陸上競技部・活動報告

部活動・陸上競技部

【陸上競技部】県高校駅伝

11月1日(金)、熊谷スポーツ文化公園にて県高校駅伝が行われました。

男女揃って出場するのは7年振りになります。

2年生は2日前まで沖縄の修学旅行に行っており、調整の難しい日程となりましたが、十分に力を発揮してくれました。

 

<男子> 総合40位

1区 10km 小林由(2年) 区間41位

2区 3km  小林昌(3年) 区間49位

3区 8km  大塚(2年) 区間60位

4区 8km  牧野(1年) 区間41位

5区 3km  篠山(1年) 区間51位

6区 5km  鈴木(1年) 区間44位

7区 5km  大場(1年) 区間38位

 

<女子> 総合25位

1区 6km 越栄(2年) 区間16位

2区 4km 田村(2年) 区間33位

3区 3km 矢崎(1年) 区間28位

4区 3km 荒尾(1年) 区間34位

5区 5km 八尋(1年) 区間25位

陸上部 新人戦 結果報告

<新人戦南部地区予選 9月13~14日(上尾運動公園)>

主な結果は以下の通りです。

 

女1500m 越栄(2年) 4分58秒89 第8位 県大会出場

女3000m 越栄(2年) 10分34秒06 第4位 県大会出場

女走高跳 原田(2年) 1m50 第5位 県大会出場

女三段跳 原田(2年) 10m05 県大会出場

 女100m 銭谷(1年) 12秒61 第8位 県大会出場

女100m 銭谷(2年) 26秒54 準決勝進出 県大会出場

女100m 平松(2年) 13秒06 準決勝進出

女200m 平松(2年) 27秒88 準決勝進出

女100mH 佐藤(1年) 16秒67 県大会出場

男5000m 小林(2年) 15分52秒68 県大会出場

男1500m 小林(2年) 4分13秒92 決勝進出

女4×100mR 佐藤ー平松ー原田ー銭谷 50秒22 第7位 県大会出場

男4×100mR、男4×400mR、女4×400mR 県大会出場

 

リレー含め12種目で県大会出場権を得ることができました。

 

<新人戦県大会 9月27~29日(上尾運動公園)>

 例年は熊谷スポーツ文化公園で行われる県大会ですが、今年はラグビーワールドカップ開催のため上尾で行われました。

主な結果は以下の通りです。

 

女 走高跳 原田(2年) 1m55 第6位

女 4×100mR 平松ー銭谷ー原田ー佐藤 50秒33 準決勝進出

女 100m 銭谷(1年) 12秒73 準決勝進出

 

走高跳で入賞することができました。

来春のインターハイ予選では第6位までが関東大会進出となります。

【陸上部】 大会報告

学校総合体育大会県予選(インターハイ予選会):熊谷スポーツ文化公園
5月11日(火)~14日(木)
主な結果は以下の通りです。

男400m 杉島(3年) 50秒52 準決勝進出
男800m 杉島(3年) 1分58秒85 準決勝進出

女走高跳 原田(2年) 1m55
女4×100mR 平松・萩原・銭谷・佐藤凜 51秒02 準決勝進出

入賞、関東大会出場はできませんでしたが、3年生を中心によく頑張りました。
3年生はここで引退です。


国体少年の部南部地区予選会:上尾運動公園
7月13日(土)~14日(日)
主な結果は以下の通りです。

女1500m 越栄(2年) 5分6秒40 第8位
女3000m 越栄(2年) 10分37秒11 第4位
女1年100m 銭谷(1年) 12秒85 第8位
女走高跳 原田(2年) 1m50 第6位
女1年走幅跳 佐藤舞(1年) 4m92 第6位
女4×100mR 佐藤凜・平松・原田・銭谷 50秒27 第6位
女4×400mR 銭谷・平松・原田・佐藤凜 4分17秒32 第8位


1年生が公式戦デビューをしました。
女子が入賞7種目となり、新人戦が楽しみです。

陸上部 インターハイ予選南部地区大会

4月18~20日の3日間、上尾運動公園で、インターハイ予選(学校総合体育大会)南部地区大会が行われました。

冬季練習で力をつけ、多くの自己新記録が誕生し、県大会出場者も多数出すことができました。主な結果は以下の通りです。

男子
400m 杉島(3年) 49秒86 優勝! 県大会出場
800m 杉島(3年) 2分0秒70 県大会出場
5000m競歩 根岸(3年) 27分41秒11 2位 県大会出場
3000m障害 坂本(3年) 9分57秒78 5位 県大会出場
5000m 三村(3年) 16分0秒58 7位 県大会出場
1500m 三村(3年) 4分9秒23 県大会出場
4×100mR 46秒02 県大会出場
4×400mR 3分34秒56 県大会出場


女子
3000m 越栄(2年) 10分42秒66 5位 県大会出場
1500m 越栄(2年) 5分1秒21 県大会出場
走高跳 原田(2年) 1m45 8位 県大会出場
100m 平松(2年) 13秒02 県大会出場
200m 平松(2年) 27秒05 準決勝進出
1500m 山下(3年) 5分6秒88 決勝進出
3000m 山下(3年) 11分28秒12 県大会出場 
4×100mR 52秒75 県大会出場
4×400mR 4分29秒78 県大会出場







県大会は5月11~14日の4日間、熊谷スポーツ文化公園で行われます。
個人11種目、リレー4種目に出場します。

陸上部 新人戦 地区大会~県大会

9月14~15日に新人戦地区大会(上尾)、
9月27~29日に新人戦県大会(熊谷)が行われました。

新潟での夏合宿で、精神・技術・体力を鍛え、この大会に向けて調整してきました。

<地区大会の主な結果>
男 5000m競歩 根岸(2年) 27分31秒62 優勝
男 3000m障害 坂本(2年) 10分5秒78 第5位
男 400m 杉島(2年) 51秒73 第7位
男 800m 杉島(2年) 2分4秒37 県大会出場
男 1500m 三村(2年) 4分10秒30 県大会出場
男 5000m 三村(2年) 15分58秒01 県大会出場
女 走高跳 原田(1年) 1m45 第3位
女 3000m 越栄(1年) 10分51秒22 第4位

上記の個人種目8種目+男女リレー4種目の計12種目で県大会出場権を獲得しました。

<県大会の主な結果>
上位入賞はなりませんでしたが、大舞台で自己記録を更新し健闘しました。
男 800m 杉島(2年) 2分1秒46 自己新記録
男 5000m 三村(2年) 15分39秒78 自己新記録
女 3000m 越栄(1年) 10分41秒17 自己新記録
女 4×100mR 54秒08 チーム新記録


短距離ブロックは今年度最後の公式戦となりました。今後は記録会に出場し、冬季練習へと移行していきます。
長距離ブロックは11月の県高校駅伝に向けて練習しています。

陸上部 学校総合北関東大会

6月16日(土)、学校総合体育大会の北関東大会が正田醤油スタジアム群馬にて行われました。
5月の県大会で、男400mハードル6位入賞となった三上(3年)が出場、部員はバスで応援に向かいました。

前日は悪天候で十分な練習ができませんでしたが、当日はなんとか小雨程度で収まりました。気温は6月とは思えないほどの寒さで、ウォーミングアップを入念に行ってから予選に臨みました。



記録は56秒01と、県大会の記録を上回ることはできましたが、予選通過とはなりませんでした。

陸上部 学校総合県大会

5月11~14日の4日間、熊谷スポーツ文化公園にて、学校総合体育大会の県大会(インターハイ予選)が行われました。
3年生にとっては最後の公式戦になります。

4月の南部地区大会を通過した16種目に出場し、3年の三上が400mHで第6位入賞、関東大会出場権を獲得しました。
予選、準決勝、決勝と1日に3本のレースがあり、体力的・精神的・戦略的に大変な1日となりましたが、すべてが上手くいき最高の結果を出すことができました。

その他、3年生を中心に自己記録を多数、更新することができました。
主な結果は以下の通りです。

男 400mH 三上(3年) 第6位 56秒51
女 5000m競歩 信太(3年) 第8位 26分27秒48
男 1500m 松本(3年) 決勝進出 第9位 4分12秒14  
男 5000m 松本(3年) 決勝進出 第14位 15分24秒43
男 5000m 松本(3年) 決勝進出 第20位 15分56秒61
男 400m 三上(3年) 準決勝進出 50秒14


関東大会は6月16日(土)に群馬県の正田醤油スタジアムで行われます。

陸上部 学総南部地区大会

4月19~21日の3日間、上尾運動公園にて学校総合体育大会南部地区予選会が行われました。
今年度初の公式戦であり、3年生にとってはインターハイ(全国大会)への最後の挑戦となります。

県大会に出場を決めた種目は以下の通りです。
男 5000m 村田(3年) 15分31秒71 第2位
男 5000m 松本(3年) 15分36秒60 第4位
男 400mハードル 三上(3年) 57秒56 第4位
男 3000m障害 渡邊(3年) 10分1秒85 第7位
男 5000m競歩 根岸(2年) 26分30秒15 第7位
男 1500m 松本(3年) 4分6秒41 第7位
男 1500m 村田(3年) 4分6秒75 第8位
男 400m 三上(3年) 51秒07
男 4×100mR 45秒51
男 4×400mR 3分27秒17

女 5000m競歩 信太(3年) 26分57秒16 優勝!
女 円盤投 佐藤(2年) 26m86 第3位
女 砲丸投 佐藤(2年) 9m27 第5位
女 400mハードル 矢口(3年) 1分12秒97
女 やり投 佐藤(2年) 25m38
女 4×400mR 4分28秒25

以上16種目で5月の県大会に臨みます。

陸上部 東日本女子駅伝出場決定!

11月12日(日)に福島県で行われる、東日本女子駅伝に、3年生の大塚沙弥が埼玉県代表選手として走ることになりました!

当日は12:00~テレビでの生中継も予定されています。
先頭で走ることを目標にしています。応援よろしくお願いします。

陸上部 新人戦県大会

9月28~30日の3日間、熊谷スポーツ文化公園にて、新人戦の県大会が行われました。
南部地区大会で12位以内に入った12種目に出場し、4種目で自己記録の更新、2種目で入賞することができました。

男子400mH 三上(2年) 第6位 56秒67
女子5000m競歩 信太(2年) 第7位 28分09秒21


来年の春はハードルは6位、競歩は4位までが関東大会出場ラインです。
関東大会出場を目標に頑張ります。

陸上部 新人戦南部地区大会

9月15~16日の2日間、上尾運動公園にて新人戦の南部地区大会が行われました。
2日間とも涼しく、特に長距離種目では好タイムが続出しました。

主な結果は以下の通りです。
女子 5000m競歩 信太(2年)27分37秒47 優勝! 
女子 砲丸投 佐藤(1年) 8m21 第7位

女子 砲丸投 松永(2年) 7m44 県大会出場
女子 やり投 松永(2年) 28m45 第4位
女子 やり投 佐藤(1年) 25m95 県大会出場
女子 400mH 矢口(2年) 1分11秒50 県大会出場
女子 4×400mR 県大会出場
男子 400mH 三上(2年) 58秒00 第3位
男子 5000m 村田(2年) 15分31秒79 第4位
男子 3000m障害 渡邉(2年) 10分06秒96 第5位
男子 4×100mR 県大会出場
男子 4×400mR 県大会出場

以上の12種目で県大会に出場します。

陸上部 合同合宿

8月7日~10日の3泊4日、新潟県妙高市で県内12校の合同合宿があり、本校も参加しました。バス7台、選手約300名が参加する恒例の大規模な合宿です。

台風の影響で練習場所やメニューの変更がありましたが、埼玉より涼しい環境で、集中して練習することができました。
普段は少人数で行っている種目別練習ですが、12校の選手が集まり、いつも以上に練習に熱が入っていました。



陸上部 インターハイ

7月29日~8月2日まで、NDソフトスタジアム山形(山形県)で全国高校総体が行われ、6月の関東大会を通過した3年の大塚沙弥が1500m、3000mの2種目に出場しました。

昨年も同じ種目に出場しましたが予選通過はできず、今年こそという思いで練習を重ねてきました。
初日の1500m予選は昨年度よりタイムは上がりましたが、4分33秒50の9着で決勝に進めず。
3日後の3000m予選も昨年度よりタイムを上げることができましたが、9分45秒62の16着で決勝に進むことができませんでした。

目標とする決勝進出はなりませんでしたが、レベルの高い選手(将来的に世界陸上や東京オリンピックに参加する選手もいることでしょう)と同じレースに参加することができ、よい経験となりました。

陸上部 国体南部地区予選会

7月15、16日の2日間、上尾運動公園にて国体南部地区予選会が行われました。
気温が35℃近くまで上がり、特に長距離にとっては厳しい状況の中でのレースとなりました。
本校では、3年生が引退しているため、1、2年生のみが参加となりました。

主な結果は以下の通りです。
女 3000m競歩 信太(2年) 16分53秒71 優勝
男 5000m 村田(2年) 15分48秒92 第5位
男 1500m 村田(2年) 4分12秒38 第6位
男 1年3000m 中島(1年) 9分17秒02 第6位

陸上部 埼玉県選手権

6月23~25日の3日間、熊谷スポーツ文化公園で埼玉県選手権が行われ、リレー3種目と個人種目4名が出場しました。

男子のリレーは1、2年生の新チームで、個人種目は標準記録を突破した選手が出場しました。
結果は、先日インターハイ出場を決めた大塚(3年)が1500mで優勝。
また、吉野(3年)も5000M競歩で8位入賞となりました。

女子1500m 大塚(3年) 4分29秒40 優勝!
女子5000m競歩 吉野(3年) 28分09秒40 第8位

陸上部 学校総合関東大会

6月16日~19日まで、千葉県の千葉総合スポーツセンターで学校総合体育大会の関東大会が行われました。

今年は県大会で2種目優勝した3年の大塚が1500mと3000mの2種目に出場しました。
<1500m>
1日目の予選は組のトップで通過しました。
2日目の決勝は、スタートと同時に積極的にレースを引っ張りました。
800m付近ではすでに2名の争いに。3位以下を大きく引き離します。
ラスト1周のスパートでは負けてしまいましたが、危なげない走りで第2位!
記録は4分30秒12で全国大会(インターハイ)出場を決めました!

<3000m>
予選はなく、24名で一斉スタートです。
1500mと同様にスタートから積極的なレースを展開します。

しかし、徐々に後ろの集団に追いつかれ一時は7位に(全国大会は6位以内)。
普通の選手ならここから順位を上げることは難しいのですが、ラスト800m付近から前の選手を1人ずつ抜き、第3位でゴール!
記録は9分36秒80で、1500mに続き全国大会(インターハイ)出場を決めました!


全国大会は7月末~山形県で行われます。
昨年は予選通過ができませんでしたので、今年は決勝進出を狙います。

陸上部 学校総合体育大会県大会

5月12~15日の4日間、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で学校総合体育大会県予選会が行われました。

地区大会を通過した16種目に出場し、3年生の大塚が1500m、3000mの2種目制覇で、6月に千葉で行われる関東大会出場を決めました。
 2年連続の2冠達成です。今年はインターハイに出場するだけでなく上位入賞を目指します。


1500mは4分35秒56、3000mは9分36秒62で優勝!

陸上部 学校総合体育大会南部地区大会

4月21~23日の3日間、上尾運動公園にて、学校総合体育大会南部地区大会(インターハイ予選)が行われました。

天候にも恵まれ、好記録も多数生まれ、冬季練習の成果が感じられる大会となりました。
主な結果は以下の通りです。

<男子>
400m 石浜(3年) 51秒78 県大会出場
5000m 村田(2年) 15分46秒28 県大会出場
3000m障害 渡邉(2年) 10分24秒24 県大会出場
走幅跳 植杉(3年) 6m21 県大会出場
走高跳 山下(3年) 1m70 県大会出場
4×100mR 県大会出場
4×400mR 県大会出場

<女子>
1500m 大塚(3年) 4分42秒39 優勝!
3000m 大塚(3年) 9分53秒26 優勝!
5000m競歩 吉野(3年) 28分14秒45 第2位
5000m競歩 信太(2年) 29分10秒40 第3位
400mH 矢口(3年) 1分12秒39 第8位

走高跳 相賀(3年) 1m45 県大会出場
三段跳 相賀(3年) 10m12 県大会出場
やり投 松永(2年) 28m63 県大会出場
4×400mR 県大会出場

以上16種目で県大会出場権を獲得しました。


皇后杯全国女子駅伝

1月15日(日)に京都府で行われる皇后杯全国女子駅伝に、2年生の大塚沙弥が埼玉県代表として出場することになりました。

NHKでの中継(12:15~)も予定されています。
応援よろしくお願いします。

陸上部 新人戦関東大会

10月22、23日の2日間、地元の熊谷スポーツ文化公園にて、新人戦の関東大会が行われました。
県大会で2種目優勝を果たした2年生の大塚が、種目を3000mに絞って出場しました。

この大会で自己ベストを更新するために、テスト期間中も練習を続けてきました。
レースは2000mまでは先頭集団を引っ張る展開でしたが、2000mを過ぎたあたりからペースがあがり、ついていけなくなってしまいます。
そのまま先頭集団には追いつけませんでしたが、10分05秒19で6位入賞となりました。


自己ベストの更新はできず悔しいレースとなりました。
今後は駅伝シーズンです。他の長距離部員と力を合わせて、各種駅伝に挑戦します。

陸上部 新人戦県大会

9月30日~10月2日の3日間、熊谷スポーツ文化公園にて新人戦の県大会が行われました。
地区大会を突破した17種目に出場し、応援する部員も忙しい3日間となりました。

結果は、2年生の大塚が1500m、3000mの2種目で優勝!
関東大会出場を決めました!

<主な結果>
女1500m 大塚(2年) 4分32秒27 優勝
女3000m 大塚(2年) 9分35秒98 優勝
女5000m競歩 吉野(2年) 29分43秒94 第8位
男走高跳 山下(2年) 1m80 第10位
女走高跳 相賀(2年) 1m50 第14位

11月22日、23日に熊谷で行われる関東大会では、3000mに絞って自己記録の更新を目指します。

陸上部 新人戦南部地区大会

9月16日、17日の2日間、上尾運動公園にて新人戦南部地区大会が行われました。

夏休み中の記録会が台風で中止になり、7月の公式戦以来の大会となりました。
新潟県での強化合宿の成果が表れ、県大会の出場権を多くの種目で獲得することができました。

主な結果は以下の通りです。
<男子>
三段跳 山下(2年) 12m62 第6位
走高跳 山下(2年) 1m70 第7位
走幅跳 植杉(2年) 6m15 第7位

1500m 村田(1年) 4分11秒95 県大会出場
5000m 村田(1年) 16分11秒22 県大会出場
3000m障害 渡邉(1年) 10分33秒82 県大会出場
4×100mR 県大会出場
4×400mR 県大会出場



<女子>総合8位
1500m 大塚(2年) 4分35秒73 優勝
3000m 大塚(2年) 9分40秒45 優勝
5000m競歩 吉野(2年) 29分57秒63 第2位
400mH 矢口(1年) 1分13秒33 第6位
走高跳 相賀(2年) 1m50 第7位
三段跳 相賀(2年) 9m85 県大会出場
やり投 松永(1年) 26m36 県大会出場
4×100mR 県大会出場
4×400mR 県大会出場


以上17種目、県大会の出場が決まりました。

陸上部 夏合宿

8月7日~10日の4日間、新潟県妙高市で合宿を行いました。
近隣の12校(約300名!)が集まり、陸上漬けの4日間を過ごしました。

"同じ釜の飯"を食い、切磋琢磨して走りこみます。
埼玉が37℃を越す猛暑の中、新潟は暑くても30℃くらい、朝は19℃くらいと過ごしやすい気候でした。



精神、体力、技術を鍛え、成長して帰ってきました。
9月の新人戦が楽しみです。

陸上部 インターハイ

7月29~8月2日の5日間、岡山県シティライトスタジアムにて全国高校総体(インターハイ)が行われました。
本校からは2年生の大塚沙弥が1500mと3000mの2種目で出場しました。

<1500m予選>
予選は4組に分かれ、各組3着までと残りの選手から記録上位4名が決勝に進めます。自己記録の更新をすれば決勝進出も狙えるところでしたが、結果は、4分34秒46で組の13着でした。

<3000m予選>
33℃と暑い中でのレースとなりました。予選は3組に分かれ、各組5着までと残りの選手から記録上位3名が決勝に進めます。こちらも、残念ながら9分52秒79で組の17着となり、決勝には進めませんでした。

全国の厳しさを知ることとなりましたが、まだ2年生です。来年は全国大会の決勝の舞台で走りたいと思います。

陸上部 国体予選南部地区大会

7月16日、17日の2日間、上尾運動公園で国体予選南部地区大会が行われました。
本校では、3年生が受験勉強のため6月に引退。1、2年生の新チームでの参加となりました。

1年生にとっては初の公式戦となりましたが、今後が楽しみな記録も多数ありました。
主な結果は以下の通りです。

男1年3000m 村田 第4位 9分12秒62 県大会出場
男走高跳 山下 第5位 1m80

女3000m競歩 吉野 第2位 18分23秒02
女走高跳 相賀 第7位 1m45



今後は、
7月下旬 インターハイ(岡山)
8月上旬 合宿(新潟県妙高市)
9月中旬 新人戦地区大会
と続きます。

陸上部 埼玉県選手権

6月24~26日の3日間、熊谷スポーツ文化公園にて、埼玉県選手権大会が行われました。

リレーは1、2年生中心のチームとなりました。
実業団、大学生も参加するハイレベルな大会ですが、1種目で入賞しました。
主な結果は以下の通りです。

女5000m競歩 杉谷(3年) 
第5位 25分58秒52(関東大会の出場権獲得!)

女400m 江口(3年) 第9位 59秒91(惜しくも決勝進出を逃す!)

陸上部 北関東大会

6月17~20日の4日間、東京都駒沢オリンピック公園でインターハイ北関東地区予選会が行われました。
関東大会出場は4年連続となりますが、インターハイ出場(6位以内)はできていません。
今年は大塚(2年)が1500mと3000mの2種目に出場しました。


<1日目>女子1500m予選
24名の選手が12人ずつ2組に分かれて予選を行います。各組5着までとタイム上位2名の計12名が決勝進出できることになっています。
予選は先頭集団の中でレース運びができ、自己ベストの3着でゴール!
翌日の決勝進出が決まりました!

<2日目>女子1500m決勝
気温34℃という厳しい条件の中、レースはスタート。
スタート直後の激しいポジション取りの中で接触があり、少し後ろに下がってしまいます。
1周目(400m)が終わって9番手付近。
2周目は徐々に集団が広がる展開の中、1つずつポジションを上げていきます。
2周目が終わって6番手!
1000mを2分58秒の5番手で通過し、いよいよラスト1周の鐘!!
ラスト300mで一気にスピードを上げて3番手に。
ラスト100mでの争いで2人にかわされるも4分30秒03(自己ベスト)の5位でフィニッシュ!
インターハイ出場決定です!


<4日目>女子3000m決勝
3000mは予選がなく、24名で決勝レースが行われます。
スタート同時に勢いよく飛び出し、6名の先頭集団の中でレースを進めます。
第2集団は大きく離れています。
1000mの通過は3分01秒。かなりのハイペースです。
ここから6名の先頭集団が3名ずつに分かれ、4~6位の3人の争いに。
少しずつ後ろの集団が迫ってきています。
ラスト2週で追いつかれ、4~10位の7人の集団となってしまいました。
一度は7番手に下がりますが、ラストスパートで順位を上9分38秒95(自己ベスト)の5位でフィニッシュ!
1500mに続き、3000mもインターハイ出場決定です!


1500mと3000mの2種目でインターハイ出場決定!
夏休みに岡山県で行われるインターハイでは更なる記録更新を狙います!

陸上部 学校総合県大会

5月7~10日の4日間、熊谷スポーツ文化公園にて、学校総体の県大会が行われました。
全国大会(インターハイ)へと繋がるこの大会は、1年間の中でも最も重要な大会です。
3年生は最後の公式戦ということもあり、選手はもちろん、応援にも力が入ります。

主な結果は以下の通りです。
<女子>総合8位
1500m 大塚(2年) 4分38秒56 優勝(関東大会出場決定!)
3000m 大塚(2年) 9分43秒25 優勝(関東大会出場決定!)

5000m競歩 岩田(3年) 26分30秒32 第5位
400m 江口(3年) 59秒09 準決勝進出

<男子>
800m 茂木(3年) 1分58分38 準決勝進出

2年大塚が1500mと3000mの2冠達成!
競歩の入賞も合わせて、総合8位となりました!

6月の関東大会(東京都)ではインターハイ出場を目指します!

陸上部 学校総合南部地区大会

4月22日~24日の3日間、上尾運動公園で学校総合体育大会の南部地区予選会が行われました。

短距離にとっては昨年9月以来の公式戦、さらに3年生にとっては最後の公式戦になります。この日のために厳しい冬季トレーニングをしてきました。

3日間ともに天候に恵まれ、県大会の出場権も多数獲得できました。
主な記録は以下の通りです。

<男子>
走高跳 水野(3年) 1m85 第4位
走高跳 山下(2年) 1m75 第6位
三段跳 水野(3年) 12m28 県大会出場
三段跳 山下(2年) 12m23 県大会出場
800m 茂木(3年) 2分00秒01 県大会出場

<女子> 総合8位
1500m 大塚(2年) 4分46秒11 優勝
3000m 大塚(2年) 10分08秒03 優勝
5000m競歩 杉谷(3年) 26分03秒39 優勝
5000m競歩 岩田(3年) 26分04秒91 第2位
400m 江口(3年) 1分00秒07 第5位
200m 江口(3年) 27秒16 県大会出場
走高跳 相賀(2年) 1m45 県大会出場
4×400mR 相賀-江口-島田-吉野 第8位




個人種目12種目+リレー4種目の計16種目で5月の県大会に臨みます。

[陸上競技部] ジュニア選抜競歩大会

2月21日、兵庫県神戸市六甲アイランドにて、ジュニア選抜競歩大会が行われました。
本校からは標準記録を突破した2名が出場しました。

厳しい標準記録を突破した選手だけが出場できる競歩の全国大会で、一般の部(20km)はリオデジャネイロ五輪の代表選考レースにもなっています。

レースは苦しい展開となりましたが、春のインターハイ予選に向けてよい経験となりました。

結果は以下のとおりでした。
<ジュニア 女子5kmの部>
杉谷(2年) 39位
岩田(2年) 56位


1kmの直線を何度も折り返すコース


陸上部 新人戦県大会

9月22~24日の3日間、熊谷スポーツ文化公園で新人戦県大会が行われ、地区大会を突破した14種目に出場しました。
3日間ともに天候に恵まれ、応援やサポートも積極的にできました。

主な結果は以下の通りです。
女1500m 大塚(1年) 4分40秒21 第3位 関東出場権獲得!
女3000m 大塚(1年) 9分43秒43 第3位 関東出場権獲得!
女5000m競歩 杉谷(2年) 25分39秒22 第4位
女5000m競歩 岩田(2年) 26分07秒85 第5位
女400m 江口(2年) 1分00秒52 準決勝進出
男走高跳 水野(2年) 1m80 第10位

4種目で入賞し、うち2種目で関東大会の出場権を獲得しました。
関東大会では上位入賞を目指し、来年につながるレースにしたいと思います。



陸上部 新人戦南部地区大会

9月10日~11日の2日間、上尾運動公園で新人戦南部地区大会が行われました。

夏休みの合宿で力をつけ、選手はこの大会に向けて頑張ってきました。
しかし、初日は台風の影響で大雨絵文字:大雨。電車も遅延し、選手も厳しいレースが続きました。
2日目は天候に恵まれ、多くの選手が自己記録の更新を達成できました。

主な結果は以下の通りです。
<女子> 総合8位
1500m 大塚(1年) 4分41秒24 優勝
3000m 大塚(1年) 9分44秒18 第2位
5000m競歩 杉谷(2年) 26分22秒54 優勝
5000m競歩 岩田(2年) 26分36秒46 第2位
400m 江口(2年) 1分02秒10 県大会出場
800m 島田(2年) 2分31秒18 県大会出場
走高跳 相賀(1年) 1m40 県大会出場
4×400mR 4分26秒99 県大会出場

<男子>
走高跳 水野(2年) 1m80 第3位
走高跳 山下(1年) 1m65 県大会出場
400m 茂木(2年) 51秒93 県大会出場
400mH 白川(1年) 59秒31 県大会出場
4×100mR 46秒00 県大会出場
4×400mR 3分32秒19 県大会出場

計14種目で県大会出場権を獲得し、女子は5年連続で総合入賞することができました!
県大会では自己記録の更新を狙って、上位入賞できるよう頑張ります。


大雨の中の女子1500m決勝(大塚優勝)


女子5000m競歩決勝

陸上部 関東選手権

8月21日~23日の3日間、茨城県笠松運動公園で関東選手権が行われました。

6月の埼玉県選手権で、6位までに入った選手に出場権が与えられるこの大会は、実業団や大学生の強い選手と一緒にレースができる貴重な大会です。
本校からは大塚(1年)が800mと1500mに出場。

1500mでは自己新で予選突破。
決勝でもさらに自己記録を更新し、4分32秒24で見事5位入賞!

800mでは惜しくも決勝進出を逃しましたが、自己記録に近いタイムで走ることができました。

その他の選手も記録会が終わり、いよいよ新人戦の地区大会。
多くの県大会出場選手が出るように練習を続けます!

陸上部 国体最終予選

合宿翌日の8月9日、上尾運動公園で国体最終予選が行われました。

7月の南部地区大会で優勝した大塚(1年)がB1500mに出場。
各地区の上位者と中学生が出場し、レベルの高いレースとなりました。

妙高の厳しい合宿から戻ってまだ半日、筋肉痛で体が重かったようです。
また、埼玉の暑い気候にも体が慣れないところでしたが、レースは疲れも見せず終始先頭で引っ張りそのまま圧勝!
自己記録の更新はなりませんでしたが、新人戦に向けて期待の持てる結果となりました。


4分38秒84で優勝!

陸上部 夏合宿

8月5日~8日までの3泊4日、新潟県妙高市で県内12校合同の合宿を行いました。
生徒約300名が参加、修学旅行並みの人数で行う恒例の合宿です。
コーチ陣も充実していて、長距離、中距離、競歩、短距離(男・女)、跳躍、ハードル、やり投、砲丸投、円盤投、ハンマー投、と細かく専門種目の技術指導をします。

インターハイ選手から初心者まで、競技力は違ってもお互い刺激しあい、声を掛け盛り上げながら練習ができました。


埼玉よりは涼しい環境で練習に集中することができました。


合宿特別メニューの坂ダッシュ。
一番奥(矢印の場所)から走ると約250mの上り坂です。

スタート側から見た風景。
矢印の場所がゴール。途中で平坦になりますが、最後の30mの急坂がキツイ!!


最終日恒例メニューのエンドレスリレー。グランド中に応援の声が響きます。

この合宿での練習成果をもとに、9月の新人戦で県大会出場を目指します。

陸上競技部 国体南部地区大会

7月18、19日の2日間で国体南部地区大会が行われました。
初日は小雨が降り蒸し暑く、2日目は猛暑と、コンディションが悪い中での競技となってしまいました。

3年生が引退してから初めての公式戦。新チームのスタートです。
このあと、8月の合同合宿(新潟県)を乗り越え、新人戦で関東大会出場を狙います。

主な結果は以下の通りです。3種目で優勝しました!
女 3000m 大塚沙弥(1年) 10分02秒78 優勝
女 B1500m 大塚沙弥(1年) 4分41秒38 優勝
女 3000m競歩 杉谷真希(2年) 15分35秒22 優勝(大会新)
女 3000m競歩 岩田奈々(2年) 15分50秒56 2位
男 800m 茂木新(2年) 1分56秒90 3位
男 走高跳 水野裕貴(2年) 1m75 5位
男 3000m競歩 井端輝行 18分25秒20 7位


大塚、1500m、3000mの2冠!


女子3000m競歩、杉谷・岩田

陸上部 学校総合関東大会

6月19日に山梨県甲府市の中銀スタジアムで学校総合関東大会が行われました。
この大会は、各県の代表6名(計24名)で競技が行われ、上位6名が全国(インターハイ)に進めます。

本校からは県大会2位入賞となった、男子走幅跳の田中(3年)が出場しました。
小雨の降る中、競技は開始。まずは各選手3回ずつ試技をしてベスト8を決定します。

1回目は踏切板ピッタリの大ジャンプでしたが、後ろに手をついてしまい6m69cm。調子は良さそうなので、次の試技に期待。1回目の全員の試技が終わった時点で7番手です。
2回目も助走はうまく行き、ファウルにはなりませんでしたが記録を伸ばせません。この時点で8番手です。
そして3回目。田中の前の選手が記録を伸ばしこの時点で10番手。大ジャンプが期待されましたが、力んだのか記録を伸ばせず、第10位で終了。入賞はなりませんでした。

悔しい結果となりましたが、1、2年生にとっては高いレベルの競技を観戦し、良い経験となりました。来年こそは全国出場を!!

陸上部 埼玉県選手権大会

6月5日~7日の3日間、熊谷スポーツ文化公園で、埼玉県選手権が行われました。

埼玉県のナンバーワンを決めるこの大会、大学生や実業団の選手(マラソンの川内選手も出場しました)も参加し、毎年ハイレベルな戦いとなっています。
出場するには標準記録を超えていることが条件となりますが、今年は13種目で出場となりました。

主な記録は以下の通りです。
女1500m 大塚沙弥(1年) 4分37秒93 第3位 関東大会出場!
女 800m 大塚沙弥(1年) 2分15秒97 第6位 関東大会出場!
女4×400mR 江口-松本-大野-大塚 3分59秒71 第7位
女5000m競歩 杉谷真希(2年) 25分12秒24 第7位
女5000m競歩 岩田奈々(2年) 25分40秒58 自己新記録
男5000m競歩 白鳥智也(3年) 23分36秒46 自己新記録
女 400m 松本茉莉(3年) 59秒84 準決勝進出

 また、3年生はこの大会で引退となりました。今後は2年生が中心となり、夏合宿や新人戦に向けて練習していきます。

陸上部 学校総合体育大会県予選(過去最高の計7種目で入賞!)

 5月9日~12日の4日間、熊谷スポーツ文化公園にて県大会(インターハイ予選)が行われました。

 4日間という長丁場で、体力的にも精神的にも強くなければ戦えません。昨年の11月からの半年間、この大会を目標に練習をしてきました。

 冬季練習の成果が発揮され、多くの種目で準決勝、決勝進出者が出ました。応援することも忙しい4日間となりました。
 初日の男子走幅跳では田中(3年)が自己記録を更新!関東大会出場を決めました。
 4×400mR(通称マイルリレー)は、最終日の最終種目で陸上のメインレースです。強豪校に混じり、女子部員13名の本校女子チームも予選を突破することができました。例年は観戦するだけのリレーの決勝レースですが、今年は出場そして応援することができ、感動的でかつ良い経験になりました。
 その他種目も健闘し、県大会では過去最高の計7種目で入賞となりました。

主な結果は以下の通りです。
<男子>
走幅跳 田中(3年) 6m92 第2位 関東大会出場決定!
110mH 藤田(3年) 15秒29 第7位
4×100mR 42秒68 準決勝進出

<女子>
5000m競歩 杉谷(2年) 25分37秒34 第6位
5000m競歩 岩田(2年) 25分45秒92 第7位
4×400mR 4分01秒36 第8位
400mH 松本(3年) 1分06秒16 第8位
800m 大塚(1年) 2分17秒09 第8位
1500m 大塚(1年) 4分44秒40 決勝進出
1500m 大野(3年) 4分53秒46 決勝進出
800m 大野(3年) 2分20秒42 準決勝進出
400m 江口(2年) 1分00秒68 準決勝進出

関東大会は6月に山梨県で行われます。昨年果たせなかったインターハイ出場を目指します!




学校総合南部地区大会(陸上部)

4月24日(金)~26日(日)の3日間、上尾運動公園にて学校総合体育大会の南部地区予選会(インターハイ地区予選)が行われました。

天候にも恵まれ、自己新記録を多数更新。冬季練習の成果が十分に出ました。
また、関東や全国でも通用する記録も出すことができました。

主な結果は以下の通りです。
<男子>
110mH 藤田寛明(3年) 15秒19 優勝!
100m  藤田寛明(3年) 11秒09 県大会出場
走幅跳  田中孝史(3年) 6m98 2位
200m  田中孝史(3年) 22秒47 8位
5000m競歩 白鳥智也(3年) 24分09秒82 2位
800m  茂木新(2年) 2分02秒21 県大会出場
走高跳  水野裕貴(2年) 1m70 県大会出場
4×100mR 小柏-藤田-佐久間-田中 42秒88 5位
4×400mR 三浦-茂木-田中-佐久間 3分28秒20 県大会出場

<女子> 総合6位
5000m競歩 杉谷真希(2年) 25分49秒47 優勝!(大会新)
5000m競歩 岩田奈々(2年) 27分01秒98 2位
5000m競歩 矢ヶ部未奈(3年) 28分32秒21 3位
1500m 大塚沙弥(1年) 4分40秒14 優勝!
1500m 大野聖奈(3年) 4分45秒99 6位
800m  大野聖奈(3年) 2分19秒31 8位
800m  大塚沙弥(1年) 2分22秒11 県大会出場
400mH 松本茉莉(3年) 1分6秒30 3位
走高跳  松本茉莉(3年) 1m40 県大会出場
400m  江口響(2年) 1分00秒49 県大会出場
3000m 杉谷真希(2年) 10分50秒57 県大会出場
4×400mR 江口-松本-大野-大塚 4分03秒05 4位

女子競歩は3位まで独占でした!
女子は出場選手9名と少ない人数ですが、過去最高の結果でした。
以上の21種目で県大会に臨みます。


5000m競歩優勝


110mH優勝

陸上部 ジュニア選抜競歩大会

2月15日に兵庫県の神戸六甲アイランド甲南大学で行われたジュニア選抜競歩大会(女子5km)に1年生の岩田が出場しました。

この大会は標準記録を突破した一部の選手しか出場できないレベルの高い全国大会です。インターハイ選手が多く出場し、世界大会の選考レースにも指定されています。
この日のために、雪の降る日も練習を続けてきました。

ロードレースでの競歩は始めてでしたが、結果は自己新記録(25分29秒)の46位と大舞台でよく頑張りました。
入賞はできませんでしたが、来年度の関東大会上位入賞、インターハイ出場を狙うために、レベルの高い場で競うことができ、良い経験になりました。
あと1ヶ月、冬季練習を乗り越え、さらにレベルアップします!

陸上競技部 県高校駅伝大会

11月5日、熊谷スポーツ文化公園内で県高校駅伝大会が行われました。
この大会は12月に京都で行われる全国大会の予選会でもあります。

本校は2年生が修学旅行のため、1年生5人で組んだ女子チームのみの参加となりましたが、来年に向けてよい経験になりました。

<女子総合26位(出場49チーム)>
1区(5km)杉谷 区間28位
2区(4km)岩田 区間32位
3区(3km)島田 区間18位
4区(3km)杉本 区間32位
5区(4km)関根 区間23位

陸上部 新人戦関東大会

10月25日、茨城県笠松運動公園にて新人戦関東大会が行われました。
本校からは、県大会で2位に入賞した岩田(1年)が女子5000m競歩に出場。

天候は晴れで気温は21℃、絶好のコンディションの中レースが行われました。
各県3名×8県の計24名が出場できるこの関東大会は来春のインターハイ予選の前哨戦でもあります。
レースは前半、先頭集団から離される場面もありましたが、ラストスパートをかけて追い込んだ結果、26分11秒97の自己記録で8位入賞!

春の大会に続き、陸上部として今年度2つ目の関東大会入賞を決めました。
来年はインターハイ出場を目指します。

陸上部 新人戦県大会

9月29日~10月1日までの3日間、熊谷スポーツ文化公園にて新人戦県大会が行われました。
地区大会を突破した、個人11種目、リレー3種目の計14種目に出場しました。
昨年以上の4種目入賞、うち1種目で関東出場という良い結果で終えることができました。

主な結果は以下の通りです。

女 5000m競歩 第2位 岩田奈々(1年) 関東大会出場決定!
女 5000m競歩 第6位 矢ヶ部未奈(2年)
男 110mH 第4位 藤田寛明(2年)
男 走幅跳 第4位 田中孝史(2年)
男 4×100mR 小柏-藤田-田中孝-佐久間 準決勝進出
男 4×400mR 田中芳-茂木-田中孝-三浦 準決勝進出

3位までが関東大会出場権を得られる大会です。あと1歩というところで関東を逃した種目もありますが、来春は必ず関東、そして全国へ駒を進めたいと思います。


5000m競歩 関東大会出場決定!暑さの中、よく頑張りました。

陸上部 新人戦南部地区大会

9月13、14日の2日間、上尾運動公園で新人戦南部地区大会が行われました。

夏休みの強化合宿で力をつけ、また天気にも恵まれ、好記録を出すことができました。
主な結果は以下の通りです。

<男子>
110mH 藤田寛明(2年) 優勝 15秒24
走幅跳 田中孝史(2年) 2位 6m90cm
200m 田中孝史(2年) 23秒04 県大会出場
800m 茂木新(1年) 5位 2分02秒45
走高跳 水野裕貴(1年) 1m70cm 県大会出場 
4×100mR 小柏-藤田-田中孝-佐久間 4位 43秒60
4×400mR 三浦-茂木-田中孝-田中芳 8位 3分29秒94

110mH 自己新の好タイムで優勝!


走幅跳 自己新で2位入賞

<女子 総合8位
5000m競歩 岩田奈々(1年) 優勝 26分52秒30
5000m競歩 矢ヶ部未奈(2年) 2位 28分42秒30
走高跳 松本茉莉(2年) 5位 1m45cm
400mH 松本茉莉(2年) 6位 1分10秒78
800m 大野聖奈(2年) 8位 2分24秒85
1500m 大野聖奈(2年) 4分57秒26 県大会出場
4×400mR 県大会出場


5000m競歩 1年生ながら、好タイムで優勝!

以上14種目で県大会出場権を獲得しました。
県大会でも入賞を目指します!

陸上部 夏合宿

8月5日~8日までの4日間、新潟県妙高市の合同合宿に参加しました。
浦和高校、浦和一女、市立浦和など計12校、総勢250名での大人数での合宿です。

埼玉県が猛暑日になる中、クーラーの必要ない涼しい環境で練習し、充実した4日間になりました。


短距離は4日間、このグランドで練習します。


各校、テントを張って休憩しています。


選手もたくさんいますが、スタッフも充実しています。
長距離・中距離・競歩・男女短距離・跳躍・ハードル・投てきのブロックごとに専門のコーチが指導します。


男子短距離の練習風景。このブロックは60名の大所帯。
全員で声を掛け合い、盛り上がって練習していました。

9月の新人戦では、この4日間の成果を発揮し、全員が自己記録の更新を目指します。

陸上競技 国体予選南部地区大会!(体験入学の日の予定も掲載)

7月21、22日の2日間、上尾運動公園で国体予選南部地区大会が行われました。

多くの学校はこの大会で3年生が引退しますが、本校は受験勉強のため5月で引退。
この大会は1、2年生のみで挑みます。

主な結果は以下の通りです。
男 110mH 藤田寛明(2年) 優勝 15秒45
男 走高跳  水野裕貴(1年) 8位  1m70
女 5000m競歩 岩田奈々(1年) 優勝 28分40秒07
女 5000m競歩 矢ヶ部未奈(2年) 2位 28分55秒57
女 1年生1500m 杉谷真希(1年) 7位 5分03秒80
女 走高跳 松本茉莉(2年) 8位 1m45


110mH優勝!


1年生1500m入賞!

なお、8月7、8日の体験入学は合宿中(新潟県妙高市)のため校内での練習はありません。

陸上競技 学総関東大会 報告!

6月21日(土)、神奈川県の相模原ギオンスタジアムで学総関東大会が行われ、女子円盤投に山田彩夏(3年)が出場しました。

茨城、群馬、栃木、埼玉の各県上位6名、計24名が出場する北関東ブロック。
本校からは部員全員50名以上の大応援団を結成し、山田の応援に向かいました。

競技は3投ずつ投げて、まずベスト8を決定します。
1投目は自己記録に迫るまずまずの投擲で6位。
2投目は失敗投擲となり、記録を伸ばせず順位は8位に。
3投目も失敗し、記録を伸ばせません。この時点で8番目。

24選手中、試技順が5番目だったため、残りの19人の結果を待つことに。
1人でも山田の記録を越えれば、ベスト8には入れません。

自己記録では大きく山田を越える選手が何人もいる中、何とか8番手を守ります。
23番目の選手も記録を伸ばせず、残るはあと1人!
24番目の選手は2投目に自己ベストを更新し、現在10位。
応援も祈るのみ!

そして……
ギリギリ8番目でベスト8決定!
ここで、会場内に選手紹介がされ、その後、さらに3回投げることができます。
計6投を投げ、6位までがインターハイ出場となります。



4投目は34m74cmと自己記録を更新し6位に浮上。
しかし、他の選手も記録を伸ばし、すぐに8位に。

5投目、6投目は記録を伸ばせず8位で競技終了。
6位インターハイまでは約2mでした。



この大舞台で自己記録を更新し8位入賞という素晴らしい結果でした。
また、応援の1、2年生も刺激をもらいました。
この経験を自分たちの力に変えて、来年はいよいよインターハイ出場を目指します。

陸上競技 学校総合県大会

5月10~13日までの4日間、熊谷スポーツ文化公園でインターハイ県予選が行われました。

初日は強風で思うように記録が伸びず、悔しい思いもしました。
また、4日間開催という長丁場を乗り切るためには、体力や精神力も必要です。
出場選手以外のサポートや応援も力になりました。

主な結果は以下の通りです。
<女子>
円盤投 山田彩夏(3年) 34m69 第4位 関東大会出場決定!
砲丸投 山田彩夏(3年) 11m02cm 第7位入賞
400mH 荻原典亜(3年) 1分08秒36 準決勝進出

<男子>
400mH 入江昌樹(3年) 55秒23 第8位入賞
110mH 藤田寛明(2年) 16秒03 準決勝進出
100m  藤田寛明(2年) 11秒30 準決勝進出
4×100mR 43秒86 準決勝進出

入賞3種目、そのうち円盤投の山田が関東大会出場を決めました。
6月21日に相模原で行われる関東大会で6位以内に入ればインターハイ出場となります。


学校総合南部地区大会(陸上競技)

4月25日~27日までの3日間、上尾運動公園陸上競技場で学校総合体育大会南部地区予選会(インターハイ予選)が行われました。

天候にも恵まれ、多くの選手が自己新記録を更新しました。
県大会で入賞を狙える記録もあり、関東大会出場を目指して練習を続けていきます。

主な結果は以下の通りです。

<男子>
100m 藤田寛明(2年) 11秒28 県大会出場
100m 田中孝史(2年) 11秒29 県大会出場
100m 小柏大祐(2年) 11秒36 準決勝進出
400m 入江昌樹(3年) 51秒64 県大会出場
5000m 杉田達郎(3年) 16分11秒96 県大会出場
110mH 藤田寛明(2年) 15秒50 3位 県大会出場
110mH 小柏大祐(2年) 17秒23 県大会出場
400mH 入江昌樹(3年) 55秒62 4位 県大会出場
400mH 青木亮太(3年) 1分00秒44 県大会出場
走幅跳 谷佳典(3年) 6m45cm 5位 県大会出場
走幅跳 田中孝史(2年) 県大会出場(シード選手)
4×100mR 43秒90 8位 県大会出場
4×400mR 3分27秒60 県大会出場

<女子> 総合6位
800m 大野聖奈(2年) 2分26秒85 県大会出場
1500m 大野聖奈(2年) 5分01秒03 県大会出場
1500m 鈴木沙奈(3年) 4分47秒70 4位 県大会出場
3000m 鈴木沙奈(3年) 10分17秒11 7位 県大会出場
400mH 荻原典亜(3年) 県大会出場(シード選手)
5000m競歩 矢ヶ部未奈(2年) 31分19分57 2位 県大会出場
円盤投 山田彩夏(3年) 34m67cm 優勝 県大会出場
砲丸投 山田彩夏(3年) 10m50cm 3位 県大会出場
走高跳 松本茉莉(2年) 1m45cm 6位 県大会出場
三段跳 黒崎ひかる(3年) 9m69 県大会出場
4×100mR 県大会出場
4×400mR 4分11秒31 7位 県大会出場

以上25種目で県大会に出場します。

110mH 藤田

女子は総合6位になりました!

県高校駅伝(陸上競技部)

11月6日、熊谷スポーツ文化公園周辺で県高校駅伝が行われました。
 
天候にも恵まれ、好記録が期待できる中での大会でした。
 
<男子>浦和南、大宮南高との合同チームでの出場となりました。
本校から出場した2人は2年生です。直前まで修学旅行に行っていたため、十分な調整ができない中でのレースとなりましたが、良い走りを見せてくれました。
 
1区 10km 区間 7位
2区  3km 区間28位
3区  8km 区間40位
4区  8km 杉田達郎 区間23位
5区  3km 川上隆太 区間16位
6区  5km 区間20位
7区  5km 区間29位
総合 22位(出場78チーム)
 
<女子>長距離の女子5名全員で、ギリギリ単独チームでの出場ができました。
 
1区 6km 鈴木沙奈(2年) 区間19位
2区 4km 川田美妃(2年) 区間39位
3区 3km 鈴木若菜(2年) 区間44位
4区 3km 矢ヶ部未奈(1年) 区間43位
5区 5km 大野聖奈(1年) 区間33位
総合 32位(出場52チーム)
 
1区 鈴木
 
2区 川田
 
5区 大野
 
1年生はこの経験を、これからのレースや駅伝に活かせればと思います。

新人戦県大会

9月25~27日まで熊谷スポーツ文化公園で新人戦県大会が行われました。
 
南部地区大会を突破した15種目に出場し、入賞3種目という結果でした。
また、入賞まであと一歩という種目も多くありました。
大きな舞台で力を発揮できるチームが、徐々にできあがっているように感じました。
今年度のトラック公式戦は終了です。冬は駅伝に力を入れて練習していきます。
 
主な結果は以下の通りです。
女 砲丸投 第6位 山田彩夏(2年) 10m40
女 円盤投 第6位 山田彩夏(2年) 32m28
男 走幅跳 第8位 田中孝史(1年) 6m54
 
男 110mH 藤田寛明(1年) 16秒34 準決勝進出 10位
男 400mH 入江昌樹(2年) 57秒18 準決勝進出 12位
女 400m  荻原典亜(2年) 61秒41 準決勝進出 12位
女 400mH 荻原典亜(2年) 66秒57 準決勝進出 9位
女 走高跳  松本茉莉(1年) 1m50           11位  
女 3000m 鈴木沙奈(2年) 10分17秒31       13位
 
 
砲丸投・円盤投2種目入賞!
 
走幅跳は田中が春に続き8位入賞!
 
 
110mH 藤田(1年) 来年は入賞を目指します

新人戦南部地区大会

9月13、14日に上尾運動公園陸上競技場で新人戦の南部地区大会が行われました。
 
主な結果は以下の通りです。 
 
女子(総合5位
砲丸投 山田彩夏(2年)  10m25 3位
円盤投 山田彩夏(2年)  30m22 3位
1500m 鈴木沙奈(2年) 4分50秒52 3位
3000m 鈴木沙奈(2年) 10分23秒77 5位
5000m競歩 矢ヶ部未奈(1年) 34分53秒40 3位
400m     荻原典亜(2年) 1分01秒13 7位
400mH 荻原典亜(2年) 1分08秒96 7位
走高跳 松本茉莉(1年)  1m45 6位
4×400mR 荻原-松本-小池-黒崎 4分13秒10 5位
4×100mR 小池-荻原-黒崎-松本 52秒53 県大会出場
 
男子
400mH 入江昌樹(2年) 55秒87 3位
走幅跳 田中孝史(1年) 6m54 5位
110mH 藤田寛明(1年) 16秒55 8位
4×100mR 田中孝-藤田-佐久間-谷 44秒61 5位
4×400mR 平野-入江-青木-野口 3分35秒18 県大会出場
 
昨年以上に入賞者が増え、県大会でも活躍が期待できます。
 
女1500m・3000mで種目入賞の鈴木沙奈
 
 
男400mHで3位入賞の入江昌樹
 
 
女子総合第5位!この少ない人数で、強豪校とよく戦いました。
 

国体最終予選(陸上競技部)

8月13日、上尾運動公園で国体最終予選が行われました。
7月の地区大会の各地区4名(計16名)が参加したこの大会。
合宿後すぐの日程で、疲れが残る中の試合となりましたが、走幅跳では優勝することができました。
記録的には満足できるものではありませんでしたが、合宿の成果を試す良い機会となりました。
 
結果は以下の通りです。
男 走幅跳 田中孝史(1年) 優勝 6m51cm
男 110mJH 藤田寛明(1年) 予選 16秒29

合同合宿(陸上部)

8月6日~9日まで新潟県妙高市で13校合同の合宿を行いました。
今年は4日間通して天候に恵まれ、例年以上に充実した練習となりました。
 
ハードル・投擲・跳躍等の技術面はもちろん、集団での練習による精神的な面での成長も図ることができ、9月の新人戦に向けて良いきっかけになったと思います。
 
短距離だけでこの人数です。
 
 
他校と練習することで良い刺激をもらうことができました。
 
長距離はまだ薄暗い5時から朝練開始です。
標高が高いため、この時間の気温は18℃!
 

国体南部地区(陸上部)

7月20日、21日と上尾運動公園で国体南部地区予選が行われました。
他の学校は3年生が出場する中、本校は3年生が引退しているため1、2年生のみで挑みました。
 
入賞者は以下の通りです。
 
男走幅跳   田中孝史(1年) 第1位 最終予選出場 
男110mJH 藤田寛明(1年) 第4位 最終予選出場
男110mJH 小柏大祐(1年) 第7位
女円盤投   山田彩夏(2年) 第4位
女400mH  荻原典亜(2年) 第7位
女400m   荻原典亜(2年) 第8位
女1500m  鈴木沙奈(2年) 第8位
女4×100mR 第4位
女4×400mR 第7位
 
 
女子円盤投 山田
 
 
女子1500m 鈴木
 
最終予選は8月13日に行われます。
 
8月の合宿を乗り越え、秋の新人戦では県で入賞を目指します。

埼玉県選手権

6月28日~30日に行われた埼玉県選手権(熊谷)に出場しました。
 
3日間で個人5種目、リレー4種目に出場しました。
この大会は、標準記録を突破した選手のみが参加できる大会です。
中学、高校、大学、一般、実業団の選手が一緒になる、埼玉で最高峰の大会です。
 
リレーは今大会から1、2年生の新チームとなり、昨年よりもいいスタートが切れました。
 
出場した種目は以下の通りです。
男400mH 入江昌樹(2年)
男走幅跳  伊藤駿(3年)
男走幅跳  田中孝史(1年)
男4×100mR 佐久間-田中孝-谷-石塚
男4×400mR 入江-平野-石塚-野口
女砲丸投  山田彩夏(2年)
女円盤投  山田彩夏(2年)
女4×100mR 松坂-荻原-小池-松本
女4×400mR 松坂-荻原-松本-小池
 
次は7月の国体南部予選に向けて練習を継続していきます。
 

関東大会結果(陸上部)

6月14日、熊谷スポーツ文化公園で行われたインターハイ北関東予選に、1年の田中孝史が走幅跳で出場しました。
 
群馬・栃木・茨城・埼玉から各6名、計24名が出場。
上位6名が全国大会に出場できる大会です。
出場者の記録順では20番目でしたが、6m49cmで18位。
 
自己ベストの更新はなりませんでしたが、貴重な経験となりました。
また、他の部員も、レベルの高い競技と県大会にはない緊張感のある大会を見ることができ、刺激をもらうことができました。
 

学校総合県大会(関東決定!)

5月11日~14日までの4日間、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で、インターハイ県予選が行われました。
 
出場25種目と、選手も応援も大変でしたが、1年生の田中孝史が走幅跳で6位入賞!
関東大会の出場権を獲得しました(各種目6位までが関東大会)!!
南部地区大会は8位でしたが、他の選手が雨で本来の力が出せない中、見事6位入賞。
7位とは1cm差(8位とも2cm差)の激戦を制しての入賞でした。
 
主な結果と自己記録を更新した種目は以下の通りです。
 
男 走幅跳 田中孝史(1年) 6m65cm 第6位
女 1500m 小笠原香苗(3年) 4分53秒77 決勝進出 12位
女 800m  小笠原香苗(3年) 2分21秒45 準決勝進出
男 800m  茂木研(3年) 1分58秒72 準決勝進出
男 400mH 入江昌樹(2年) 57秒34 準決勝進出
女 400m 荻原典亜(2年) 1分1秒15
女 400mH 荻原典亜(2年) 1分10秒63
女 100m 岡田みちる(1年) 13秒14
女 三段跳 鷺谷なるみ(3年) 10m11cm
男 110mH 藤田寛明(1年) 17秒06
男 4×100mR 佐久間-平野-寺門-吉川 45秒17
男 4×400mR 入江-茂木-吉川-平野 3分31秒72
女 4×400mR 荻原-板東-松坂-小金丸 4分6秒70
 
 
800mで自己記録を大幅更新し準決勝に残った茂木(3年)
 
400mHで準決勝に進出した入江(2年)
来年は決勝を目指します。
 
1500m決勝 小笠原(3年) 
 
関東大会は6月に同じ熊谷で行われます。
北関東代表(各県6名)の24名のうち上位6名がインターハイ(全国大会)へ進めます。
 
 

学校総合南部地区大会(陸上競技部)

4月26日(金)~28日(日)の3日間、上尾運動公園で学校総合南部地区大会が行われました。
短距離は約半年ぶりの公式戦となり、長い冬季練習を経てここに照準を合わせて来ました。
 
3日間とも天気は良かったものの、風が強く難しいレースとなりました。
その中でも自己新を多数更新し、近年では最高の結果を残すことができました。
ここ数年でチーム全体として着実に力をつけていることが実感できる大会となりました。
また、1年生も県大会出場権を獲得し、新しい力も加わっています。
 
<男子>
走幅跳 伊藤駿(3年)      6m79    第3位
三段跳 伊藤駿(3年)                        県大会出場シード権保有
走幅跳 田中孝史(1年)     6m69      第8位
800m 茂木研(3年)  2分01秒49 第5位
400mH 入江昌樹(2年) 58秒16  県大会出場
110mH 藤田寛明(1年) 17秒06  県大会出場
4×100mR 佐久間‐平野‐寺門‐石塚 45秒80     県大会出場
4×400mR 吉川‐茂木‐入江‐今多   3分37秒04 県大会出場
 
<女子> 総合6位 
5000m競歩 坂本佳帆(3年) 27分54秒29 優勝 
砲丸投 山田彩夏(2年) 10m24 第2位
砲丸投 戸川朝美(3年) 8m21  県大会出場
800m 小笠原香苗(3年)   2分24秒26 第3位
1500m 小笠原香苗(3年) 4分51秒98 第6位
円盤投 山田彩夏(2年) 30m41 第4位
円盤投 戸川朝美(3年) 29m63 第6位
3000m 鈴木沙奈(2年) 10分43秒35 第8位
4×100mR 小池‐松坂‐荻原‐岡田    51秒06    第8位
4×400mR 小金丸‐荻原‐板東‐小笠原 4分16秒53 第7位
100m 岡田みちる(1年) 13秒45       県大会出場
400m 荻原典亜(2年)   1分01秒77 県大会出場
400m 小金丸葵冴(3年) 1分02秒26 県大会出場
400m 板東真央(3年)   1分02秒88 県大会出場
400mH 板東真央(3年) 1分09秒27  県大会出場
400mH 荻原典亜(2年) 1分11秒21  県大会出場
三段跳 鷺谷なるみ(3年) 9m56 県大会出場
 
合計25種目で県大会の出場権を獲得しました!
 
女子1500m 6位 小笠原香苗 800mと2種目入賞!
 
女子100m 岡田みちる 1年生も健闘しました!
 
女子砲丸投 山田彩夏 自己新で目標の10mに
 
 
女子36点(総合6位) 男子11点 と男女ともに頑張りました! 
 
5月11日から熊谷で県大会が行われます。
出場25種目、すべて自己記録の更新を狙っていきます。

南部地区新人駅伝

2月2日(土)、大宮武蔵野高校周辺で、南部地区新人駅伝大会が行われました。
 
結果は、女子が4位入賞と大健闘しました!!
 
女子 総合4位
1区 3km 鈴木沙奈  (1年) 区間2位
2区 3km ハウ朝美  (2年) 区間4位
3区 3km 小笠原香苗(2年) 区間5位
4区 3km 坂本佳帆  (2年) 区間7位
 
 
男子 総合9位
1区 5km 新妻直志   (2年) 区間19位
2区 3km 今多航基   (2年) 区間11位
3区 5km 茂木研      (2年) 区間12位
4区 3km 荻田準一朗(2年) 区間15位
5区 5km 杉田達郎   (1年) 区間15位
 
 
 
来年は男女ともに入賞を目指します。
 
また、この大会で長距離の駅伝シーズンが終了しました。
4月からのトラックシーズンに備え、練習を続けていきます。

県高校駅伝

11月7日(水)、熊谷スポーツ文化公園周辺で県高校駅伝が行われました。
 
優勝すれば、全国大会、都大路。
強豪校の駅伝チームはこの大会に向けて1年間準備してきます。
 
修学旅行のため昨年は不出場でしたが、今年は男女とも出場しました。
結果は以下の通りです。
 
男子(72校+合同9チーム=81チーム出場)
1区 10km 新妻直志(2年)   区間31位
2区  3km 荻田準一朗(2年)  区間62位
3区  8km 杉田達郎(1年)   区間46位
4区  8km 川上隆太(1年)   区間61位
5区  3km 酒井進汰(2年)   区間37位
6区  5km 茂木研(2年)    区間32位
7区  5km 今多航基(2年)   区間42位
 
計 42.195km 2時間29分56秒 37位
 
女子(47校+合同7チーム=54チーム出場)
1区 6km ハウ朝美(2年)  区間27位
2区 4km 小笠原香苗(2年) 区間17位
3区 3km 坂本佳帆(2年)  区間20位
4区 3km 川田美妃(1年)  区間24位
5区 5km 鈴木沙奈(1年)  区間11位
 
計 21.0975km 1時間22分36秒 19位
 
 
男子スタート直前
 
3区杉田
 
 
 
長距離シーズンはここからです。
今年も、いくつかの駅伝やロードレース等に参加する予定です。

陸上部新人戦県大会

9月27日~30日まで、熊谷スポーツ文化公園で県大会が行われました。
 
昨年は地区大会がピークになってしまい、県大会で力を発揮できませんでした。
その反省をもとに2つ目のピークを作り、大会に臨みました。 
 
地区大会を突破した20種目に出場、結果は入賞3種目、自己新が約50%と昨年以上の結果を残すことができました。ここ数年で最高の結果となりました。
主な結果は以下の通りです。
 
女5000m競歩 坂本佳帆(2年) 28分16秒70 第6位 自己新
女砲丸投     山田彩夏(1年) 9m89 第7位 自己新
男三段跳     伊藤駿(2年) 13m33 第8位 自己新
女1500m    小笠原香苗(2年) 4分54秒30 決勝進出
女800m     小笠原香苗(2年) 2分21秒76 準決勝進出 自己新
女400mH    板東真央(2年) 1分7秒65 準決勝進出
男400mH    入江昌樹(1年) 58秒65 準決勝進出 自己新
女3000m    ハウ朝美(2年) 10分33秒38 自己新
女3000m    鈴木沙奈(1年) 10分36秒39 自己新
男4×400mR  入江-茂木-吉川-今多 3分33秒12 チーム新
女4×100mR  小池-松坂-荻原-小金丸 53秒18 チーム新   
 
1年生の活躍も目立ち、今回入賞した選手は来年、関東大会に出場できる力を持っています。
トラックでの公式戦は今年度は終了です。
今後は駅伝シーズンです。長距離は、県高校駅伝に向けて練習していきます。
 
3日の大会は疲れをいかに溜めないか、ということも重要です。
9時半に競技開始で、終了は18時近くになります。
熊谷の競技場は、昨年日本選手権が開催された大きな会場です。
ゆずの「栄光の架橋」や、いきものがかりの「風が吹いている」のPVにも出てきます。
5000m競歩6位入賞の坂本。歩型違反を3回すると失格です。
 
800m準決勝、1500m決勝進出の小笠原
 
男三段跳8位入賞の伊藤
 
女砲丸投7位入賞の山田

新人戦南部地区大会

9月16日、17日と上尾運動公園で新人戦南部地区大会が行われました。
 
夏休みの厳しい練習、合宿を乗り越え、この大会を目標にしてきました。
昨年度よりもさらに入賞者、県大会進出者が増えました。
 
主な結果は以下の通りです。
 
女子(総合5位
5000m競歩 坂本佳帆(2年) 第1位 30分03秒10
砲丸投 山田彩夏(1年) 第2位 9m77
円盤投 山田彩夏(1年) 第3位 28m92
円盤投 戸川朝美(2年) 第5位 27m86
800m 小笠原香苗(2年) 第6位 2分25秒67
1500m 小笠原香苗(2年) 第6位 4分51秒73
400mH 板東真央(2年) 第6位 1分06秒40
4×400mR 荻原-板東-小金丸-小笠原 第6位 4分16秒18
400m 板東真央(2年) 1分01秒02 県大会出場
400m 小金丸葵冴(2年) 1分02秒55 県大会出場
3000m ハウ朝美(2年) 10分45秒41 県大会出場
3000m 鈴木沙奈(1年) 10分48秒09 県大会出場
4×100mR 小池-黒崎-荻原-小金丸 53秒86 県大会出場
 
男子
走幅跳 伊藤駿(2年) 6m62 第3位
三段跳 伊藤駿(2年) 12m71 第6位
400mH 入江昌樹(1年) 58秒86 第6位
1500m 新妻直志(2年) 4分11秒22 県大会出場
5000m 新妻直志(2年) 16分17秒49 県大会出場
4×100mR 石塚-吉川-寺門-伊藤 45秒48 県大会出場
4×400mR 入江-茂木-吉川-今多 3分35秒77 県大会出場
 
男女合計20種目で県大会出場権を獲得しました(近年では最高)。
昨年は、地区大会で力を出し切り、県大会で自己記録の更新ができませんでした。
今年は、県大会での更なる自己記録の更新と上位入賞を狙います。
 
女1500m 小笠原
 
男走幅跳 伊藤
 
男5000m 新妻
 
男400mH 入江
 
女円盤投 戸川
 
女4×400mR

陸上部 合同合宿

8月4日~7日まで、新潟県の妙高で3泊4日の合同合宿に行ってきました。
県内の14校、約300名の生徒が集まり、普段できないようなトレーニングを積んできました。この合宿参加者から毎年インターハイ選手が出ており、それぞれの種目で質の高い練習をしてきました。
 
 
良い景色の中で練習にも力が入ります。
 
短距離男子の坂道練習。他校の生徒と競い合い、質の高い練習になりました。
途中、市立浦和高OBで世界陸上に出場した藤光謙司選手も応援に駆けつけてくれくれました。
 
 
長距離は牧場での高地トレーニング。霧も出て寒いくらいでした。
日中でも15℃くらい!
 
合宿の最終日は毎年恒例エンドレスリレーで締めくくりました。 
 
合宿を終え、体力、技術力、精神力のレベルアップができました。
これをきっかけに、9月の新人戦で良い結果が出せるようさらに練習を続けていきます。

国体南部地区大会

7月21、22日と上尾運動公園で国体南部地区大会が行われました。
 
毎年、猛暑の中行われるこの国体予選。
今年は2日間とも涼しく、長距離の記録が大幅に更新できました。
 
他の学校は3年生が出場していますが、本校は3年生が引退し、
1、2年生のみでの参加です。
その中で、入賞9種目+決勝進出1種目という結果でした。
昨年は入賞4種目でしたので、部全体がレベルアップできていることが確認されました。
 
主な結果は以下の通りです。
男 走幅跳 伊藤駿(2年) 第2位 6m46cm
男 三段跳 伊藤駿(2年) 第3位 13m19cm
女 800m 小笠原香苗(2年) 第5位 2分26秒11
女 1500m 小笠原香苗(2年) 第6位 4分51秒92
女 400mハードル 板東真央(2年) 第6位 1分8秒42
女 5000m競歩 坂本佳歩(2年) 第2位 28分56秒54
女 B1500m 鈴木沙奈(1年) 決勝進出  5分15秒18
女 4×400mリレー 板東-小笠原-小金丸-荻原 第6位 4分15分98
女 砲丸投 山田彩夏(1年) 第4位 9m37cm
女 円盤投 山田彩夏(1年) 第8位 24m83cm
 
5000m競歩2位の坂本 
 
400mハードル6位の板東(2年)
 
円盤投8位の山田(1年)の投擲 
 
1500m6位の小笠原(2年)
 
 
B1500m決勝進出の鈴木(1年)
 
 
 
走幅跳2位の伊藤(2年) の跳躍
 
4×400mリレー 6位 写真はアンカーの荻原(1年)
 
夏休みは新潟で合宿を行い、9月の新人戦で県大会出場を目指します。
 

埼玉県選手権

6月29日~7月1日に熊谷スポーツ文化公園にて、埼玉県選手権が行われました。
3年生が引退して初めての公式戦となります。
 
本校からは、個人4種目、リレー4種目に出場しました。
本大会は、参加標準記録を突破した選手のみが出場できるレベルの高い大会です。
標準記録を突破するのは、県大会に出場するよりも大変で、高校生は出場するだけでも価値があります。
昨年は個人1種目、リレー3種目でしたので、部としてもレベルが上がってきています。
 
結果は、以下の通りです。
 
女400mH 板東真央(2年) 1分7秒67
女5000m競歩 坂本佳帆(2年) 28分38分96 自己新
女円盤投 宮下如咲(3年) 25m46
女砲丸投 山田彩夏(1年) 9m43 自己新
女4×100mR 鷺谷-板東-小金丸-荻原 53秒22
女4×400mR 板東-小笠原-小金丸-荻原 4分13秒39
男4×100mR 石塚-吉川-入江-伊藤 45秒56
男4×400mR 入江-吉川-茂木-今多 3分35秒44
 
大学生や実業団の選手と一緒になり、良い経験となりました。 

学校総合県大会

5月12日~15日までの4日間、熊谷スポーツ文化公園にて、学校総合体育大会県大会(通称インターハイ予選)が行われました。
 
県内で開催される高校生の大会としては、1年間で最も規模の大きい大会です。
 
先日の地区大会を突破した15種目に出場しました。
自己記録を更新したのは以下の種目です。
 
女400mH 板東真央(2年) 67秒41 準決勝進出 
女800m 小笠原香苗(2年) 2分24秒16
女円盤投 戸川朝美(2年) 23m65
女砲丸投 山田彩夏(1年) 9m29
女1600mR 板東‐小笠原‐小金丸‐鷺谷 4分14秒48
男走幅跳 伊藤駿(2年) 6m48
男三段跳 伊藤駿(2年) 13m32
 
女400mHで準決勝に進出した板東
 
また、3年生は一部を除き、この大会で引退となりました。
1、2年生は夏の国体予選に向けて、新体制で練習を続けていきます。

学校総合南部地区大会

4月29日~5月1日の3日間、上尾運動公園で学校総合体育大会南部地区予選が行われました。
レベルの高い南部地区ですが、昨年度よりもさらに多くの県大会出場権を獲得しました。
 
県大会出場は以下の15種目です。
女5000m競歩 坂本佳帆(2年) 29分34秒51 第3位
女円盤投     宮下如咲(3年) 28m07     第4位
女円盤投     戸川朝美(2年) 22m58
女砲丸投     山田彩夏(1年) 9m23      第4位
女砲丸投      宮下如咲(3年) 8m79      第6位 
女やり投      宮下如咲(3年) 30m59     第5位 
女400m     板東真央(2年) 61秒80     第8位
女400mH    板東真央(2年) 67秒68     第6位
女800m     小笠原香苗(2年) 2分26秒08
女1500m    小笠原香苗(2年) 5分02秒38 決勝進出
女1600mR       板東‐小金丸‐小笠原‐鷺谷 4分21秒61
男走幅跳     伊藤駿(2年)   6m42             第8位
男三段跳     伊藤駿(2年)   13m06           第6位
男400mR        寺門‐吉川‐月岡‐伊藤 45秒23
男1600mR     月岡‐吉川‐茂木‐武藤 3分29秒77
 
また、女子が学校総合5位(27点)となりました!!
 
女子5000m競歩で3位入賞の坂本
 
女子400mハードルで8位入賞の板東のスタート
 
 
男子走幅跳で8位入賞の伊藤の跳躍
 
 
女子総合第5位の快挙!!
 
県大会は5月12日~15日に熊谷で行われます。

千葉国際クロスカントリー大会

2月12日、千葉県の昭和の森で行われた「千葉国際クロスカントリー大会」に出場しました。
 
一般の部では箱根駅伝に出場した選手、ジュニアの部でも全国大会に出場した選手が多く見られ、レベルの高い競争でした。ちなみに上位入賞者は日本代表として国際大会に出場できます。
 
本校からは男子7名、女子1名が出場し起伏のあるコースで苦労しながらも、全員完走しました。短距離、中距離選手は浦和南高校と合同練習を行った後、応援をしました。
全国レベルの走りを見ることができ、良い経験になりました。
 
ジュニア男子4km
三橋健斗(2年) 13分57秒 197位
茂木研   (1年) 14分14秒 282位
新妻直志(1年) 14分25秒 325位
増子望都(2年) 14分32秒 350位
道場一祥(2年) 14分44秒 377位
横浜嵩之(2年) 15分13秒 421位
武藤優樹(2年) 16分00秒 443位
 
ジュニア女子5km
小笠原香苗(1年) 21分26秒 301位
 
国際大会です。海外からの招待選手もいました。

途中で丸太も飛び越えなければいけません。
 
全員クロスカントリーの出場は初めてでした。

南部地区新人駅伝

2月4日、大宮武蔵野高校で南部地区新人駅伝が行われ、
男女1チームずつが参加しました。
 
天気も良く、昨年の記録を上回るタイム、順位でゴールできました。
 
男子 15位(29チーム中)、学校対抗12位(22校中)
1区 5km 三橋健斗(2年) 区間9位
2区 3km 茂木研(1年)   区間10位
3区 5km 新妻直志(1年) 区間13位
4区 3km 横濱嵩之(2年) 区間18位
5区 5km 道場一祥(2年) 区間21位
 
女子 14位(20チーム中)、学校対抗10位(12校中)
1区 3km 小笠原香苗 区間10位
2区 3km 新妻優花   区間13位
3区 3km 坂本佳帆   区間14位
4区 3km ハウ朝美   区間16位
 
 
 
 
短距離は、富士山をバックに坂ダッシュの練習をした後、応援をしました。
 

奥むさし駅伝

1月29日、飯能市周辺を走る奥武蔵駅伝に男子1チームが参加しました。
 
全国高校駅伝に出場した高校、箱根駅伝に出場した大学もエントリー。
また、埼玉県庁チームでは公務員ランナーの川内選手も出場していました。
高校約60チーム、一般約150チームが走る大きな大会です。
 
結果は以下の通りです。
山の中を走る厳しいコースでしたが、完走できました。
1区 9.9km 三橋健斗(2年) 35分22秒(区間50位)
2区 5.4km 新妻直志(1年) 20分14秒(区間52位)      
3区 4.2km 武藤優樹(2年) 16分08秒(区間48位)
4区 4.6km 茂木研(1年)   15分18秒(区間39位)
5区 5.3km 道場一祥(2年) 17分40秒(区間46位)
6区 9.3km 横濱嵩之(2年) 34分29秒(区間54位)
総合 2時間19分11秒 49位(参加59チーム)
 

県高校駅伝

11月7日(月)、熊谷スポーツ文化公園及びその周辺にて行われた
県高校駅伝大会に参加しました。
 
今年は2年生が修学旅行中であり、男子不参加、
女子は浦和南高校との合同チームでのオープン参加となりました。
記録は以下の通りです。
1区6km 小笠原香苗(1年) 24分31秒 区間37位
2区4km 坂本佳帆(1年)  16分47秒 区間30位
3区3km 伊藤香菜(1年)  12分38秒 区間29位
4区3km ハウ朝美(1年)  13分26秒 区間37位
5区5km 浦和南高校(2年) 21分27秒 区間37位
 
計 1時間28分49秒(29位に相当)
来年は男女とも単独チームでさらに上位を目指します。

新人戦県大会

9月30日~10月2日に熊谷スポーツ文化公園で、新人戦県大会が行われました。
南部地区大会を突破した11種目とリレー4種目に出場しました。
 
高いレベルの大会で、入賞はなりませんでしたが、以下の3種目で自己記録を更新しました。
 
女子3000m 新妻優花 11分00秒80
女子砲丸投  戸川朝美 7m38
女子4×400mR 板東・伊藤・小笠原・小金丸 4分25秒58
これで、今年度のトラックシーズンが終了しました。
 
冬は駅伝と記録会に参加します。

新人戦南部地区大会

9月16(金)17日(土)の2日間、上尾陸上競技場で新人戦南部地区大会が行われました。
 
夏休みの合宿の乗り越え、出場したほぼすべての選手が自己新記録を更新しました。
 
県大会出場種目は以下の15種目です。
昨年度より大幅に増加しています!
 
男子
3000m障害 三橋健斗(2年) 10分20秒38 7位入賞
800m     武藤優樹(2年) 2分1秒68   予選6位(決勝棄権)
400mH    竹下知成(2年) 61秒94
走幅跳     伊藤駿(1年)   6m16
5000m競歩 新妻直志(1年)
4×100mR  金沢・杉澤・伊藤・吉川 45秒24
4×400mR  杉澤・吉川・武藤・月岡 3分35秒39
 
女子
やり投     宮下如咲(2年)   30m46 優勝!
円盤投    戸川朝美(1年)   22m17 6位入賞
円盤投    宮下如咲(2年)   18m59
1500m   小笠原香苗(1年) 4分57秒05
3000m   新妻優花(2年)   11分05秒72
砲丸投    戸川朝美(1年)   7m12
4×100mR 鈴木・板東・伊藤・小金丸 54秒05
4×400mR 板東・伊藤・小笠原・新妻 4分31秒85
 
県大会は9月30日より熊谷で行われます。 
↑女子やり投で優勝した宮下(2年) 
↑女子円盤投6位入賞の戸川(1年) 

合同合宿

8月9~12日まで3泊4日の合同合宿に行ってきました。
 
新潟県妙高市で行われた合宿、南部地区の高校を中心に13校約260名の生徒が参加しました。
埼玉では考えられないほど涼しい気候の中、厳しいトレーニングを積んで強くなって帰ってこれたと思います。 
 
短距離男子だけでもこの人数です。
 
涼しい風が吹く妙高で質の高い練習ができました。
 
短距離男子の坂上りダッシュ。みんなで声を掛け合って最後まで走りきりました。

越谷選手権

8月6~7日、越谷しらこばと陸上競技場での大会に参加してきました。
 
1年生で記録を大きく伸ばすものがいて、9月の新人戦に向けて収穫のある大会になりました。
 
入賞は、
女子やり投 2年 宮下如咲 3位
 
大学生、一般も参加する大会で自己新を出し、入賞できました。

国体南部地区大会

7月17、18日に上尾運動公園にて国体南部地区大会が行われました。
暑い中でしたが、出場種目の約80%が自己新記録更新と、練習の成果が十分に発揮できた大会になりました。
入賞は以下の4種目でした。
 
女子やり投 宮下如咲(2年) 8位 27m38
女子円盤投 宮下如咲(2年) 8位 22m13
少年B走幅跳 伊藤駿(1年) 8位 5m85
少年B女子1500m 小笠原香苗(1年) 8位 5分12秒93
 
↑1500mで8位に入賞した小笠原さん 
 
その他にも県大会を狙える記録がいくつも出ました。
夏休みの合同合宿や記録会を挟んで、9月の新人戦に向けて、また日々のトレーニングを続けていきます。

埼玉県選手権


6月24日~26日まで、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場にて、埼玉県選手権が行われました。
 
結果は、
女子棒高跳 和田のどか(3年) 3m10cm
男子4×100mR 45秒38
男子4×400mR 3分38秒22
女子4×400mR 4分37秒14
でした。リレーは今大会から新チームとなりました。
 
今大会は標準記録を突破したもののみが出場でき、実業団、大学生も出場するレベルの高い大会でした。
来年は1人でも多く出場できるよう期待します。
 
陸上部は7月の国体南部地区大会に向けて練習を続けています。

関東大会

 学校総合関東大会が6月19〜22日に栃木県総合公園陸上競技場で行われました。
馬場君が男子200m、400mHに出場しました。決勝には進出できませんでしたが、
がんばりました。
        男子200mに出場した馬場君














夏季校外合同合宿

 夏季校外合同合宿が、8月6〜10日に新潟県岩原高原で行われました。
参加校は12校と過去最大で、たいへんに盛り上がりました。つらい練習にも耐え、
みんなよくがんばりました。マネージャーもよくサポートしてくれました。

 スキー場での坂上り
 
長距離のクロスカントリー
 
 ホテルにて

.

学校総合県大会

 学校総合県予選会が5月8〜11日に熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われました。
馬場君が200mと400mHの2種目で6位以内に入賞し、関東大会出場決めました。出場した他の選手たちもよくがんばっていました。結果は下記の通りです。
男子 200m 馬場 俊平 22.86 予選
男子 200m 馬場 俊平 22.46 準決勝
男子 200m 馬場 俊平 22.46 決勝6位 
関東大会へ
男子 110mH 富永 健太 16.77 予選
男子 110mH 丸山 紘大 17.49 予選
男子 110mH 富永 健太 16.32 準決勝
男子 400mH 馬場 俊平 57.52 予選
男子 400mH 丸山 紘大 58.29 予選
男子 400mH 富永 健太 59.56 予選
男子 400mH 馬場 俊平 55.67 準決勝
男子 400mH 丸山 紘大 56.39 準決勝
男子 400mH 馬場 俊平 55.50 決勝5位 
関東大会へ
男子 400mH 丸山 紘大 56.61 決勝7位
男子 4x100mR 益子-馬場-富永-
加藤
44.71
男子 4x400mR 加藤-谷-馬場-丸山 3.30.05
男子 走幅跳 福士 貴洋 5m83
男子 三段跳 福士 貴洋 12m87
女子 円盤投 大石 華子 24m84
女子 砲丸投 大石 華子 8m37
女子 棒高跳 和田 のどか 3m00 決勝5位
女子 4x100mR 島倉-奥木-木村-
長谷川
55.79
女子 4x400mR


木村-市川-秋元-
奥木
4.27.05

   男子110mHに出場した富永君

  男子三段跳に出場した福士君
.

関東大会出場

 5月9日〜12日に熊谷市スポーツ文化公園陸上競技場で行われた学校総合体育大会県大会で陸上部3年の金織くんが三段跳で4位に入賞しました.

6月20〜23日に東京・駒沢陸上競技場で行われる関東大会に出場しました。