生活で最高の経験と大切な友人を与えてくれます。

 英語部に入る前、私はディベートは難しいものだと思っていました。確かに言葉で戦うことは簡単ではありませんでしたが、それ以上にディベートは私に一生の大切な経験と仲間を与えてくれました。

 ディベートはスポーツと同じです。相手に勝つために計画を立て、練習する。自分の弱点は何か?どうすれば強くなれるのか。それを追求することで、熱くエキサイティングな試合ができる。また、ディベートはチームプレーです。チームの主張の核やメンバーそれぞれの志を共有することが、チームワークには欠かせません。もちろん、時にはぶつかり合うこともありますが、そのたびに意見を交わし、かけがえのない絆を育んできました。

 仲間と一つの目標に向かって努力したこの経験は、これからの私の人生に役立つと思います。何より、この部活に入っていなかったら、6人の素敵な仲間と話すこともなかったかもしれないと思うと、入部という選択をして本当によかったと思います。そんな仲間と笑顔と涙を分かち合えることこそ、青春の醍醐味ではないでしょうか。

最後に、一緒に活動してきた部活の仲間、支えてくださった先生方に感謝します。

染谷 聡花

**********

►まとめ(エピローグ)

部活がなければ、私の毎日は単調なものになっていただろう。最高の部員、1年生、尊敬する先生方とディベートに打ち込み、忙しくも充実した日々を過ごしてきました。

 今となっては、この経験がいかに貴重なものであったかを実感しています。ディベートの試合のおかげで、英語でスピーチをすることが怖くなくなりました。責任ある社会人になるためには、社会情勢に関心を持つ習慣が欠かせません。論理的・批判的に考えるスキルは、重要な決断を下す際に役立っています。また、6人のメンバーとは親交を深めることができ、私にとっては最高の宝物です。感謝してもしきれないほどです。

 英語部での最も重要な教訓は、どんな結果であれ、すべての努力は尊いということです。このことを胸に刻み、前に進んでいきたいと思います。一人でも多くの人がこのクラブで英語ディベートに挑戦し、一生の宝物を見つけてくれることを願っています。                 

保坂 美咲

********** 

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

 

 

2022年もよろしくお願いいたします(英語部)

2022年もよろしくお願いいたします。

 

今後の予定

2月には1年生が出場する大会であるウィンターカップを控えております。

論題

Japan should ban classes on Saturdays in all junior and senior high schools.

日本はすべての中高生の土曜授業を禁止すべきだ

日時 令和4年2月13日(日)

オンラインで開催を予定しております。

 

2021年度成績

いなほカップ(県大会)  3位・4位

今年度の全国大会への出場資格は県大会上位2校までに与えられました。

残念ながらその切符を手に入れることはできませんでした。

 

【英語部】「HPDU連盟杯」と「ウィンターカップ」に出場しました

 アカデミックディベート全国大会後に、英語部では2年生がHPDUパーラメンタリーディベート、1年生が新チームでのアカデミックディベートに取り組みます。今年はコロナでほぼすべてONLINEでの準備となりましたが、それぞれに健闘しましたので報告します。

 第10回HPDU連盟杯は2月11日にONLINEで行われた埼玉予選で2位になり、3月21日の全国大会(連盟杯)に臨みました。昨年に続いて2度目になります。パーラメンタリーディベートでは論題が発表された後20分間で準備をして試合に臨みます。政府与党側と野党側に分かれ、各チーム3人が5分ずつ、そして最後にそのうちの1人が4分のスピーチをして勝敗を競います。

今年の論題は以下の通りです。

Round 1:This house believes that the age of digital information (e.g.social media, online news, etc.) has done more harm than good in protecting democracy.

Round 2: Given the technology, this house would erace society's memory and evidence of the criminal past of former convicts after theirrelease from prison.

Round 3: This house prefers a world without lying.

Round 4: [Theme:Covid-19] This house believes that, assuming Personal Protective Equipment is sufficiently available, medical workers during a pandemic should have the right to opt out of service.

大宮高校の2年生3名(坂倉・五十嵐・佐々木)は検討して2勝をあげました。

 

 第13回ウィンターカップは12月に論題が発表され、2月14日の実施予定が緊急事態宣言解除後ということで、3月28日に持ち越されての開催です。

今回の論題は

Japan should introduce a gender quota in the Diet.

「日本は国会議員の一定数以上を女性とするクオータ制を導入すべきだ」

・肯定側は国内外のあらゆる関連団体・関連法規に優先して,衆参各院の議員定数のうち女性(男性)議員が40%を下回らないように割り当てる。

・割り当てるまでの方法については議論しない。肯定側は割り当て後のADを,否定側は割り当て後のDAを議論する。

・女性(男性)議員が40%(検討中)に満たない場合、満たすまで補欠選挙を行う。

・この法案は可決されるとすみやかに適切な公布期間を経て遅くとも2025年までには施行される。

まさにホットな話題で、準備時間が長くなったからこそ深い議論が生まれ、大変興味深い論題となりました。

大宮高校1年生は2年生の応援も得て、Aチームが2勝、Bチームが3勝と健闘し、ディベートの難しさと面白さを再確認した大会となり、2021年度の第15回HEnDA全国大会のトピック、首都移転に向けて新たな一歩を踏み出しました。

新1年生のみなさん、ぜひ一緒に活動しましょう!

Resolved: That the Japanese Government should relocate the capital functions out of Tokyo.

「日本政府は,首都機能を東京の外に移転すべきである。是か非か。」

 

出場メンバー 

 

 

 

 

【英語部】全国大会3位入賞と恒例の2年生によるエッセイ

 12月26日~27日に第15回全国高校生英語ディベート大会が開催され、大宮高校英語部は、過去10回の全国大会出場のうち最高の3位入賞を果たしました。論題は「2035年の化石燃料自動車の廃止」。地球温暖化、再生可能エネルギー、電池開発、資源開発、大気汚染、自動車業界再編(CASE, MAAS)など、まさにホットなトピックで、社会情勢が日々変わる中、11月初旬の県大会優勝後も、ぎりぎりまで論を詰めて臨んだ全国大会でした。コロナの影響を受けて、練習試合、県大会も含めてすべてオンラインという慣れない環境でしたが、1,2年力を合わせて総力戦で臨むことができたことを嬉しく思います。支えて下さった皆様にお礼申し上げます。

 

全国大会の試合の様子 左 Zoomの画面  

右 画面の向こうの相手チームに質問。後方でチームは次のスピーチの準備。

試合後の交流  

左 試合後ジャッジを待つ間は、相手チームと”Make Friends!" 今年は奄美大島の高校とも試合をしました。

中 1日目終了後の交流会もオンライン。 右 閉会式で順位発表。

遅れて届いた賞状とトロフィー、メダルを持って校長室で全部員で記念撮影。

 

恒例の2年生のエッセイを以下に掲載します。英語ディベートを通しての学び、楽しさ、厳しさをわかっていただけると幸いです。

Essays about the High School English Debate National Tournament written by the 2nd year members

**********

I love English debate.

When I entered Omiya High School, I just wanted to join some culture club, because I was not good at sports. During the trial period, I dropped in on the English club debate and was impressed by senior members’ speeches. How can I speak like that? I wanted to make such an awesome speech like them!I decided to join the English club on that day.

English debate was more attractive than I had expected. It was not just giving an opinion, but preparing relevant evidences for the arguments. Of course, it was not easy for me. However, we can help each other. English debate is not an individual game, but requires all members’ efforts and preparations for the match. I really appreciate tireless efforts of all the members including members who couldn’t participate in the match.

The biggest thing I learned from English debate was “the importance of multiple points of view”. When we prepared speeches, we had to compare many pieces of evidence and choose the most appropriate one for each argument. I think this is one of the most important skills which will be required in the contemporary IT society. Also, I learned that all issues have “positive” and “negative” aspects. If we don’t discuss both aspects sufficiently, we would make a wrong choice. It is important to check the opinions from minorities in order to make more comprehensive arguments.  

Finally, I want to say thank you to all the members, and teachers who taught me English debate.

                                                 Minami

**********

Society is extremely complicated and there is no perfect answer. What I learned from doing debate is how to choose the better way about such a difficult matter.

In academic debate we make both arguments, the affirmative one and the negative one, which are opposite. Through this I realized the situations are completely different depending on the perspectives. For example, in this year’s motion, while the ban of gasoline cars will save the patients suffering from environmental pollutants, many workers will suffer from unemployment. So, in debate we discuss what should be protected and what should be sacrificed.

We must prove why our argument is superior to the opponent’s even if there's truth in it. Without the opposite argument we can’t compare the value, or consider the way to solve the possible problems. If we cannot see them, they cannot be solved. Through this debate process, I learned that not focusing on only one argument but considering the opposite one and trying to understand it is so important to choose the better way. On every occasion, we need to make a choice. I will always keep this in mind for my own sake and as a responsible youth who will make future society.

Lastly, I thank my teachers, teammates and club members to give me these wonderful experiences.

                                                   Yui

**********

I joined the English club for a simple reason that I like English. I had never had a debate before, and I was overwhelmed when I saw a debate match for the first time.

This year's debate topic was “That the Japanese Government should ban production and sales of fossil-fueled cars, including hybrid cars, by 2035.” The club activities were very hard for me. We had to look at a lot of different aspects of the topic. We also needed specialized knowledge. However, by working with my friends, I learned how fun it is to debate. What I found fun about debating was that practicing a lot allowed for deeper discussion. Also, debating was a great opportunity to make friends with high school students all over the country. I'm very lucky to have these opportunities.

Also, I am very grateful to be able to participate in the English debate tournament this year while the COVID19 is spreading and many club activities are not taking place.

Finally, I would like to thank our advisor teacher who has guided and supported us so many times sincerely and the first-year students who have helped us. Thank you very much!!

                                                  Yuki

**********

I’ve always thought that I have no aptitude for debating, especially for the role I was allocated in the national convention. So I tried hard and put all my energy into this role more than ever. At the national tournament, our team won the 3rd place and I received a speaker award. When my name was called, I was surprised. Actually, after the debates I regretted that I was overwhelmed by the opponent and couldn't speak well. I regretted my lack of confidence though I did everything I could in my own way. It couldn’t think of getting an award.

Though there were many tough things with this club activity, I think I was able to get through thanks to the support from the team members who gave me a lot of advice and thought together. I wish to thank them.

                                                  Narumi

**********

Through the national conference I learned continuing something is important.

Before this conference I sometimes felt I was alone because every member in my team was involved in preparing for their roles and I could not discuss my speeches. I even thought I would like to quit the club. I continued just because I thought it was my duty.

When I consider this choice now, I think it was a good choice because, as a result, I could find precious friends. I found they always comforted me when I had a hard time. If I had quit the English club, I would never have found that.

Therefore, I think it is important to continue even if that is hard because if you continue, you can surely find someone who helps you, and such friends will be a treasure for you!!                                      Mai

**********

First of all, I want to appreciate the support of all the staff, great teachers, my family, and my lovely teammates. Without that, I couldn't have joined the national tournament. Especially I thank the staff and teachers for giving us a great opportunity in this year’s unexpected situation: the spread of the virus.

I learned many things through debate, but I want to write especially three things.

 The first one is how to argue with other people. This is very important because each person is different as you know, and we need to cooperate with each other in society. Also, to argue is the best way to make better choices. In order to argue properly, it is important to express your thinking correctly and to listen to other people's ideas. In order to express your thinking correctly, you need to have a good argument and explain it showing evidence. And you need to imagine other people's feelings. Listening to other people's ideas carefully, you can broaden your insight and make debate more interesting.

The second one is how to cooperate with other people. In debate, to cooperate with your teammates is one of the most important things. Through the debate preparation, I clashed with my teammates many times, but in the end, we understood each other more. Just to relax and convey your true feelings is the best way to have good relationships, I think.

Lastly, the third one is the simplest: how to use English! Before I joined the club, I couldn't speak English at all. Debate made me speak out what I think in English and I think that's the best way. I could learn English with fun!

I want more people to know how interesting debate is, and to enjoy debate!

Therefore, I think it is important to continue something even if that is hard, because if I continue, I can surely find someone who helps me. And such friends will be treasure for me!!

                                                 Haruka

**********

There is a saying that life is a series of choices, and I believe it is true.

I think that the source of the driving force of human society is individual choices. For example, in this year’s debate, the choice of whether customers choose EVs or not influences the company’s strategy. Also, the government's choice of introducing renewable energy determines whether EVs are eco-friendly or not. Debates are also formed by various choices. For example, the choices of which arguments to use against the opponent's argument determines the direction of the subsequent debate. Even a small difference in choice can lead to victory or defeat.

I chose not to participate in the national championships as a debater, but chose to support the team. There were various background factors in this choice. This choice will try to make me regret for a while from now on, but I will never regret it. Regret comes only when one cannot concentrate on one's own thoughts, namely, when one cannot do one's best. I did my best. Since we are not gods, and this world is not a game, we cannot go back and choose again. Neither can we expect the outcome when we make our choices. It is therefore usually impossible to choose the best option. All we can do is do our best. In order to make the best of this experience, I want to do my best in my future choices, too.

Finally, I would like to express my greatest gratitude to those around me who respected my choice and those who supported us.

                        Kohei

第15回埼玉いなほカップ埼玉県高校生英語ディベート大会 優勝

11月1日(日)にOnlineにて、第15回埼玉いなほカップ高校生英語ディベート大会が実施されました。大宮高校英語部は2チームが出場して7年ぶりに県優勝を果たし、昨年に引き続き10回目の全国大会出場を決めました。

 

今年の論題は以下の通りです。

Resolved: That the Japanese Government should ban production and sales of fossil-fueled cars, including hybrid cars, by 2035.

  日本政府は,(ハイブリッド車も含む)化石燃料車の製造と販売を2035年までに禁止すべきである。

  

地球温暖化やモビリティー革命といった、日本にとっても世界にとっても大きな関心事に深く関連したトピックです。3月の論題発表以来、コロナの中で試行錯誤しながら、リサーチや練習試合を重ねて準備したことの成果が発揮できたことを大変うれしく思います。日々変化する社会情勢を踏まえながら、英語力向上も含めて、全国大会に向けて準備を進めたいと考えています。

お世話になった先生方、OBの方々、大会役員やジャッジの方々、ありがとうございました。

  

 春からずっとZoomを使って練習や試合をしてきました。対面での試合ができなかったのは残念ですが、大会ができたことに感謝しています。画面にはジャッジの先生が3人と、大宮高校生2名と相手校チーム1名が映っています。

大会はOnlineでも、チームは教室に集合して相談しながら試合を進めます。スピーカーはコンピューターの前に座ってスピーチをします。

決勝の試合は黒板に写して部員全員で応援しました。

画面のメインジャッジの先生から、優勝の発表があった直後の様子です。

【英語部】令和元年度活動報告とDebateについての2年生のEssay

3月23日と25日に部活動日誌にあげた記事をこちらの頁にも再掲します。もとの頁には写真もありますので、ぜひご覧ください。URLは以下の通りです。

https://ohmiya-h.spec.ed.jp/blogs/blog_entries/view/892/57edd62fd3fb4f9af8b4d124d9ae420c?frame_id=981

https://ohmiya-h.spec.ed.jp/blogs/blog_entries/view/892/1acc33e3545036f6c0f5d37fda003a93?frame_id=981

現在は臨時休校中はzoomを使って部活動をしたり、debateの練習試合をしたりしています。

新入生に会えるのを楽しみにしています。

 

再掲

英語部の令和元年度の活動を報告します。
4月:1年生12人を迎え、2年生9名、3年生9名と合わせて30名というこれまでで最大の英語部が誕生!

  3月末に発表された今年の全国高校生英語ディベート大会のトピックは「働き方改革」。

Resolved: That the Japanese government should limit the weekly maximum working hours, including overtime, to 48 hours (following the EU).「日本国は、残業も含めた週あたり最長平均労働時間を(EUに倣い)48時間に制限すべきである。是か非か。」

    11月の埼玉いなほカップ、12月の全国大会を目指して準備開始です。

 

5月:GW中に中央大学を会場に行われた2つの大会に参加しました。

一つは、例年は東京の創価高校で行われるSpring Cup。今年のトピックでの初試合。2,3年生で協力して準備し、出場は2年生。様々論点やエビデンスに出会い、良い勉強になりました。

もう一つはJWSDC(Japan World School Debate Championship)。世界大会の形式の即興型と準備型が混在するディベートで、日本、中国、韓国の代表チームも出場するこの大会に、有志の5名が挑みました。予防接種の義務化、メガシティーの解消、おとり調査、といった問題から、”This house should allow high school students to fire their teachers.”といったものまで、予選6試合を戦い2勝と健闘。世界レベルに触れ、英語力、ディベート力、チームワークを磨くチャンスとなりました。

そして中旬には3年生が引退しました。上級生が少ない中、ずっと頑張ってきて、英語部をこんなに大きくしてくれてありがとう!

   Photo

 

6月:毎年恒例のNOVICE CUP。新人のための練習大会です。今回のトピックは今話題の「宿題と定期考査の廃止」。大宮高校を会場に、埼玉、東京、千葉、茨城、群馬から20チームが集合。2年生1名1年生3名のチーム編成で出場してAチームが5位に入賞しました。

   Photo  

9月:今年の文化祭はディベートを披露しました。解説を加えながらの筋書きのあるディベートでしたが、皆さんにディベ^-トの面白さを知っていただけたらよかったです。

   Photo

11月2日:全国大会の県予選、埼玉いなほカップ。日本の働き方改革を上回るEU並みの労働時間週48時間上限とう残業規制を支持するか否か。春から本や資料を読んで勉強し、練習試合を積み重ねてきたこの論題で、AB2チームが出場しました。大宮の論点は、肯定側は労働者の健康と女性の活躍、否定側は収入の減少と、企業活動の制約。各チーム肯定否定の両サイドでそれぞれ2試合、計4試合を戦います。2試合目からは勝ったチーム同士の組合せ。強豪市立浦和高校3チームの壁を崩せず、Bチーム(斎藤・松原・片山・二瓶・坂倉)が3勝1敗で4位、Aチーム(内田・丸橋・河津・清水・佐々木)が2勝2敗。それでも学校単位では2位になり全国出場決定。涙が歓声に変わりました。またBチームの松原さんは優秀ディベーター賞を受賞しました。

  Photo

 

11月:いなほカップを終えて、遅ればせながらハローウィンパーティー。今年はかぼちゃが6個も!

 Photo  

   

12月25,26日:全国高校生英語ディベート大会in前橋。県大会後2度の練習大会、長岡高校とのSkype試合や高崎高校を迎えての練習試合など、他県の論を勉強しながら、部員全員力を合わせて県大会の論を強化し、2年生の内田、丸橋、斎藤、河津、二瓶、片山の6人チームで臨みました。試合を重ねるごとに力をつけ、2日間6試合の予選の結果4勝1敗1分の第6位! 今年から決勝リーグがベスト4戦となったためこのまま順位が確定。綿密な準備とチームワークが実りました。OBコーチのTakuya、ALTのScot先生、お世話になりました。

 Photo  

全国から64チームが大集合。合言葉は”Make Friends!”

第1試合:鹿児島高校。緊張でがちがち。1勝してほっ。 第2試合:昨年準優勝福井の藤島高校。惜しかった。

 Photo  

第3試合:石垣高校。試合後たくさんお話ししました。   第4試合:富山国際高校。しっかり力が出せました。

 Photo         

第5試合:Skypeで練習した長岡高校とご対面。   第6試合:憧れの翔凜と戦いきって試合後の交流。 

 Photo  

全国6位の表彰。そして部長の内田さんがベストコンストラクティブスピーカーに選ばれました。

2年生のessayは別記事で紹介します。

 Photo 

2月9日: 全国大会と並行して1年生が準備を進めてきた冬の大イベントWinter Cup。出場44チームは関東だけでなく富山や長野からも。今年の論題は【日本の動物園の廃止】。古典的な論題ですが、人間と動物との関わり方を考えさせられるトピックでした。結果はAチームが3勝1敗で7位奨励賞でした。

また今年から同時開催で即興型ディベート部門も開催され、2年生が参加し、Aチーム(丸橋・二瓶・内田)が4位に入賞しました。

Photo   

2月11日:昨年に続き、即興型ディベートのHDPU(High School Parliamentary Debate Union of Japan) 全国連盟杯の埼玉予選。2年生9名と1年生有志4名の3チームが出場し、Cチーム(斎藤・河津・坂倉・郝)が4位に入賞し、学校順位2位で全国大会の出場が決まりました。

Photo   

3月は春休みのお楽しみ行事、校外研修。

今年は経済問題でたびたび登場する中小企業について理解を深めるために、スカイツリーのふもとの墨田区役所と東日本金属さんを訪問することになっていました。が、やはりコロナウィルスの関係で延期となりました。登校できない間に、各自楽しみながら英語を学び、また来年度の準備をしています。

来年度の全国高校生英語ディベート大会トピック:

Resolved: That the Japanese Government should ban production and sales of fossil-fueled cars, including hybrid cars, by 2035. 日本政府は,(ハイブリッド車も含む)化石燃料車の製造と販売を2035までに禁止すべきである。

以上、今年度1年間の活動についての報告でした。興味のある方は、ぜひ英語部部室及びやまぼうし会館3階の活動場所にお立ち寄りください。

 

英語部の2年生がdebateについて英文で書きました。

What is debate for me.
-----------------------------------------------------------------

The world is changing dramatically, so we need to change as well. It is said that we will face more and more challenging, complicated matters which have no clear answer. At Omiya High School, we have debated such important issues.Euthanasia, whether to introduce it or not to Japan, has no right answer. With regard to limiting working hours to 48 hours, we have both sides to the argument. At first, I was not confident enough to consider and discuss such complicated matters.However, as we kept on debating about euthanasia last year and the long working hours this year,I became more interested in these topics and now enjoy discussing them with my friends. Debating makes me think critically, deepens my thoughts and eliminates my old mindset.

Participating in the national tournament meant so much to me. We met lots of students who I might have never met if I didn’t participate and it was so exciting to make friends with them. Since they were from different places, their arguments were different from ours, and we were so lucky to debate with one of the strongest teams in Japan. That game was so interesting and memorable. We were united as one team and we got 6th place because of our team efforts. I am so happy that our efforts paid off, it was a truly rewarding experience.   

 Arisa

------------------------------------------------------- 

I think debating provides good opportunities to learn important topics and to make great friends with students, judges and teachers.
For example, the topic of the national tournament last year was about working hours, and about euthanasia in the previous year. Gaining the correct knowledge and understanding the various values are important because they enable us to understand people in different situations and to notice what is missing in society and what we must change. In debate, we must take two different stances, the affirmative side and the negative side, and that deepens our understanding.
Also, after debate matches, we can get advice from high-level judges. Some judges work in banks or big companies and some were good debaters when they were students. Opportunities to be advised directly by such people can’t occur for students without doing debates.
Through joining the national tournament, I learned different ideas from many teams from different prefectures and I got great advice to improve my speech. We gained more interests in debating together and, most importantly, I felt a great support from my team. Debate is a team competition and we can’t do it alone.
Lastly, I thank my teachers, teammates and club members, who gave me the opportunity to debate. What wonderful people I have met!!

Aria

--------------------------------------------------------------------- 

In debate l learned the importance of expressing my opinion using English. Since l was not good at speaking in front of many people, l joined the English club to gain more confidence.
When l entered this club, l was very nervous because my English listening and speaking skills were not strong. However, now I can express my opinion with more confidence. That’s because debating exposes me to English every day. Also, through researching topics, I can now see things from different angles.
Last year, Omiya got a great opportunity to go to the national tournament and to my surprise, Omiya got 6th place in this tournament! Debating has taught me not only Engilsh skills but also the importance of teamwork and making friends. I will never forget this wonderful experience and make use of it in my daily life. I am happy that I have joined this club!

Yoshika

--------------------------------------------------------------

Debate is known as a kind of fighting with words and most people would think it seems difficult. At first, I was one of them, but as I participated in debate matches, I realized that debate is a means to get to know other people. The main point of debate is to exchange opinions, and when we are debating―including self-introductions at the beginning-- we get to know more about the opponents, and we were no longer just strangers in the end. After the match, we talk together and become friends. Actually, the debate match slogan is "make friends!" I have made many friends with those I met at debate matches, and the interaction with them is still going on. Debating was valuable for me because I could get the new tools to meet different people and make friends!

Hana
-------------------------------------------------------------------- 

When we watch the news or read newspapers, we only consider whether this is good or not. As a result, we tend to have a narrow view. However, in debating, we have to consider both pros and cons of the social issue at the same time. By doing that, I realize that many people in different situations are involved in the one social issue and how it looks depends on who we are focusing on. This means that having various perspectives is very important when considering the problem because something good for one person could be bad for others. For example, as for this year's motion, limiting working hours is good for people's health, while it will reduce overtime payment and this will damage people's life. We can say the same thing about other issues.
As we all know, not only Japan but also the global society is facing many social problems we have to solve, such as women's discrimination, energy problems. And the people who should solve these problems are us, young people. Having various perspectives is the very thing that we need in contributing our society. This is why I am learning English debate.
Yuki
------------------------------------------------------------------------------ 

I have learned that many good things from my experiences in debate. When I entered Omiya High School, I was not good at explaining my opinion in English. But in debate, I learned how to make a good explanation which is easy to understand and a quick response which are necessary to win. I acquired many useful expressions and my English ability has improved.
So, what is the meaning of doing debate? I think it is to enjoy discussions with friends because we can talk about many topics in debate. This is a very valuable experience. In the national tournament the other day, we had debates against many strong teams in Japan and the more game we had, the stronger our team became and the further our friendships deepened. I am very glad that I was able to participate in the national tournament.
Yuka
------------------------------------------------------------------ 

Since last year's Winter Cup, I had felt a pressure because I thought that we wouldn't be able to participate in the national cup. However, we didn't give up on practicing. It was sometimes frustrating and tough but I think because of that, we got the 6th prize in the national cup, which is a wonderful result. Although I didn't participate in matches as a debater, I attended as a chairperson in the national cup, I'm very happy that I could contribute to the team.
Finally, I'm proud of having been a member of Omiya High School English Club. Thank you to my caring and supportive English club.

Miyuki

---------------------------------------------------------------

Beginning my journey as an English debater last year, I have learned not only how to speak English effectively but also to work as a team with my friends. In debate, we have to convey our opinion and understand our opponents’ opinion. Through this, we learn how important it is to know a lot of opinions and viewpoints. So we search and discuss a lot together and this helps us understand others and enrich our feelings.
In the national tournament, I saw each debater speak confidently and try to communicate with both their own and their opponent’s team members. They were so cool and I was deeply impressed. And this reminded me of why I had started debate. I had wanted to change my character to be confident enough to talk in front of people. Now I have made precious friends. I want to cherish the rest of this time to become a better, confident debater.

Aoi
---------------------------------------------------------------- 

Thank you for reading. Let’s enjoy debate together!

 

英語部平成30年度活動報告

英語部 平成30年度活動報告

 

今年度の英語部の活動について報告します。

4月:1年生9人を迎え、2年生8名と合わせて17名というこれまでで最大の英語部が誕生。

今年の全国高校生英語ディベート大会のトピックは「積極的安楽死」。“Japan should legalize voluntary active euthanasia”。10月末の埼玉いなほカップ、12月の全国大会を目指して、準備開始です。  

 

5月:ゴールデンウィークに、東京の創価高校主催のSpringCupに出場。今年のTOPICでの初試合。手探り状態ですが2年生の頑張りでどうにか形になりました。1年生は初めての試合見学です。

 

6月:毎年恒例のNOVICE CUP。新人のための練習大会です。今回のトピックは義務投票制導入。”Japan should adopt mandatory voting.”大宮高校を会場に、埼玉・千葉・茨城・群馬から18チームが集合。1,2年生合同チームで、大宮のABチームが1,2位独占しました。
  


7月:ALTJodiさんのはからいで港区のジャマイカ大使館訪問。Coolな大使に感激。ジャマイカの様子について、大使の生き方について、積極的に英語でコミュニケーションして、多くのことを学びました。
  

8月:恒例になった彩の国芸術劇場でのOUDS(英国オックスフォード大学演劇協会)によるシェークスピア劇観劇。今年は『十二夜』。事前に英語科の嶋中先生に見どころや英語のセリフを教えていただき準備万端。もちろんALL ENGLISHでしたが、十分楽しむことができました。

   夏休み中は今年のトピック「安楽死」に関する準備をして、講習会や練習試合に参加しました。

 

9月:文化祭:ここ数年文化祭ではDEBATEを披露していましたが、今年は ENGLISH GAMES. 3つのグループに分かれて、『HANBMAN』『VOCABULARY BINGO』『JUMBLE』のゲームマスターを務めました。来場して下さった皆さん、ありがとうございました。DEBATEとはまた違った英語を、お客さんにわかってもらえるように話す、いい経験にもなりました。

   一方DEBATEは、埼玉いなほカップまであとひと月と迫る中、秋ですがSummer Cup。関東近県から23校が集まっての貴重な試合です。強豪チームと当たり、ジャッジのコメントをもらいながら、自分たちの論を修正していきます。翌週には東京都の富士見高校の文化祭で招待DEBATEを披露しました。

  
 

 

10月:全国大会の県予選、埼玉いなほカップ。全国大会のチケットは2枚。ここまでたくさんの資料を読み、EVIDENCEをさがしながら作り上げてきた立論、アタック、ディフェンス、サマリー。様々なケースをシミュレーションして、最後の追い込みに緊張感が高まります。大会結果はABチームとも3勝1敗。ポイント差で4位と5位となり、上位に入った伊奈学園高校と市立浦和高校に一歩及ばず全国大会を逃しました。前回と同様に3校出場できれば、とついつい考えてしまいますが、両チームともよいディベートを見せてくれました。   

 

以下、戦いを終えた2年生の感想です。

Since I became the leader of our club thisApril, I have felt a natural pressure that my team should participate in thenational cup. That pressure came from our senior members’ great achievements inthe national stages, which continued for eight years. Because we believe that weshould never cut that history, we tried to do our best. Of course, there werecountless hardships and uneasiness. Sometimes I couldn't just assume we wouldbe able to attend the national cup because of both our English speaking skillsand debating skills. However, my members, especially the sub-leader, helped megreatly. Now I believe whatever the outcome is after all, this experience hasgiven us an enormous reward of not only each member's achievements but also ofour self-belief.

 

I think I’ve got a lot of experiencethrough this match. I was nervous in every match, but I had been making effortsto speak aloud in front of the audience. Also, I had been searching forevidences and preparing for the match. It was an exciting match, and I learned thatmaking myself understood by others in English is interesting.

 

I learned the importance of teamworkthrough this match. I often thought I didn’t have the ability to play my roleas the summary speaker. I thought that someone else should play this importantrole. I always lack confidence. However, my team members helped me along andrelied on me in every scene.  Then, Ialso tried to contribute to my team. We all did our best performance shoulderto shoulder.  Although my team couldn’twin first prize, I am proud of having been a member of this team.

 

I think I learned a lot of things throughthis match, including euthanasia, about which I had had no knowledgebefore.  I would like to make use of thisvaluable experience in the future.



  

 

11月: いなほカップを終え、Halloween Party. JACK-O’-LANTERNとミイラができました。

そして今年のTOPICの総仕上げとして、全国大会出場校が集まる飛鳥杯に出場。強豪校との試合はやはりEXCITING. 最終試合はこのあと全国で優勝した茨城県の竹園高校。昔から親交のある竹園と記念となる試合ができました。

 


12月:ALTScott先生とAUSSIE CHRISTMAS. Twelve Days of Christmas, Waltzing Matildaを歌い、Fat Santa Twisterで盛り上がりました。

   DEBATEは次のフェーズへ。1年生はWINTER CUPの準備。今回のトピックはEsports. “Esports should be included in the Olympics.”  2年生はHPDUのパーラメンタリーディベートに初挑戦。どちらも2月の大会に向けて始動。


 

  

 

1月:OBOGのコーチを受けながら2月の準備。2年生のパーラメンタリーディベートは意外と楽しい!練習が終わっても喧々諤々、熱気を帯びてきています。

 

2月:1年生のWINTERCUPは関東を越えて関西や北陸からも40校が参加する大きな大会。1年生だけのチームでの出場は初めての試みでしたが、当たって砕けろ。Aチーム2勝で17位。Bチーム1勝。課題を見つけて次への意欲がわきました。 2年生はHPDU埼玉予選に3チーム出場。初出場ながら。Aチームが14チーム中6位に入り健闘しました。3月は5月のWSDCSPRING CUPに向けて、英語力UPのための自己研鑽の時期です!!

 

3: 今年の英語部春休みの校外研修は、代々木上原にある日本最大の回教寺院である『東京ジャーミィ』の見学ツアーに参加します。日本における外国人の暮らしについては、ディベートなどでも話題になるところです。しっかり準備をして研修してきたいと思います。

 

以上、今年度1年間の活動についての報告でした。興味のある方は、ぜひ英語部部室にお立ち寄りください。

 

高校生英語ディベート全国大会出場決定

11月4日土曜日にさいたま市立浦和高等学校で開催されました県大会(通称いなほカップ)に出場しました。

予選は4試合中、Aチームが31敗、Bチームが22敗と健闘しました。順位決定には、勝敗のほかに投票数や対戦チームが考慮され、結果、Aチームが4位、Bチームは7位入賞となりました。

全国大会は学校単位で上位3校に出場権が与えられるため、大宮高校も全国大会への出場権を得ることができました。

今年度の全国大会は1216日、17日の週末に、埼玉県川越市の東京国際大学を会場に行われます。なかなかない機会ですので、皆さまぜひ、全国レベルの高校生英語ディベートを見に来てください。


Aチーム
Bチーム

エル・システマ・ガラコンサート

現在英語部では、114日の県大会に向けて、ディベートの準備を進めていますが、その合間を縫って、1022日(日)に東京芸術劇場(池袋)で行われた、『エル・システマ・ガラコンサート』に行ってきました。(http://www.geigeki.jp/performance/concert123/123-3/

「エル・システマ」とは、南米ベネズエラで始められた、音楽による青少年育成を目的とした教育システムで、家庭の経済状況にかかわらず、すべての子が無償で集団の音楽教育が受けられる仕組みで、子供たちが、協調性や規律を学び、目標に積極的に取り組んでいく姿勢や、希望や誇りを持てるようにすることを目的としていています。日本でも東日本大震災の被災地を中心に活動を展開していて、今回のコンサートには、相馬市の子供たちや、東京の聾唖の子供たちも参加しています。(http://www.geigeki.jp/performance/concert123/

今回、英語部は特別に、コンサートの後に、エル・システマ出身で、現在ベルリン・フィル管弦楽団のコントラバス奏者であるエディクソン・ルイスさんとお話をする機会をいただきました。英語を使いながら、その気さくなお人柄に触れ、音楽やベネズエラに対する思いを伺い、大変貴重な経験になりましたので、以下に、部員の感想を載せます。お世話になりました関係者の皆様、ありがとうございました。


 

感想

ルイスさんは音楽の力を信じていて、エル・システマの団員を家族のようだ、と話していたのが印象的でした。ベネズエラの国情はひどいと言いながらもこうあってほしいと願う姿がはっきりとしていて、このような人が世界に現状を発信していったらベネズエラは変わっていくのかなと思いました。ルイスさん自身幼いころに住んでいた家は貧しい人が集まるところだったと聞いて、そのような現状を知っているからこそ、彼は世界に大きな発信力を持っている、ベネズエラを変えられる人だと強く感じました。」

「ルイスさんのコントラバスを愛し、家族や団員を愛する気持ちが会話から伝わってきて、それらは彼のつくる音楽からもにじみ出ているような感じがしました。このような素晴らしい方との会話の機会をいただいて本当に感謝の気持ちでいっぱいです。機会があればエル・システマのオーケストラやベルリン・フィルの音楽を聴いてみたいと思います。」

「質問をするのは緊張しましたが、ルイスさんはとても気さくな方で、たくさんのお話をして下さりました。ベネズエラの現状についてのお話や、音楽で世界は変えられる、という言葉が心に残りました。」

「とても楽しかったです。学校関係じゃない人と英語ではなしたのは初めてだったので、内心とても緊張しました。少しでも会話ができて、『自分も少しは話せるようになってきているんだな。』と思いました。」

「私はコントラバスの経験があり、ルイスさんの大切なコントラバスをひかせていただくという貴重な経験をすることが出来ました。本当に少しの間だけやっていたので、弦を鳴らすぐらいのことしか出来ませんでしたが、ルイスの相棒とも言えるコントラバスに触れることができ、その美しさを肌で感じることが出来ました。お話は、ルイスさんの音楽への思いが溢れていて、私も将来思い続けられる仕事をしたいと思いました。また、ルイスさんは音楽の素晴らしさ、その力について様々なことをおっしゃられていて、改めて音楽の魅力を感じ、音楽に初めて魅せられたときの気持ちを思い出しました。」

「舞台裏で、ルイスさんと直接話をする機会を頂き、本当にありがとうございました。ステージとは一味違う、ベネズエラの演奏家による即興演奏も楽しみました。この一日を、El Sistemaに費やしたことは、私にとってこれからの人生において重要な意味を持つと思います。」

 

6位入賞!(英語部)

The 9th High School English Debate Tournament
The Winter Cup 2017

この大会は、全国大会後の新チームの出発点に位置づけられた大会です。今年は埼玉県を中心に、関東一円から中学校も含めて40校41チームが集う大きな大会となりました。
大宮高校は全国大会を戦い抜いた2年生のサポートのもと、今回初めてディベートを体験する1年生2人を立論(一番初めに自分たちの論を話す大事な役割)とするチームで参加をしました。時間の限られた中での準備でしたが、前日まで出来る限りの事をしました。
結果は3勝1敗で、残念ながら決勝戦に進むことはできませんでしたが、総合戦績6位という結果でした。

以下詳細


1.議題
“School-sponsored extra-curricular programs should be abolished in Japan”

日本の中学・高校の部活動を廃止すべきである。是か非か。

2.日程・会場

February 12, 2017

At Saitama Municipal Urawa (さいたま市立浦和高等学校)

3.出場校

県内

県立浦和・大宮・伊奈学園・蕨・熊谷西・市立浦和・浦和中学校

大宮北&春日部(合同チーム)・不動岡・和光国際・南陵

浦和一女・城北埼玉

県外

【群馬】前橋・前橋女子・中央中等・新島学園・ぐんま国際アカデミー(中学)

【栃木】宇都宮・宇都宮女子・佐野・佐野中学

【長野】長野・伊那北・上田・県ヶ丘・松本深志

【茨城】竹園・水戸第一・日立第一・並木中等中学

【千葉】翔凛・翔凛中・松戸国際・成田国際・稲毛・薬円台

【東京】創価・順天

【神奈川】栄光学園

4.結果(3位以下は予選の結果による順位、優勝と準優勝については予選の上位2校による直接対戦の結果である。)

 1位 市立浦和B 4勝

 2位 市立浦和A 4勝

 3位 長野     4勝

 4位 日立第一  3勝

 5位 翔凛     3勝

 6位 大宮 ・ 県ヶ丘  3勝