活動報告

カテゴリ:結果報告

高校生英語ディベート全国大会出場決定

11月4日土曜日にさいたま市立浦和高等学校で開催されました県大会(通称いなほカップ)に出場しました。

予選は4試合中、Aチームが31敗、Bチームが22敗と健闘しました。順位決定には、勝敗のほかに投票数や対戦チームが考慮され、結果、Aチームが4位、Bチームは7位入賞となりました。

全国大会は学校単位で上位3校に出場権が与えられるため、大宮高校も全国大会への出場権を得ることができました。

今年度の全国大会は1216日、17日の週末に、埼玉県川越市の東京国際大学を会場に行われます。なかなかない機会ですので、皆さまぜひ、全国レベルの高校生英語ディベートを見に来てください。


Aチーム
Bチーム

英語部 全国大会ベスト8!

12月10日(土)・11日(日)
茨城県水戸市にある常磐大学常磐高等学校で開催されました
第11回全国高等学校英語ディベート大会に出場しました。

議題は
“The Japanese government should adopt a socialsecurity system that provides a basic income to all Japanese citizens.”

「日本政府は,日本のすべての市民にベーシック・インカムを給付する社会保障制度を採用すべきである。是か非か。」

 

1日目に4試合、2日目に1試合と予選を行った後、
上位8校が決勝トーナメントに進みます。

大宮高校は予選を4勝し、決勝トーナメントに進出。
第1試合を同じ埼玉県の市立浦和と行い、
惜しくも2-3で敗れてしまいました。

結果はベスト8と、過去最高に並ぶ結果となりました。

応援していただいた、保護者・卒業生の皆様につきましては
感謝申し上げます。

英語部 全国大会出場決定

11月5日土曜日にさいたま市立浦和高等学校で開催されました県大会(通称いなほカップ)で第3位となりました。
よって、今年度も全国大会への出場権を得ることができました。
今年度の全国大会は12月11日(日)に茨城県水戸市で開催されます。

Novice Cup 優勝!

6月5日()に、本校を会場に、第3回高校生英語ディベートNovice Cupが実施され、関東16県から22チームが集まり、多数の見学者も含め大きな大会となりました。

論題は、今年の全国大会と同じ、以下の通りです。

 

“The Japanese government should adopt a socialsecurity system that provides a basic income to all Japanese citizens.”

「日本政府は,日本のすべての市民にベーシック・インカムを給付する社会保障制度を採用すべきである。是か非か。」

 

 奇しくも、この日は、スイスでベーシック・インカムの導入を巡る国民投票の日にあたりましたが、日本ではあまり馴染みのないトピックです。

大宮高校の英語部も、この論題に出会うまでは全く知らなかった制度ですので、英語でディベートをするに至るまでは、かなりの準備が必要でした。

 

結果は、肯定側否定側それぞれ2試合、計4試合戦って全勝は大宮高校一校のみでみごと優勝。久々の嬉しい結果に、秋の大会に向けてのモティベーションが上がりました。

 

英語部では、社会問題等についてのディベートを通して英語力を磨いていく活動を行っています。興味のある12年生、今からでも間に合いますので、ぜひ一緒に戦いましょう!